ニキビ おでこ 原因。 ニキビができる5つの原因|予防と対策方法とは

ニキビの場所・部位別の原因と治し方|おでこ、鼻、口周り、頬、背中

ニキビ おでこ 原因

大人ニキビがでてしまうとちょっと悲しくなりませんか。 特におでこや頬、顎に大人ニキビができるともう最悪です。 化粧で隠そうとしてもなかなかうまくいきませんし、そのまま放置しておくと、周りの目が気になる。 なぜ大人ニキビができるのか?その原因と対策法を調べてみましょう。 若いころのニキビは青春だ!ということも言われますが、 大人ニキビになるとそうも言ってられません。 女性ならメイクをする時にやっかいですし、男性でもやっぱり周りの目も気になるものです。 ニキビが出来やすいおでこや顎に、なぜ大人になってもできるのか?その原因を探ってみましょう。 「大人のニキビ」が気になる方におすすめのクリームがあります。 詳しくは記事中盤で! 大人ニキビができる原因とは? 10代の思春期では、青春の証とも言われるニキビがおでこは頬などにできることがあります。 これは過剰に分泌された皮脂が毛穴が詰まってできることが原因でニキビです。 若いころは皮脂の分泌が過剰です。 しっかりと洗顔すれば治る可能性が高いものです。 しかし、 大人ニキビの原因は違います。 また人によってその原因が複数あります。 ココロが疲れる。 精神的なストレス 「会社でストレスがかかりすぎて顔のニキビが増えた」こんな経験をされた方もきっといるでしょう。 ストレスはもろにお肌に出てきてしまいます。 ストレスには自分で感じるものと気がつかないストレスがあります。 いつの間にか大人ニキビが増えてきたという方は精神的なストレスに注意をしてみてください。 ストレスは日々積み重ねられています。 その結果、神経の乱れを起こしホルモンバランスが崩れ肌荒れを崩します。 精神的なストレスというのは弱い部分に出やすいとされていますので、もし頻繁に大人ニキビがでるという方は体からの合図かもしれません。 睡眠不足はダメージ大! 肌は日々ダメージを受けています。 紫外線や乾燥、大気汚染など様々なリスクにさらされています。 メイクも肌にとっては汚れになります。 このようなダメージを回復させるには睡眠が不可欠です。 お肌には睡眠中に回復ケアされています。 睡眠が少ないと回復できずにいることになります。 また上記のストレスとも、通じるものがありますが、 睡眠不足は大きなストレスです。 ストレスを感じると自律神経のバランスは崩れて、男性ホルモンが分泌され、皮脂の分泌量がアップして増加してニキビを引き起こす事も考えられます。 現に、徹夜した時って、顔がテカテカになりますよね。 皮脂の分泌量が増えている証拠です。 偏った食事はNG! 好きなものを好きなだけ食べていればニキビのみならず、体に色々な変化が出てきます。 もちろん健康も害してしまいます。 大切ななのはバランスの良い食事。 特に大人ニキビが気になる場合には、ビタミンやミネラルを上手に摂ることが大事です。 大人になると外食する機会も増えるため、どうしても栄養バランスが偏りがちになりますが、そんな時にはサプリメントを有効活用しましょう。 あと、 忘れてはいけない栄養素は「食物繊維」です。 腸内環境の悪化はお肌へのダメージが大です。 便秘などが原因で大人ニキビが出る場合も多く、便秘解消したらニキビもキレイになったという事例もたくさんあります。 タバコをプカプカ! 大人ニキビの原因の一つで血行不良というものがあります。 タバコは血行不良を招きます。 またお肌もくすんでみえることありますので、お肌を気にするならタバコはやめた方が良いしょう。 UV対策をしていないと大人ニキビを招いてしまう事もあります。 