平成 何年まであった。 明治・大正・昭和・平成は何年まである?期間や西暦を表にしました!

平成はいつからいつまで?令和への変換方法~カレンダーを知る~

平成 何年まであった

元号とは紀年法のひとつで、簡単に言うと、年につける称号です。 日本では年号と呼ばれることもあります。 元号は、中国で皇帝が時代をも支配するという思想から、漢の武帝の時(紀元前115年頃)、「建元」と号したことが始まりです。 日本では、大化の改新(645年)の時に「大化」が用いられたのが最初と言われています。 その後、元号が制定されていない期間もありましたが、西暦701年の「大宝」から現在まで続いています。 明治時代に入る前は、災害など不吉なことがあったり、病が流行するなどの理由で、たびたび改元されていました。 逆に、新たな天皇が即位しても元号が変わらない場合もありました。 明治政府が慶應4年を改めて、「明治元年」にするとともに、天皇一代につき一元号とする「一世一代の制」を定めました。 第二次世界大戦後に制定された日本国憲法、皇室典範では、元号の規定が明記されていませんでしたが、昭和天皇の高齢化に伴い、元号法制化を求める声が高まり、1979(昭和54)年に「元号法」が成立しました。 平成はいつまで? 元号決定までの流れを簡単に説明すると……、 【候補名の考案】 内閣総理大臣が数名の有識者に委任し、2ないし5つの候補名を提出します。 このとき、以下の留意点が定められています。 ・国民の理想としてふさわしい意味を持つものであること。 ・漢字2文字であること。 ・書きやすいこと。 ・読みやすいこと。 ・これまでに元号またはおくり名として用いられたものでないこと。 ・俗用されているものでないこと。 内閣総理大臣が衆議院及び参議院の議長及び副議長に連絡し、意見を聴取し、最終的には、閣議において、改元の政令の決定という形で決められます。 ちなみに、少し気が早いのですが、天皇陛下退位と皇太子即位・改元に伴い、2019年のゴールデンウィークは10連休なる見込みです。 平成という時代に思いをめぐらせ過ごしたいものです。 ご家族や親しい友人と集まったら、新しい元号を予想するのも楽しいかもしれませんね。

次の

「令和元年度」と「平成31年度」期間はいつからいつまで?どちらが正しい?

平成 何年まであった

ついに平成が終わる日程が決まりました!! 『平成』は2019年4月31日に終わります。 いよいよカウントダウンって感じですね。 でも、年号が変わると色々ややこしくなりますよね。 平成元年って西暦で何年?とかわからない。 今回は、『明治』、『大正』、『昭和』、『平成』と『西暦』についてわかりやすくまとめてみました。 Sponsored Link 明治とは? 明治天皇が即位することによって年号が新しくなりました。 新しい時代ですね!! かなり『明治』は時代の変化を感じます。 天皇を中心にした 国家体制。 政府を 京都から東京に。 色々と変化しました!! では、一体『明治』はいつから始まったのでしょうか? いつから始まった? 『1868年1月25日』『明治元年』から始まります!! では、一体『明治』はいつまであるのでしょうか? いつまであるの? 『1912年7月30日』『明治45年』まであります!! Sponsored Link 大正とは? 大正天皇が即位することによって年号が新しくなりました。 新しい時代ですね!! しかし、『大正』はかなり短い感じがします。 期間が 『14年間』。 やはり、『大正』は日本の歴史上一番短い期間みたいですね。 では、一体『大正』はいつから始まったのでしょうか? いつから始まった? 『1912年7月30日』『大正元年』から始まります!! では、一体『大正』はいつまであるのでしょうか? いつまであるの? 『1926年12月25日』『大正15年』まであります!! 昭和とは? 昭和天皇が即位することによって年号が新しくなりました。 新しい時代ですね!! 『大正』とは対照的にかなり長いですね。 なんと期間が『62年と14日』もあります!! 日本で一番長い期間みたいですね。 また、歴史上でも60年以上続いた元号は、 『清の康熙』(61年)および 『乾隆』(60年)しかない。 このことから『昭和』は長かったことがわかりますね!! では、一体『昭和』はいつから始まったのでしょうか? いつから始まった? 『1926年12月25日』『昭和元年』から始まります!! では、一体『昭和』はいつまであるのでしょうか? いつまであるの? 『1989年1月7日』『昭和64年』まであります!! 平成とは? 戦争が終わったこともあり、この時から『天皇』の名前ではなくなりました。 現在の天皇は・・・ 皇太子明仁親王(今上天皇)です!! これは知りませんでした。 では、どうして『平成』になったのでしょうか? 『平成』になった理由は? 『平成』は複数の有識者によって会議で決まられました。 しかし、いくつかの候補があったみたいです。 ・『平成』 ・『修文』 ・『正化』 が最終候補!! この中から見事、『平成』が選ばれました。 最終的には、 イニシャルで選ばれたみたいですね!! 『修文』と『正化』は『S』、『平成』は『H』。 過去の元号から見ると・・・ 明治『M』、大正『T』 、昭和『S』となります。 だから、『S』はやめておこうとなったみたいですね!! では、一体『平成』はいつから始まったのでしょうか? いつから始まった? 『1989年1月7日』『平成元年』から始まります!! では、一体『平成』はいつまであるのでしょうか? いつまであるの? 『2019年4月31日』『平成31年』まであります!! では、最後に気になったのが・・・・ 『西暦』ってどういう意味があるのでしょうか? 西暦とは? これって結構迷いますよね。 どうやら、キリスト教でキリスト(救世主)と見なされる イエス・キリストが生まれたとされる年みたいですね。 この人です!! キリストが生きていたら、いま2018歳ということですね。 そのため、迷ったら『西暦』=『キリストの年齢』と考えれば迷わなくなりますね。 年齢に『平成』とか『昭和』とか入れないですもんね笑 ちなみに・・・ 『平成』とかは 和暦と言います!! これは知らなかった笑 まとめ 2019年5月1日新しい元号になります。 まだ、どんな元号になるかわからないですが非常に楽しみですね!! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! Sponsored Link.

