日向 藍子。 【かわいい編】美人過ぎる女流雀士10名を厳選!プロ麻雀界がアツイ!

Mリーガー 日向藍子・二階堂亜樹が贈る「17歳の自分へ」

日向 藍子

結婚しているの? 日向さんは2018年12月5日に結婚されています。 《ご報告》 このたび私事ではございますが 赤ちゃんを授かりました。 お仕事は無理のない範囲で二月頃までと考えております。 入籍・結婚式等は既に済んでいます。 関係者各位にもご連絡が遅くなり申し訳ございません。 出産後もプロ活動を続けていきます。 今後ともよろしくお願いします。 日向藍子 — 日向藍子 hinaai0924 お子さんもおられるようで授かり婚になるのかな? との事です。 結婚した旦那さんはだれ? 日向藍子さんの旦那さんは公開されていません。 ただ、結婚相手とみられるのは「 梶本琢程」さんではないかとなっています。 同じ プロ雀士だそうです。 普通のおっちゃんって感じですよね。 なぜ日向さんを射止められたかと言うと・・・ 男性の好みは? 日向さんの男性の好みがなんと ブラマヨ小杉さんだそうです。 なんとなく似てますね。 好みだったのではしかたない(?)ですよね。 大学はどこ出身? 日向さんの大学を調べましたが情報はありませんでした。 ただ、女流雀士に22歳の時になられているので、どこかの大学には 行っておられたとは思いますが・・・.

次の

日向藍子がYoutuberデビュー!「ひなたんの麻雀するしない?」

日向 藍子

プロフィール [ ] 2011年にプロデビュー。 同期入会には(、を経て入会)など。 2016年3月に第1回女流モンド新人戦を優勝し 、女流モンド杯への出場権を得る。 2018年6月からとして麻雀ウォッチのYouTubeチャンネル内で「ひなたんの麻雀するしない」を開始。 同月、で放送されたRTDガールズファイト3を制した。 同年10月に行われた第16期に進出すると最終日の最後の2戦は当時のプロクイーンだったと挑戦者のとの三つ巴になったが、最終戦で総合2位からの逆転で同決定戦を制した。 同月からは2018大和証券のパブリックビューイング会場MCも務めた。 同年12月に結婚と妊娠を本人のツイッターで発表し 、2019年4月7日に第一児となる女の子を出産した。 同年7月9日に行われたMリーグドラフト会議でから指名を受け、10月18日の1戦目でMリーグ初勝利を挙げた。 同月から翌11月にかけて行われた第17期プロクイーン決定戦の最終日で、最後の2戦は挑戦者の童瞳・との三つ巴になったが、最終戦の南3局でカンドラが表裏両方が乗るドラ9の三倍満ツモを決め、以来2人目となるプロクイーン連覇を果たした。 人物 [ ] 現在は女流プロとYouTuberとして活動する他、最高位戦の主要タイトル戦や対局番組の実況を務める等、マルチな活躍をしている。 天然と呼ばれる先の読めない性格であり、言動は日向劇場と呼ばれている。 独特なアニメ声の持ち主で、おそらく本人は意識せず「ツモ」と発声しているとみられるが、日向がツモアガリする度に、視聴者はそれに即座に反応し「ちゅも」というコメントが埋め尽くされる。 学生時代は服飾科に在籍しデザインを勉強。 将来の夢はアパレル業界で働くことだった。 Mリーグ成績 [ ] レギュラーシーズン成績 シーズン チーム 半荘 個人スコア 最高スコア 4着回避率 Pt 順位 点 順位 率 順位 渋谷ABEMAS 16 18. 第1回女流モンド新人戦• RTDガールズファイト3• プロクイーン決定戦(第16・17期) 脚注 [ ]• ABEMA麻雀TIMES 2019年7月9日. 2019年7月10日閲覧。 最新麻雀プロ名鑑 2016年3月27日. 2019年7月10日閲覧。 日本プロ麻雀連盟. 2019年7月10日閲覧。 日本プロ麻雀連盟. 2019年7月14日閲覧。 ABEMA麻雀TIMES 2019年10月19日• AbemaTIMES 2019年8月24日. 2019年8月27日閲覧。 AbemaTIMES. 2020年1月10日閲覧。 株式会社サイバーエージェント. 2020年2月25日閲覧。 LEAGUE. 2020年3月6日閲覧。 外部リンク [ ]• - 最高位戦日本プロ麻雀協会• hinaai0924 -• - YouTube.