紫外線から肌を守るため、日焼け止めなどの対策が必要ですが、男性の方で大人ニキビに悩んでいる方は紫外線対策はしにくいかもしれません。 メイクはしっかり落としていますか? 女性の方は毎日メイクをしていますが、一日の終わりのメイク落としは丁寧にされていますでしょうか?面倒な日もあると思いますが、 メイク汚れが残ったままだと徐々に蓄積されて大人ニキビの原因になります。 また男性でも洗顔料やシャンプーのすすぎ残しがあると、それも大人ニキビの元になる場合があります。 スポンサーリンク 男性の大人ニキビで多い原因は乾燥? 女性は洗顔をする時には、お肌を傷めないように丁寧にされる方が多いですが、男性の場合にはそんな事おかまいなしで洗顔される方が多いのが現実です。 洗顔フォームを使って、ゴシゴシと洗っていませんか?汚れが落ちてさっぱりする気持ちもわかりますが、実は肌の必要な皮脂まで奪いとってしまっていることもあります。 大人ニキビの多い原因は「乾燥」です。 皮脂を過剰にとるとお肌は乾燥してしまいます。 便秘は大人ニキビの天敵 女性の方は便秘になる方が多いですが、便秘は大人ニキビの原因になります。 便秘の主な原因はいくつかあり、• ストレス• 腹筋が少ない• 運動不足• 乱れた食生活• 食物繊維不足 などあります。 便秘になると老廃物が腸内に溜まり、有害なガスが発生します。 それが血液にのって、全身を巡ります。 大人ニキビの特徴とは? 20歳を超えるとニキビではなく「吹き出物」ともいわれますが、大人になってできるニキビの特徴はどのようなものがあるんでしょうか。 残念だけど再発しやすい 大人ニキビって再発しやすいんです。 表面上では治ったように見えていても、毛穴の奥にアクネ桿菌が菌が残っていて再発しやすくしています。 毛穴が皮脂で詰まっている場合には、アクネ桿菌の増殖する絶好の場所になります。 跡になりやすい 大人ニキビはニキビ跡として残りやすいです。 その原因は年齢に関係しています。 肌は代謝をしてダメージを回復しますが、年齢やその他の要因によって代謝が遅くなります。 大人ニキビ跡を残さないようなケアが重要です。 その原因は異なりますのでチェックしてみましょう。 おでこの大人ニキビの原因 Tゾーンとよばれおでこから鼻にかけての場所は皮脂に分泌量が多い場所です。 皮脂の分泌が多く酸化してしまうと大人ニキビの原因となります。 また前髪がおでこにかかっていると、こすれて炎症の原因となりますので、もしおでこに出来てしまった場合には、おでこを出す方がよいでしょう。 あごの大人ニキビの原因 あごの大人ニキビの場合には、ホルモンバランスが大きく関係しているといわれています。 ホルモンバランスを崩すと、皮脂の分泌が多くなり、大人ニキビを起こすことがあります。 また顎の裏側にできる大人ニキビは、衣服がすれて炎症が酷くなってしまうことがありますので要注意です。 大人ニキビが出来やすいタイミングとは? ニキビが出やすいタイミングというのがあります。 ストレスが多くかかった時• 睡眠不足になった時• 冬場などの乾燥しやすい時期• 生理前• 徹夜をした時• 暴飲暴食した後 こんなシーンがある時には気をつけましょうね。 大人ニキビを繰り返さないための予防とは? 一度、大人ニキビになってしまうと改善するには時間がかかりますので、ならないように予防することが大切です。 生活習慣の見直し• たっぷりの睡眠• タンパク質、ビタミンなど食生活の見直し• ストレス対策• 紫外線対策• メイクに注意• 洗顔方法の見直し• 適度な運動 このような項目の見直しを一度されてみてはいかがでしょうか。 大人ニキビがおでこや顎にできる原因は?【再発しない対策法】のまとめ 大人ニキビはやっかいなので、出来る前の予防がもっとも効果的な対策と言えます。 スポンサーリンク.

