勇者には極力近づきません amazon。 【夏休み特別コラム】おじさんのための乙女ゲーム「リゾ恋」解説講座

新型コロナウイルスによる肺炎|なんでも雑談@口コミ掲示板・評判(レスNo.4140

勇者には極力近づきません amazon

ここ一週間、告知についていろいろと動きがありますね。 少し遅いですが一つ一つ見ていきたいと思います。 ADAM入れ替えと交換所リセット ずーっとしばらく同じSR13コスだったADAMですがここにきて15コスUR(しかも可能性解放可能)で入れ替えになります! ADAM実装当時は普通にガチ勢のデッキに入るぐらい強かったのですが時代に取り残され、今や薬をよくドロップするボスぐらいの認識でしたが、15コスLRともなればガチ課金勢でも役に立つ可能性もありますね。 微課金勢なら色によってはデッキに入ってくるでしょう。 どのキャラが実装されるのか楽しみですねえ。 ボスよりもこっちの方がうれしい面もあるかも。 エクシーズ短縮の可能性 今期もEDENが開催されるようですが、その期間中のみエクシーズの短縮が試験されるようです。 第一エクシーズ:12:30~13:00 第二エクシーズ:19:30~20:00 第三エクシーズ:22:30~23:00 以前からエクシーズ45分間というのがユーザーに負担が大きかったので調整が入るのはいいことだと思いますが、アクションとかはどうなるんでしょうね。 無調整だとエクシーズの時間の半分以上河童が貼られてるみたいな状況になりますが笑 ちょっとテコ入れが遅かったかな~という気もしますね。 アニメ化のタイミングがやっぱり一番大事だったかなと。 まあ初心者関連のシステムはだいぶ改善されましたが とはいえ試験実施なので本導入されるとも限りません。 垢BANについて レイドイベントにおいてバグ利用ということで何人かの方が垢BANされたようですね。 特に誰がということに触れる気はありませんが でも垢復帰のことも考えたらそういうユーザーに近づきたくない人のために記録しておいた方がいいんでしょうかね… その中にはEVE最上位でプレイしているユーザーも含まれているあたりは運営も良く判断したなーと褒めるべきでしょうね。 廃課金ユーザーだけBANされないというのもよくある話ですから。 運営が直す気がないのであれば詳細に書きたいと思いますが、BANをして告知をしたからにはその気はあるでしょう。 おおよそバグの内容については確証はありませんが予想がついています。 やり方云々等も把握していますが、修正等もされていませんし、通常のプレイをしている限りはすごろくのSPバグのようには利用できませんのでひとまず伏せておきます。 (そんなに多くのユーザーが知っているとは思いませんでしたが… どのぐらいのバグかと言えば1日2時間程度もやれば今現在でも余裕で1位を越えられますので実は結構やばいです。 マクロスコラボのときもそうでしたがリスクがあるのでバグについては見つけても極力やらないようにしましょう。 当然バグを出したり放置していたりと運営が悪いという面も強いのですが、今回のように過度にやってしまうと運営もユーザーに対して対応せざるを得なくなります。 まあバグを利用しているときは何とも楽しいんですけどね~影響のないようなものでもほどほどにしてください。

