方言 富山。 富山の言葉

富山の方言(富山弁)一覧!なーんなどかわいいの方言を紹介

方言 富山

富山は「お国言葉」の生きる街 みなさんは、あなたの町の「お国言葉」を使っていますか?、それとも、努めて標準語を使うように心がけているほうですか? 日本全国どこでもきちんと言葉が通じるというのは便利ですが、方言が廃れていくということは、その町に住む人々の「その町らしさ」が消え失せてしまうことだと思います。 でも、実はかなり独特で、面白い言葉です。 「富山弁=関西弁+東北弁+名古屋弁 である」という人もいます。 実際には、富山県の中でも地方によって言葉が異なり、方言の宝庫だという言語学者もいます。 まあ、そういうわけで、ここでは富山の言葉の基本について紹介しましょう。 基本的な文法事項 「が」の用法 例文1:あんた、なんしとん がー? (あなた、何してるの?) 例文2:これはこうやって作る が! (これはこうやって作るの!) 例文3:勉強すん がやーわ (勉強するのは嫌だよ) 例文1の「が」は疑問の終助詞です。 この文ではイントネーションが重要なポイントで す。 普通、疑問文では文末が上がりますよね? でも、富山弁では、「なんしとんが?」の「と」にアクセントが置かれ、文末は下がるのです。 そのため、富山弁を良く知らない人がこの言葉を聞くと、相手が怒っているかのように聞こえるのです。 例文2の「が」は強い断定を表します。 疑問の「が」に比べて断定の「が」はずいぶん強く発音されます。 私のイメージでは、この「が」には、自分の主張を意地でも押し通そうという強い意志が感じられるので、あまり多用しすぎるとわがままな人と思われるか も ……。 「絶対絶対絶対嫌だっっっ!」という意味で「いやが!」といいます。 例文3の「が」は、「〜こと」「〜もの」「の」というような意味です。 相手の言ったことに対して「そんなんじゃないよぉ〜」と曖昧に否定するときに、「そんながでないちゃー」といいます。 富山の人が、標準語を話そうと努力しても最後まで抜けきらないのが、この「が」なのだと聞いたことがあります。 東京のど真ん中で、友達が「あんたなにすんが〜」などと富山弁で話しているのを聞いて、恥ずかしく思った富山人が、「が言う がやめて!」と叫んでしまったという笑い話があります。 (おわかりですよね、「『が』って言うのやめて!」と言いたかったわけです) 先ほど、富山弁は名古屋弁と東北弁と関西弁のミックスだという説についてと書きましたが、文末の「が」は、名古屋と富山で共通する部分の一つです。 名古屋では、「〜がや」とか「〜がね」と言いますが、富山にも「〜がいね」という表現があるんです。 「そうがいね」は「そうだよね」とか「そうなんだよ」いうような意味です。 「け」の用法 例文1:それなん け? (それなに?) 例文2:なに見とったん け? (何見てたの?) 例文3:おらす けー? (いらっしゃいますか?) 例文4:何持ってきたんが け? (何持ってきたの?) 例文1〜4すべて、疑問を表します。 例文1・ 2のように、音便の「ん」+「け?」という表現は、非富山人が富山に「帰化」するときに真っ先に使い始めてしまう言葉ではないかと思います。 実は私も気に入ってます。 例文 3は、近所の人がちょっと誰かの家を訪ねたときに、玄関先で叫ぶ言葉です。 よほど親しい間柄でしか使われないようですが。 例文4は、先ほどの「が」と組み合わせた用法ですが、まさに「これぞ富山弁!」という感じがします。 初めて聞いたときにはものすごく違和感がありました。 私は「なにしとんがけ?」という表現が大好きです。 「ちゃ」の用法 例文1:これ ちゃどこで買ったがけ? (これどこで買ったの?) 例文2:なん ちゃ? (なんですか?) 例文3:じゃぁここで待っとっ ちゃー。 (じゃあここで待ってるからね) 例文1の「ちゃ」は主格の格助詞で、「〜は」という意味です。 「そんなふうにするがちゃ やーわー」(そんな風にするのは嫌だ)のように「が」と組み合わせて使うとまさに「モロ富山弁」、という感じになります )。 例文2の「なんちゃ?」は、「お願いがあるんですが」「何?」と言うときの、「何?」にあたる表現です。 目下の人や親しい間柄で使われま。 例文3のように、文末の「ちゃ」は「〜よ」「〜だよ」というくらいの意味ですが、非富山人にとってはなかなかうまく使いこなせない表現で前に続く動詞の活用がいまいちつかめないのです。 富山弁には独特の音便がありますからねぇ。 「れ・られ」の用法 例文1:ちょっこし寄っていかれ (ちょっと寄っていって下さい) 例文2:キトキト富山に来られ! (元気な富山にいらっしゃい) 例文1は、友達とどこかにいった帰りに、自分のうちで一緒にちょっとお茶でも ……、というシチュエーションで使われます。 また、広告などでは「よってかれま!」という文句をたまに見かけますが、これもほぼ同じ様な意味です。 命令形の「〜られ」は富山独特の方言で、なんだか味わい深くて好きなので、例文2のようにページタイトルにも使わせていただきました。 ちなみに、「キトキト」というのは 「新鮮な」とか「いきいきとした」「元気な」というような意味で、富山弁の中ではかなり全国的に有名な言葉だと思います。 富山は魚介類のおいしい地方だといわれていますが、ここでは、「新鮮でおいしい魚」を「キトキトの魚」というんですよ。 以上で〜す。 vvvvv.

