こる りんご。 4月2日(木曜日) 広島倉庫店|こるりんご 798円 BIORE

2020年6月5日最新!コストコ割引クーポン情報【KITCHEN & HOME FAIR】

こる りんご

は、ニュージーランド・Nelson市Upper Moutere の、Geoff Plunkett氏の庭で、1998年に、偶然発見されたりんごの実生に由来します。 Geoff Plunkett氏と奥様のMarilyn氏は、この実生が、奥様のお母さんが庭に捨てた ふじの実が腐り、そこから芽生えたのだと知っていました。 Geoff 氏たちは好奇心から、この実生を育てみることにしました。 数年後、果実ができたところ、大変優秀な、おいしいものであることがわかり、品種名をPlumac としました。 このりんごは、その後、評判を呼び、優秀な品種として、注目を受けることになります。 なお、遺伝子分析の結果、種子親は 、花粉親がであると確定します。 シャキシャキした果肉の、糖度15%を超える、貯蔵のきく、酸の効いた、味と香りのよい、おいしいりんごです。 果実は、リンゴ関係の会社の方から頂きました。 Koruは、未だ展開しきらない渦巻状のシダの新芽を指すマオリの言葉で、「新生」「成長」「力」「平和」の象徴であり、その形をデザインしたのもが、マオリのカービングやタトゥーのモチーフとして好まれます。 この果実に貼られたラベルにも見られます。

次の

モロゾフのご当地スイーツ集めた「土産セット」!

こる りんご

商品情報• 商品名:こるりんご• 品番:0011238• 価格:1,080円(税込)• 内容量:9個入り• 原材料:りんご• 原産国:ニュージーランド• 輸入者:コストコホールセールジャパン株式会社 値段比較 コストコで「こるりんご」が大袋に入って売られていました。 1袋に9個入って1,080円(税込)。 税込で1個あたり120円です。 購入したのは7月頭。 日本のりんごの旬は冬なので、日本産のりんごはこの時期とっても高いんです。 その時期に1個120円(税込)のこるりんごはなかなか安いかな、と思い買いました。 コストコが一番安いです。 やっぱり日本産のりんごは現在旬でないためお値段が高いです。 計算してみると、 コストコが43%も安い結果に!これは有難いですね。 レビュー コストコの「こるりんご 2kg」。 トコ子家ではリンゴは毎朝の野菜ジュースにinしているので必需品なんです。 しかし夏になると日本産のものは旬でなくなるためお値段が高いんですよね。 スーパーでの購入をためらっていたので、コストコで探してみました。 すると「こるりんご」を発見! 産地はニュージーランド。 日本とは季節が真逆の南半球の島です。 季節が逆ということは、現在(7月)がリンゴの旬。 熟した新鮮なリンゴがコストコに入荷していたというわけです。 「でも海外産のりんごってどうなの?」と疑問を抱いていたトコ子。 「リンゴといえば国産!」と思っていたので、購入するか迷っていたんですよ。 するとちょうど店内にて試食が始まりました!いただいてみると、 「おぉおいしい!甘い!けど酸味もあるわ。 そしてジュースにピッタリの果汁感!」と思いカートインしました。 お値段は2kgで1080円(税込)。 1個あたり120円(税込)になります。 値段比較は上記の通り。 夏の時期だとスーパーの国産りんごよりもかなり安く購入できます。 パッケージから出してみると、とってもカワイイりんごが入っていました。 1つ当たりが 少し小ぶりではありますが、その分味が詰まっていそう。 日本のリンゴだと写真のように出しただけで、リンゴの香りがしますが、こるりんごはそんなに香りはありませんでした。 傷んだ部分もほぼなく、とってもキレイなリンゴです。 早速カットしてみることに。 キレイな赤色に熟したリンゴです。 表面は硬めです。 カットしてみると、 ジュワリと果汁が溢れてきます。 日本産のように密がある、というわけではないですが、 みずみずしく新鮮です。 カットしていただきまーす! シャキッとしていて、甘い!そして酸味もある! と思いました。 日本のりんごよりも歯ごたえのあるリンゴです。 シャキッとしていて、歯ごたえもあります。 食べ応えアリです。 そして、口に入れるとまず感じるのは 甘さ!リンゴの甘さを存分に味わえます。 そして、その後に感じるのは 酸味!日本のリンゴだと酸味はかなり抑えられているのですが、ニュージーランド産の「こるりんご」は酸味もありのまま味わえました。 自然なりんごのおいしさを存分に味わえます。 そして、みずみずしさもあるので歯ごたえがあるものの食べやすかったです。 全体的な感想としては、甘味と酸味が詰まっていて新鮮でおいしい!です。 とはいえ、日本のりんごよりもおいしいかと聞かれると「うーん」です。 日本のりんごがおいしすぎる?のか味に慣れているのか、日本の密の入った香り高いりんごに比べると、全体的には味が落ちるかな、と正直思いました。 澄んでいてキレイ。 こるりんご100%のジュースです。 ジュースにすると甘味が落ちる?と思ったのですが、逆でした。 甘味は強く感じて、酸味が抑えられて、とってもおいしくいただけました。 味が濃厚なので、ソーダで割ってもおいしそう。 氷を入れて飲んでもちょうどいい濃度でおいしくいただけました。 コストコの「こるりんご」。 たくさん入っているので、そのまま食べたり、ジュースにしたり、焼きリンゴ(フライパンでバターと砂糖と一緒に炒める)にしてもおいしいです。 また夏のうちに購入したいと思います! カテゴリー• 609• 111• 228• 493• 194.

