飲める 米ぬか。 米ぬかレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

米糠

飲める 米ぬか

まずは、食品素材として品質を高めた米ぬかの開発を協力会社にて行いました。 米ぬかの栄養と、この美味しさをお客様に届けたいという気持ちで、商品開発に携わりました。 女性にも男性にも飲み続けやすいよう、新鮮な豆乳をベースにすっきりとした甘さで仕上げています。 毎日、取り続けて頂きたい飲料です。 「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」をモットーに、 「人々の健康で幸せな暮らしづくり」を実践してきたサンスター。 その商品づくりの根底にあるのは、 「人が本来持っている健康になろうとする力を最大限に活かすこと」。 そこで、野菜をはじめ、自然素材の研究を進める一方、 玄米菜食を実践し、心身をリフレッシュさせる施設「心身健康道場」を 開設するなど、幅広く健康に関する活動に取り組んでいます。 よくあるご質問 米ぬかとは何ですか? 米ぬかは玄米の外皮 果皮 、胚芽部分のことで玄米の特徴的な栄養 食物繊維、マグネシウム、鉄、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンE、ナイアシン を含みます。 どんな味ですか? 保存料を使用していますか? 使用しておりません。 いつ飲めばいいですか? 特に決まりはありませんが、習慣にしていただくために、朝食の時やお風呂上りなど、飲むタイミングを決めてお飲みいただくことをおすすめします。 温めて飲んでもいいですか? はい、温めて飲んでいただいても結構です。 ただし、そのまま温めますと、容器が壊れたりすることもあり、大変危険です。 必ず別の容器に移し変えてから温めてください。 4g、脂質:3. 4g、糖質:9. 7g、食物繊維:6. 4g、ナトリウム:8~25mg、鉄:1. 4mg、ショ糖:1. その他の情報• 原材料由来のビタミンKやカリウムが含まれていますので、これが多く含まれる食品の摂取制限を受けている方は医師にご相談の上、お召し上がりください。 食物繊維、マグネシウムが豊富に含まれておりますので、体質や体調により、お腹の張りを感じたり、お腹がゆるくなることがございます。 大豆アレルギーの方は摂取をお控えください。 豆乳は他の大豆食品でアレルギー症状が出ない方でも、ごくまれにアレルギー発症例がありますので、初めて飲用の場合はごく少量からのご利用をおすすめします。

次の

米ぬかレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

飲める 米ぬか

化粧品やぬか漬けなどに使われ、そのままで食べるイメージはあまりない米ぬか。 でも実は栄養価がとても高く、スーパーフードと言えるほどなのだとか。 2019年4月25日(木)、東京・渋谷区にある米ぬか油専門店「0. 6RICEBRANOIL(ライスブランオイル)」にて、米製品を扱う「神明きっちん」が発売している『飲める米糠(ぬか)』の新CM発表会が開催。 今回のCMからイメージキャラクターを務めることになったモデルの矢野未希子と、医者でお笑い芸人のしゅんしゅんクリニックPが登場して、米ぬかの魅力について語った。 米ぬかの効果は?サプリで補いがちな栄養素が豊富「神明きっちん」代表取締役社長の藤尾益人さんによると、「ビタミンAとC以外の、人間に必要とされる栄養素を米ぬかから摂ることができます」とのこと。 米ぬかには現代人に不足しがちなビタミン、ミネラルのほか、鉄や葉酸などサプリメントで補っている人も多い栄養素が豊富なのだそう。 これは美肌を保つなどアンチエイジングにもつながるので、米ぬかは女性にとってうれしい効果も期待できるそう。 「神明きっちん」では、独自の「ナチュラルプレス製法」によって、精米直後の新鮮な米ぬかの油分を圧搾している。 それにより、薬剤完全不使用の食品として利用可能な脱脂米ぬかを実現したという。 その脱脂米ぬかを分子分解し、水に溶ける成分だけを取り出したことで、通常は酸化が早く発酵しやすい米ぬかを手軽に取り入れることができる状態に。 例えば、たんぱく質なら1. 7g、食物繊維は3. 1g摂ることができるそう。 たんぱく質は活性酸素を減らす効果をもつ酵素の材料にもなるといい、食物繊維は整腸効果が期待できる。 「神明きっちん」の社内モニターによる調査によると、1か月ほどでお通じが改善したという結果が出たそう。 「『飲める米糠』を朝飲むと昼にトイレに立つ回数が増えてしまうので、ぼくは夜に飲んでいます。 夜飲むと、朝から快腸になって、食物繊維の効果を実感していただけると思います」(藤尾さん)食物繊維パワーで便秘解消にも!イメージキャラクターを務める矢野さんは、『飲める米糠』をすでに毎日の生活に取り入れているそうで、「全然くせがなくて、きな粉みたいな味で飲みやすいです。 味噌汁やスープ、ヨーグルト、アーモンドミルクに入れて飲んでます」とコメント。 続けて、「たんぱく質とミネラル、ビタミンが一緒に摂れる食べ物がなかなかないと聞いていて。 サプリメントじゃないから、体に負担もなくていいんじゃないかと思ってます」と魅力を語った。 発表会の会場となった「0. 6RICEBRANOIL」では、管理栄養士監修の『飲める米糠』を使ったスムージー6種(500円税込)を販売しており、5月6日(月)までは100円(税込)のサービス価格で提供する。 そこで、もう1人のゲストとして登場したしゅんしゅんクリニックPと矢野さんが米ぬかスムージー作りを体験することに。 「米ぬかの感じがまったくしなくて、普通にジュースみたいで飲みやすいです」と、ブルーベリーと赤キャベツが主役の『ベジタブルベリー』を飲みほしたしゅんしゅんクリニックPは「ビタミンBがはいっているので疲労回復にもよさそうですね。 食物繊維で腸内の環境がよくなると便秘の改善にもいいし、免疫アップにもいいですよね」と医者らしい視点でコメントを。 一方、矢野さんは、「朝に『飲める米糠』を飲んできたので腸が動いていて、ギュルギュルと音がしてます」と、自身が体感している食物繊維の効果をリアルに届けた。