次の

富山弁はかわいい!富山県の方言一覧(なーん/きのどくな)

方言 富山

意味深な言葉から失礼します。 どうも、編集長のサクラです。 突然ですが以前、いつも通りにめざましテレビを見ていると、とんでもない情報が目に入ってきました。 女子アナがおもむろに発した言葉は 「女性の方言表現魅力ランキングで富山弁が第2位となりました。 」でした。 (2012年の話) そんなバカな。 富山の方言がそんなに可愛いわけがない。 しかし、めざましテレビが言うのなら仕方がありません。 めざましテレビは、 ローマ法王の次に影響力のある発言をするもの。 女性の方言表現魅力ランキング 1位 京都 2位 富山 3位 福岡 4位 鹿児島 5位 高知 6位 愛知 7位 広島 8位 大阪 9位 沖縄 10位 福島 富山弁は富山特有の方言と思われていますが、大きな括りでは西日本方言の東限にあたる方言とされています。 さらに富山県は大きく3つの地域に分けられ、県の中央を走る呉羽丘陵を境に、東を呉東、西を呉西、呉西の南部にある五箇山の3つがあります。 この地域によって富山弁もそれぞれ呉東方言、呉西方言、五箇山方言の3つに分けられます。 特徴としては、呉東と呉西は全体として西日本方言の特徴を持っていますが、少し東日本方言と東北方言が混じった形となっています。 ただ五箇山に関しましては、また他とは異なる独自の方言を持っています。 ともあれ、富山県内の方言差は比較的小さいで正直わたしのような県外の人にとっては全然地域差はわかりません。 では、富山県にはどのような方言があるのか? 富山県のお土産には、富山の方言をまとめた富山県方言番付というものがあります。 こちらあh2006年に富山商工会議所が勧進元となって作成されたもの。 地元の方言研究家が方言辞典をもとに選定し、富山大学人文学部の日本語学研究室の学生による調査にもとづいて点数化し、いろいろと協議しながらつくられたのだそうだ。 とりあえず上位10個を抜粋してみましょう。 横綱(東) きのどくな ありがとう 横綱(西) きときと 新鮮な 大関(東) だら ばか、あほ 大関(西) まいどはや どうもこんにちは 張出大関(東) また、こられ また来てね 張出大関(西) いとしい かわいい 関脇(東) つかえん かまわない 関脇(西) こーりゃく お手伝い 小結(東) だいてやる おごる 小結(西) うしなかす 無くす 有名どころといえば上記の方言なのですが、今回はさらに富山弁を紹介していきます。 単語もそうなのですが、富山弁の特徴として、言葉の最後に発する語尾とそのイントネーションがあります。 大阪弁だと「〜やん」とか広島弁だと「〜じゃけぇ」みたいな感じですね。 〜が 終助詞の「の」、準体助詞の「の」にあたる。 例:どうしたが? (どうしたの? ) 〜け 疑問の終助詞「か」「かい」「かね」にあたる。 例:知っとっけ? (知ってますか? ) 〜ぜ 終助詞の「よ」にあたる。 例:そんながいぜ(そうなんだよ) 〜ちゃ 終助詞の「よ」「な」「ね」「の」にあたる。 例:そんながいちゃ(そうなんだよ) 〜られ 「〜しなさい」「〜しろ」「〜してください」の意味。 例:富山にこられ(富山に来てください) 〜まいけ 勧誘の助動詞「う」「よう」にあたる。 例:行こまいけ(行こう) こちらの語尾は今の若い人も普通に使っています。 「〜まいけ」だけ全然聞きませんが、富山の雑誌とかテレビでよく見かけますね。 可愛いところはなんといっても「〜ちゃ」、世代が違うかもしれませんが うる星やつらのラムちゃんの口癖が「ダーリン、好きだっちゃ」でした。 今考えてみるとこれは富山弁なのではないでしょうか? 富山県民的には「好きやちゃ」になりますが、実際に言われてみるとなんだか可愛いですね。 名詞や動詞も含めて、その単語だけで会話が成り立つものをいくつかピックアップしました。 なーん もともとは否定の「いいえ」の意味だが、会話によっては相づちにもなる言葉。 