次の

シューピアリア

勇者には極力近づきません amazon

あらすじ [ ] 勇者エクサに恋した魔王シーラは、旅先で様々な体験をする。 砂漠で倒れていた少年との出会い、信頼できる仲間たちとの出会い、魔王という立場ゆえの苦悩と葛藤。 一方で勇者も王の方針であるモンスターの殲滅と自身の信念であるモンスターとの共存という夢との狭間で揺らいでいた。 そしてその頃、魔王不在の間の代理として生み出されたコピーは世界を支配すべく人間殲滅のための行動をより加速させていた。 魔王が勇者に恋をした 強大な魔力でモンスターを統率する魔王シーラ。 そしてその魔王を倒すべく選ばれた勇者エクサ。 二人は出会い、そしてシーラはエクサにを好きになったと告げ半ば強引に仲間となる。 当初は隙をみてエクサを抹殺するつもりだったシーラであったが、エクサが瀕死となったことをきっかけにシーラは本気にエクサのことを好きになってしまったことに気づく。 一方でエクサはシーラが魔王であることに気づかず、またシーラはそれを秘密にしている。 命あるものの死は辛い エクサはを含め「生き物を殺さない」ことを信念にしている。 そのため時に人間側からモンスターの味方をしているのではないかと反発されることがしばしばあり、果てにはその事実を知った人間の王にまでを宣告されるようなことも。 その信念は、まだエクサが幼かった時代に町が魔王シーラの指揮によって襲われ、彼の両親を含め町すべての人が命を奪われたこと、その惨状の中でシーラと対峙し魔王というものを知ったこと(この時、エクサはシーラの顔を確認できていない)、そして当時ともに行動をともにしていたモンスターが自分を救ってくれたことからきている。 またそれをきっかけにエクサは世界を救うため勇者となることを決意した。 一方で「魔王だけは倒す」という信念もあわせもっている。 仲間 並外れた力を持ってモンスターを統率し人々を恐怖で震え上がらせる魔王シーラ。 だがその力で恐怖を与えれば与えるほど彼女は孤独になっていった。 しかし勇者エクサとの出会いやその仲間たちによって「仲間を信頼すること」「命の大切さ」などを学び、その気持ちに徐々に変化が生じ始める。 なお、勇者の仲間には「勇者の右腕」とも呼ばれる剣士のラクシュリ、人とモンスターとので強い魔力を持つアンジェリカがいる。 殲滅と共存 人間はモンスターを、モンスターは人間を殲滅させようとする混沌の世界。 魔王であるシーラもエクサと出会うまでは人間の殲滅のために彼女の配下であるカガミの助言のもと指揮をとり、既に人間の半数を滅ぼしていた。 シーラはエクサらと行動を共にするようになってからも自身のコピー(白シーラ)をつくることでその体制を維持しているが、コピーはオリジナル(シーラ)に対し反抗的で人間もろともオリジナルを消し去ろうと考えている。 一方で人間の王もモンスターの支配から逃れるべく勇者を選出しモンスターを殲滅しようとしている。 そんな世界情勢下でエクサは人とモンスターとの共存の道を模索するが、そこには様々な障害が待ち受けていた。 主な登場人物 [ ] はのもの。 シーラ 声 - 並外れた魔力をもっており、人間はもちろん味方であるモンスターさえも躊躇なく殺す魔王。 しかし勇者エクサとの出会いで彼女の気持ちに変化があらわれる。 