次の

【楽天市場】【CM放送中!】飲める米糠10g×15個 健康食品 神明きっちん:南青山0.6RICE BRAN OIL

飲める 米ぬか

藤尾: 私たち神明グループは創業117年の精米卸であり、117年間ずっとお米と二人三脚で成長してきた会社です。 そのため「お米のチカラを生かして、多くの人たちの健康をサポートしていきたい」という気持ちも非常に強く、そうした想いから「0. 6 RICE BRAN OIL」ブランドを立ち上げました。 ブランドの立ち上げにあたって、私たちが着目したのは「多くの人が健康のために玄米を食べていること」でした。 玄米のなかに含まれている約80%の栄養素は、米ぬかのなかに入っていると言われています。 そこで私たちは「米ぬかのチカラ」に焦点を絞り、それを生かしていける商品づくりを進めていきました。 米ぬかは、玄米を精米するときにとれる種皮や胚芽の粉末のことです。 この米ぬかを使った代表的な食材として米油がありますが、米ぬかは精米直後に酸化が始まってしまうため「米油づくりは時間が命」と言われています。 そこで、私たちは自社の精米工場でとれた米ぬかからすぐに米油が作れるように工夫を行いました。 これは毎日たくさんのお米を精米している私たちでしかできないことです。 さらに、米ぬかが持っている栄養を損なうことなく米油をつくりだせるように、独自のナチュラルプレス製法を考案して、薬剤を一切使用せずに物理的な圧搾のみで酸化度合いの低い米油を開発しました。 新鮮な玄米から約0. 6%しかとれないフレッシュな米油であることから、ブランド名を「0. 6 RICE BRAN OIL」と名づけました。 そして、この栄養が凝縮されたフレッシュな米油を「飲める米油」として商品化しています。 米ぬかが持つポテンシャルに着目してほしい! 「0. 6 RICE BRAN OIL」ブランドでは、米油だけではなく米ぬかも販売されていますよね?「米ぬかの商品化」という発想は、どのようにして思いついたのですか? 藤尾: 米油づくりを進めていくなかで「米ぬかは非常に栄養バランスのいい食品であること」がわかってきたのです。 それまでも、米ぬかの栄養バランスがいいことはわかっていたつもりだったのですが、それはあくまでも感覚的なもので具体的な成分までは調べたことがありませんでした。 そこで、米油をつくるにあたり、大学に協力していただいて米ぬかの成分を分析・研究していきました。 しかし、栄養バランスがいい食材にもかかわらず、米ぬかをそのまま使った商品は世の中にほとんどありませんでした。 そこで「ないのであれば自分たちでつくっていくしかない」と考え、米ぬかの商品化をスタートさせたのです。 一般的な米ぬかのイメージというのは、ぬか漬けが思い浮かぶくらいで「体にいい」というぼんやりとしたイメージはあっても、身近に感じることがない食材ですよね。 どちらかというと「なじみが薄いもの」というイメージがあるなかで「なんとかして米ぬかを身近な食材にしていくことはできないか?」という想いから、開発を進めていった商品が「飲める米糠」になります。 商品開発のこだわりは「飲みやすさ」の追求 実際、どのようにして商品化を進めていったのですか? 藤尾: 「米ぬかは精米してすぐに酸化が進んでしまう」というお話は先ほどもいたしましたが、ナチュラルプレス製法を使って熱と圧力をかけながら細かく粉砕していくことで、米ぬかの劣化を最小限にとどめることに成功しました。 しかし、米ぬかにはもうひとつ「水に溶けにくい」という商品化には不向きな点がありました。 米ぬかを身近に食していただくためには、摂取しやすくいろいろな食のシーンに使えるような商品にしていかなければいけません。 そのため、熱と圧力をかけて米ぬかを粉砕していく際に、水を入れて溶かしながら分解させていく工程をつけ加えることで、水に溶けやすい商品を開発することができました。 「飲める米糠」は、粉末タイプの商品になっているのですが、きな粉のような味わいでお好みにあわせていろいろな召し上がり方ができるような商品になっています。 大切なものは、原点のなかにある!「自然から栄養をとろう」 「飲める米糠」を使った食の提案なども行われていますよね?.

次の