次の

にきび(ニキビ)の部位ごとの原因とケア おでこ篇|おとなのにきび(ニキビ)研|クラシエのハトムギ専科シリーズ|クラシエのハトムギ専科|クラシエ

ニキビ おでこ 原因

ニキビができる原因を知ってニキビ改善!大人ニキビができる原因を頬・鼻・おでこなどのパーツ別に。 2007年ウォブクリニック中目黒を開業。 ドクターズコスメ『アンプルール』の開発・プロデュースも。 まずはニキビ発生のプロセスをおさらいしましょう。 (1)皮脂の過剰分泌 ホルモンバランスの乱れや食生活の影響で、皮脂腺の働きが活発になり、通常よりも皮脂が過剰に分泌します。 (2)毛穴が詰まる 皮脂の出口である毛穴が詰まり、毛穴内部にどんどん皮脂が溜まっていきます。 (3)ニキビ菌が繁殖する 毛穴にアクネ菌やブドウ球菌などニキビ菌が集まり、皮脂をエサにして繁殖します。 (4)炎症を起こす ニキビ菌の影響で炎症が発生し、赤みや腫れをともなうニキビとなります。 ニキビが発生する1~4の各段階には、さまざまな要因が関係します。 「たとえば1の皮脂の場合、顔のTゾーンはもともと皮脂腺が多く、鼻ニキビや額にニキビができやすいのはこのためです」(高瀬先生) 一方で頬からあごにかけてのUゾーンは、男性ホルモンの影響を受けやすいエリア。 「ストレスを感じると男性ホルモンが分泌され、このエリアの皮脂分泌が促されやすくなります。 「2の毛穴づまりの場合、年齢とともに肌の水分量が低下すること。 さらに間違ったスキンケアで乾燥し、毛穴が詰まりやすくなることが考えられます」と、高瀬先生。 3のニキビ菌の繁殖や4の炎症は、不規則な生活習慣やストレスと関係しているそう。 「睡眠不足やストレスで免疫が低下すると、肌の常在菌バランスが乱れたり、炎症が鎮静しにくくなります。 ニキビの色は主に白、赤、黄色に分けられます。 【白ニキビ】 毛穴の出口が詰まることで、内部に皮脂や角質が詰まった初期段階のニキビです。 【赤ニキビ】 毛穴に詰まった皮脂にニキビ菌が繁殖し、炎症が発生した状態です。 痛みや腫れをともなうことも。 【黄ニキビ】 ニキビ菌と戦った白血球の残骸が黄色に変色し、内部に溜まった状態です。 炎症がひどいと膿疱と呼ばれる膿をともなうニキビになる場合も。 でもその努力がニキビを悪化させているかもしれません。 「まずニキビの時は、オイルタイプのクレンジングは避けたほうが賢明です。 顔を洗いすぎると肌が乾燥して角層が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。 「ベタつくことを嫌って、保湿を省略することも毛穴づまりの一因です。 ニキビの時もベーシックな保湿は必要。 「そういったものは皮脂の分泌を促したり、炎症が鎮静するのが遅くなってしまいます」(高瀬先生) 仕事で帰宅が遅くなったり、深夜までスマホをチェックしたり……。 これらも大人ニキビにとってNGな習慣。 「睡眠が不足するとターンオーバーのリズムが乱れやすくなり、毛穴づまりの要因となります。 またホルモンバランスが乱れることで、皮脂が過剰に分泌されるケースも」と、高瀬先生。 さらに免疫が低下すると、炎症が治りにくくなるそう。 ストレスホルモンが過剰分泌されると皮脂分泌が促されニキビが悪化することも。 また乾燥しているため、肌が不必要に皮脂分泌を促してしまいニキビができる場合も。 また長時間メイクをしたままだと肌への負担や、メイクが毛穴に詰まってニキビになることも。 また食物繊維や発酵食品の不足などにより腸内環境が悪化すると、ニキビの発生につながります。 生理前や生理中は自律神経が乱れやすく、肌に影響することも。 摩擦により角質層が固くなり皮脂が詰まってニキビに。 頬や鼻・おでこにニキビができる原因とは パーツ別!大人ニキビができる理由 教えてくれたのは…シノロクリニック 恵比寿院 副院長 中川 桂先生 光治療やレーザー治療などによるニキビ痕のケアにも定評あり。 前髪の整髪料やシャンプーの洗い残しなど、前髪で覆われて不潔な環境になりできる場合も。 またファンデーションが詰まったり、メイクブラシなどの摩擦などでもできやすくなる。 メイクや汚れがたまりやすいパーツで、毛穴に詰まってニキビになることも。 ほかと比べザラつきがあり汚れや角質がたまりやすいパーツ。 またストレス性で胃腸が弱っている場合、ニキビとして肌に影響が出ることも。 鼻の中や鼻の下にできるニキビはニキビじゃない!? 教えてくれたのは… 美容皮膚科タカミクリニック 本田えり医師 1日100名前後が来院する『美容皮膚科タカミクリニック』にて、ニキビ治療・毛穴治療をメインに、シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング治療まで一貫して治療を行っている。 現在の肌トラブルの改善はもちろん、将来に向けて、より美しい肌で過ごせるよう治療計画の提案、スキンケア指導を含めた生活面でのアドバイスも好評。 「鼻の中や鼻のすぐ下などにできる痛いふくらみは、ニキビじゃない可能性大。 皮脂が多い10代~20代前半は、Tゾーンや頬にニキビが出やすいですが、ある程度、年齢がいってもおでこや頬などにもできてしまうなら、それは乾燥とスキンケアの油分過剰が原因かもしれません。 年齢的にはもうTゾーンの皮脂などは減っていっていいはずなのにニキビができるのは、バリア機能を低下させるようなスキンケアの仕方に加え、クリームやオイルの塗りすぎや、マッサージが原因になることも。 