ああ 逃れ られ ない。 ああ逃れられない!(淫魔) [ニコニコあっぷる]

ああ逃れられない!(淫魔)3 [ニコニコあっぷる]

ああ 逃れ られ ない

コメント: 極力状態の良いものを扱っておりますが中古品につき経年相応のイタミや書き込みがある場合がございます。 また、本体以外に付属品がある商品で本説明に付属の記載がない場合、初回限定特典などは付属せず、プロダクトコードなどは使用済みとお考え下さい。 「怖い絵」「名画の謎」に続く注目のシリーズ第2弾! 何気なく見ていた有名絵画の奥底を知れば、 もう登場人物の境遇に心を寄せずにはいられない……! 世紀を越えた名画が私たちに突きつけるのは、 〈誰もみな、運命から逃れられない〉という現実。 表紙は印象派の先駆者マネの最晩年の大作『フォリー・ベルジェールのバー』。 華やかなパリの酒場に立つバーガールは、なぜ死んだ目をしているのか? そして裏表紙に続く絵の右側には、怪しい男の気配……。 〈この作品は2019年9月からはじまる「コートールド美術館展」で来日予定。 本書を読めば、鑑賞が何倍も楽しくなるのでおすすめです! 〉 ほか、絵画エッセイの名手・中野京子さんだから解き明かせる17の〈運命〉を収録。 絵画32点はすべてオールカラー掲載、主要絵画は引き出し線の入った詳細解説入り。 運命の絵の第2弾。 いつもながら、絵の周辺にまつわる情報満載でおもしろい。 マネの「フォリー・ベルジェールのバー」では、歓楽施設で働く少女達の境遇を紹介。 絵の少女の焦点の合っていない目に象徴される虚無感の意味が説かれる。 また、紹介される絵そのものの解説ではないが、関連して博識が披露される部分も面白い。 ホーマー「メキシコ湾流」「ハリケーンの後で」では、2005年のハリケーン・カトリーナがメキシコ湾の海底を攪拌し、何万年分の泥を巻き上げ、思いがけず海底の糸杉の森を出現させた事を紹介し、絵の海面が泡立ち騒ぐ様を「海底をかき回している」と紹介する。 ブリューゲルの作品に描かれている当時のオランダ人は「マジパンで出来た人形みたいにずんぐりむっくりの体型だった」と紹介。 しかし、今のオランダ人は男女ともヨーロッパ一の長身。 これは「酪農国オランダが家畜の餌に成長ホルモンを混ぜその肉を食べたから」との説があると「蛇足」も。 中野さんの絵画紹介は、普段素人には知られていない画家も紹介されて興味深い。 オラース・ヴェネルの「レノーレのバラード」は、18世紀後半、戦死した若者が残した恋人レノーレを連れ去りに来る、その物語も初めて知るし、画家も知らなかった。 しかし、絵の印象は強い。 レノーレが恋人の正体を知る場面を切り取ったもの。 前シリーズ「怖い絵」を思い起こさせる。 ベラスケス「ブレダ開城」では、17世紀、オランダとの戦に貢献したスピノラ将軍の出自とその後が語られる。 取り上げられるのは17作品と関連する絵画。 一枚の絵画からトリビア的に教養が広がるのが中野先生の本である。 オールカラー絵画32点を収録。 マネ、バーン=ジョーンズ、ルーベンス、ブリューゲル、ゴーギャン、ベラスケス、ターナー、ティツィアーノ、クリムトなどなど。 一枚の絵画に秘められた神話・歴史的史実・文学的要素。 中野京子さんの解説を頭に入れて鑑賞すると、作品がここまで面白くなるのかと唸らされました。 ・どの章も興味深く読めたが、『選択』『マクベス夫人に扮したエレン・テリー』による世紀末大女優の物語が特に印象に残った。 ・『アンコレ橋のナポレオン』『死刑囚の監房』作品が認められ、底辺から身を起こして成功することは称賛されるべきだが、富と地位を得ると人間はかくも変わるのか。 ・「相手の個人的事情も正義も悪も立場もいっさい考慮しない」女神フォルトゥナ(p30)、女性を次々に毒牙にかける天空の支配者ゼウス(p128)、半獣人マルシュアスの生皮を平然とそぎ落とす太陽神アポロン(p180)、「人間ごときを歯牙にも」かけない女神アテナ(p185)。 神々の力=大自然と運命に翻弄される人間と動物の物語は哀しくも力強い。 個人的な話で恐縮ですが、2014年4月にコートールド美術館でマネ『フォリー=ベルジェールのバー』を鑑賞し、数日後にパリのFOLIES BERGEREを訪問しました。 その時は漠然としていましたが、華やかなミュージックホールの裏側、うつろな目でこちらをみる彼女の思い、時代の残酷さと可能性など、本書の「若さと綺麗な顔だけを武器に」によって作品世界が拡がった気がします。 