高級レザーバッグ。 【メンズ】レザーバッグの人気ブランドランキングTOP15【男性】

高級バッグの人気ブランドランキング2020【海外ハイブランド】

高級レザーバッグ

素材感を楽しめるトートバッグはレザー好きにおすすめ ボーデッサンは1979年に誕生しました。 ブランド名はフランス語で「美しいデザイン」を意味しており、ファッション性が高い綺麗なアイテムが人気です。 メンズのトートバッグは、それぞれの革の魅力を引き出せるデザインで作られています。 種類も豊富でコーディネートしやすいので、ファッションの一部としてカジュアルにレザーアイテムを持ち歩きたい人におすすめです。 大量生産はせずにひとつひとつ伝統技術を駆使して製造されているため、鞄ごとに違ったエイジングを楽しむことができます。 ボーデッサン(BEAU DESSIN) 革トートバッグを人気ランキング2020から探す 大人の男性に似合う優雅で上品なバッグが魅力 日本製の良質なバッグや財布を販売するペッレ モルビダは、イタリア語で「やわらかな革」を意味します。 コンセプトは「本質を知り、優雅さを求める大人のブランド」で、上品なアイテムが大人の男性に人気です。 厳選したレザーを使ったメンズのトートバッグは、革の良さを生かすため、シンプルにまとまっています。 美しいフォルムが目を引くバッグの底部は船底をイメージして作られており、エレガントな佇まいでスーツスタイルにもマッチします。 ポケットなどの細部も使いやすい位置や大きさを追求して作られているので、機能性を求める人におすすめです。 ペッレ モルビダ(PELLE MORBIDA) 革トートバッグを人気ランキング2020から探す 重厚感あるレザーが大人の男性の落ち着きと力強さを演出 ピーアイディーは、マニッシュカジュアルスタイルを中心としたバッグブランドです。 「personal」「index」「design」の頭文字を取ったブランド名通り、自分らしさを表現できるバッグが人気を集めています。 メンズアイテムには、落ち着いたイメージのレザーのトートバッグが多数あります。 革の重厚感が男性らしさも演出してくれます。 また、さまざまなファッションに合わせやすい点もおすすめの理由です。 ジャケットスタイルではきちんと感が出て、デニムと合わせるとカジュアルにまとまります。 ピーアイディー(P. D) 革トートバッグを人気ランキング2020から探す レザーの高級感と品格が大人の男性にぴったり 日本で誕生したファイブウッズは、1890年から始まった長い歴史があります。 オールジャパンメイドの時代に合ったアイテムが幅広い年代の男性に人気です。 メンズのトートバッグは、長年の知識と技術により革の魅力が最大限に引き出されています。 エイジングを楽しみたいというレザー好きな人にもおすすめです。 シンプルで落ち着きのある、スーツに合わせやすいものやカジュアル向けのデザインなど豊富に揃っており、どれもスマートに決まります。 革の高級感もあり、上品な大人の男性にぴったりです。 ファイブウッズ(FIVE WOODS) 革トートバッグを人気ランキング2020から探す どう変化するか分からないレザーならではのエイジングが魅力 1970年創業のイル ビゾンテはイタリアを代表するレザーブランドです。 ナチュラルな風合いが特徴のレザー製品が世界中で人気を集めています。 上質な革素材を用いるイル ビゾンテの製品は、エイジングを楽しめるのが特徴です。 メンズのトートバッグにも味わい深いレザーの風合いが表現されています。 使う人によって異なる変化を見せるので、唯一無二のバックを探している人におすすめです。 カラーバリエーションも多く、経年変化によって全く異なる色合いに変わっていく様子が多くの人を魅了しています。 イル ビゾンテ(IL BISONTE) 革トートバッグを人気ランキング2020から探す 20 商品名 アニアリ(aniary) 革トートバッグ ポーター(PORTER) 革トートバッグ イル ビゾンテ(IL BISONTE) 革トートバッグ タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) 革トートバッグ スロウ(SLOW) 革トートバッグ エルゴポック(HERGOPOCH) 革トートバッグ コーチ(COACH) 革トートバッグ ラ・ガレリア(la GALLERIA) 革トートバッグ ポール・スミス(Paul Smith) 革トートバッグ フェティア(Fetia) 革トートバッグ ファイブウッズ(FIVE WOODS) 革トートバッグ ピーアイディー(P. D) 革トートバッグ 土屋鞄製造所 革トートバッグ アレンヌ(HALEINE) 革トートバッグ タスティング(TUSTING) 革トートバッグ ペッレ モルビダ(PELLE MORBIDA) 革トートバッグ ヴァニティーバッシュ(VANITY BASH) 革トートバッグ ガレリアント(GALLERIANT) 革トートバッグ ボーデッサン(BEAU DESSIN) 革トートバッグ クリード(Creed) 革トートバッグ 価格 39,600円 (税込) 59,400円 (税込) 64,900円 (税込) 10,900円 (税込) 39,600円 (税込) 49,500円 (税込) 45,100円 (税込) 25,300円 (税込) 50,800円 (税込) 25,300円 (税込) 42,900円 (税込) 22,000円 (税込) 63,800円 (税込) 18,200円 (税込) 39,600円 (税込) 47,300円 (税込) 16,500円 (税込) 46,200円 (税込) 40,700円 (税込) 20,900円 (税込) 詳細 トレンドを取り入れたおしゃれなデザインが特徴 キーファーノイは、機能性と装飾性を高いレベルで両立させることにこだわりを持つ、日本のバッグブランドです。 大人の男性の色気を感じさせる革製トートバッグは、流行を取り入れたデザインのものが多く取り揃えられています。 トレンドに敏感な男性におすすめのアイテムです。 本体にイタリアンレザーが使われているメンズバッグが豊富で、耐久性と使い心地に優れています。 カジュアルに持ちやすいタイプからスーツスタイルと相性の良いものまで展開されているので、ファッションにぴったりなものを選びましょう。 キーファーノイ(Kiefer neu) 革トートバッグを人気ランキング2020から探す デザインにも機能性にも妥協したくない人におすすめ 香港発のレットドリームは、メンズバッグをはじめとする本革アイテムを取り扱っています。 デザイン性・実用性ともに高水準であるにも関わらず価格は良心的で、今注目を集めるブランドです。 本革を使用したレザートートバッグは、丁寧に作られているため、長く使い続けられます。 長めの持ち手が付いたものや、ショルダーストラップ付属タイプ、リュックとしても使える2way仕様のものなどが揃っており、荷物が重いときでも安心です。 スタイリッシュなデザインで自立するトートバッグが多いので、ビジネスシーンでも活躍します。 レットドリーム(LETDREAM) 革トートバッグを人気ランキング2020から探す 7 位 商品名 レットドリーム(LETDREAM) 革トートバッグ ゴールドメン(GOLDMEN) 革トートバッグ トランジットゲート(TRANSIT GATE) 革トートバッグ ヴィータフェリーチェ(Vita Felice) 革トートバッグ キーファーノイ(Kiefer neu) 革トートバッグ ハレルヤ(Leather Goods Shop Hallelujah) 革トートバッグ エイトボアー(8B) 革トートバッグ 価格 17,600円 (税込) 14,000円 (税込) 10,800円 (税込) 8,800円 (税込) 41,800円 (税込) 35,000円 (税込) 15,200円 (税込) 詳細.

次の

高級牛革 ソフトレザーベルトバッグ 鞄 2way 本革 バッグ 小さな丸いバッグ 肩掛け 軽量 レディース クラッチバッグ ハンドメイド 牛革 トートバッグ

高級レザーバッグ

【目次】 本革(レザー)の鞄・ビジネスバッグ・ブリーフケースTOP5 ココマイスターが、ヨーロッパ発の高級なブライドルレザーを仕立てて開発した、重厚感のあるブリーフケースです。 本物志向でありつつ、機能性のみに偏っていない、味わいのある美しいバッグを使いたい、と考えている人にオススメです。 こちら、実はカラーバリエーションも豊富であるという魅力があります。 人目を惹くレッドや鮮やかなキャメルなどにも注目してください。 非常にシンプルなデザインでスーツ〜ジャケパンまで、1つで様々なビジネスシーンに対応できる万能ビジネスバッグ。 クラウドファンディングで話題となり、在庫が完売するほどの人気商品となっています。 それぞれの製品で原価表示をしており、透明性が高いのも特徴。 中間マージンを最大限カットしたビジネスモデルのため、原価率の高さで知られるユニクロと同レベルの高コスパ。 ブランド名に興味はないが、質やコスパにこだわりたい、という方におすすめのビジネスバッグです。 ショルダーバッグとしても利用できる、2WAYで利便性が高いブリーフケースです。 オロビアンコの魅力といえば、ビジネス向けの堅い感じを保ちつつも、華やかで、どこかラフな雰囲気を漂わせているところでしょう。 