ライン オープン チャット 退会。 LINEオープンチャットから退会(退出)する方法 抜けても再参加できる

LINEオープンチャット(オプチャ)荒らし対策まとめ

ライン オープン チャット 退会

「 LINEオープンチャットを使っていたら突然アカウントが停止」 楽しくチャットをやり取りしていたら、いきなり強制退会させられ他のチャットでも発言できなくなった。 このような事態になったら大変です。 そして、オープンチャットでは大暴れ(ルールを破る行為)したことによってどこまで利用が制限されるのか、まだまだ不透明な部分があります。 LINEとも紐付けされているだけに、LINEサービスすべてが使えなくなると困る人も多いのではないでしょうか。 LINEオープンチャットで強制退会&アカウント剥奪されないためにも、• LINEオープンチャットではどんなことが禁止なの?• LINEオープンチャットで何をしたら強制利用停止になるの? ということが気になります。 誰でも自由に使うことができるLINEオープンチャットでは、やってはいけないことを理解してルールを守ることが大切です。 ここではどのような行為がLINEオープンチャットにおいて禁止されていることなのかを紹介します。 LINEオープンチャットでは365日24時間体制でモニタリングされている LINEオープンチャットは通常のLINEメッセージのやりとりとは異なり、常に運営側に監視されています。 チャット参加へのメンバー招待機能があるとはいえ、誰でも見ることができるような場所に書き込んでいることを認識しておきましょう。 また、オープンチャットは始まったばかりのサービスですので、特に今の時期はいつも以上に監視の目が厳しくなっていることが予想されます。 どのようなことが禁止事項にあたるのかについても、ルールが突然変わる可能性もあるので、常に気を配っておいた方がいいですね。 そして、LINEオープンチャットでは通常のLINEメッセージのやり取りとは異なり、 モニタリングされている状態です。 つまり、 メッセージの内容は運営側に筒抜けだと認識しておいた方がいいでしょう。 会社や企業などもオープンチャットを使って機密情報をやり取りするようなことはないかと思いますが、LINEグループのメッセージと同じ感覚でオープンチャットに投稿すると、大変な目に遭う可能性もありますのでくれぐれも注意しましょう。 LINEオープンチャットで処罰の対象となる禁止事項とは LINEオープンチャットではガイドラインに基づいて、 違反のトークルームの投稿削除はもちろんのこと、 違反しているユーザーの強制退会など適切に対応すると明言しています。 その処罰対象となる主な行為は以下の通りです。 1:1の出会いを継続的に勧誘または要求する行為• 交際相手を求める行為や出会いを目的とする行為• 一緒に宿泊や居住する相手を探そうとする行為• 未成年者に対する酒席の勧誘または不法な出会いを求める行為• その他社会的に容認されないと判断される出会い行為• 特定の個人に対する誹謗中傷• アフィリエイトや商業サイトへの誘導• わいせつな内容を含む投稿や表現• 暴力的な内容を含む投稿や表現• 著作権や肖像権を侵害する行為• トークルームのトピックと無関係な雑談• むやみなスタンプの連続投稿• 他の無関係なルームの招待URLなどを投稿してメンバーを勧誘する行為• その他のスパムとみなされる行為• まとめ 普通にチャットを楽しんでいればアカウントを剥奪されるようなことはありません。 LINEオープンチャットの運営側としては、 出会いの場として利用されたり犯罪につながりそうな行為に利用されたりすることは絶対に避けたいと強く意思表示していることがわかります 不特定多数が交流できる掲示板というのは、そのようなことをに使う人も多いですからね。 運営が目を光らせるのも当然です。 LINEオープンチャットは、正しく使えばこれまで以上に気軽に情報交換のできる場として活用できますので、禁止事項に触れないようルールを守って楽しみましょう。 知らなかったじゃ済まされない4つの禁止項目• 連絡先の交換• 人が嫌がる下品な言葉や写真の投稿• 人を傷つける攻撃的な発言• 身元がバレる恐れのある投稿 これらの行為に違反すると、オープンチャットだけでなく LINE自体が使えなくなる可能性があります。 LINEオープンチャットの 凍結ルール(凍結条件)は常に見直しが入り、変更しています。 「これくらいなら前も大丈夫だったから今回も大丈夫かな?」なんて軽い気持ちで禁止行為を行っていると、LINE自体が使えないことにもなりかねません。 ルールの範囲内で楽しくやりとりしましょう!.