次の

ニュージーランド産 こるりんご 2.0kg

こる りんご

商品情報• 商品名:こるりんご• 品番:0011238• 価格:1,080円(税込)• 内容量:9個入り• 原材料:りんご• 原産国:ニュージーランド• 輸入者:コストコホールセールジャパン株式会社 値段比較 コストコで「こるりんご」が大袋に入って売られていました。 1袋に9個入って1,080円(税込)。 税込で1個あたり120円です。 購入したのは7月頭。 日本のりんごの旬は冬なので、日本産のりんごはこの時期とっても高いんです。 その時期に1個120円(税込)のこるりんごはなかなか安いかな、と思い買いました。 コストコが一番安いです。 やっぱり日本産のりんごは現在旬でないためお値段が高いです。 計算してみると、 コストコが43%も安い結果に!これは有難いですね。 レビュー コストコの「こるりんご 2kg」。 トコ子家ではリンゴは毎朝の野菜ジュースにinしているので必需品なんです。 しかし夏になると日本産のものは旬でなくなるためお値段が高いんですよね。 スーパーでの購入をためらっていたので、コストコで探してみました。 すると「こるりんご」を発見! 産地はニュージーランド。 日本とは季節が真逆の南半球の島です。 季節が逆ということは、現在(7月)がリンゴの旬。 熟した新鮮なリンゴがコストコに入荷していたというわけです。 「でも海外産のりんごってどうなの?」と疑問を抱いていたトコ子。 「リンゴといえば国産!」と思っていたので、購入するか迷っていたんですよ。 するとちょうど店内にて試食が始まりました!いただいてみると、 「おぉおいしい!甘い!けど酸味もあるわ。 そしてジュースにピッタリの果汁感!」と思いカートインしました。 お値段は2kgで1080円(税込)。 1個あたり120円(税込)になります。 値段比較は上記の通り。 夏の時期だとスーパーの国産りんごよりもかなり安く購入できます。 パッケージから出してみると、とってもカワイイりんごが入っていました。 1つ当たりが 少し小ぶりではありますが、その分味が詰まっていそう。 日本のリンゴだと写真のように出しただけで、リンゴの香りがしますが、こるりんごはそんなに香りはありませんでした。 傷んだ部分もほぼなく、とってもキレイなリンゴです。 早速カットしてみることに。 キレイな赤色に熟したリンゴです。 表面は硬めです。 カットしてみると、 ジュワリと果汁が溢れてきます。 日本産のように密がある、というわけではないですが、 みずみずしく新鮮です。 カットしていただきまーす! シャキッとしていて、甘い!そして酸味もある! と思いました。 日本のりんごよりも歯ごたえのあるリンゴです。 シャキッとしていて、歯ごたえもあります。 食べ応えアリです。 そして、口に入れるとまず感じるのは 甘さ!リンゴの甘さを存分に味わえます。 そして、その後に感じるのは 酸味!日本のリンゴだと酸味はかなり抑えられているのですが、ニュージーランド産の「こるりんご」は酸味もありのまま味わえました。 自然なりんごのおいしさを存分に味わえます。 そして、みずみずしさもあるので歯ごたえがあるものの食べやすかったです。 全体的な感想としては、甘味と酸味が詰まっていて新鮮でおいしい!です。 とはいえ、日本のりんごよりもおいしいかと聞かれると「うーん」です。 日本のりんごがおいしすぎる?のか味に慣れているのか、日本の密の入った香り高いりんごに比べると、全体的には味が落ちるかな、と正直思いました。 澄んでいてキレイ。 こるりんご100%のジュースです。 ジュースにすると甘味が落ちる?と思ったのですが、逆でした。 甘味は強く感じて、酸味が抑えられて、とってもおいしくいただけました。 味が濃厚なので、ソーダで割ってもおいしそう。 氷を入れて飲んでもちょうどいい濃度でおいしくいただけました。 コストコの「こるりんご」。 たくさん入っているので、そのまま食べたり、ジュースにしたり、焼きリンゴ(フライパンでバターと砂糖と一緒に炒める)にしてもおいしいです。 また夏のうちに購入したいと思います! カテゴリー• 609• 111• 228• 493• 194.

次の