こちらのバッグは、そんなオロビアンコの良さを、まさに体現している商品であると言えます。 鋲によって底面が補強されているなど、配慮も行き届いています。 コロンとした可愛らしいフォルムでありつつも、しっかりとした重厚感があり、絶妙なバランスに仕上がっているデザイン性の高いブリーフケースです。 フロントに配された一文字のジップや、コーナーの補強など、細部に渡って、職人のこだわりが詰まっている、ということを感じられることでしょう。 革が厚く、型崩れしにくい上に、収納ポケットも充実していて機能的です。 ショルダーストラップは、あった方がいいに決まっているという風潮を、根底から覆すような、ストイックで挑戦的なバッグです。 1つの用途を追及するために作られているものは、無駄がなく、美しい!という考え方に共感できる人は是非、こちらのブリーフケースに注目してください。 洗練された印象に仕上がっており、どこまでもデザインの美しさを味わうことができるでしょう。 本革(レザー)の鞄・ビジネスバッグ・ブリーフケース 徹底して国産であることにこだわった、真摯なものづくりの姿勢に定評のあるブランド、エルゴポックのブリーフケースです。 究極にシンプルなのですが、だからこそ際立つシルエットの美しさ、素材のエレガントな質感に魅せられてみてください。 アンティーク調の独特な色ムラも素晴らしいので、より、それが楽しめるカラーをチョイスするというのも手でしょう。 ブライドルレザー独特の奥ゆかしいツヤと、アンティーク調の色ムラを味わうことのできる、高級感溢れるブリーフケースです。 内装にもこだわりが詰まっており、ビジネスマンが使いやすいよう、細やかな配慮がなされていますので、安心して購入を決意してください。 カラーは、いずれも、スーツスタイルに馴染むような落ち着きのある色ばかり、4種類で展開されています。 スマートそうに見えて、しっかりとした収容力も誇っている、ビジネスマンに打って付けのブリーフケースです。 芳醇な気品と色気が漂っていて、飽きずに長年に渡り、愛用していけることでしょう。 ポケットのジップもワンアクセントとなっていて、デザイン性の高さをうかがわせてくれます。 カラーはブラックとブラウンの2色展開となっています。 ペッレモルビダらしい、上品で垢抜けた雰囲気のブリーフケースです。 随所に施されている流曲線は、豪華客船のボトムラインを思わせてくれます。 また、キラキラと光る海面のようなイメージを彷彿とさせてくれる、独特のテクスチャーにも魅力を感じてみてください。 カラーは6種類ほどです。 定番のブラックやブラウンも素敵ですが、夜の海に近いネイビーも狙い目。 コーチといえば、一昔前は年配の女性に好まれているブランド、というイメージですが、最近ではすっかりそれがくつがえされ、オシャレなメンズが積極的に身につけるブランドになってきました。 こちらのバッグは、最先端な感性を持つ、モダンな若いメンズにピッタリの仕上がり。 15インチのPCを収容するのにも適しているので、IT社会を生きるあなたに是非。 とにかく、高機能なバッグを使うことで安心感を得たいならば、TUMIは圧倒的にオススメできるブランドです。 TUMIといえば、丈夫なバリスティックナイロンを使用したバッグがメジャーですが、こちらはTUMIの中でも色気があり、上質で軽量エンボスレザーを使用したエレガントな商品となります。 是非、挑戦してみてください。 革製品マニアからの絶大な支持を誇っている、本格的なレザーブランド、ヘルツのブリーフケースです。 大きな前面ポケットが特徴的。 アーティスティックな感性を持っている人にもバッチリとハマることでしょう。 右脳寄りなビジネススタイルが求められるメンズにオススメしたいバッグです。 カラーや大きさなど、バリエーションが揃っているので、吟味してみてください。 革製品に対するこだわりの強い、ツウなベテランビジネスマンと相性の良いブランド、東京の万双から販売されいてるダブル天ファスナーブリーフケースです。 ビジネスマン向けのニーズが、どこまでも反映されていて、出張などのシチュエーションにもバッチリ。 見た目が美しいだけでなく、機能性も超一流であるということに気づかされることでしょう。 ソメスサドルは北海道にて、馬具を製造しながら、バッグの開発も行っているという希少価値の高いブランドです。 こちらのバッグは、たっぷり含んだオイルの艶で際立つ細かなシボが存在感を醸し出している[パーリオ]シリーズでスーツスタイルに良く似合います。 隠れた大きな外ポケットは革の存在感を活かした作りとして洗練された機能美を実現しています。 