自分が魔王であることを伏せ、弱いモンスターであり好きになってしまったと告げることでエクサに近づき抹殺しようと試みるが、いつの間にかエクサのことを本気で好きになってしまった。 幼いときに仲良くなったが人間によって殺されてしまい(正確には殺されたようにみえただけで、その後生存が確認される)、それをきっかけに人間に攻撃をしかけるようになった。 その後カガミというモンスターによって魔王に推挙され、人間の半数を滅ぼすことになる。 勇者の仲間になってからは極力殺すことを止めているが、自分の正体がばれそうになった時は実力行使で黙らせようとする場面も若干見られる。 エクサ 声 - 勇者ながらも、魔王以外の生き物は絶対に殺さないという強い信念を持ち、モンスターと人間が共存できる世界を望んでいる。 稀にシーラを魔王ではないかと疑うが、すぐに思い違いであったという結論になる。 幼いときに自分の住んでいた町が魔王シーラの指揮のもと襲撃され両親や親しかった人々を失い、それがきっかけで勇者になり魔王を倒す決意を固める。 この際、シーラと対峙し彼女の情の無さと力を知る(しかし互いに炎のせいで顔がわからず、後に再会しても気付かなかった)。 勇者となることを決めたエクサは、襲撃の際に助けてくれた男(第1回の勇者選抜試験で勇者になるもそれを辞した)に、剣の教えを請う。 名前の由来は10の18乗を表す単位から。 ラクシュリ 声 - 「勇者の右腕」とも呼ばれる二刀流の剣士。 剣の腕は超一流。 戦闘時には刀は鞘から抜かない主義。 その理由は、勇者の信念に従い敵を斬らないためと、超重量級の鞘をつけることによって自らの力をセーブするためである。 エクサと出会ったのは勇者を決める選抜試験の決定戦。 当時自らの力に溺れていたラクシュリはエクサに打ち負かされ、その時にエクサに協力することを誓った。 それ以来エクサに絶対の信頼を置いている。 非常に女好きでシーラにも好意を寄せているが、アンジェリカだけは苦手の様子。 アンジェリカ 声 - エクサの仲間の一人。 魔法使いであり、強大な魔力を有する。 その強大さゆえ普段はロッドで制限をかけるほど。 祖父母の代にモンスターがいるいわゆるであり、右目が純血の人間とは異なる。 このため生まれ育った村でも差別的な扱いを受けていたが、勇者と出会うことで生まれ変わる。 強大な魔力を有しているのもこのため。 トラブルを避けるためか、普段は右目を覆うように前髪を伸ばし隠している。 ロッドの宝石で自分の魔力を制限している。 オリジナルとは色が異なる。 材料はシーラ自身の一部と土。 残虐非道でオリジナルもろとも人間を殲滅しようと企んでいる。 更なる魔王の分身「サード」を作り出した張本人。 勇者やシーラと対峙したことでしだいに自分一人の力では勝てないと判断し、完全な独裁体制からの方向転換をはかろうとしている。 カガミ 声 - 魔王直属の部下。 シーラを魔王として推挙し人間殲滅を図るなど冷酷なモンスターのはずなのだが、魔王に押されっぱなしで存在が薄く損な役回り。 アレキア・オブシディアス 人間界を統べる王。 愛する后を失ったことをでモンスター殲滅を決意。 のちに魔王の存在を知り、勇者を選抜して魔王討伐を計画する。 城に侵入してきたモンスターに刺され、もともと病持ちの体で無理をしていたのも相まって回復魔法も効かず死亡。 死の寸前に真実を知りエクサの考えを理解するも、息子のジュノー王子に全てを託して逝く。 