本書の冒頭は、マネ作「フォルー・ベリジェールのバー」だ。 マネ最晩年の大作だ。 画面後方が合わせ鏡になっていて、客で賑わうバーの全景が写し出される。 真ん中に立って虚ろな表情を浮かべるカウンターの女性は、娼婦でもあるらしい。 虚無的な生活を送るこの若く、可愛らしい女性の哀しみをクローズアップさせている。 しかし、マネはこの女性の哀しみを描くためにこの絵を描いたのであろうか?鏡に写し出される彼女の後ろ姿からは、娼婦として生きる彼女の哀しみは分からない。 前景中央に描かれる彼女の表情、特に定まっていない視線から判明するのである。 それならば、わざわざ彼女の後ろ姿を描く必要はないのではないか?むしろマネの関心は、大きな鏡に写し出された、このバーに集まってきた大勢の客たちにあるのではないか?19世紀後半に流行したパリの夜の街の一風俗を、「近代(モデルネ)」の象徴として描いているのではないだろうか?この若い女性に騙されてはいけないのではないか? マネは様々な作品で「近代」を描いた。 特に注目すべきは、パリの新しい風俗だ。 斬新で真新しい風景の一つがマネ自身も利用したと思われる「バー」だったのである。 あまりよく知られていない作品も多数本書には収録されている。 近代絵画の名画鑑賞のヒントとしてお勧めの一冊だ。 怖い絵、から継続して中野京子さんが「オール讀物」で連載中の、運命の絵。 もう逃げられない、と副題にあるダブルミーニングに思わずニヤリとしてしまう。 怖い絵ファンの読者の諸君は、もう逃げられない、読むしかない(笑)のである。 絵に描かれている様々なモノの意味、 作者が籠めた真意、を読み解き、絵のシーンが一体どんな物語のどんな場面なのか? この絵の場面の前にはこの事態に至った原因が何であり、この場面の後では物語は どのように展開し結末を迎えるのか?といったことを調べ、解説し、想像する。 まるで小説を読んだり映画を観るように絵画を読む、これこそが中野さんが教えてくれた 「怖い絵」方式なのだ。 というわけだ。 画中の登場人物の運命が変わる瞬間を描いた絵、それだけでは無く、その絵のモデルが、 画家が、さらには歴史が、その絵により大きく影響を受け、動かされるのが【運命の絵】。 その絵が持つ物語、その絵が語る運命のそれぞれのピースを読み解こう、という新たな もう一段上のステージがこれなのだ。 本シリーズは運命の絵、シリーズ第2段目となる。 通算で言えば「名画の謎」シリーズを横に除ければ怖い絵新旧4作と運命の絵前作で 通算6作目となる。 だが、本作でも取り上げられる絵はしっかりと前シリーズに劣らず怖いモノをたくさん 取り揃えてくれている。 「レノーレのバラード」「レノーレ死者は駆けるのが速い」といったドイツの幽霊詩に フランスの二人の画家が描いた騎士の怨霊が恋人を墓場に連れ去る絵、などは今まで 自分が知らずにいた絵であるが、絵筆の迫力といい、ドラマ性のある雰囲気といい インパクト充分!である。 一体、中野さんにはどれだけ引き出しがあるのだろう・・?と感心してしまう。 これならシリーズにとってもネタ切れの心配などまだまだしなくて良い、という安心したのと 同時に、ほかの怖い絵関連の追従企画本(どこかで見たような怖い絵が繰り返し載っている) の底の浅さと視点の低さで力量の差を明白に晒しているようだ、と苦笑してしまった。 さらに、この本で言えば、講師役の中野京子先生の語る技量、表現のスキルが、また一段と アップしているように感じたのは自分だけではあるまい、数多の怖い絵たちとの歴戦を重ね 彼等を相手取る我々鑑賞者も感性のレベルを高めるべく精進を怠ってはいけない、という教え、 なのであろう。 先に触れた亡霊騎士「レノーレ」の中野さんの解説の妙を最後にご紹介して、この中野学校の 勧誘の辞に代えさせていただこう。 「若い美女の前に突如現れる異界の住人、彼女はこれまでに覚えたことのない恐怖に慄きつつ 抗いがたく魅かれてゆく。 その恐怖の一線を越えた先のエクスタシーを予感する。 」 「死んでもいい、そう思った瞬間が運命の時だ。 異界の男を受け入れた彼女たちは皆、死ぬか 破滅する。 やめておけばよかったのに、と嘲笑し同情する者は多いだろう。 だが、長く続く 情愛と一瞬の燃焼のどちらがいいか、それは人それぞれに違いない。 吸血鬼に首筋を噛まれることで 一生分の恍惚が得られるのなら、それはそれで良いではないか。

次の

異世界転生すると美少女になれるって本当ですか!?

