シールド 育成論。 【ポケモン剣盾】ニンフィアの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】育成論一覧【ソードシールド】

シールド 育成論

もくじ• フィールドが戻ると、タイプも元に戻る。 弱点 「2倍」ほのお、じめん、みず、かくとう 耐性 「0. 特性もかなり面白いですし、専用技もなかなか便利ですね。 一撃必殺技「じわれ」も覚えますし、出てこられたら嫌なポケモンだと思いますよ。 マイナー感はありますけどね 笑 マッギョ ガラルのすがた の育成論 特性 【ぎたい】 フィールドの状態にあわせて、自分のタイプが変化する。 フィールドが戻ると、タイプも元に戻る。 弱点 「2倍」ほのお、みず、じめん、かくとう 耐性 「0. タイプ一致ではないものの、確実にじわじわとダメージを入れられ、交代を封じられるのは地味に強いです。 基本的には 有利な相手に後出しをしていき、交代読みで「とらばさみ」を入れていくのがおすすめです。 ほぼ確定で後攻から動くので、先制技の「ふいうち」は有効です。 普通に倒せないポケモンであれば、 一撃必殺の「じわれ」を狙っていく。 後は火力を求めて「じしん」を採用し、相性のいいポケモンを狩っていきましょう。 特性「ぎたい」もダイマックス環境だと発動しやすいので、上手く活かしていきましょう。 まとめ かなり面白い動きができるポケモンなので、ネタ枠でしかないと侮るのは危険です! レートでそこまで見かけることもないですし、マッギョ対策が出来ていない方も多いです 笑 相手を選んで活躍するポケモンなので、常にパーティに入れるのはおすすめしませんが。

次の

ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

シールド 育成論

火力も受けポケモンの中では高い方なので、攻撃していけるのも優秀だ。 くろいきりで積み技をケア くろいきりを搭載すれば、相手の積みポケモンに起点にされずに立ち回れる。 こごえるかぜですばやさを下げた後にくろいきりを使うと、すばやさも元に戻ってしまうので注意しよう。 かえんだまで状態異常が効かない かえんだまが発動すれば状態異常が効かなくなる。 しかし、かえんだまが発動する前にどくどくを入れられると、ふしぎなうろこは発動するが毒で削り切られる可能性があるため注意。 サイクル戦だとドヒドイデの方が強い サイクル戦に関しては、同じ耐久ポケモンのドヒドイデの方が使いやすい。 さいせいりょくを持つため、HP管理もしやすいのが特徴。 ドヒドイデとの差別化としては、火力があるため自身でポケモンを倒しにいける点だ。 かえんだま型の対策 ポケモン 立ち回り ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・水・氷技を半減で受けられる ・電気技で弱点を突ける ・ ミラーコートに注意 ・ちょすいで水技が無効 ・電気技を習得する ・ ミラーコートに注意 ・水技を半減で受けれる ・パワーウィップを習得 ・ ねっとうのやけどに注意 ・氷わざが等倍で入ってしまう ・水技を半減で受けられる ・草技をタイプ一致で撃てる ・ ねっとうのやけどに注意 ミラーコートをケアする ミロカロスはミラーコートを持っていることがある。 特殊技で攻撃すると返り討ちにされるため、ミラーコートをケアしつつ戦うことが必要。 ボルトチェンジからあくタイプに繋げる ミラーコートはエスパー技なので、あくタイプで無効化できる。 立ち回りの一例として、 ボルトチェンジでダメージを入れつつ、あくタイプを出してミラーコートを無効化することも可能。 やけどにならない場合かちきを疑う 1ターン目終了時にやけどが発動しなかったら、かちきを疑って戦おう。 能力が下がると特攻が2段階上昇するため、いかくやダイマックス技などでミロカロスの能力を下げないように気をつけるのがコツだ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

【ポケモン剣盾】育成論一覧【鎧の孤島】|ゲームエイト

シールド 育成論

持ち物は壁の効果が8ターンに伸びるひかりのねんど、もしくはあえて弱点技を受けて後発に攻撃と特攻の強化状態を引き継げるじゃくてんほけんがおすすめです。 じゃくてん保険を持たせる場合は手持ちのポケモンを入れ替えられるバトンタッチを覚えさせておくといいでしょう。 リフレクターやひかりのかべは確定技となりますが、その他の技の候補にはこうそくいどうやこごえるかぜなど素早さを調節できる技がおすすめです。 持ち物のひかりのねんどを持たせると効果時間を3ターン伸ばせることができます。 ひかりのかべ 確定技 5ターン相手の特殊攻撃を半減させることができます。 持ち物のひかりのねんどを持たせると効果時間を3ターン伸ばせることができます。 バトンタッチ バトンタッチを使うと手持ちのポケモンと入れ替えることができます。 じゃくてんほけんの強化効果も引き継ぐことができるので、相手の動きを読んだ場合は活用していきましょう。 こうそくいどう 自分の素早さを1段階アップさせます。 相手に素早さが負けている場合次ターンから動きやすくなります。 こごえるかぜ 相手の素早さを1段階ダウンさせます。 ねっとう 威力80の特殊技で特攻の値が高いインテレオンの攻撃技としてお勧めです。 使用頻度は低めですが、もしものときのために覚えさせておいてもいいでしょう。 れいとうビーム 確定技 ドラパルト用に覚えさせておきたい技です。 ドラパルトのHPと特防の個体値が31、努力値をHPと特防に252振った場合は 乱数で2~3発、HPと特防の個体が31、努力値を特防にのみ振っている場合は 確定2発で落とすことができます。 とんぼがえり 選択技 交代技として採用 こごえるかぜ 選択技 相手の素早さを1段階下げる技。 後ろに控えるポケモンのために状況有利を作り出す用途としての使用がメインです。 アクアジェット 選択技 水技の先制技として採用もありです。 ねっとう 選択技 物理技を0. 5倍にするやけどの状態異常にできるため、物理アタッカーを弱体化させることができます。 与ダメージ計算 インテレオンの特攻の個体値が31、努力値が252、げきりゅう発動時のなみのりで相手ポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。

次の