アメーバ 退会。 アメーバキングの解約方法~アメーバキングを解約したい人へ

アメーバキングの解約方法~アメーバキングを解約したい人へ

アメーバ 退会

アメーバキングの料金システム アメーバキングは月額制ですが、解約の場合はどうなるのでしょうか? アメーバキングの月額は購入日を起点としています。 例えば、 1月10日に契約したとすると、契約の時に 1月10日~2月9日までの月額がカード決済されます。 また、 2月10日~3月9日までの分が 2月10日にカード決済されます。 つまり、 1ヶ月先払いというシステムになっています。 そのため、10日~翌月9日までの間に解約すれば、それ以降は料金は発生しません。 ただし、日割りではないため、例えば11日に解約した場合でも、それ以降翌月の9日までの分は戻りませんのでご注意ください。 アメーバキングは、いつ解約しても1ヶ月分は料金が発生するということになります。 解約方法 のマイページから解約します。 ログインしたら上部メニューバーに 月額課金サービスという項目があるのでクリックします。 すると、このような画面が表示されるので、 退会するをクリックすると完了します。 上記のところで、決済日に注意してください。 決済日を超えると1ヶ月分料金が発生します。 アメーバキングの解除方法は上記の方法のみとなります。 電話やメールでの解約はでいないので注意してください。 アメブロの商用利用が可能になりました 2018年12月25日 火 より、 Ameba利用規約の改訂に伴い、 アメーバブログ上での商品の販売・宣伝が可能になりました。 アフィリエイトについても、Ameba提供のアフィリエイトだけでなく、 すべてのアフィリエイトサービスをご利用いただけます。

次の

アメーバ退会方法スマホ版!アメブロログインから解説!

アメーバ 退会

スマホでの退会処理がお勧めされている 以前はパソコンからでもスマホからでも退会ができたのですが、 2018年8月から、スマホでの退会手続きが推奨されています。 スマートフォンにてアメーバをご利用いただいたことがある方は、スマートフォンから退会手続きを行ってください。 PCから退会を行うと、PC・スマートフォン含めてすべての端末でお使いのユーザー情報を削除することができません。 より抜粋 なので、スマホでアメブロを開いた事がある方は、念のためスマホから退会手続きをしておきましょう。 アメブロ退会時の注意事項 一応確認です! アメブロを退会すると、今まで書いたブログが全てなくなります。 ログインもできないし、見る事もできなくなります。 アメブロのメッセージも見られなくなるし、ピグも消えるし、読者登録していたブログもわからなくなります。 必要なものがあれば、メモをとったり画像を保存したり・・など、しておきましょうね。 ・・・っていうような注意事項が、退会処理を完了するまでの間に何回も何回も出てきます! 「またか!」とくじけそうになるかもしれませんが、負けないで!! ameba退会する事を決めたのであれば、惑わされずに最後までGO!です!! スマホでのアメブロ退会方法 では、実際のスマホでのアメブロ退会方法です。 こちらでログインしてくださいね! パスワードを忘れた場合はこちらから再設定できます。 削除したいamebaIDでログインして上記URLをクリックすると・・・ はい、出ましたー! アメブロの、退会を引き留める作戦が続々と出てきます! ここは、強い意志で乗り越えましょう。 最後にやっと、退会手続きに進む画面が出てきます 笑 もう一度確認されますので、ここで、削除するIDやニックネームが間違っていないか確認しましょう。 次のステップに進む前に、また出てきたよ、注意事項・・!!! 最後に 【アカウントを削除してアメーバIDを退会する】のボタンがありますので、これをタップしましょう。 こででアメーバのアカウント削除が完了です! アメーバを退会する 続いてアメーバの退会手続きをします。 再度アメーバIDが出てくるので確認して、パスワードを入力してログインしてください。 油断しないで・・!!! ここからも、まだ注意事項がわんさか出てきます 笑 これも、乗り越えると最後に 【退会手続きに進む】のボタンがあるのでタップしましょう。 ここでは、退会理由を聞かれるので適当に答えておきましょう。 ひとつ答えたら、さらに詳細な理由も聞かれたよ! これも適当に答えて、 【退会確認画面へ】をタップしましょう。 これが最後の確認! 【退会する】をタップすれば終了です! いや~、長かったですね~! お疲れ様でした! パソコンでのアメブロ退会方法 「スマホでアメブロを開いた事がない」という方は、パソコンからの退会手続きでもOKです。 削除したいアメブロIDでログインして、こちらのリンクをクリックしてください。 はい、パソコン版でも出てくる出てくる~! 「本当に退会していいんですか??」の確認が続きますので、気にせず一番下まで行って 【退会手続きに進む】をクリックしましょう。 アンケートが出てきまして、これ、何か答えないと先に進めないので、適当に答えてね。 最後の確認が出てくるので、こちらも【退会する】をクリック。 はい、こちらで退会完了です! お疲れ様でした~!.