例:なーん、違うちゃ(いいや、違うよ) 気の毒な 「ありがとう」の意味。 文字通り「お気の毒に」という意味にもなりうる。 まいどはや 「こんにちは」「ごめんください」の意味。 だら 「ばか」「あほ」の意味。 例:だらないがけ(ばかじゃないの) つかえん 「差し支えない」「構わない」の意味。 例:つかえんよ(構わないよ) きときと 「新鮮」の意味。 例:きときとな魚やね(新鮮な魚だね) だやい 「だるい」「かったるい」「面倒くさい」の意味。 しょわしない 「せわしない」「落ち着きがない」などの意味。 まんで 「すごく」「とても」の意味。 例:まんで綺麗やちゃ(すごく綺麗だ) こちらで、もうコストパフォーマンスが最高なのが「なーん」という言葉です。 富山県民なら誰しもが一回は使ったことがあるくらい便利なんですよね。 日本語で一番便利な言葉と言えば「どうも」ですが、富山県民なら「なーん」なのです。 実際に女性が言っているところを見ると、ゆっくりと伸ばしながら言われるとすごく可愛く感じます。 逆に早口で言われると怒っているように見えますね。 こちらはよくテレビとかで取り上げられる富山県の卑猥な方言たちです。 正直、実際に使っているところは見たことないのですが昨今はセクハラ問題が多いのであまり使われなくなったのかも。 知らんけど。 だいてやる 「おごってやる」の意味。 例:今晩だいてやるちゃ(今晩おごってやる) ちんちんかく 「正座する」の意味。 例:ちんちんかかれんか(正座しなさい) くどく 「愚痴を言う」の意味。 例:部下にくどく(部下に愚痴をいう) だんこちんこ 「互い違い」の意味。 例:恋はだんごちんこ(恋はすれ違い) つまんこ 「くじ引き」の意味。 例:つまんこしっしゃい(くじ引きしなさい) 正直こちらは全然可愛くないですね。 わたしが女子高生なら今ごろキレているところです。 詳しい使い方については、こちらの記事を参考にしてください。 ということで、今よく使われているであろう富山弁をいくつか紹介しましたが、 結局のところ可愛いの?って話ですよね。 実際にわたしは富山県外の人であり今は富山県に住んでいるので、かなり客観的に富山弁を評価できると思っています。 そのためどう可愛いのかを説明したいと思います。 イントネーションが可愛い やっぱり単語というよりも、文章の流れから出るイントネーションが富山弁は可愛いと思います。 「〜やちゃ」も「なーん」もそうですが、これは実際に聞いてみないとわからない!あとは感情によってイントネーションも変わってくるので、その変化も楽しめると言うか・・・なんかわたし変態みたいな発言してますね。 わかりそうでわからないが可愛い 富山弁は県外の人からすればわからない言葉が多いですが、どことなくわかるような気がする言葉も多いです。 そんなわかりそうでわからない方言だからこそ興味を持ってしまし、可愛さを抱いてしまうのではないかと思います。 恋愛もそうですが、全くわからない人には興味を得ず、アピールが過ぎる人にも恋愛感情は起きにくい。 そのどこか手の届きそうで届かない、このもどかしさが恋愛と富山弁、可愛さに繋がってくるのではないでしょうか。 ちょっとエッチで可愛い さきほどは卑猥な言葉を今の人は使わないと言いましたが、ただ先入観と言いますか、このような単語をテレビとかで紹介するので富山県は少しエッチなんじゃないかと洗脳されている可能性もあります。 そうした目で見てくる変態野郎がなんとなく「富山弁=ちょっとエッチ=なんか可愛い」という方程式を作り上げていると思います。 これは完全に個人的な意見です。 クセの強い大阪弁ですら最近は淘汰されつつあるんで、きっとこういったデータとして方言は残っていくのでしょう。 結論として、富山弁の可愛いところはいくつかありましたが、結局は 可愛い人が方言を使えばなんでも可愛いということなのではないでしょうか?はい、異論は受け付けません。 また富山県だけ絆創膏のことをキズバンと呼ぶなど、他にも面白い富山ならではの言葉があります。