ああ 逃れ られ ない

インランとモモンガの二人に対峙するのは、カジットとその高弟達とクレマンティーヌ。 対峙する面々は彼我で温度差があった。 片方はまるで平時のように気楽な様子で朗らかに談笑している。 「ふむふむ、……何これー? カワイーじゃない」 「変わったスケイルアーマーだな。 どれ俺が貰っておこう」 モモンガが手を伸ばすと、インランはそれをひらりと躱す。 「プレートの色がバラバラなのは女の子のオシャレね? 分かるわー。 あとスケベなギルド長は後でアルベドにチクっておくからね」 「多少の色目ぐらい俺にも使わせてくれよ。 アルベドの目があるからメイドにも手が出しづらいんだぞ」 インランは表面を鱗のように多数の色とりどりの小さな金属プレートで覆われたブラジャーを手に持って掲げている。 「か、返せ!」 胸元を片手で抱えるように押さえて巨乳を腕から零れさせながら、クレマンティーヌが赤らめた顔を怒りで歪めて叫んだ。 「まぁコレは貰っておくわ」 虚空に開いた穴にインランはブラジャーを投げ込む。 それを若干羨ましそうにモモンガが見ていた。 しきり直しとばかりにモモンガはちょっとだけ真面目な顔を作る。 「勇気と無謀は違うぞ?」 「くそがッッッ てめぇら! 神人だな!?」 「なんじゃと!?」 「次はパンティーを脱ぎ脱ぎしましょうねぇ? ウェヘヘヘヘ」 宝石のように美しい顔を台無しにするレベルで鼻の下を伸ばしたスケベェな顔になったインランがじりじりと近づき、クレマンティーヌはスティレットを両手に1本ずつ持って覚悟を決めた顔で構える。 前傾姿勢になり剥き出しのおっぱいが重力に引っぱられてぷるんぷるんしてるが、貞操と命の危機に恥ずかしいだの言ってられない。 「ふざけんな! 《能力強化》! 《能力超強化》! 《疾風走破》!」 武技を全開で発動したクレマンティーヌが、モモンガには捉えきれないほど速く、インランには非常に遅く感じる速度で突進してくる。 「えいえいえいえいえい」 「あは!? んふ!?」 インランは突進の速度のまま突き出されたスティレットを回避するとそのままクレマンティーヌに平行するように後ろに後退しながら剥き出しのおっぱいを揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み揉み。 「良いおっぱいね!」 「やめ!! 離れろおおおお!!!」 クレマンティーヌは体を捩り後ろに跳躍して逃げようとするが、インランはその動きに完全に追従してひたすら胸を揉みしだき続ける。 密着するような距離のインランに対してスティレットが何度も突き出されるがその悉くをすり抜けるように回避しておっぱいをたぷたぷしたり先端を引っ張ったりして弄び続ける。 「んふぅ!! ひ! ひゃああああ!! この!! このおおおお!!」 「ああー良い! 興奮してきた! この場で10発くらいヤっちゃおうかしら!」 インランの下腹部ではパーカーの裾を押し上げるようにムクムクとご立派様が存在を主張していた。 「うわぁ……」 「なんじゃアレは……」 モモンガとカジットはドン引きしつつも戦慄している。 数十分後。 「は! はぁ! も、やめてくれ……!」 「あーやーらかい」 たぷたぷたぷたぷたぷたぷ。 まだインランはクレマンティーヌのおっぱいを楽しんでいた。 クレマンティーヌはインランの肩を掴んで引きはがそうとしているが、ビクともしていない。 その顔は上気して全身に汗を滲ませている。 「なんと!? お主等が法国の宣言した神々とな!?」 「そうそう。 どうだ? 俺達の配下にならないか、最高の待遇を約束しよう」 モモンガとカジットは、二人をまるで居ない者のように扱って話を進めていた。 「むぅ、儂も元は法国の人間だからな、神については多少は理解があるつもりじゃ。 何か証拠を見せてくれないだろうか?」 