親イカ 夜。 イカ釣りの時期やタックルの選び方は?おすすめのイカ3選もご紹介!

エギングで春の大型アオリイカ狙い!キホンを解説【タックル編】

親イカ 夜

イカが釣れる状況やタイミングについて イカは一年中釣れると言われていますが、釣れやすい状況やタイミング、気象条件は様々です。 一概には言えないのですが、過去に釣れた時の状況や一般的に言われている傾向をまとめます。 季節 春・夏・秋・冬 イカは年魚なので、季節によってサイズが変わっていきます。 また狙えるイカの種類も季節で変わってきますので、ターゲットに合ったタックルを準備する必要があります。 春 ・・・ 産卵のために親のアオリイカが接岸してきます。 大型サイズです。 夏 ・・・ 孵化した子イカと親イカが混じります。 秋 ・・・ 親イカへの成長過程である中サイズのアオリイカが多く釣れます。 冬 ・・・ 産卵のために親イカが接岸(ヤリイカ・ケンサキイカ) 朝・昼・夜 イカは基本的に夜行性なので、釣れる時間帯は夕方から朝にかけてよく釣れます。 朝マズメ• 夕まずめ• 夜中 ただし、産卵のために接岸する春の親アオリイカや、成長過程にある活性の高い秋のアオリイカは、昼でも釣れます。 特に秋はバイトシーンを間近で見ることもでき楽しめます。 潮汐(大潮・中潮・小潮・長潮・若潮)と干潮 干潮に関しては、満潮前後がよく釣れてます。 また潮汐(大潮、中潮、小潮、長潮、若潮)については、こちらのにまとめてます。 別記事: 気象(晴れ・くもり・雨・風) 晴れの日でも雨の日でもイカは釣れますが、晴れよりも雨の日が良いらしいです。 ベイドの活性が上がるので、イカもそれを捕獲しようと活性が高まるのだそうです。 曇りの日もよく釣れます。 理由は、気圧が関係していると言われています。 曇りや雨の日は気圧が低いのですが、気圧が低いと海にかかる圧力が下がり、魚の活性が上がるのだそうです。 なので曇りの日の釣りもオススメです。 風 風がなくても強くても釣れます。 ただ、風が強いとエギを思うように投げれないですし、PEラインが風になびいてどんどん出て行くし、風でPEラインが揺れるのでラインの動きでアタリをとるのは困難です。 また、強い風にさらされながらの釣りは、かなり辛いものがあります。 イカ釣りは、気象や潮汐など釣りに影響する状況は様々あります。 そんな中、「今日は釣れるだろうか?」「どうやったら釣れるだろうか?」などと考え釣りをするのが楽しいですよね。

次の

シーズン別(春夏秋冬)のアオリイカの釣り方

親イカ 夜

どうも〜エギング中毒者です(笑) ポイントは、まず藻場を探す事です。 春は産卵に適した藻場に入ってきますから、その藻場の手前(沖)でイカは餌を食べます。 藻の中にいるイカは産卵行動に入っていますから餌を食べません。 墨跡を探すのが一番手っ取り早いです。 シャクり方は秋とは違って、表層近くまで跳ね上げても釣れません。 極端な話し、親イカは底にしかいないと思って下さい。 底から水面までの距離の4分の1までの深さでエギをシャクッて下さい。 スレたイカにはズル引きやただ巻きが効果がある時もあります。 親イカは移動距離を最小限にして獲物を捕りますので、あまり動かし過ぎると、秋の子イカの様に追ってこない(稀に活性バリ高のはサイトまで追ってくる事もある)事が殆どです。 エギの移動距離が少ないスラックジャークやノジング等が有効です。 それと、一番大事なのはシャクりよりもフォールとステイです。 イカはシャクッている時はエギを抱きません。 抱くのはフォールかステイの時ですから、ここが一番肝心です。 フリーフォール、テンションフォール、カーブフォールを単調にならない様に組み合わせて使い分ける事が一番重要です。 また、ステイも活性の悪い時はロングステイで抱く時もありますから、必ずラインにテンションをかけて長めにステイさせて下さい。 フォール&ステイの時は、ロッドを動かさない様にピタッと止めて下さい。 動いている時と止まっている時のメリハリを付けましょう。 あとは、当たりを見逃さない事です。 親イカは秋イカの様に、エギを抱いてすぐ走る事は少ないです。 秋イカは、まだ小さいですから餌を捕ると、他のイカに横取りされない様に、すぐにその場を離れて、誰もいない場所に隠れて餌を食べようとしますから、当たりも明確ですが、親イカは、他に自分より大きなイカがいなければ、その場で食べ出しますので、走らない事が多いんです。 ラインの変化をよく見ましょう。 ラインが横に動いた。 ラインが弛んだ。 ラインスラックが取れた。 また、着底が早い。 着底が遅い等、フォールの変化にも現れます。 とりあえず何か変化を感じたら大きく合わせと取る事です。 デカイカが抱いたら、根掛かりの様にビクとも動かない時がありますから、その時はラインテンションは掛けたままで、もう一度ガツンッと追い合わせします。 イカが走るまで2回でも3回でも追い合わせするつもりで。 デカイカは足の力も半端じゃないので、エギを横抱きにしていて針が掛かっていなくても、根掛かりの様に感じるくらい足でエギを掴んで放しません。 針が掛かって釣られている事が分かるまで走りませんので、走ったら針が掛かっているというサインです。 長い説明になりましたが、頑張ってデカイカ釣って下さい。 デカイカのゲソをオリーブオイルで炒めると激ウマですよ〜〜(笑).