次の

富山の方言

方言 富山

北陸弁のイントネーションは関西系• 厳密には各県・県の地域(富山は呉東と呉西、石川は加賀と能登)ごとに違う。 確かに呉東では北陸の他地方で一般的なゆすり音調が弱い。 これを「イントネーションの違い」と言っていいかも知れない。 しかし個々の単語のアクセントは県内では違いが少ない。 この点では石川における加賀内部、能登内部の相違よりも少ないくらいである。 最も標準語の影響の濃淡で新たな違いが発生している可能性は否定できない。 共通語の高低と逆のイントネーションの持つものが多い コーヒーや蛸、雲…。 このため、橋と箸など共通語と意味が異なる場合もある。 方言は呉東と呉西で違ってくる。 どちらかがもう一方の言葉を聞いてもわからない事がある。 氷見は能登の影響もあり高岡以南ともまた違う。 魚津以東 以北 の下新川も特徴的。 小矢部川流域 旧西砺波郡 には金沢弁と似た語法がより多く使われる。 「〜まい」の意味が富山市を境に逆になる。 西の「〜まい」は東では「〜まいけ」• 五箇山には古い言葉が残り、他と比べて違いが多い。 但し発音は綺麗。 他県出身の人を「旅の人」と呼ぶ。 死んだあとでもそう言われ続ける。 ドラクエ的。 「おちんちんかく(=正座をする)」という衝撃的(!)な方言が呉東地方に存在する。 TV等でネタとして紹介される事があるが、近年日常的に使用している人はあまり見受けられない。 犬の芸の由来を知りたがる、某神社の娘(双子の妹の方)の前では言えないな。 柴田理恵が「大なまり亭」で連発して毒気に当てられたw• 昔はおちんちんは体の部分の呼び名ではなかった。 活用形として、騒ぐ子供は大人に「ちんとしとられ!」と注意される。 「段違い」は「だんこちんこ」と言う。 「ちぐはぐ」のことを「ちんこはんこ」とも言う。 語源は「鎮座する」の「ちん」• 「くじ引き」を「つまんこ」というのも衝撃的。 「おちん〜」と違ってTVのネタにならないのは放送できないから?• 「おはぎ」は「はんごろし」。 (西部・東部で使用については差あり)• ごはんのつぶし具合では? 粗めにつぶすと「はんごろし」、よく潰すと「みなごろし」• 掻餅(かいもち)という立派な言葉も存在する。 「かーか か かーか?」(母さんこれは蚊ですか?) 真ん中のか は、きゃ に近い• 間違わないように。 「差し支えない」という意味。 使えないときも「つかえん」なのでまぎらわしい。 「だいて!」とは、例えば、試合に「出して!」つまり、「出場させてください!」ということ。 本当に「抱いて」ほしいときは、「うだいて!」という。 これを柴田理恵はなかなか思い出せなかった。 給料は「あたる」もの。 運の悪い人はずっとただ働き。 東京で「お土産あたったー」と言うと変だと思われる。 石川県も同じ。 by在埼玉北陸人• 「気の毒な」は「ありがとう」の意味。 これは石川・福井も同じ。 この他周辺部には甲信越と同じ「ごっつぁんです」もある• 模造紙のことを「ガンピ」という。 むしろ「模造紙」という単語を知らない。 ガンピは「雁皮」ジャマイカ?