次の

LINEオープンチャット(オプチャ)荒らし対策まとめ

ライン オープン チャット 退会

1、管理人という立場がある 2、ハンドルネームを使える=身バレ防止可能 3、3種類ある ・オープン型=誰でも参加可能 ・承認型=管理人が承認した人が参加できる ・コード型=コードを読み込むと参加できる 4、トークルーム毎にプロフィール設定可能 5、LINEで繋がっていない人も参加できる 6、ひとグループ5,000人参加できる 7、mixiやFBのコミュニティに近い規模とスタイル 8、途中参加でも参加前のログが見られる 9、ルーム毎にパスワードで保護などできるので他者が改ざんできないようにできる 10、共同管理者は数多くいたほうが良い こんなところですね。 実際にLINEオープンチャットでは今後荒らし対策に力を入れていくと発表していますが、 実際には、 こちらの記事でもわかる通り、 LINEオープンチャットの禁止事項 1. 個人情報を教えるコトや聴くコトは控える 2. 青少年が参加できるテーマのトークルームにする 3. 誹謗中傷やわいせつ行為禁止 4. 営利目的な権利侵害は禁止 5. オフラインでの不適切な出会い目的禁止 出会い系目的での使用や、営利目的のオプチャは作ってもすぐに閉鎖させられています。 実際に私が運営しているオプチャはこんな感じで流れていきました。 これはすごいことです。 誰もオプチャのタイムラインを追えません。 なぜLINEオープンチャットは荒らしが沸きやすいのか? オプチャこと、LINEオープンチャットで荒らしが沸きやすい原因です。 1.匿名性 2.気軽に荒らせる 3.荒らした時のリスクをわかっていない これが主な原因です。 OpenChatのご利用ありがとうございます。 OpenChatはトークルームごとにプロフィールを変更することができることで、 シーンに合わせたトークを自由に楽しむことができるサービスです。 そのため、OpenChat内のすべてのトークルームは、運営側で24時間内容を確認させていただいており、 その中で、一部の方が不適切な使われ方をされている状況も確認しております。 利用規約やLINE内部で運用するオープンチャットガイドラインに違反した場合は、投稿の削除、強制退会、OpenChatの利用停止に加え、LINEアプリ本体の利用停止の措置を行いますのでご注意ください。 また、不適切なトークを防止するためのNGワードフィルターの開始が近日中に予定されております。 この機能では、管理人がトークで送信してほしくないキーワードを設定することができるだけでなく、 LINE側であらかじめ設定したキーワードを含む投稿を自動的に非表示にするものです。 それでは、引き続きOpenChatをお楽しみください。 LINEオープンチャット運営が示す特に重い荒らし違反行為とは 重い荒らし違反行為はこちらです。 【特に多い重度の違反行為】 ・みだりなスタンプの連打 ・わいせつな表現や画像・動画の投稿 ・LINE ID(QRコード含む)の投稿 ・交際相手を募集する投稿 解説していきます。 そのための通報機能だったりしますからね。 自分が管理者のオプチャが荒らされた時の対策 自分の管理しているオプチャが荒らされた時の対策ですが、 まずは、 ・通報する ・強制退会(再参加不可能に) ・ルールを決めて掲示する この両方が有効になります。 一定数通報されればそのアカウントが凍結となりますし、 また再参加不可能で強制退出させる権限をオプチャの管理者はもっています。 ちなみに警告や注意で済むか? というところにも触れておきたいのですが 1日正式リリースされてからオプチャに触れて見て思ったのは これは警告ですまない場合が多い。 故に違反行為は即強制退会させるようにしてきました。 タイムラインの流れが早いと相手も警告を見ない可能性もあります。 LINEオープンチャット(オプチャ)荒らし対策のためにノートを活用しよう LINEオープンチャットの荒らし対策の一つとして そのオプチャのルールを決めることが大切です。 「大事なノート」に設定すると全メンバーにアナウンスが流れます。 ・ ルールや禁止事項を明確にしておくことは大切ですね。 そしてルールがあるっていうことをアナウンスしていくこともとても重要です。 LINEオープンチャット(オプチャ)荒らし対策まとめ LINEオープンチャットの荒らし対策のまとめです。