スキンケアのやり方やアイテムを見直したほうがいいでしょう」 自分がインナードライだと気付かずに、クリームやオイルを多量に使っていると、ニキビができてしまうんですね。 「そうです。 ニキビが出やすい方は、まずは化粧水や美容液の段階でセラミドやアミノ酸といった天然保湿因子、つまり角質層の主成分や細胞の機能を高める成分、炎症を抑える成分をたっぷりと入れて保湿をしっかりしてあげることが大切です。 その上で、最後に軽めに油分で膜を張ってあげるとニキビができなくなりますよ。 クリームやオイルを全体に使うのを避けて、ゲルや乳液で保護をし、ニキビが出ないとこだけに油分をプラスするケア方法を試してみてください」 ニキビができる原因につながる食べ物とは 食べ物の選び方次第でニキビとおさらばできる! 教えてくれたのは…青山ヒフ科クリニック院長 皮膚科専門医 医学博士 亀山孝一郎先生 北里大学医学部卒業。 米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。 帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。 1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。 2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。 肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。 食べ物の選び方次第で、ニキビの悩みは解決可能です。 そこで亀山先生に、ニキビにいい食べ物を教えていただきました。 「ニキビの原因はさまざまですが、その原因のひとつに、西洋型の食事があります。 ニキビに悩んでいるのは実は、高脂質・高糖質の食事をしている人間だけなんです。 未開の地に暮らす人々には、ニキビができている人はいないそうです。 そこでいちばん望ましいと言えるのが、高糖質・高脂質食を避けた食事。 油だけでなく、糖質も皮脂の原料になるからです。 油たっぷりの揚げ物や、炭水化物や甘いものをたくさん食べないように心がけて。 プラス、抗炎症作用のある食事を取るのがお勧めです。 ビタミンCやBなどは積極的に摂取しましょう。 ビタミンCが豊富な野菜や柑橘系のフルーツ、レモン水もおすすめです。 タンパク質も不足しやすいので、意識的に摂取してください。 また、腸内環境を整える、納豆や味噌などの発酵食品やお魚(DHAが炎症を抑えます)などもおすすめ。 お米を少なめに食べて、魚中心の和食にすると、ニキビ肌だけでなくアンチエイジングやダイエットにも効果的ですよ!」(亀山先生・以下「」内同) ちなみに、ニキビに即効性のある食べ物はないそう。 ただし、食べ過ぎはNG。 イソフラボンは皮脂の分泌を減らす役目をします。 ですが脂質も高め。 うちの病院でも、ヘルシーだからといってたくさん食べていたら顔がニキビだらけになった職員もいるくらい。 カフェインが交感神経を刺激するので、ニキビの原因となる男性ホルモンを増やします。 また、利尿作用があるため、腸内の水分が減り便秘になりやすいので注意しましょう。 薬を2週間飲んでも効かないと思ったら、抗生物質を飲むのをやめて、ピーリングなど他の手段を考えるべきでしょう」(亀山先生・以下「」内同)。 2週間は様子を見て。 「これはビタミン剤や漢方薬にも言えることですが、2~3日ですぐに薬の効果が出ることはありません。 2週間は試してみないと、その薬が自分に合っているかどうかは分からないんです」自己判断で途中でやめたりせず、医師の指示をしっかり守りましょう。 2週間経っても、ニキビが改善しないようなら、いま飲んでいる薬が自分には合っていないということ。 抗生物質や漢方薬には、場合によっては吐き気やめまいなどの副作用が出ることがあります」 飲み薬だけではなく塗り薬も併用して! (1)ダラシン 『青山ヒフ科クリニック』で処方することが多い塗り薬。 アクネ菌やブドウ球菌属への殺菌作用があるお薬です。 ゲルタイプとローションタイプがあり。 (2)アクアチムクリーム 『青山ヒフ科クリニック』で処方することが多い塗り薬。 アクネ菌やブドウ球菌属への殺菌作用があるお薬です。 (3)リンデロン 「ニキビ治療で処方するドクターもいるようですが、そもそもニキビの保険適用のお薬ではありません。 ステロイドのお薬なので、炎症は抑えるはたらきはありますが、皮脂分泌を促進、TLRを増強します。 TLRはニキビの炎症のスイッチを押してしまう働きがあります。 つまりニキビを作り、悪化させてしまうという、ニキビの悪循環が始まってしまうのです。 一時的なニキビの炎症は抑えても根本的な解決にはならないため、『青山ヒフ科クリニック』では、ニキビ治療には処方していません。 アトピーや接触性皮膚炎の治療には用いることもあります」(亀山先生・以下「」内同) (4)ゲンタシン 「抗生物質のお薬です。 つまり擦り傷や切り傷、細菌性皮膚炎やおできの治療の際に用いることがあります。 そのためリンデロン同様に『青山ヒフ科クリニック』ではニキビ治療には処方していません。 このゲンタシンでは、本質的なニキビ治療にはならず、あくまでも補助療法といえます」.