• タイヘイ紙(泰平紙?)と言っていた。 (富山市)• おばちゃんは命令形の語尾に「はー」をつける。 「食べられま、はー」• おばあちゃんだとさらに「なもなも」がついたりする。 南無阿弥陀仏の意味か?• 「なもなも」「な〜も」は否定を表していた気がする• 「かまたなもなもなにしょかね!」と、おばあちゃんによく叱られたもんだ。 辛くない「めんたいこ」は富山では「もみじこ」と呼ぶ。 他県人には通じない。 他県では「めんたいこ」。 富山では辛いのはすべて「めんたいこ」または「辛しめんたいこ」• 「もみじこ」は石川県から入った言葉と思われる• そもそも辛くないのは標準語では「たらこ」では? それとも、生食の場合は「めんたい こ 」 =九州方言 が一般化しているのか? 富山(石川)で「たらこ(たらのこ)」というのは真ダラの卵巣を指す。 スケソウダラの卵巣で作る「たらこ」とは区別するため「もみじこ」と呼ぶようになったと思われる。 石川県も同じ。 小さい頃「だるまさんが転んだ」が「氷見に鰯が捕れた」だったゾ• 長いバージョン(20文字バージョン)「だるまさんが道の真ん中で転びました」もあった。 うちの所だけかも。 富山弁は別名ちゃーちゃー弁。 「〜ちゃ」を常用する富山県民女子(小杉出身)がいて、大学のサークル内の愛称は「ラムちゃん」だった。 by北陸人&都内大学卒の男• 某アニメのOPテーマで「〜ちゃ」ってあるんだが。 パクリ?• 「きときと」は新鮮という意味で、主に氷見ブリなどの魚に対して使われる。 「だら」はバカという意味。 「だらか」は、関西で「アホちゃうか」に相当。 アホンダラのダラが語源と思われる。 うちの祖母は子供を怒るときに「ダラでダラでゴマふいとる!」と言う。 誰に聞いてもこの言葉を使用している富山人を知らない。 これは富山特有の言い回しなのだろうか?それともうちのおばあちゃんだけか?• 県東部では、男性に付ける形容詞「だら」、女性に付ける形容詞「べしょ」を区別して使い分けている。 このため、男に「べしょ」と言うと侮蔑が強調され比較級となる。 最上級は「だらべしょ」である。 「お腹が痛い」の意は、東部では「ういー」、西部では「ものい」。 「ものい」はおなかだけでなく調子が悪い時全般で使う。 「腹うい」は食べ過ぎて苦しい様子にも使う• 相手に「家に遊びにこられ〜」というと、相手は 行くでなくて 「来る来る」と返事をする。 「まいどはやー」=来訪時に「こんにちは」「まいどどうも」• 呉東地方の言葉。 CM等で聞いた事はあるが意味を知らない呉西人も多い• 気温の変化で積雪の表面が硬くなり、その上を沈むことなく歩ける状態を、西部では「すんずら」、東部では「しんしんばんばん」という。 南砺市内でも平野部は「すんずら」、五箇山だと「しみしみばんばん」と言う。 役に立った、助かった、を「しょうぶしたちゃ」という。 夜半のことを「よさる」というが、鎌倉時代には都でも使われていたらしい。 「よめしゃがり(よめしゃがる)」は日が暮れる時間帯のことを言う。 大事 おおごと になる事を「だいそど 大騒動? 