次の

LINEオープンチャットの通報したらどうなる?機能を紹介

ライン オープン チャット 退会

LINEオープンチャットとは?グループトークとの違いなど LINEオープンチャットは、LINEのグループ機能を拡張した新しいコミュニケーション機能です。 LINEのグループトークは友だち同士での会話が基本となりますが、 LINEオープンチャットでは興味のあるテーマに関して不特定多数で会話を交わす、匿名でのコミュニケーションになります。 LINEオープンチャットは、通常のLINEとは別の新しいコミュニケーションツール。 同じテーマに興味があるユーザー同士で語り合ったり、情報共有などが目的。 img via: LINEに登録してある名前やプロフィール写真とは同期されず、 LINEオープンチャットのグループ単位で名前(ニックネーム)とプロフィール写真を設定できるので、LINEアカウントに知らない他人から突然1:1のトークが届くようなことはありません。 LINEオープンチャットのグループに参加する LINEオープンチャットで公開されているグループに参加する場合は、オープンチャットでグループを検索する、もしくはQRコードなどの招待を受けて参加する方法の2つがあります。 オープンチャットの検索でグループに参加する 一般公開されているLINEオープンチャットに参加する場合、オープンチャット画面から検索〜参加することができます。 LINEの ホームタブを開く• グループセクションの オープンチャットをタップ• オープンチャットを検索をタップ• 検索キーワードを入力して候補から 参加するグループをタップ• 参加をタップ• ニックネームとプロフィール画像を選択して 参加をタップ 招待を受けてグループに参加する 非公開設定になっているオープンチャットに参加するには、管理者からQRコードなどの招待を受ける必要があります。 QRコードによる招待の場合は、LINEで友だちを追加する時と同じ手順で参加できます。 LINEの ホームタブを開く• 友だち追加ボタンをタップ• QRコードをタップ• ライブラリから読み込むをタップ(カメラで直接QRコードを読み取ってもOK)• 保存済みのQRコード画像をタップ• グループの詳細が表示されるので 参加をタップ スポンサーリンク LINEオープンチャットで検索できない、表示されない原因 LINEでオープンチャットの検索機能は、 年齢認証が完了した18歳以上の場合のみ利用できます。 もし18歳未満、あるいは年齢認証をしていないアカウントのお使いの場合は検索機能を利用できません。 (検索ボックスが表示されない) オープンチャットの検索 オープンチャットを検索するにはこちらをご確認ください。 オープンチャットのトップ画面や検索ボックスが表示されない 2019年8月21日現在、オープンチャットのトップ画面(トピック)と検索機能が改善作業に伴い、全員が非表示になっています。 現在はQRコードなどによる招待、もしくは新規グループの作成のみ開放されています。 詳しくは以下の関連記事にて。 関連記事 オープンチャットのグループを作る オープンチャットのグループは、以下の手順で誰でも作ることができます。 (自分自身が管理人になる)• LINEの ホームタブを開く• グループセクションの オープンチャットをタップ• 右下の 新規オープンチャットボタンをタップ• グループ名、説明、カテゴリ、検索許可の設定をして 次へをタップ• 作成したグループ内での表示名とアイコンを設定して 完了をタップ• LINEの ホームタブを開く• グループセクションの オープンチャットをタップ• 右上の MYボタンをタップ• 通知をオフにしたい グループをタップ• トークをタップ• 画面右上の メニューボタンをタップ• 通知スイッチをタップしてオフ(白)にする LINEオープンチャットのグループを退会する 参加したLINEオープンチャットのグループトークは、次の手順で退会することができます。 LINEの ホームタブを開く• グループセクションの オープンチャットをタップ• 右上の MYボタンをタップ• 退会したい グループをタップ• トークをタップ• 画面右上の メニューボタンをタップ• グループを退会をタップ• トーク退出をタップ.

次の