「証拠ならアレでいいんじゃないか?」 「ああ……なるほど……」 モモンガがついに押し倒されておっぱいに吸い付かれているクレマンティーヌとインランを指さす。 数十分間の愛撫で力が入らないのかクレマンティーヌの抵抗は弱々しく、もじもじと太ももを閉じて擦り合わせている。 「うっぐ! ぐずっ! うぅぅうぅぅううぅう!! 離れろよぉおおお……!」 クレマンティーヌは遂にボロボロと泣き出してしまった。 「まぁ見ての通りなんだが、インランは強いぞ?」 「う、うむ。 強い……のだろうな?」 何故か疑問系でカジットが言葉を返してくる。 カジットはクレマンティーヌの英雄級の強さを良く理解している。 周辺諸国最強と評されるガゼフ・ストロノーフよりも戦士としてのクレマンティーヌは強いのだ。 性格はアレだが実力はこの世界でも比類ないモノを持っているクレマンティーヌがあそこまで為す術なく辱められているのを直視しては、モモンガの言葉を信じないわけにはいかなかった。 でもドコか納得出来ないのも事実。 「なんじゃ、その…… 強いのは分かるのだが、もっとこう、何かないのか?」 「え? ああ…… そうね」 カジットの言に思わずモモンガは深く納得してしまう。 「あ!? あああ!! やめ!!」 遂にパンティーの中にまでインランの手が入り込んだのを見て、モモンガは無意識で《 現断 リアリティスラッシュ 》を叩き込んでしまった。 「ちょっと! ヒリヒリするからやめてよね!」 「ヒリヒリで済むのか……」 「なんじゃ今の魔法は!?」 三重最大化した《 現断 リアリティスラッシュ 》を叩き込まれてもピンピンしているどころかビンビンにおっ立てているインランは抗議しながらも相変わらずその手はクレマンティーヌの胸と股間に伸びっぱなしである。 モモンガ達に萎縮し誰も音を立てていないので、インラン達が立てる水っぽい音が地下空間に反響する。 「は! はぁああああ! も! やだあああ!! うわあああああ!! あああああああ!!」 乙女のように泣き喚きだしたクレマンティーヌの声が地下空間によく響く。 「あはははは! たまんないわねぇ! いひひひ! れろれろれろ!」 筋肉質ながら女性らしい肉体を持ったクレマンティーヌの柔肌をインランの綺麗な舌が這い回る。 「すまん…… もう俺にも止められそうにない」 「そうか…… まぁ儂と此奴は一時的に協力していただけだからな。 気にしなくとも良いぞ」 「おう、何かごめん」 「気にするな」 モモンガとカジットは真面目な話をしたいのに気が散ってしょうがなかった。 「まぁ、その、何だ。 力をもっと見せろと?」 「う、うむ、うむ。 そうしてくれるとありがたいな」 「あひゃひゃひゃひゃひゃ!! 良いイキっぷりねぇ!!」 「お! おお! んおおお!」 ビックンビックン腰を跳ねさせるクレマンティーヌを努めて視界に入れないようにしながら、カジットとモモンガが話を続ける。 「分かった。 どうしたものか…… この世界の水準は低すぎてな。 低レベルでも理解できるような、丁度良い強さの魔法が中々思い浮かばないのだ」 「なんとも羨ましい悩みじゃな…… 儂もお主のような力があればのう」 凄くシリアスな空気を頑張って二人は演出するが、隣から聞こえる嬌声が全てを台無しにする。 「そうだな、何かお前の望みを叶えてやろう」 「ほお。 なんでも良いのか? 実は儂は母を蘇生させたいのじゃよ」 「蘇生? なんだそんなことか」 「うむ、ただし儂の母は只の村人でな。 既存の蘇生魔法では灰になってしまい上手くいかないのじゃ」 「ふむふむ、灰になるのか。 それはレベルダウンに耐えられないということなのかな? まぁそれなら《 完全蘇生 トゥルーリザレクション 》で問題なく蘇生出来そうだな」 「なんと!? それは誠か!?」 「ああ、俺の場合は特別なアイテムを消費することになるが、問題なく可能だな」 「おおおおおおおおおお!!!!! 