あまりにもビジネスマンの求める理想が詰まっている、ということで話題となった殿堂入りクラスの逸品、コルボのファミリアシリーズに注目してください。 シンプルなのに、ディテールが凝っていて、遠くからでも上質な品であるということが伝わってくることでしょう。 本体収納部にはダブルファスナーが採用されていて、口開きもよく、柔軟性のあるところが魅力です。 ポールスミスは、多くの人から愛されている信頼度の高いブランドなので、その時点でまず、安心して手に取ることができるでしょう。 こちらのバッグは、価格が5万円ほど。 カラーは2種類で展開されています。 洗練されたカラーパレットで、ハンドペイントされたハンドルディテールが特徴的なブリーフケースです。 男が憧れる、男のためのブランド、ダンヒルから展開されている、人気が高いカドカンシリーズのドキュメントケースです。 ビジネスバッグには、シンプルさが求められるわけですが、だからこそ、エレガントな高級感を求めたい、という人にこのバッグは特にオススメができます。 一体型のトロリースリーブと、ダンヒルを象徴するロングテール型ロゴがあしらわれ、極めて実用的な機能を備えています。 イタリア発の大人気ブランド、プラダから販売されているセクシーでかつモードな印象のブリーフケースです。 シンプルなのに、この色気を発することができるのはプラダならではでしょう。 プラダというと女性向けのブランドという印象を抱いている人も多いかもしれませんが、だからこそメンズがビジネスバッグにプラダをチョイスすると、斜め上のオシャレを狙えます。 セレブ御用達のハイブランド、サルヴァトーレ・フェラガモから販売されているブリーフケースです。 ブラックレザーにエンボスされたアイコニックなガンチーニ・モノグラムと、サルヴァトーレ フェラガモのシックなサインロゴが印象的で、高級感に満ちています。 トップジップ、ジップ付きインナーポケット、タブレットポケット、キークリップと後面にトロリー用ストラップが付いています。 取り外し可能なショルダーストラップも付属しているなど、エレガントなだけでなく機能性が充実しています。 どこからどう見ても、ボッテガの高級バッグである、ということを体現している、超一流ビジネスマン向けのバッグです。 カーフレザーが美しく手作業によって編み込まれており、重厚感があるのに、軽量というところもポイント。 外側にファスナー付きポケット1つ、内側にファスナー付きポケットとコンパートメント3つが付いています。 こちらは、超メジャーなハイブランド、イタリアのグッチが開発しているブリーフケースです。 グッチというと、赤、緑のストライプが有名ですが、こちらはシックに黒一色でまとめられているので、アピールもやや控えめなところがポイント。 ビジネスシーンで使うなら、これくらいのテイストがちょうどいいと感じる人も多いことでしょう。 アルマーニの中でも最高ランクである、本家ジョルジオ・アルマーニから販売されているフルグレインカーフスキン製のバッグです。 開閉用のファスナー、付属のショルダーストラップ、複数のコンパートメント、ジップ付きの内ポケットなど、デイリーに活躍する実用性を備えています。 こういったバッグに関しては、シンプルなものを選びたいと思った時にこそ、一流ブランドに頼るべきです。 YUHAKUといえば、染色技術の高さで、海外からも注目されている芸術性の高いブランドです。 こちらのバッグも、思わずため息が出てしまいそうになるほど、惹き込まれるような美しさをたたえています。 ガラスケースの中に飾っておきたいくらいのバッグを、ビジネスシーンにおいて日常的に愛用できる、というのは最高の贅沢でしょう。 こちらは、ヴァレクストラならではの、スッキリとしたデザインに、鮮やかなカラーリングの魅力が加わっているシリーズです。 色は各種揃っていますが、 せっかくなら定番の無難色よりも、ヴァレクストラらしい存在感の漂っている色を選ぶのがオススメ。 パウダーブルーや、ダークグリーンなどのバージョンを狙ってみてください。 職人の手作業による、ものづくりの深い精神が感じられるブランド、ステファノマーノのレザーブリーフケースです。 ベーシックなデザインで長年、飽きずに使っていけるところが魅力であり、洗練されたフォルム、上等な質感など、どれをとっても文句ナシ!です。 全面のポケットにはギボシを外さずとも手が入るよう、工夫がなされており、内部の小物ポケットも充実しています。 旅行向けのバッグが主力商品であるブリックスから登場しているPCバッグになります。 それ故、キャリーケースと連結できるというところが、ブリーフケースにありそうでない魅力。 出張が多いという人は是非、こちらの商品を検討してください。 