次の

「退会済みのアメーバIDです。」1日1万PV以上のアメーバブログ(アメブロ、アカウント)、アメーバピグが削除される!削除対策、削除されたIDは復活できる?

アメーバ 退会

アメーバアカウントの削除 このとほぼ同時期に始めたサテライトブログのアメーバブログ。 以前記事を更新しようと、ページを開くとログイン画面になった。 メアドとパスワードを入れてみると 退会済みのアメーバIDです。 という文字が。 調べてみると以前は不正アクセスによりこの文字が出ていたこともあるけど、 運営によりIDが削除された場合もこの文字が出るそうだ。 この表示が出た後はしばらく、ログイン出来ない状態で記事自体は見ることができた。 しかし、しばらくすると、記事自体も見れなくなった。 当時はこのメインブログからも多数のリンクを貼っていたのでその修正作業も必要となったのである。 メインブログでは出来ない様々な方法で、自分の得意なブログの露出をはかり、アメーバブログは1日のPVが1~3万PVもあった。 訪問者の質は低いので大した収益にならないけど、記事は財産だと思ってる自分からすると、書きためた記事が消されたことは非常にショックである。 まあ、それでも何点か削除された原因に心当たりはある。 アメーバをメインブログとして多数の財産を溜め込んでる人も多いと思うので、自分のようにID削除という事態にならないための対策について、今日は記載していこうと思う。 アメブロIDが削除される恐れがある明確な規約違反 まず、自分が明確な規約をしていると認識していた事項について。 以前2回ほど記事を消されたことがある。 理由は 利用規約の範囲外でのアフィリエイトだ。 アメーバの規約にはこのようにある。 Amebaの「記事を書く」画面から、各アフィリエイト会社のアフィリエイトサービス がご利用いただけます。 ここからご利用いただいたアフィリエイト成果はアフィリエイトポイントとして還元されます。 ご利用にあたっては、各アフィリエイト会社の利用規約の範囲内でご利用ください。 違反行為が確認できた場合には、Ameba利用規約に違反した場合と同様、 該当箇所の削除やご利用の停止をさせていただきます。 この規約違反により、2回過去に記事を削除されている。 記事の具体的な内容はと言われるものだ。 有益情報を配信するメルマガに登録してもらい収益を上げるというものだ。 このオプトインアフィリエイトも規約違反になる。 また、アメーバピグにてこのブログ(freelifer. jp)にもあるようにといった形でイベントを開いていた。 すると、ある時からイベントが削除されるようになり、しまいにはイベント自体を開くことができなくなってしまったのだ。 これも明確な規約違反。 そして、アメーバからは特に警告がなかったが、サイドバーに広告を載せたりもしていた。 クリック型広告だったのだが、これも問題なかったとは言えないと思う。 以上3つが自分の認識している規約違反だ。 これぐらいで本当に削除されるの?と疑問に思うかもしれない。 しかし、規約違反をしているという事実に加えてあることが重なると、ID自体が削除される可能性が高まる。 それは他ユーザーによる 通報だ。 削除基準というのは非常に曖昧で常に変化しているが、 SNSと同様に運営にその判断基準とされるのが他ユーザーからの通報である。 アメブロの方が多数の露出があり、しかも様々な方法で人を流入させていたため訪問者の質はあまり良くなかった。 非常に多くの訪問者がいて、かつ訪問者の質が悪いとなると通報数も増えるのは間違いない。 嫌がらせという形で故意に通報する者もいるが、運営側はこれに気が付かない。 自分ももしかしたらそうした嫌がらせによる被害者になってしまったのかもしれない。 さて、ここでどうすればアメーバブログ削除のリスクを避けることができるか?という疑問がわくだろう。 無料ブログサービスを使わず、自分のブログのように独自ドメインでブログをすればいいという提案もあるが、どうしてもアメーバブログを使いたい人もいる。 こうした人のために効果がある対策としては3つある アメーバIDの削除のリスクを下げる方法 1.明確な規約違反をしない 明確な規約違反とはアメーバブログの場合は、ブログを営利目的に使うということ。 