次の

石川で春アオリイカはどこが良いポイントになるか教えて下さい。あと秋と春でシ...

親イカ 夜

タケチヨ釣りブログへようこそ。 先日堤防エギング中に、隣でエギングをやっているファミリーのお父さんが大きな声で、 「アオリイカが掛かった〜」 と叫びながら慌てて釣り上げたのが、上の画像と同じ モンゴウイカでした。 大変興奮した様子で誰かに連絡していましたが、あの後どんなオチがあったのかは、ご想像にお任せします。 このようなことを防ぐためにも、今回は アオリイカとコウイカの違いを画像でスッキリ解決していただきたいと思います。 スポンサーリンク アオリイカとコウイカの見た目の違い 春の親アオリイカは半透明で大きな耳 アオリイカは上の画像のような半透明な大きな耳が特徴で、春の親イカはサイズも大きくて見分けやすいと思います。 画像はオスのアオリイカです。 コウイカとの違いは、画像で比べてみると明らかですよね。 初秋の新イカのアオリイカの特徴 9月頃から釣れるアオリイカは、夏頃に産まれてた新イカで画像のようなサイズがほとんどです。 やはり半透明な大きな耳が特徴です。 コウイカとは明らかに違いがはっきりと分かります。 堤防エギングで一般的なコウイカは3種類 モンゴウイカの特徴 モンゴウイカは、見た目にも 特徴的な模様に注目してください。 上の画像のように コーヒー豆のような模様が、大きな特徴です。 春の親イカシーズンは、サイズもかなり大きくなり冒頭でご紹介したお父さんのように、アオリイカと間違えてしまうことがあるようです。 アオリイカの画像と見比べると違いが一目瞭然ですよね。 夜のモンゴウイカ 画像は夜に釣れたモンゴウイカの画像です。 コーヒー豆の模様が少し見にくいですが、よく見ると所々にあるのが分かります。 こちらの画像もアオリイカとは全く違う姿形をしているので、簡単に違いが分かると思います。 シリヤケイカの特徴 シリヤケイカの特徴は一番わかりやすく、上の画像のような白い点々の模様です。 あと頭の先端から赤茶色の液体を出しますので注意しましょう。 墨も吐くし、妙な液体も吐く問題児です。 この液体は手に着くと、 墨より取れにくいので手に付かないように注意が必要です。 名前の由来は、尻が焼けたような模様からその名前がついたようですが、尻が焼けるなんてことが現代ではまずありえないので、イマイチピンとこないネーミングですよね。 こちらのシリヤケイカイカもアオリイカとは、明らかに違いが分かると思います。 ハリイカ(松葉イカ)の特徴 コウイカの中でも一番人気のある、ハリイカの特徴ですが、頭の先端が尖っていると言いますが、コウイカは基本尖っているのでなんとも微妙です。 上の画像はオスのハリイカです。 アオリイカとの違いは明らかに耳の大きさが違いますよね。 コウイカの種類の見分け方は、 細かい見た目の違いを覚えるのが一番です。 私の住んでいる地方では、松葉イカとか言っていますが、おそらくイカの甲の先端が尖っているから松葉と言っていると思われます。 メスのハリイカ(松葉イカ) こちらの画像は、メスのハリイカですが、模様が横シマ模様でオスのハリイカとは少し違います。 スミイカと言われるだけあって、その墨の噴射範囲と破壊力には毎回ドキドキします。 こちらの画像も、アオリイカとは似ても似つかないほど違いは明らかですよね。 おわりに いかがでしたか。 今回は画像でアオリイカとコウイカの違いをご紹介しましたが、 味の違いもそれぞれ特徴があり、私の個人的な好みの順位は次のようになります。 アオリイカ• スミイカ(松葉イカ)• モンゴウイカ• シリヤケイカ もちろんそれぞれのイカの特徴に合わせた調理の仕方で、味の美味さも違いますが私は面倒くさいことが苦手なので、基本的にオール刺身でいただいています。 それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。 sasaki07takefumi05.

次の