次の

【Mリーグ】渋谷ABEMASが日向藍子との選手契約締結を発表

日向 藍子

日向藍子のwikiプロフィール 【名前】 日向藍子(ひなたあいこ) 【生年月日】 1988年9月24日 【年齢】 30歳(2019年5月現在) 【出身地】 長野県 【血液型】 O型 【好きな食べ物】 えびせん・ホワイトモナカ 【趣味】 食品サンプル作り 【好きな役】 混一色、清一色 【休日の過ごし方】 寝る 【自分を野菜に例えたら】 トマト 【所属】 最高位戦日本プロ麻雀協会 【所属リーグ】 B1リーグ 【一緒に打てる店】 池袋キングダム 【出演】 日向藍子が麻雀を始めたのは19歳の時 日向藍子プロは、 幼いころから将棋や花札などの ゲームが好きだったそうです。 通常これらの趣味は、 大人に教わって覚える場合が 多いかと思います。 詳しい情報はありませんが、 日向藍子プロの家族も そのような対戦型および、 ギャンブル的な趣味を お持ちだったのでしょう。 そうして 19歳のとき、 麻雀に出会い、あれよあれよと ハマッてしまったそうです。 もっと麻雀が強くなりたい! という一心から女流プロ雀士を目指し、 3年後の2011年、 見事試験に合格、 最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。 第1回 女流モンド新人戦 優勝• 第10期 日本オープン 4位• 第13回 野口賞 2位• 麻雀最強戦2015 全日本プロ代表決定戦 3位• 第15期 女流最高位決定戦 4位 このように、 見た目の可愛さのみならず、 実力もしっかりともなっています! 所属リーグはB1リーグ。 2017年1月現在、 B1リーグに所属しています。 有名なところでは、 あの 勝間和代さんが D1リーグ所属です。 タイムマシンに乗れたら、 過去の放銃を防ぎに行きたいくらい、 放銃を恐れているそうです… なぜこんなにも放銃を恐れるように なってしまったのかというと、 一つ目は、 かつて初めて麻雀を教わった 雀荘の年配マスターの打ち方に 影響を受けたのだそうです。 二つ目に、 日向藍子プロは、自身の 配牌が 極端に悪いことを嘆いており、 おかげで守備的な意識が 強まってしまったと 話されています。 …まあなるべくしてなったというか。 でも、個人的には 雀荘で接客するなら、 パッパと早上がりする 現代風のスピード重視の 麻雀より、 門前でじっくりいって、 ドーン!! みたいなスタイルの方が、 ウケはいい気がしますけどね。 一緒に打ってて楽しいでしょうし。 ベテランプロ雀士を 相手にしても、 失礼過ぎず、遠慮しすぎず、 絶妙な砕け感とキレで、 バランスの良いトークに 定評があります。 状況判断ができるってことなんですかね。 この辺りは、麻雀にも活かされていますかね。 守備重視ながらも、 きちんと勝ちを取ることも できていますしね。 まあ最も、かわいいがために得な部分も あるのかもしれないですけどね。 そんな日向藍子さんの 出場された大会のDVDがこちら。 …あいや、梶本琢程プロ。 失礼ながら、 その辺の 普通のおじさんみたいな 印象です… しかし、それもそのはず、 梶本さんは日本プロ麻雀協会に 所属していましたが、 団体のあり方など、ソリが合わず脱退。 その後はTV開設や単発のゲスト以外に プロ雀士として活動することは ほとんどなくなったそうです。 勝負師的なオーラってんですかね。 そういうギスギスしたものを 感じないのは 現在あまり勝負の世界に 直接身を投じていないのが その理由だったようです。 そして、動画などを検索しても、 やはり実況解説ばかりが目立ちます。 …え? 納得がいかない!? …確かに、 「なんでまたこんな…!!」 そんな風に思った人もいるかもしれません。 (失礼ですが…) しかしですよ、 梶本琢程プロは、とても人当たりがよく 温厚で優しい人柄なんだそうです。 実況や解説などは、 ただ麻雀がうまければできると いうものではありません。 麻雀そのものが、 展開もめまぐるしく進み、 先が予測しづらいですし、 それに挑む人間をよく知らねば なりません。 その局に挑んでいる雀士なみに、 その場その場の戦況を 把握していなければ 勤まらない仕事でしょう。 オーディションを受けたものの、 一度落選してしまったそうです! しかし、メンバーの丘ありさプロの 脱退により、 プロデューサーから 日向藍子プロに声がかかったようです。

次の