儂は実についておるな!! わはははははは!!」 「あ! あ! ひゃ! やあああ!」 「おっふ! そろそろあたしも限界だわ!」 クレマンティーヌの足を開き、いそいそとインランが自身の下腹部を覆うパーカーの裾を捲り上げると、それはもうご立派なご立派様が顕現する。 「いただきま「《 完全なる戦士 パーフェクトウォーリアー 》!!!」ひゃああああああ!?!?!?!?!?」 いきり立つご立派様を、魔法でレベル100の近接職のステータスになったモモンガが握り締める。 「ふふふふふふふ!!!! お前ぇえええええ!!!!」 「ちょ、ま!? ああああ!! ひぎぃいいいいいいいいいい!!!」 そのままモモンガはご立派様を力一杯引っ張ると、一本釣りの如くインランも持ち上げられた。 インランは新感覚に涙を浮かべて喘いでいる。 鉄の棒のようになっていたご立派様は非常に握りやすい。 そのまま片手でご立派様を握ったままぶんぶんと振り回す。 「あおおおおおおあああああああ!?!?!?!?!? 何コレえええええ!?!?!? 変な扉開いちゃうううううううううう!!!!!!」 「うるせえええええ!!!!!」 モモンガの演舞は数分間続いた。 ひくひくと腰を震わせて地面にへたりこんでいるインランを余所目に、再びモモンガとカジットは対峙する。 じゃばじゃばと 無限の水差し ピッチャーオブエンドレスウォーター から出る水で手を念入りに濯ぎながら、モモンガは口を開く。 「待たせたな。 なんの話だったか…… ああ《 完全蘇生 トゥルーリザレクション 》だったな……」 「ああ……そうじゃな……」 「これは代えの効かないアイテムを消費するからな、おいそれと使える蘇生魔法ではないんだ。 申し訳ないがデモンストレーションで行うことは出来ないぞ」 「さすがにソレは虫が良すぎたか……」 「まぁお前が俺達の役に立ったなら、報酬としてこの魔法を使用するのは吝かではない。 代えは効かないが数自体は腐るほどあるからな」 「なんと!」 「それはまだ先の話になるがな、今は俺達の力を披露しよう」 「ん? あのアイテムの入手方法は課金が一般的なだけで、クラフト自体は賢者の石がある今なら余裕よ?」 「だまらっしゃい!!」 「ひぃ!? やめて! ちんこはやめて!」 腰砕けの状態でアヒル座りしながら、涙目で怯えたインランは両手を顔の前に翳して悲鳴を上げた。 「ふぅぅぅぅぅぅぅ…… インラン、なんかお前芸しろ」 「ファッ!?」 極大のため息を吐いたあと、モモンガはインランに命令する。 「多分だが、俺達は何をしてもこの世界の水準からすれば逸脱するだろう。 だからお前が何かしろ」 「えー、あー、そうねー。 カモーンアリーヤ」 操縦者の声を受け、光学迷彩を解除したパワードスーツが姿を現す。 カジットとその高弟達は突然現れた機械の獣を見て驚く、クレマンティーヌは腰が抜けているためボーッとした顔で床にへたり込んだままである。 「じゃーアリーヤにそこら辺のモテなさそうな男達を皆殺しにしてもらいましょうか。 あたし今動けないし」 「んー、それでいいか?」 「ちょっと待て! なんでそうなるのだ!?」 「いや、そこそこ強いのだろうコイツらも? ならばそれを単機で皆殺しに出来るならば力を示したことになるんじゃないか?」 異形種の感性を持つ二人とカジット達は中々価値観が噛み合わなかった。 「だいじょーぶよ、手加減して時間をかけて殺してあげるから、それなら強さも多少は伝わるでしょー?」 「うむ、それがいいだろうな」 うんうんと頷き合うモモンガとインランに、カジット達は血の気がさらに引く思いだった。 何か異質な存在が目の前にいるような感覚に襲われる。 「待て待て!! 儂の高弟達は第三位階の魔法詠唱者なのだ!! お主らはどれだけ強いのだ? クレマンティーヌで全く刃が立たない時点で凄まじい強さなのは分かるのだが」 「第三位階? レベル……20ちょっとくらい?」 