ジュノー 声 - アレキア・オブシディアス王の息子で王子。 物事を見抜く才がある少年でエクサに興味を持つ。 当初は王と同じくモンスター殲滅こそが世界平和へとつながると考えていたが、のちに勇者の考えに同調。 王の死後もその考えを貫く方針。 ジン 声 - ドラマCDオリジナルキャラクター。 リーク 声 - ドラマCDオリジナルキャラクター。 翁めぐみ 声 - モンスターの一種。 その名の通りに使われる翁の面のような姿をしている。 思わずエクサも一瞬殺意を持ってしまう。 おやじ遥という息子がいるらしい。 シーラに料理の材料にされたり、花束の代わりにされたり、魔法によってシーラやエクサと体をいれかえられたり(本人は8頭身になれてうれしかったらしい)といったいじられキャラである。 若いころはかなりのイケメンだった。 世界情勢 [ ] 人間とモンスターとの覇権争いは昔からあり、人間はモンスターに脅かされ、モンスターは人間に脅かされるという構造が長期にわたり続いている。 近年になってモンスター側の狡猾さが増し、のちに魔王(シーラ)という存在が確認される。 度重なる街や村の陥落により、人間側は半数が死滅。 このような中、人間側は勇者を擁立して魔王を討伐する計画を打ち出す。 そこで選抜されたのがエクサである。 なお、モンスター側にも勇者の存在は知れ渡っている様子。 この勇者エクサと魔王シーラとの出会い以後、モンスター側による街や村の陥落はなくなっていたが突如としてアレキア・オブシディアス王のいる城内にモンスターが人間に化けて襲撃、王も含め多数の死者を出す事件が発生し、息子のジュノーが王位を継承することとなる。 用語解説 [ ] 勇者 アレキア・オブシディアス王の主導で行われた魔王を討伐するために選出された人間。 この選抜試験は5回行われたが、1回目の者は辞退、2-4回目はモンスター側に敗北、もしくは逃亡した罪により王によって処刑された。 5回目の試験で選出されたのがエクサ。 魔王 カガミによって、モンスターの統率と人間の殲滅を目的に生み出された存在。 シーラ。 のちにシーラのコピーが代理としてその地位につく。 モンスター 人間と敵対する勢力で種族などは多種多様。 ドラゴンなどもこれに含まれるが基本的に魔王の管轄外。 単行本 [ ] シューピアリア• 『シューピアリア』 〈〉、全9巻• 2005年4月22日発行(2005年3月22日発売)、• 2006年1月22日発行(2005年12月22日発売)、• 2006年12月22日発行(2006年11月22日発売)、• 2007年3月22日発行(2007年2月22日発売)、• 2007年9月22日発行(2007年8月22日発売)、• 2008年3月22日発行(2008年2月22日発売)、• 2008年7月22日発行(2008年6月21日発売)、• 2009年1月22日発行(2008年12月22日発売)、• 2009年5月22日発行(2009年4月22日発売)、 シューピアリア・クロス• 『シューピアリア・クロス』 〈〉、全6巻• 2009年9月26日発売、• 2010年3月27日発売、• 2010年7月27日発売、• 2010年11月27日発売、• 2011年6月27日発売、• 2011年10月27日発売、 ドラマCD [ ]• シューピアリア(発売元:):2007年発売 脚注 [ ] [].