次の

おでこニキビ対策をしたい方必見!3つの原因とお手入れ方法

ニキビ おでこ 原因

おでこニキビは何故できるのか? おでこニキビは成人の方よりも「思春期」の方に多く起きるニキビです。 特に中学生~高校生の方にとっておでこニキビは出やすい時期で肌を綺麗にしたい気持ちが強い分悩みになるのではないかと思います。 今では成人であっても、おでこニキビに悩む方が増えつつあります。 基本的にニキビは「毛穴が皮脂によって詰まる事」が原因となります。 特に「おでこ」から「鼻」にかけては「Tゾーン」と呼ばれて特に「皮脂」が集中して分泌されるため、ニキビができやすい環境となっています。 特に皮脂による「テカリ」が気になるのもこの部分です。 皮脂が大量分泌される部分ですのでニキビの原因となる「アクネ菌」が好む環境になりやすいです。 このアクネ菌が大量に繁殖すると肌は「炎症」を起し、ニキビ跡が残りやすい状態になってしまいます。 また、Tゾーンは皮脂の分泌が多いこともあり悪化率は高いです。 過剰に増えたアクネ菌に対するアレルギー反応の一つである、おでこニキビを撃退するには日頃からのスキンケアに加えて、ニキビ初期の段階で治療する事がとても大事です。 おでこニキビ悪化の原因 おでこニキビが悪化する原因としては以下のような原因があげられます。 Tゾーンの皮脂分泌が多いため、アクネ菌が繁殖しやすい• 髪の毛が刺激となり、毛穴の周りの皮膚が固くなりやすく皮脂の排出が悪くなる• 常に刺激を受けていると肌は水分を失って乾燥しやすくなったり肌が固くなります。 固くなった皮膚は毛穴をうまく開く事が出来ず「皮脂が詰まりやすい肌」が出来ます。 髪にシャンプーのすすぎ残しやリンスがついていると更に刺激となって肌を固くしやすい環境を作ります。 また、おでこで「体温を測る」るのにつかわれる程、他の部分と比べると皮膚が薄く体温に近い温度になります。 また、「脳」の「前頭葉 ぜんとうよう 」と呼ばれる「会話」に使う部分にも近い事もあり「温かくなりやすい」場所でもあります。 皮脂の過剰分泌を抑える 乾燥対策と食生活の見直し 皮脂の分泌は「自律神経」の働きによって調整されています。 自律神経は体の活動を調整しバランスを保つ為に働いてくれています。 肌が乾燥すれば水分の蒸発を防ぐため「皮脂」が自動的に多く分泌されます。 また自律神経はホルモンの影響を受けやすいため、ホルモンバランスが崩れると自律神経の働きが乱れます。 特に思春期に多いのがこちらですね。 ここでのポイントは「肌を乾燥させない事」「規則正しい生活を送る事」「良い睡眠をとること」です。 皮脂の過剰分泌を抑える 肌をうるおわせる 肌は「皮脂がなくなる」「水分が蒸発する」事で乾燥しやすいです。 皮脂がなくなり、水分が蒸発しやすいタイミングとしては「洗顔」が特に注意すべきタイミングです。 特に、おでこニキビを撃退する事に気を取られ過ぎて「洗顔のし過ぎ」をしないよう気を付けてください。 ニキビが気になるとつい「ごしごし」とこすって洗いがちです。 ごしごしこする事によって皮脂を必要以上に落としてしまうほかにも、水分を含んだ肌は刺激に弱い関係もあり「肌荒れ」の状態になりやすくなります。 肌は固くなり、皮脂を出すのが難しくなりますので注意が必要です。 ポイントは「洗顔料」をしっかり泡立てることです。 洗顔料をしっかり泡立て、キメが細かい泡となるまで水を少しずつ加えては泡立て、水を少し加えては泡立て…と続けているときめの細かいフワッとした泡になります。 泡立てた泡をおでこに乗せて「手のひら」が触れるか触れないか程の力で「下から上に」くるくる回すように洗います。 