「あー、それならコイツらが千人居ても勝負にもならんぞ?」 「うへー、アリーヤは勿体ないわね。 いいわ、あたしがやるわ《 森の大妖精召喚 サモンウッドランドエルダーフェアリー 》」 インランが魔法を唱えると、地面に魔方陣が浮かび上がり、そこから筋骨隆々の肉体にブーメランパンツ一丁のナウい男がポーズを決めた状態で出現する。 ナウい男は独特の言語でインラン達に挨拶した。 というよりも心底信じられないモノを見るような顔である。 クレマンティーヌを歯牙にもかけない近接戦闘力にさらに召喚魔法まで使えるというのはカジットの常識からまさに逸脱していた。 「え? あたしは前衛職だけど? 召喚魔法はサポート用よ」 「はぁ…… まさに神じゃな……」 「それで、ビリーでこのモテなさそうな男達の肛門を開発すれば力を示したことになるのよね?」 「「「「ファッ!?」」」」 カジットの高弟達がその発言に戦慄し後ずさりながら臀部を押さえる。 「うわぁ…… うわぁ……」 高弟達のあんまりな未来を想像してしまいモモンガは震えた。 ソレを見た高弟達はこの世の終わりの様な顔をしてガクガクと震え出す。 中には嗚咽するものもいた。 「わ、分かった! お主達の力はもう十分理解した!」 カジットは目の前の者達の力を認めるしかなかった。 「ふむ、では俺達の配下に入るということで構わないな」 「そうだ。 お主達の元でなら、儂は願いを叶えることが出来るのだろう?」 「そうだな、お前が我々に願いに見合った利益をもたらしたならば、その報酬としてお前の母を蘇生してやろう」 「うむうむ! 俄然やる気が湧くぞ! わははは!! 我が世の春がきた!!」 カジットは生気に溢れた顔で叫ぶ。 「それで、お前の高弟も一緒に来るのか?」 「ああ、お主等の力に魅了されたそうだ。 まぁ、元々力に取り付かれた者達じゃからな」 「力って、アイツがエロいことしかしてないんだが?」 「ああ…… そうじゃな……」 モモンガとカジットはとある方向に目を向ける。 先端を引っ張られたり、たぷたぷされたり、じっくり揉まれたりしている。 拘束は強固なものであり、クレマンティーヌはそれこそ死ぬ気で抵抗しているのだが、全く意味を為していなかった。 「まぁ、クレマンティーヌに圧勝できるほどの異常な強さのシモベを召喚できる時点で誰もお主等の力を疑わんよ」 「そうか、ならいいんだが」 こうして、カジット一派はナザリックの配下に加わることになった。 別にカジット一派ではないのだが、クレマンティーヌは女性としての部分を徹底的に酷使されるペット枠としての編入である。 拒否権はない。

次の

ああ、やめられない─「ネットリンチ」に感じる暗い快楽の正体

ああ 逃れ られ ない

コメント: 極力状態の良いものを扱っておりますが中古品につき経年相応のイタミや書き込みがある場合がございます。 また、本体以外に付属品がある商品で本説明に付属の記載がない場合、初回限定特典などは付属せず、プロダクトコードなどは使用済みとお考え下さい。 「怖い絵」「名画の謎」に続く注目のシリーズ第2弾! 何気なく見ていた有名絵画の奥底を知れば、 もう登場人物の境遇に心を寄せずにはいられない……! 世紀を越えた名画が私たちに突きつけるのは、 〈誰もみな、運命から逃れられない〉という現実。 表紙は印象派の先駆者マネの最晩年の大作『フォリー・ベルジェールのバー』。 華やかなパリの酒場に立つバーガールは、なぜ死んだ目をしているのか? そして裏表紙に続く絵の右側には、怪しい男の気配……。 〈この作品は2019年9月からはじまる「コートールド美術館展」で来日予定。 本書を読めば、鑑賞が何倍も楽しくなるのでおすすめです! 〉 ほか、絵画エッセイの名手・中野京子さんだから解き明かせる17の〈運命〉を収録。 