サフィアーノチックなテクスチャーの牛革が贅沢に使用されているという、優秀で高品質なバッグです。 イタリア発の気品溢れる、洗練されたブランド、フェリージのブリーフケースです。 オールレザーでシンプルな作りとなっていますが、ディテールが非常に凝っていて、贅沢な気分を味わうことができるでしょう。 間口はサイドまで開くダブルジップ式になっているので、荷物の出し入れに関して、ストレスを感じることはないでしょう。 ポケットの数も多いので小物の整理が楽です。 ダニエルボブの特徴といえば、芯地を使わない肉厚のハンドルです。 握るとじっくり手に馴染むように設計されているので、この使い心地を是非、体験してみてください。 見た目の美しさや、カッコよさだけにとらわれるのではなく、実際に持ってみて、その感覚がどうか…ということを大事にすべき、ということに共感できる人はダニエルボブのバッグを購入してみてください。 こちらは、価格がおよそ100万円を超えるため、簡単に手を出すことはできないかもしれませんが…、このブリーフケースを使っていれば必ずや、このバッグが良い仕事を運んで来てくれることでしょう。 自分自身への確かな投資をしたいと望んでいる人にオススメできるバッグです。 ヴィトンのバッグというと、どうしてもこれ見よがしにな印象になってしまいがちだったりして、そこに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、こちらのバッグは、そういったハイブランド特有のギラギラした感じがありません。 モノトーンでシックにまとめられているので、洗練された都会のビジネスマンという印象を与えることができるでしょう。 サンローランらしい、シックでエレガントな魅力が詰まっている、ブラックのブリーフケースです。 特徴的なのは、さりげないけれど存在感のあるロゴと、鈍く光る南京錠でしょう。 シンプルなバッグなのに、高級品であるという佇まいをしっかりキープしているのは、さすが一流ブランドならではといったところでしょう。 圧倒的に芸術性の高いバッグを狙いたいなら、ベルルッティがオススメです。 こちら、全体を絶妙に焼き焦がしたかのような美しいグラデーションが特徴的。 ベルルッティといえば異国情緒溢れるカリグラフィーがブランドイメージとしてありますが、こちらはあえてシンプルに仕上げたデザインとなっています。 「どこのバッグですか?」と、人から尋ねられる確率も高いという、存在感のある逸品を是非、手に入れてください。 素材に採用されているのは、イギリスを象徴するレザーでもある、ブライドルです。 カチッとした印象ですが、ショルダーストラップも付属しているので、カジュアルな雰囲気も醸し出すことができます。 ヴィヴィアン=奇抜でロックなブランドであって、ビジネスマンの自分には関係ない…と思っている人もいるかもしれませんが、こちらのバッグは非常にシックでエレガント。 優雅で上品な美しさが特徴の水シボエンボスを施すこと、オーブのロゴが洗練された印象を与えてくれます。 上部が盛り上がらないよう少し落としてすっきりと仕立てた、大人顔のブリーフケースです。 バーバリー王道のスタイルであるロンドンチェックを、レザーで製作した大き目のブリーフケースです。 ノートパソコン用コンパートメントと複数のポケットを備えたデザインです。 トップハンドルで持って手提げとしても、ストラップを取り付けてショルダーバッグとしても使用できます。 こちら、価格は20万円を超えないぐらいですが、確実にその価値があるので、積極的に狙うべきです。 ドルガバといえば、ホスト風のチャラい男性が愛用するブランド、というイメージがあるかもしれませんが、こちらのブリーフケースは、非常に洗練されていて、上品なセクシーさを漂わせています。 カーフスキン製となっており、イタリアの熟練された職人が手作りしているため、1点1点が独特の輝きを放っています。 ルブタンといえば、赤の差し色が印象的です。 こちらは、そんなルブタンの魅力を、ブリーフケースという形で最大限に表現しているバッグになります。 シューズラインとも絶妙にマッチするので、是非、ビジネス向けの靴とセットで購入してみてください。 トリヨン・カーキという絶妙に上品なカラーで仕立てられている、カミーユフォルネのブリーフケースです。 裏地に採用されているイエローカラーの美しさにも息をのむことでしょう。 使ってみて初めて味わえる贅沢な気分を独り占めしてみてください。 シンプルであることの魅力をどこまでも追求しているエレガントなバッグです。 カルバンクラインといえば、女性にセクシーな印象を持ってもらえる、若いメンズ向けのブランドです。 