次の

平成最初の日から最後の日まで何日間?新元号開始までに何ができる?

平成 何年まであった

「元号」とは? 読み方は 「げんごう」です。 特定の年代に付けられる称号のことで「年号(ねんごう)」と呼ばれることもあります。 「元年」とは? 読み方は 「がんねん」です。 元号が改まった最初の年や、天皇即位の最初の年という意味があります。 「年度」とは? 年度とは、 特定の目的のために規定された1年間の区切り方です。 多くの場合用いられているのは、官公庁などが予算を執行するための期間である 「会計年度」、学校など学年の切り替わりを目的とした 「学校年度」です。 会計年度と学校年度はどちらも4月から3月までを区切りとしています。 一般的に「年度」といえば、4月から3月までの区切りを指しますが、ほかにもさまざまな「年度」があります。 たとえば、7月から6月までを区切りとしている「麦年度」や、9月から8月までを区切りとしている「いも年度」、10月から9月までを区切りとしている「大豆年度」などがあります。 ここでは、一般的な「年度」である4月1日から3月31日までの区切りで考えて行きます。 令和元年度はいつからいつまで? 昭和から平成に改元された時を思い出してみましょう。 昭和64年(1989年)1月7日に昭和天皇が崩御され、翌日1月8日から元号は「平成」となりました。 この時は、 昭和63年(1988年)4月1日~平成元年(1989年)3月31日が「昭和63年度」でした。 そして、 平成元年(1989年)4月1日~平成2年(1990年)3月31日が「平成元年度」となりました。 ですので、 昭和64年度は存在しませんでした。 さらに一つ前の、 大正から昭和に改元された時はどうだったのでしょう? 大正15年(1926年)12月25日に「昭和」に改元されたので、「昭和元年」は12月25日~12月31日の一週間だけでした。 この時は、 大正15年(1926年)4月1日から、改元され12月25日に昭和元年(1926年)となり、さらに新年になり昭和2年(1927年)を迎え、3月31日までが「大正15年度」でした。 そして 昭和2年(1927年)4月1日から昭和3年(1928年)3月31日までが「昭和2年度」となりました。 ですので、 昭和元年度は存在しませんでした。 このように、 4月1日時点での元号の年が、その後、途中で改元があってもそのまま年度として3月31日まで使われるということがわかります。 この考え方を踏まえて考えると、令和へ改元されるのは5月1日ですので、 4月1日時点では平成31年です。 よって、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までは「平成31年度」となり、 令和2年(2020年)4月1日~令和3年(2021年)3月31日までは「令和2年度」となるため 「令和元年度は存在しない」となります。 令和元年度は存在する しかし今回は、政府が以下のように発表しました。 「国の予算における会計年度の名称については、原則、改元日以降は、当年度全体を通じて『令和元年度』とし、これに伴い、当年度予算の名称は、各府省が改元日以降に作成する文書においては『令和元年度予算』と表示するものとする」 これは、国が行う 「会計年度」に限って「令和元年度」とするということです。 つまりどういうことかというと、平成31年(2019年)3月に成立した「平成31年度予算」は、4月30日までは「平成31年度予算」と呼ばれますが、令和元年(2019年)5月1日からは「令和元年度予算」になります。 「令和元年度予算」の期間は平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日ですから、改元日の一ヶ月前に遡った期間も「令和元年度」に含まれます。 簡単に説明すると、 「改元日は5月1日なので年度の呼び方はこの日から変わりますが、令和元年度という期間が始まるのは4月1日から」ということになります。 このように国が行う 「会計年度」に限っては平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが「令和元年度」となります。 年度に関して明確なルール、法律などはありませんので、国の予算に関すること以外は組織や団体の判断に任せるようですが、国に合わせて「令和元年度」にすることが一般的だと考えられます。 平成31年度はいつからいつまで? これまでと同じように考えれば、 平成31年(2019年)4月1日~令和2年(2020年)3月31日までが 「平成31年度」となりますが、 政府の発表にほかの組織や団体が従うと考えると 「平成31年度」は存在せず「令和元年度」となります。 「令和元年度」と「平成31年度」どちらが正しい? しかし、「平成31年度」と「令和元年度」を併記したり、新年度の始まりの元号を優先して「平成31年度」を用いることもなんの問題もありませんので、 組織や団体によっては「平成31年度」を用いることがあるかもしれません。 少々ややこしいように見えますが、「平成31年度」は「平成が一ヶ月間だけ」と考えると、「令和元年度」にしたほうがしっくりくるような気がしませんか? とはいうものの、政府の発表があったからといって「すべてにおいて令和元年度にしなければならない!」というわけではありませんので、「令和元年度」と「平成31年度」が混在することは理解しておいたほうが良いのではないでしょうか。 どちらも正しく、どちらを使っても良いのです。 関連: 関連: 関連: 関連: -.

次の