キッシュ 皿。 ほうれん草のキッシュ

アスパラガスのキッシュ

キッシュ 皿

レシピ集 ほうれん草のキッシュ(キッシュ・タルト型 大1台分) フランス・ロレーヌ地方発祥とされるキッシュです。 ほうれん草を主役に、ベーコンとチーズの塩気が効いた定番の組み合わせです。 お好みの具材でもどうぞ。 冷凍パイシート 2枚• ベーコン 2枚• バター 適量• 生クリーム 150ml• 卵 3個• ピザ用チーズ 40g• 塩 適量• 黒こしょう 適量• ナツメグ 適量 つくり方• 冷凍パイシートを解凍し、2枚並べて正方形にしてから型よりひとまわり大きくのばす。 ベタベタするときは打ち粉(分量外)をしてのばす。 1を型に沿って敷き、はみ出た部分を切り落とし、冷蔵庫で休ませる。 下茹でしたほうれん草を2〜3cm、ベーコンは幅8mmくらいに切っておく。 たまねぎは繊維に沿って薄切りにする。 熱したフライパンにバターを溶かし3を炒め、塩、黒こしょうで下味をつけ冷ましておく。 (ベーコンの塩気があるので塩は少なめに)• ボウルに卵、生クリームを入れ混ぜピザ用チーズ、塩、黒こしょう、ナツメグを入れ混ぜる。 (チーズの塩気によって塩の量は調整する)• (小の場合は20〜25分焼く。 お使いのオーブンの火加減で調整してください。 ) 具材を変えてアレンジも ほうれん草とベーコンの代わりにサーモンと長ネギを使い、白みそをプラスすると和風のキッシュに。 サーモンは斜めに切って玉ねぎと同様に炒めます。 長ネギは3cmくらいに切り、下茹でをします。 作り方5の前の卵に大さじ1程度の白みそを溶き入れます。

次の

ほうれん草のキッシュ

キッシュ 皿

使用している食器• 取り扱い上の注意• ・オーブン以外の直火でのご使用は絶対にしないでください。 ・空炊きは絶対にしないでください。 割れる恐れがございます。 ・加熱中や熱い時には素手で皿に触れぬようご注意ください。 火傷する恐れがございます。 ・熱くなった器を急に冷やさないでください。 割れる恐れがございます。 ・熱い皿をテーブル等に置く際は、必ず鍋敷きをお使いください。 オーブンを上手に使うポイント 1)予熱 オーブン料理では予熱を必ず行い、食材を入れる前にオーブン庫内を充分に温めておくことが上手に作るポイントです。 2)温度、時間はお使いのオーブンによって調整する レシピに書いてある設定温度や加熱時間はあくまで標準的なものです。 ガスオーブン、オーブンレンジまたそれぞれの機種によって異なるため、何度か調理をしていくうちにお使いのオーブンにあわせて設定温度や加熱時間を調整していくとより一層おいしく仕上がります。 3)同時調理が可能 オーブンで調理している10~20 分の間にコンロで別のお料理を作ることもできます。 また、2段式のオーブンであれば上段と下段で別々のお料理を同時につくることもできます。

次の

アスパラガスのキッシュ

キッシュ 皿

キッシュ型の代用ならケーキ型がいい? 使えるものあれこれ比較! ケーキ型 丸いケーキの型はキッシュ型の代用として使えます。 底が取れるタイプの型であれば、取り出しも簡単です。 パイ生地なしのキッシュの場合は、ケーキの型全体にバターを塗るかクッキングシートを敷くと、取り出しやすいです。 パイ皿 直径18cm以上で、火が通りやすい素材でできた底の厚すぎない パイ皿があれば、これもキッシュの型の代わりに使えますよ。 底が取れないタイプでも、テフロンなどの素材であれば取り出しやすいです。 パイ皿にクッキングシートを敷いて具材をしっかり焼き上げれば、取り出しやすく洗うのも楽ですよ。 耐熱ガラス容器 大きめの耐熱ガラス容器があれば、キッシュを焼くことができます。 耐熱ガラス容器は、オーブンで焼いてそのまま食卓に出せて便利です。 透明なので、見た目もオシャレですよね。 ただし、ガラスは火が通りにくいので、パイ生地がベタッと仕上がりやすいです。 そこで、耐熱ガラス容器を使う場合は、パイ生地はあらかじめ先に焼いておくか、パイの土台なしキッシュにするのがおすすめです。 陶器の深皿 陶器の深めのお皿でもキッシュを焼くことができます。 陶器はオーブンの熱がまんべんなく伝わるので、失敗も少なく焼き上がります。 耐熱ガラス容器同様、キッシュを皿から取り出さずにそのまま食卓に出せるのでラクチン! 容器で切り分けても、器に傷がつかないので使いやすいですよ。 鉄製フライパン 大きなオーブンであれば、 鉄製のフライパンをオーブンにそのまま入れてキッシュを焼くことができます。 フライパンで具材を炒めてからさっと油を拭き取ったあとパイ生地を敷くと、焼き上がり後のこびりつきが減ります。 具材の下準備もフライパン一つでOKですし、洗い物も減って一石二鳥! アルミ製パイ大皿 耐久性は少し弱いですが、 アルミ製のパイ皿でもキッシュを焼くことができます。 なんといっても使い捨てなので、後片付けが楽だし、持ち寄りパーティーやおみやげに持って行くときも重宝します。 薄手でアルミは火が通りやすい性質なので、キッシュを焼く際には火加減や時間に注意してくださいね。 キッシュ型とタルト型の違いは? ということで、キッシュの型はなくても余裕でキッシュは作れるんですね。 市販されているキッシュ型は、タルト型と兼用というものもあります。 キッシュ型はタルト型とあまり違いがない気がしますが、しいてあげるなら、キッシュが取り出しやすいように底が抜ける形のものが多いです。 しかし、キッシュの本場の欧米の一般家庭では、金属製のキッシュ型はあまり見かけません。 ほとんどが、家にある陶器やタルト型兼用の型でキッシュを焼いています。 最近のキッシュは、パイ生地なしレシピが多いですが、本来キッシュはパイ生地を敷きます。 なので、 パイ生地が敷きやすい円形で、ある程度の深さがある容器であれば、正直なんでもOKなんですよね。 むしろ、オーブンからそのまま食卓に出せる陶器などの耐熱容器が楽だし、見た目も良いのでおすすめです。 タルト型でキッシュを作ったときうまく取り出すには? いちばんキッシュ型と似ているタルト型を使うと、パイ生地がこびりついて取り出しにくいんですよね。 これは、土台のパイ生地がしっかり焼けていないために、底の部分が型に張り付いてしまうせいです。 タルト型でキッシュを作るときは、 土台のパイ生地だけを先に焼いておくと取り出しやすくなります。 ただ、先にパイ生地だけ焼くのはちょっと面倒ですよね、、 パイ生地も一度に焼く場合は、 パイ生地に少し焦げ目がつく程度までしっかり熱を通しましょう。 土台のパイ生地がしっかり焼けていれば、乾燥した生地がひとまわり縮むので、型からも取り出しやすくなります。 土台のパイ生地なしのキッシュの場合も、しっかり焼いてから少し冷ますことでキッシュが固まり、型から取り出しやすくなります。 それでもこびりつきが心配な時は、あらかじめ型にバターを塗るか、オーブンシートを底面に敷いておくと生地が離れやすいですよ。

次の