ボクサーパンツや香水のイメージがあるので、カルバンクラインのバッグを愛用していると、「彼氏感」が強くなることでしょう。 もちろん、機能性も抜群です。 傷が目立ちづらい素材なので、繊細そうに見えてタフなところが魅力です。 ブライドルレザーが採用されている、2ハンドルタイプの重厚感溢れるブリーフケースです。 A4サイズの書類も収納できる、2つの大きなポケットがある他、スマートフォンやペンを細かく収納することのできる、便利な小分けのためのポケットが充実しています。 伝統的なブランドの確かな仕事ぶりを体感してください。 スコットランドの老舗ブランド、グレンロイヤルの、総レザーブリーフケースです。 意外とありそうでない比率となっているので、少し個性的なシルエットを作ることができるでしょう。 レザーといえば…の経年変化も楽しむことが可能です。 劣化していくのではなく、深化していくその様を、じっくりたっぷりと楽しんでみてください。 ブランドを象徴するような、存在感のあるデザインとなっているバチューサーパスシリーズのブリーフケースです。 トレードマークな象のロゴも健在。 創設者が冒険家であったことから、ハンティングワールドの商品は、耐久性が高いことでも知られています。 タフでハイセンスなバッグを求めているという人に是非。 バリーは、ヨーローッパの中では珍しい、スイスのブランドです。 バリーストライプのロゴと、BALLYテープのディテールでコントラストを効かせているところが、魅力的です。 メンズがビジネスバッグに求める機能性や、テイストなど、全てが高いレベルで満たされているバッグになるので、見逃せません。 じっくり鞣すことで、ふっくらと仕上げられている牛革素材のソフトなビジネスバッグになります。 シボに奥行きが出るよう、計算しつくされているので、透明感にも高級感にも独特の味があります。 金具が使われていないので、スッキリとしたモダンな印象を受けることでしょう。 ポーターは信頼できる老舗ブランドなので、安心です。 ダンゲンテンのバッグには、独特の無骨でセクシーな魅力があり、それでいて、セレブっぽさもあるので、この個性に惹きつけられるという人は非常に多いでしょう。 機能過多になりすぎないようにしている、というところがポイント。 大人の男性に向いている、シンプリシティが追求されているのです。 一見シンプルなバッグですが、ものづくりに徹底的にこだわるマスターピースならではの技術力が結集されています。 様々な工程がなされているので、防水性、防汚性が高いのですが、その上、レザーではなかなか出せない透明感も表現されています。 カラーバリエーションが豊富であるところもまた魅力なので、贅沢に悩んでみてください。 トラッドな雰囲気を表現しつつ、軽く耐水性に優れた実用性の高いシリーズで、レザーパーツには姫路のタンナーによるヌメ革を使用しています。 実用的な堅実素材で、雨の日でも安心して使える頼もしいバッグです。 必要なものだけを選別し、A4ファイルがスッキリと収まる、シンプルで堅実な作りが特徴のビジネスブリーフバッグです。 メイン素材には、引き裂き強度、摩擦係数が高い「バリスティクナイロン」。 持ち手部分には、硬くて丈夫な厚口の「オイルドレザー」が使用されているので経年変化も楽しめます。 ワンダーバゲージは、シンプルで上品かつスタイリッシュです。 ガチガチに畏まらず、丁度よいスタイルを提案しています。 ビジネスバッグの形状と選び方 ビジネスバッグと一言に言っても、実に様々な形状の商品が登場しています。 ここでは形状別に5つ分類しました。 オーソドックスなビジネスバッグ 上記に記載したバッグらもこのタイプがほとんどです。 最も多くの人たちから支持されているビジネスバッグの形状といえます どんなシーンにおいても使いやすくピッタリくるので、定番で押さえたいならこのタイプでしょう。 ビジネストートバッグ 最近はビジネスシーンにトートバッグを活用している方が多くなりました。 大きく開く取り出し口は、物をポンポンと放り込めて、迅速な行動が可能です。 ある程度カジュアルスタイルがOKな職場では、見た目も機能性も大活躍が期待できます。 関連記事: 3wayビジネスバッグ リュック、ショルダー、手持ちに対応できるのが、3wayビジネスバッグです。 重たい荷物を運ぶけどビジネススタイルもキープしたいならこのタイプがおすすめです。 出張時の移動はリュックで、取引先では手持ちスタイルでと、対応力の高いバッグとなっています。 関連記事: 2wayビジネスバッグ ショルダー&持ち手タイプに対応できるビジネスバッグです。 手で持っているのに疲れた時に、肩へかけれると凄く楽になります。 ただショルダーベルトを使用すると、スーツがヨレてしまうのが欠点です。 