この営利目的の理由で削除される場合が非常に多く、この営利には営業も含まれる。 これをしなければアメブロの場合、削除されることは非常に少ない。 また、ツールを使いスパム的にメッセージやコメントを送る行為も過度の営業としてかなりの確率で削除対象とされる。 2.無料ブログサービスの利益になるような行為をする これはアメーバ側に利益を与えるような行為、つまりは Amebaプレミアムに登録したり、アメーバ公認のアリエイトプログラムを利用することが含まれる。 Amebaプレミアムとは月額980円でブログに出てくる広告を外すサービスで、アメーバのアリエイトプログラムとは、Amebaの「記事を書く」画面から、各アフィリエイト会社のアフィリエイトサービスを利用することだ。 楽天、Amazon、iTuneのアフィリエイトが可能だが、このアフィリエイトサービスは自分が直接前の3社と契約するのではなくて、アメーバを通してアフィリエイトをする仕組みになっている。 つまり、アメーバにも利益が配分されるわけだ。 額によっては、こちらのアフィリエイトの方が直接契約よりも還元率が高くなったりするので、素直にアメーバを通してアフィリエイトをするのも悪くはないと思う。 こうした有料のサービス等を利用したブログであれば、同じ規約違反でも削除基準が一気に緩くなる。 利益を上げている企業としてしょうがないとは思うのだが、お金を換言すれば削除のリスクが下がるというのは、少し納得がいかないユーザーもいるかもしれない。 3.通報をされないようにする そして、最後の対策だがこの対策は難しい。 やってはいけないこととしては、2ちゃんねる等にURLを貼り、ユーザーを呼び込むのは訪問者の質を落とし通報する人もいるのでやめた方がいい。 また、メールスパムなど、コメント・メッセージスパム以外の方法で、むやみにアクセスを増やす行為もアメブロでは盛んだがこれも通報の原因になる。 削除リスクは非常に高まると言える。 今回はアメーバブログの削除について述べてきたが、無料ブログサービスでブログを開設すれば基本的には規約違反により削除のリスクというものが生じる。 こうしたことからもブログは独自ドメインで始めた方がいいということを再度強調したい。 独自ドメインのブログは有料ではあるが費用も ドメイン代(jpで年間2980円程度、comで年間980円程度)、サーバー代100円程度~と月額980円のAmebaプレミアムよりも断然安いのだ。 (自分のこのブログも上記ロリポップで運営している) まあ、初めのセッティングや検索エンジンからの呼びやすさなど無料ブログサービスの利点もあるので、それを理解した使い分けをすればいいと思うが。 削除されたアメブロIDは復活できる? ちなみに、削除されたIDは復活できるか?という疑問はよくあるのだが、復活した事例はない。 アメブロ以外の有名な無料ブログサービスとして、FC2ブログ、ライブドアブログ、Seesaaブログがあるが、ちょっとした規約違反でのブログ削除はすべてでありえる。 アメブロよりは削除されにくいことは確かではあるが。 記事については、法律上の義務として、一定の保存期間はあるものの(3ヵ月?)それを過ぎると永久に消えてしまう。 どうしても記事を復活させてほしい人は完全削除の前に弁護士等を立てて争う必要がある(こうすればこの期間は削除されないだろう)。 ただし、ブログ自体の復活は規約違反が明確な場合ほぼ不可能だし、記事のデータも取り返すのも容易ではない。 削除されてしまったら、残念なことではあるが泣き寝入りする人がほとんどなのだ。 独自ドメインでのブログはやりたくないけど、保険がほしいという人は読者にSNSを登録してもらったり、運営するブログをいくつかに分けるのも一つの手だと思う。 こうすれば、万が一ブログが削除されてしまった場合もすぐにユーザーを新しい方へ誘導できる。 ちなみに、自分もTwitter、Facebook、ブログは保険としてしている。 Facebookについては友達申請を送ってくれたら全員を承認するつもりだ。 よかったら申請を送ってほしい。 いずれにせよ、ブログで収益を上げたいと考えている場合は、記事のバックアップを始め、様々な保険が必要になるということだろう。 その辺は十分に考慮すべきだ。

次の