絵画32点はすべてオールカラー掲載、主要絵画は引き出し線の入った詳細解説入り。 運命の絵の第2弾。 いつもながら、絵の周辺にまつわる情報満載でおもしろい。 マネの「フォリー・ベルジェールのバー」では、歓楽施設で働く少女達の境遇を紹介。 絵の少女の焦点の合っていない目に象徴される虚無感の意味が説かれる。 また、紹介される絵そのものの解説ではないが、関連して博識が披露される部分も面白い。 ホーマー「メキシコ湾流」「ハリケーンの後で」では、2005年のハリケーン・カトリーナがメキシコ湾の海底を攪拌し、何万年分の泥を巻き上げ、思いがけず海底の糸杉の森を出現させた事を紹介し、絵の海面が泡立ち騒ぐ様を「海底をかき回している」と紹介する。 ブリューゲルの作品に描かれている当時のオランダ人は「マジパンで出来た人形みたいにずんぐりむっくりの体型だった」と紹介。 しかし、今のオランダ人は男女ともヨーロッパ一の長身。 これは「酪農国オランダが家畜の餌に成長ホルモンを混ぜその肉を食べたから」との説があると「蛇足」も。 中野さんの絵画紹介は、普段素人には知られていない画家も紹介されて興味深い。 オラース・ヴェネルの「レノーレのバラード」は、18世紀後半、戦死した若者が残した恋人レノーレを連れ去りに来る、その物語も初めて知るし、画家も知らなかった。 しかし、絵の印象は強い。 レノーレが恋人の正体を知る場面を切り取ったもの。 前シリーズ「怖い絵」を思い起こさせる。 ベラスケス「ブレダ開城」では、17世紀、オランダとの戦に貢献したスピノラ将軍の出自とその後が語られる。 取り上げられるのは17作品と関連する絵画。 一枚の絵画からトリビア的に教養が広がるのが中野先生の本である。 オールカラー絵画32点を収録。 マネ、バーン=ジョーンズ、ルーベンス、ブリューゲル、ゴーギャン、ベラスケス、ターナー、ティツィアーノ、クリムトなどなど。 一枚の絵画に秘められた神話・歴史的史実・文学的要素。 中野京子さんの解説を頭に入れて鑑賞すると、作品がここまで面白くなるのかと唸らされました。 ・どの章も興味深く読めたが、『選択』『マクベス夫人に扮したエレン・テリー』による世紀末大女優の物語が特に印象に残った。 ・『アンコレ橋のナポレオン』『死刑囚の監房』作品が認められ、底辺から身を起こして成功することは称賛されるべきだが、富と地位を得ると人間はかくも変わるのか。 ・「相手の個人的事情も正義も悪も立場もいっさい考慮しない」女神フォルトゥナ(p30)、女性を次々に毒牙にかける天空の支配者ゼウス(p128)、半獣人マルシュアスの生皮を平然とそぎ落とす太陽神アポロン(p180)、「人間ごときを歯牙にも」かけない女神アテナ(p185)。 神々の力=大自然と運命に翻弄される人間と動物の物語は哀しくも力強い。 個人的な話で恐縮ですが、2014年4月にコートールド美術館でマネ『フォリー=ベルジェールのバー』を鑑賞し、数日後にパリのFOLIES BERGEREを訪問しました。 その時は漠然としていましたが、華やかなミュージックホールの裏側、うつろな目でこちらをみる彼女の思い、時代の残酷さと可能性など、本書の「若さと綺麗な顔だけを武器に」によって作品世界が拡がった気がします。 本書の冒頭は、マネ作「フォルー・ベリジェールのバー」だ。 マネ最晩年の大作だ。 画面後方が合わせ鏡になっていて、客で賑わうバーの全景が写し出される。 真ん中に立って虚ろな表情を浮かべるカウンターの女性は、娼婦でもあるらしい。 虚無的な生活を送るこの若く、可愛らしい女性の哀しみをクローズアップさせている。 しかし、マネはこの女性の哀しみを描くためにこの絵を描いたのであろうか?鏡に写し出される彼女の後ろ姿からは、娼婦として生きる彼女の哀しみは分からない。 