かんじん かなめ。 かん・じんかなめ 105g(約300粒) かんじんかなめ 鯉胆末 八つ目鰻末 菊花末 決明子末 田七人参末 枸杞子エキス配合

詳しく!

かんじん かなめ

腎臓に送られてくる血液総量は なんと!1日に約1600リットル。 その血を継ぐご先祖様からのエネルギーが腎臓に集まって あなたのことを見守ってくれているのです。 背中から、あなたのことを そっと支えてくれているような…感覚ですね。 でも、心配や恐れが日ごろから多い人は 見守り臓器の腎臓で、 そのためのエネルギーを消耗しやすくて 負担かかっていることがあるのです。 どうぞそのことを意識してみて、 ふだん見守ってくれている腎臓さんへと、 感謝の瞑想をしてみましょう。 腎臓の場所は ウエストあたりの背中側にあります。 ここに両手のひらを当てて じわじわ~と血液の流れを感じてみましょう。 ご先祖様の見守りエネルギーも感じてみましょう。 「ありがとう」 感謝の気持ちをこめて、ゆっくり深く深呼吸。 「かんじんかなめ」は「肝腎要」 この秋分の日とてんびん座新月で腎臓を癒して 元気を増やして、運気をあげていきましょう!• カテゴリー• 最近の投稿• 2020年5月29日• 2020年5月7日• 2020年5月4日• 2020年4月24日• 2020年4月24日• 2020年4月24日• 2020年4月24日 最近のコメント• に happylaluce より• に 石原育代 より• に laluce より• に laluce より• に T氏 より• に T氏 より• に laluce より Archive•

次の

かん腎かなめ

かんじん かなめ

腎臓は、「オシッコ」を作るのが仕事というのは良く知られています。 それはどんなことかと言うと「体を巡る血液をすべて浄化して、その中に含まれる不要な老廃物をオシッコとして分離する。 」機能なのです。 その工程で活躍するのが、腎臓の内部に100万個もある「ネフロン」という組織で、その中にある糸球体と尿細管です。 血液がそこを通過する段階で濾過されてオシッコが作られます。 血液は止まることがありませんからネフロンは、365日、24時間働きどおしです。 腎臓とはたいした働き者です! しかし番組が伝えたいポイントはそこではないのです。 実は腎臓は、世界の研究者から熱い注目が集まっている【人の命をも左右する人体の「隠れた要」である臓器だ。 】ということなのです。 腎臓は「血液の管理者」 世界の研究者が腎臓の何に注目しているかというと【血液の成分を適正に維持する「血液の管理者」としての機能】なのです。 腎臓は、ネフロンによって血液を浄化する段階でさまざまな臓器から情報を受け取り、血液の成分を絶妙にコントロールしているのです。 それがまさに「人体ネットワーク」の要と呼ぶにふさわしい機能なのです。 例えばどんな機能かというと、「血液中の酸素濃度を調整する。 」ことです。 通常、平地に住んでいる人はそこに適応できる血液中の酸素濃度で生活しています。 しかし、酸素の薄い高地に行くと血液中の酸素濃度が低下して体の機能が低下します。 ところが、しばらく訓練すると腎臓が「メッセージ物質」EPOを放出するようになりそれを受け取った骨髄が酸素を運ぶ赤血球を増産し血液中の酸素量が増えるのです。 その結果、体の機能が平地にいる時と同等までに快復します。 この例のように腎臓の機能が正常であれば他の臓器も正常に機能して結果的に体を正常に保つことができます。 しかし、腎臓の機能が低下すると他の臓器にも悪影響を与えることになります。 その一例が高血圧です。 腎臓は、「全身の血圧の見張り番」の役割があり、血圧をコントロールしています。 しかしその機能に異常をきたすと腎臓から「血圧を上げる」というメッセージが過剰に出されて必要以上に血圧が上がります。 これを改善するためには投薬がありますが、手術という選択肢も注目されています。 NHKの番組を大雑把にまとめるとこんな感じです。 物足りない方は、再放送なりDVDなりで番組を直接見ましょう。 「かんじんかなめ」は肝腎要と書くのが適切なようですね。

次の

詳しく!

かんじん かなめ

診療日は火・水・木・金曜日の午前です。 腎臓が悪くなり、人工腎臓で生きていかなければならない人が増えています。 そのような人は尿が少なくなったり、まったく出なくなったりします。 毎日、何気なく食べ物や飲み物を口に出来るのは、実は腎臓が終日一生懸命働いているおかげなのです。 体に必要な成分を蓄え、不必要な成分は外に出し、いつも差し引き0の状態にしてくれます。 そのような腎臓は、具体的にはどのような仕事をしているのでしょうか。 水素や炭素は、水や炭酸ガスとなって腎臓以外からも排泄できます。 窒素やリンは腎臓から尿中に排泄されないと、体に蓄積されてしまうのです。 肉や魚の動物性たん白質や、豆腐、納豆などの植物性たん白質を多量に食べた場合にも、腎臓が過剰に産生された窒素やリンを排泄して、体に蓄積されることはありません。 食べ物の中に含まれる非栄養成分やお薬の多くも腎臓から排泄されます。 この体液中には様々なミネラルがありますが、とくにナトリウム(塩分)やカリウムが多く含まれています。 食事などで過剰に摂った塩分やカリウムなどのミネラルは腎臓が排泄してくれるし、不足するようであったら排泄量を減らして、体液のミネラル濃度は常に一定になるようにコントロールしてくれます。 4)に保たれています。 たとえ酸性やアルカリ性の強い食品を食べても、腎臓が調整して血液は弱アルカリ性のままです。 空気中の酸素濃度によっても、ヘモグロビンが増えたり減ったりします。 腎臓から分泌されるエリスロポエチンという造血ホルモンが、ヘモグロビンの量を調節しているのです。 腎臓で活性化されたビタミンDは、食事で摂取したカルシウムを腸管から吸収する際に欠かせません。 血圧が下がった時には、このホルモンが分泌され血圧を回復させます。 このホルモンが多く分泌されると高血圧の原因にもなります。 腎臓の一口はなし 腎臓は両方の腰部に一個づつあり、大きさは握りこぶし大です。 倉敷北病院腎臓内科 平 野 宏.

次の