次の

「防振り」5話感想!浮遊要塞メイプルのラスボス化が止まらない

勇者には極力近づきません amazon

ナニカに視られた。 ぶわっ! と、俺の全身から汗が噴き出した。 また背筋にとてつもない悪寒も走った。 俺は思わず、少年、そして、少年の中にいるナニカ、から視線を逸らす。 次の瞬間、次元視が終わってしまった。 ・・・・・・さっきのアレはなんだったのだろう? あのナニカの正体はわからなかったが、とてつもなく邪悪で禍禍しい存在だとは思う。 正直、関わりたくない類だ。 まぁ、別の世界、別の次元にいる少年と、その少年の中にいるナニカと、俺が関わりあいになることなど、今後ないだろうけどね。 なかには、奇想天外の世界もあり、まるで映画を見ているように楽しめた。 しかし、呪眼の女神カース・アリスやベア子を放置したまま、ずっと次元視で他の世界を覗いておくわけにもいかない。 地上に戻る道を再び歩み続ける。 「うぅ」 地上への階段を登っている途中、呪眼の女神カース・アリスが足を止めた。 人差し指を唇に当てながら、俺が背負っている神精樹の丸太をじっと見つめている。 ? 記憶を失い、知能や精神が退化して、身体は大人、心は赤ん坊のようなカース・アリス。 彼女は、自分の口に突然右手を突っ込んだ。 しかも、黒色のオーラのようなものを纏っている剣だった。 突如、口から剣を取り出した邪神カース・アリスを俺は茫然と見つめていた。 あ、あの剣、彼女の身体の中に入っていた・・・・・・のか? 長身のカース・アリスよりも、刀身が長そうなのに。 しかし、びっくりしたなぁ。 地球にいたころ、大道芸人が口から剣を入れたり、その剣をとりだしたりしている芸をテレビで見たことはあるけど、それより、吃驚してしまった。 「ま、魔剣《神竜殺し》っっっ!!!」 単眼幼女姿のベア子が、その単眼を見開いて驚愕していた。 「神竜すら斬り殺すことが可能である神器級の魔剣っ! 我が主カース・アリス様がもつ秘宝の中でも特に貴重な剣を・・・・・・なぜ、今、とりだされたのじゃ?」 ベア子の解説を聞いて、黒刃の長剣が非常に凄い剣であることを確信した。 どうやら、本当に俺への贈り物のようだ。 だって俺には才能がないのだ。 剣の才能な皆無なのだ。 まぁ、でも、くれるというならば、せっかくなので貰ってはおこう。 綺麗なアベルから貰った聖剣・太陽の剣(ソードオブサン)みたいに、なにか特殊効果がありそうだし、役には立つだろうし。 「ちょっとマコトっ!」 焦ったような声を出す、神精樹の丸太に宿る精霊・マル子。 「なんだよマル子」 「あ、あんた、その剣を、今後、メインの武器にするつもりじゃないでしょうね?」 「え?」 「それは止めといたほうがいいわっ。 そ、そんな剣なんか役に立たないからっ!」 「・・・・・・・・・・・・」 「そ、それに、あんたにはア、アタシがいるし。 ア、アタシが宿っている神精樹の丸太があるしっ!」 どうやらマル子は、自分が宿る神精樹の丸太の代わりに、俺が他の武器をメインで使うことを嫌がっているようだ。 邪神から凄そうな魔剣を貰った俺が、その魔剣をメイン武器にするかもしれないと思って焦っているようだ。 ひょっとしたら、神精樹の丸太=自分、が用済みとなって俺から捨てられるかもしれないと、不安になっているのかもしれない。 「マコト、あんたにはアタシ・・・・・・丸太がお似合いなのっ! そんな剣なんか、あんたには似合わないっ」 丸太がお似合いと言われて、反論できない俺であった。 だって、剣の才能は皆無でも、丸太の才能はSSS級なので。 「そんな剣なんかより、アタシのほうが役に立つもんっ! アタシの宿っている神精樹の丸がのほうが、ずっとず~~~と、マコトの役に立つのっ!」 「むっ! 聞き捨てならんぞっ」 ベア子が口を挟んできた。 「我が主カース・アリス様の秘宝であり、主様がマコト殿にお譲りした魔剣を、役立たずよばわりとは、聞き捨てならんっ!」 「な、なによ」 しばし、ベア子とマル子が睨みあった。 「魔剣《神竜殺し》ならば、丸太なんぞ、たやすく輪切りにできるのじゃ。 丸太より魔剣《神竜殺し》のほうが、ずっとず~~~~~~~と、マコト殿の役に立つのじゃ」 「ムカっ! アタシが宿る神精樹の丸太なら、そんなナマクラ剣なんて、弾き返すわよっ」 「ほう、面白いことをぬかす。 ならば試してみるかよ?」 「じょ、上等よっ」 売り言葉に買い言葉みたいな会話をするベア子とマル子。 「よいか、1、2、の3で同時に打ち合うのじゃ」 魔剣《神竜殺し》を両手で構えながらベア子が言った。 幼女姿ながら正体は強モンスターのバグ・ベアードだけに腕力も相当あるのか、魔剣を装備できていた。 自分の身長よりもずっと長い刃をもつ剣を持つ幼女、であった。 「やってやるわよっ! マコト、準備はいいわねっ」 ムキになっていそうなマル子が、俺に聞いてきた。 「ああ、まぁ、うん」 あまり乗り気ではないが、俺は神精樹の丸太を構えて頷く。 丸太はしょせん丸太。 魔剣、それも邪神の秘宝であり、《神竜殺し》なんて大層な名前がついている凄そうな魔剣に打ち勝てるとは、とても思えないのだが。 しかし、妙にムキになっているマル子は、止めても聞いてくれなかった。 というか、関心も興味もなさそうだ。 蟻の巣穴を見つけて、それを興味深そうに観察しはじめた。 まるで、童女のように。 「いくぞっ。 丸太を構えていた俺も反射的に動いた。

次の