前景中央に描かれる彼女の表情、特に定まっていない視線から判明するのである。 それならば、わざわざ彼女の後ろ姿を描く必要はないのではないか?むしろマネの関心は、大きな鏡に写し出された、このバーに集まってきた大勢の客たちにあるのではないか?19世紀後半に流行したパリの夜の街の一風俗を、「近代(モデルネ)」の象徴として描いているのではないだろうか?この若い女性に騙されてはいけないのではないか? マネは様々な作品で「近代」を描いた。 特に注目すべきは、パリの新しい風俗だ。 斬新で真新しい風景の一つがマネ自身も利用したと思われる「バー」だったのである。 あまりよく知られていない作品も多数本書には収録されている。 近代絵画の名画鑑賞のヒントとしてお勧めの一冊だ。 怖い絵、から継続して中野京子さんが「オール讀物」で連載中の、運命の絵。 もう逃げられない、と副題にあるダブルミーニングに思わずニヤリとしてしまう。 怖い絵ファンの読者の諸君は、もう逃げられない、読むしかない(笑)のである。 絵に描かれている様々なモノの意味、 作者が籠めた真意、を読み解き、絵のシーンが一体どんな物語のどんな場面なのか? この絵の場面の前にはこの事態に至った原因が何であり、この場面の後では物語は どのように展開し結末を迎えるのか?といったことを調べ、解説し、想像する。 まるで小説を読んだり映画を観るように絵画を読む、これこそが中野さんが教えてくれた 「怖い絵」方式なのだ。 というわけだ。 画中の登場人物の運命が変わる瞬間を描いた絵、それだけでは無く、その絵のモデルが、 画家が、さらには歴史が、その絵により大きく影響を受け、動かされるのが【運命の絵】。 その絵が持つ物語、その絵が語る運命のそれぞれのピースを読み解こう、という新たな もう一段上のステージがこれなのだ。 本シリーズは運命の絵、シリーズ第2段目となる。 通算で言えば「名画の謎」シリーズを横に除ければ怖い絵新旧4作と運命の絵前作で 通算6作目となる。 だが、本作でも取り上げられる絵はしっかりと前シリーズに劣らず怖いモノをたくさん 取り揃えてくれている。 「レノーレのバラード」「レノーレ死者は駆けるのが速い」といったドイツの幽霊詩に フランスの二人の画家が描いた騎士の怨霊が恋人を墓場に連れ去る絵、などは今まで 自分が知らずにいた絵であるが、絵筆の迫力といい、ドラマ性のある雰囲気といい インパクト充分!である。 一体、中野さんにはどれだけ引き出しがあるのだろう・・?と感心してしまう。 これならシリーズにとってもネタ切れの心配などまだまだしなくて良い、という安心したのと 同時に、ほかの怖い絵関連の追従企画本(どこかで見たような怖い絵が繰り返し載っている) の底の浅さと視点の低さで力量の差を明白に晒しているようだ、と苦笑してしまった。 さらに、この本で言えば、講師役の中野京子先生の語る技量、表現のスキルが、また一段と アップしているように感じたのは自分だけではあるまい、数多の怖い絵たちとの歴戦を重ね 彼等を相手取る我々鑑賞者も感性のレベルを高めるべく精進を怠ってはいけない、という教え、 なのであろう。 先に触れた亡霊騎士「レノーレ」の中野さんの解説の妙を最後にご紹介して、この中野学校の 勧誘の辞に代えさせていただこう。 「若い美女の前に突如現れる異界の住人、彼女はこれまでに覚えたことのない恐怖に慄きつつ 抗いがたく魅かれてゆく。 その恐怖の一線を越えた先のエクスタシーを予感する。 」 「死んでもいい、そう思った瞬間が運命の時だ。 異界の男を受け入れた彼女たちは皆、死ぬか 破滅する。 やめておけばよかったのに、と嘲笑し同情する者は多いだろう。 だが、長く続く 情愛と一瞬の燃焼のどちらがいいか、それは人それぞれに違いない。 吸血鬼に首筋を噛まれることで 一生分の恍惚が得られるのなら、それはそれで良いではないか。

次の