毛穴は重力の関係で下を向きやすい関係があるため、「下から上に」は基本です。 ある程度こすったら「30秒」程泡を放置しから「水」だけで洗い流します。 流すときにこすったりしないでくださいね。 水分を拭くときは軽く肌を叩くようにして「こすらない」よう拭きましょう。 洗顔が終わったら肌が渇ききる前に「化粧水」で保湿をしましょう。 この時も「下から上に」を忘れないようにしてください。 肌に潤いを与える事で皮脂の過剰分泌を撃退しましょう。 セロトニンは睡眠の「質」に深く関わっています。 セロトニンが多く分泌されるタイミングは主に以下のようなタイミングです。 「規則正しい生活をする」• 「朝起きたら日の光を浴びる」• 「リズムに合わせて体を動かす」• 「食事の時によくかむ」• 「スキンシップ」 このセロトニンを作るにはもちろん原料となる栄養が必要となります。 それが「トリプファンとビタミンB」です。 トリプファンとビタミンBを原料に「セロトニン」が作られると、睡眠を誘うホルモンである「メラトニン」を生成するため、肌荒れにセロトニンは必要な物の一つです。 トリプファンとビタミンBを食事からとる事も重要ですが、毎日となるとやはり大変です。 そうなった場合、役に立つのが「サプリメント」です。 このトリプファンとビタミンBを含むサプリメントを摂取するのが良いのですが、自分に合ったものを探すのが大変なのも「サプリメント」のデメリットです。 そんな時は、こちらのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。 サプリメントの特徴としては先ほど紹介した「トリプファン」と「ビタミンB」を含んでいるため「セロトニン」の原料となる栄養素の必要量を含んだサプリメントとなっています。 モニターであれば安く済むので「ちょっとだけ」試して、合わなければやめる事も出来ますね。 ピーリングで皮脂を中にためやすい肌を改善する 皮脂がたまりやすい肌の特徴として「肌が固い」という事をお伝えしました。 そして、すでに固くなってしまった肌については肌のターンオーバー 肌の生まれ変わり を促進する事で対処する事が出来ます。 ピーリングは肌の角質層にたまった古い角質を除去する事で肌の働きを正常にするものです。 ピーリングを行うと古い角質が取れますが、やり過ぎると新しい角質まで剥がしてしまう可能性がありますのでやり過ぎには注意です。 肌質にもよりますが一週間に一回が肌への負担を考えると丁度良いのではないでしょうか。 アクネ菌対策で菌の繁殖しやすい環境を改善する おでこニキビができる原因の菌として「アクネ菌」の対策をしましょう。 この記事ではアクネ菌の対策で効果がある事で最近注目を集め始めた「トリア・ブルーライトキット」について紹介します。 アクネ菌対策でスタンダードな「洗顔フォーム」と「ブルーライト機器」の二つで構成されるニキビ対策キットです。 この二つのアイテムを使う事でニキビの原因となる、肌の奥深くのアクネ菌を殺菌する家庭用のニキビケア用品です。 ニキビケアを専門とするクリニックと同様のブルーライトを家庭でも利用できるようにしたブルーライト機器と、ニキビケアでは今ではスタンダードになった洗顔フォームのダブルアタックにより、ニキビの新しい発生を抑える効果が期待できます。 また効果が実感できない場合は30日間の返金保証がついている為、効果に満足できなかった場合は返品する事も出来ます。 「おでこニキビ」を撃退してすがすがしい肌を手に入れてください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 皆様が健やかなスキンライフを送れますように。

次の