」と言う。 歌詞の1番2番を「1題目、2題目」と呼ぶ。 共通語だと思ってました• 藩政時代の名残で、石川(金沢)から伝わったもの。 疲れた、だるいは「てけない」(てきない)• 「だやい」よりも疲れた、だるい気持ちを表す。 具合が悪いは「きゃーわるい」 気が悪い• 「具合が悪い」というより「気分が悪い」。 不愉快な目にあった時「きゃーわるなった」と言う• 悔しくて憎い、は「はがしい はがやしい 」• 「うまくいかなくてイライラする」時も使う。 動作が遅く、物事に時間がかかることを「いーすとせーかかる かかっとる 」と言う。 「へしない」ともいう。 「あんたへしないことしとるちゃ〜」「待っとってもへしなてへしなてあかんわ!」• やや悪い意味で 外に出て行動する様子を「〜あらく 歩く? 」といい、外出ばかりしていることを「飛んであらく」とか「遊んであらく」のように使う• 服など みすぼらしく、汚いことを「うぞい」 おぞい• 部屋が 片付いていなくて汚い様子は「やわしい」• 部屋に物が散らかっている様子は「わやわや」「わやく」• もったいないは「あったらもんな」• 新潟でも使う所がある。 新潟の上越地方(とくに糸魚川辺り)は微妙に富山弁が入っている。 交換することを「かいこする」• 座ることを「ねまる」• 観光雑誌のタイトルにも使われているが、九州では「腐る」という意味になるらしい。 『を』はちいさい「お」。 『お』は大きい、「お」。 小さい女の子は「たーた」• 四人前分は「よったり分」• うっとうしいは「いじくらしい」• トウモロコシは「となわ」• 富山県の方言はそい感じながいちゃ。 絆創膏は「キズバン」。 「おっかおっか?おっか、おっかおっか」(母ちゃん(=妻)いる?そうか、母ちゃんいるか)• 「かちゃかちゃになる」=ごちゃごちゃしてしまう、めちゃくちゃになる、面倒くさいことになる• 「何でも聞いてみんがやけど」=ちょっと聞きたいんですけれど• これを「何でも聞いてみるんですけれど」とすると標準語だと思っている富山人がけっこういる。 疑問や確認の語尾に「~にか 東部 」「~ねか 西部 」を良く使う。 「~じゃないか」の意。 「かつける」=ぶつける。 仕事や厄介ごとなどを他人に丸投げするときにも使う。 自動詞の「かつかる」もある。 「かっつく」ともいう。 「じんだはん」=お巡りさん。 「うまそい」は立派や大きい等の意味。 「しかしお前「うまそい」体しとんのー」と言われても、アッー!な意味じゃない。 「けっぱる」=「蹴る」のこと。 「かたがっとる」=「傾いてる」のこと。 マツコ・デラックスの深夜番組でと並び「日本一ブサイクなワースト1」に選ばれてしまった…• 「あこ」=離れた場所を指す指示語。 標準語の「あそこ」• 「都合悪い」は、他の用事により支障がある、という意味ではなく、物の働きの調子が良くないこと。 「つごわるい」ともいう。 「固い」という意味で「こわい」と言う• Twitter等のSNSで昨今人気の「とやまくん」の語尾「……ぷ~」は富山弁ではありません。

次の