関連記事: ナイロンのビジネスバッグ 軽くて丈夫、そして革と比べると安価なのが特徴のナイロンビジネスバッグです。 デメリットは安く見られること。 商談などにはあまり向いていません。 それでもナイロンをメイン素材にしながらもかっこいいブランドはあります。 関連記事: ビジネスリュック 完全にリュックスタイルで通勤する方も増えています。 人と会わずにパソコン作業が中心の職業の方は、割とリュックスタイルで通勤していたりします。 両手が自由なので自転車通勤の方にも最適です。 関連記事: ジャンル別ビジネスバッグの記事一覧 ビジネスバッグはさらに細分化していくと、色々なジャンルに分けることができます。 別記事に記載しているので参考までに。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 世代別ビジネスバッグの記事一覧 ・ ・ カラー別ビジネスバッグの記事一覧 色ごとにビジネスバッグをまとめた記事がこちらになります。 ・ ・ ・ ・ ・ まとめ 大人の男性にぴったりなビジネスバッグばかり集めましたが、いかがだったでしょうか? ぜひあなたの気に入るバッグを見付け、最高のビジネスライフを送って頂ければ幸いです。

次の

【リーズナブル~高級&上質まで】レザーリュック(バックパック)ブランドまとめ

高級レザーバッグ

Contents• 鞣しとは?皮と革の違い 動物から剥ぎ取った皮は、放っておけばモチロン腐ってしまいます。 それを 科学的な処理で腐らなくさせるのが「鞣し」という工程です。 この鞣しを経て生ものであった「皮」は強く腐りにくい製品としての「革」に変化します。 そして鞣し方にも代表的なものが数種類あり、どの様な革になるかは「鞣し方」によって決まって行きます。 鞣しの種類 一覧 渋鞣し(ベジタブルタンニン鞣し) 渋鞣しは古くから伝わる伝統的な鞣し方で、 植物樹皮から抽出した渋液(タンニン)で鞣す方法。 軽くてしなやかな クローム鞣しとは正反対の特徴を持ち、ズッシリと重く拘束具の様にかたい。 しかし、長年使い込む事で独自の風合いとフィット感を楽しむ事が出来る鞣し方。 ただし、適度なメンテナンスや管理が必要な上、鞣しに手間と時間がかかるので製品自体は高額になります。 ・手頃なお値段 ・軽くてしなやか ・耐水性に優れる コンビネーション鞣し クロームで鞣した革に渋液を投入するコンビネーション鞣し、混合鞣しとも呼ばれます。 それぞれの長所を合わせた画期的な鞣し方ですが、メーカーによって殆どクロムと変わらない様な革もあれば、タフネスさと風合いを兼ね備えた完成度の高い革まであります。 アルデヒド鞣し 処理する際に有害物質を発生させてしまうクロムを使用せず、 環境に優しい鞣し方として近年注目を集める鞣し方です。 クロム以上の柔らかな革に仕上がりますが、コスト・生産性がクロムに劣る為まだまだポピュラーではありません。 革(レザー)の種類一覧 牛革(カウレザー) 様々な衣料品に使用されるレザーの代表格が牛革(カウレザー)です。 種類が豊富で、性別や成長具合によりそれぞれ特徴や価値が変わってきます。 カーフスキン 生後6ヶ月以内の子牛の革で作られるカーフは、薄くてキメ細かい高級素材です。 更に生後3ヶ月以内の子牛の革はベビーカーフと呼ばれ、最高級素材となっています。 キップスキン 生後1年以内の牛の革で、カーフスキンに次いで上質な革とされています。 カーフほどのキメ細やかさは無いものの、少し厚くなっているので強度はキップが勝ります。 適度な強度と美しさを持つレザーです。 カウハイド 生後2年以上経過した出産経験のあるメス牛の革。 オスよりも薄く柔らかなのが特徴で、ブライドルレザーなどに利用されます。 ステアハイド 生後2年以上の去勢された雄から採れるのがステアハイドです。 食肉用の牛から副産物として採られることが多い為、牛革の中で最も一般的なレザーです。 ブルハイド 去勢されたステアハイドに対して、ブルハイドは去勢していない3歳以上の雄牛の革です。 闘争本能剥き出しなので争いで受けた傷などが多く、ラグジュアリーな高級品には使用されません。 しかし、厚くて丈夫な革は耐久性が富んでいる為、質実剛健なタフネスギアに使われています。 バッファローハイド 表面上の独特のシボが特徴的なバッファローハイド=水牛の革です。 丈夫で柔らかく加工がしやすい為、様々な製品に利用されます。 更に比較的水にも強い優秀なレザーなのですが、中東製の安価な革ジャンに利用される事が多いので「安モノ」のイメージが払拭出来ずにいる不遇のレザーです。 馬革(ホースハイド) 薄くて柔らかな特徴を持つホースレザーは、その上品さからジャケットや財布などに利用される人気のレザーです。 コードバン 馬のお尻から採れるコードバンは、その希少性と質の高さからレザーの中でも非常に高価な高級品。 他に類を見ない美しい光沢が特徴で、主に財布やキーケースなどの小物に利用される。 ただし水にはとても弱い。 豚革(ピッグスキン) 耐摩耗性と通気性に優れた豚革は、牛革に次いで多くの製品に使用されています。 日本国内では唯一 自給自足出来ているレザーで、数少ない輸出品として海外でも人気です。 ピッグスエード 毛穴が目立ってしまう豚革にスウェード加工を施したピッグスエードは、手袋や小物に利用される人気のレザー。 アメ豚 タンニンで鞣した豚革に摩擦加工を施したアメ豚は、滑らかな肌触りと光沢を持った高級品。 そのキメ細かさはカーフスキンに匹敵します。 ヤギ革(ゴートスキン) 無骨なシボが特徴的なゴートスキンは、傷などに強く、水や湿気にも高い耐久性を持つタフネスレザー。 その為、グローブやなど過酷な環境で使用される製品に採用されます。 因みに子ヤギの革をキッドスキン呼び、ゴートよりキメ細やかで柔らかい。 薄くて柔らかいですが強度が弱いです。 英語表記がシープスキン、フランス語表記でムートンと呼ばれ、意味は同じですがモコモコ毛皮が付いた物をムートンと区別されています。 外気に触れない空間を作る事で保温性が増し、防寒対策で重要になる。 布団やコタツをイメージすると分かりやすい。 シカ革(ディアスキン) なめらかな質感と抜群の通気性を持つシカ革は、古来より武具などに使用されてきた革です。 現代でも衣料品や小物に利用される他、その特性を活かしてメガネや洗車用のクロスとしてセーム革の名前で愛されています。 ダチョウ(オーストリッチ) スペシャルレザーとして高級品に使用されるオーストリッチ。 毛穴によりポツポツとした模様が特徴的で、ラグジュアリーな財布やバッグなどに利用されます。 ヘビ革(パイソン) ワニ革に並ぶエキゾチックレザー(爬虫類革)の代表格。 特徴は何と言っても独特の鱗模様で、ヘビの種類はもちろん個体ごとに違う場合もあります。 因みに小さなヘビの場合「スネーク」と呼ばれ、パイソンは中〜大型のヘビを指しています。 ワニ革 高級レザーの中でも独自の地位を確立するワニ革には「クロコダイル・アリゲーター・カイマン」と、大きく分けて3種類あります。 いずれも鞣しや加工によりますが、哺乳類とは比較にならない高い強度を持っています。 リザード革 リザード=トカゲ革は、ワニ革やヘビ革と並ぶ人気のエキゾチックレザー。 その特徴は、きめ細やかで美しいウロコ模様と傷や擦れに強い耐久性。 丈夫で薄くて軽い事から、財布やバッグに使用されます。 加工・フィニッシュ(仕上げ)の種類 オイルレザー 鞣しなどの加工段階でたっぷりとオイルを含ませた仕上げ方。 オイルドレザーとも呼ぶ。 頬ズリしたくなる様なソフトで滑らかな肌触りとなる。 ガラスレザー エナメルの様な光沢のガラスレザーは、合成塗料などを使い表面を均一に美しく仕上げます。 この際、傷や汚れを隠せる事から比較的リーズナブルです。 耐水性が非常に高く手入れも殆ど必要ありませんが、その代償に経年変化は期待出来ず、通気性も無いのでブーツの場合は長靴の様に蒸れてしまいます。 ガラス加工と同様に、水や汚れに強く、革本来のポテンシャルを楽しむというよりドレスアップの要素が強い。 シュリンクレザー 薬品を使って人工的にシボを作り出した加工。 革を収縮(シュリンク)させる事で柔らかく、傷も目立ち難くなる。 ブライドルレザー 美しい光沢と堅牢さを併せ持つブライドルレザーは、タンニンで鞣したカウハイドに蜜や蝋を長期間染み込ませた革です。 防水では無いものの、油分を多く含むのでレザーの中では水に強い方。 ヌメ革 通常 鞣しの後には染色や加工が施されますが、ヌメ革は植物タンニン鞣しを施しただけの「プレーン」な状態のレザーです。 皺や変色などがダイレクトに現れるのが特徴的で、とにかく経年変化を楽しみたい!という方におすすめです。 銀付き革 銀面(皮の表皮)をそのまま使用している革。 傷や汚れの無い高級な革しか使用出来ないので、革本来の風合いを楽しめる反面 製品自体の価格は高い。 スエード 革の裏面を摩擦し、起毛させる加工法方。 毛足は細かく短いものが良質とされ、高級品はシルキースエードと呼ばれる。 ヌバック 革の裏面を起毛させるスエードに対し、ヌバックは革の表面を起毛させる加工法方。 繊細でキメ細やかに仕上がる為、上品な婦人靴などによく見られる。 型押し 高温圧プレスで銀面に凸凹を付ける加工方法。 凸凹のパターンは様々ですが、エキゾチックレザー風に仕上げる事が多く、その完成度は見た目だけでは分からない物も多い。

次の