ブリティッシュ アメリカン タバコ 株価。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ ADR 株式配当

【必見!】高配当たばこ銘柄BTI,PM,JTの配当金及び配当利回りの推移

ブリティッシュ アメリカン タバコ 株価

ブリティッシュアメリカンタバコ【BTI】とは、どのような会社? ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)は英国のタバコ会社です。 200種以上のタバコを200か国を超える国で販売しています。 文字通り多国籍企業です。 2016年までの業界順位はフィリップモリス(PM に次いで2位でしたが、買収により1位になっています。 もっとも、非上場では中国の「中国専売」が市場規模を生かして圧倒的ですので、あくまで上場するタバコメーカーで1位ということですね。 従前よりアメリカのロリラードを買収した、レイノルズアメリカンの株式を42.2%保有していました。 2016年10月に、残りの株式を購入してレイノルズアメリカンを買収する提案をし、認可されています。 ラッキーストライク、ケント、クール、ダンヒルといったブランド銘柄は日本でも有名です。 2007年 5月株価36ドル 配当0.74ドル 2017年 3月株価65ドル 配当1.48ドル 2018年12月株価33ドル 配当2.71ドル 現在の33ドル台というのは業界のネガティヴニュースを含んでもファンダメンタルズを見ると割安に感じます。 少なくとも45ドル近辺が適正と見ていますがどうでしょうか。 利回りは8%を超えており、そろそろ下げ止まりが意識されるところです。 まさに「まだはもうなり、もうはまだなり」です。 10年で配当は4倍近い伸びです。 2017年2月には1:2で株式分割をしています。 ちなみに2000年ごろには株価は4ドルから5ドルをうろうろしていました。 そのころからかなりの株価成長をしています。 若い投資家が有利なのが時間です。 数十年に及ぶ長期投資の果実を得ることができます。 配当を始めた1984年当時の配当は0.1ドル程度でした。 こちらもすでに10倍以上の増配をしていることになります。 寡占的多国籍企業に投資をすることで、将来とんでもない高配当を得る可能性があるという、1つの例だと思います。 営業利益率はこの数年20~25%あたりです。 タバコ株の安定感ですね。 とはいえ、2017年8月にはFDA(米国食品医薬品局)によるニコチン含有量に関する規制方針、2018年にはメンソールタバコの規制方針と逆風です。 株価はこのような数字を反映しており、過去20年に比べるともたつき感は否めません。 FDAによる規制は米国内に限ったことですが、レイノルズを昨年買収したブリティッシュアメリカンにとっては他人事では当然ありません。 また、JUULという電子タバコが爆発的にシェアを伸ばしており、紙巻きたばこの勢力図を塗り替えつつあるのも投資家心理の大きな負担になっています。 電子タバコの四半期ごとのシェア こちらのは電子タバコの四半期ごとのシェアです。 赤い部分がJUULです。 2017年以後急速に伸びています。 この結果、既存のたばこ各社のシェアを侵食する形になっています。 その結果、市場は伸びているのにシェアが伸びないというジレンマに陥っています。 電子タバコというイノベーションによる売り上げの拡大を期待したたばこ業界ですが、皮肉なことに新興企業のJUULの脅威にさらされています。 紙巻きタバコ時代には考えられなかった大規模なシェアの変動があるわけですね。 なお、このJUULはアルトリアグループが1.4兆円の出資をし、35%の株式取得意思を示しています。 さすがの資本力、寡占市場の強みを知悉している戦略と言ってよいでしょう。 ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)の基本データ 過去の配当利回りはだいたい4%程度です。 今は株価が落ちており、利回りで8.2%近辺まで上がっています。 すさまじい高利回りですね。 ブリティッシュアメリカンタバコ BTI の配当と配当性向 配当と配当性向です。 配当はこの10年じりじりと上昇傾向にあります。 配当と配当性向 それに対して配当性向は比較的抑えられており、持続可能な配当であることを窺わせます。 一般的にタバコ株は高配当傾向にありますが、よくコントロールされた配当政策だと言ってよいでしょう。 リーマンショック時にも全く影響を受けていません。 ブリティッシュアメリカンタバコ BTI のBPSとEPS EPSはこの10年でおよそ2.5倍になっています。 IRによると、この10年で発行済み株式数の1割を自社株買いしており、そのためEPSも切りあがっています。 反面、BPSは伸びておらず、EPS重視の経営をしていることが見て取れます。 資本効率を考慮した、欧米らしい経営と言えます。 ブリティッシュアメリカンタバコ BTI の売上と営業利益 ブリティッシュアメリカンの売り上げと利益の推移 実は売り上げはこの10年さほど伸びていません。 これはブリティッシュアメリカンに限ったことではなく、タバコ業界全体に言えることです。 そのため、レイノルズアメリカンを買収したり、JTがフィリピンの地場企業を買収したり、買収で売り上げを補っています。 ブリティッシュアメリカンの2018年の売り上げの伸びはレイノルズアメリカンの買収効果ですね。 そもそもこの業界の旨味は高い営業利益率に基づいた、安定的な高配当にあります。 業界自体は成熟しており、面白みには欠けます。 しかし、競争がさほど激しくなく、しかもブランドが強く、固定客をつかめていることから業界の業績は安定的なことが多いです。 もっとも、前述のとおり電子たばこの登場、シェア獲得競争というのは業界地図と収益構造を塗り替える可能性はあります。 ブリティッシュアメリカンタバコ BTI のキャッシュフロー 最後にキャッシュフローです。 キャッシュフロー推移 比較的抑えられた投資CFがフリーCFの漸増を後押ししています。 ただし、先述の通り今後は電子たばこ関係の投資が増えると思われます。 フィリップモリスのアイコス、ブリティッシュアメリカンのグロー、JTのプルームテック、そしてJUULという4社の電子たばこのシェア争いが注目されます。 関連記事です。 こちらの記事はフィリップモリスです。 アルトリア含むフィリップモリス、ブリティッシュアメリカン、JTがタバコ業界における3強ですね。 フィリップモリスの米国内会社、アルトリアグループです。 フィリップモリスとの合併のうわさが絶えませんが、FDAの規制による株価への影響を見ると、分社化したのは良かったのかもしれませんね。 高配当株投資についての記事です。 月々のキャッシュフローを増やすということならば、こういう投資法になります。 tapazou.

次の

【米国株】ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)を買い増し

ブリティッシュ アメリカン タバコ 株価

こんばんは。 庶民派アラフォー弁理士です。 世界景気の減速に伴い株価は暴落すると囁かれていますが、そんな懸念とは裏腹に米国株式市場の最近の上昇ぶりには目を見張るものがあります。 特に、DVYやVYM等の高配当株系ETFの上昇が際立っているように思われます。 やはり、相場は悲観の中で生まれ懐疑の中に育つものです。 上昇相場の中で楽観論が出現したときがいよいよ手仕舞いのタイミングかと個人的には思っていますが、タイミングを見計らった売買は運の要素も大きいため、基本的には積立投資を継続することが肝要かと個人的には思います。 今回の記事では、絶賛下落中の不人気銘柄である タバコ銘柄の配当利回りについてご紹介したいと思います。 特に、今回の記事では、 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ BTI 、フィリップモリス PM 、日本たばこ産業 JT の三銘柄の配当利回りに注目したいと思います。 尚、これらの三銘柄についてはNISAを利用することで配当金課税(国内課税と現地課税)がゼロとなります。 JTについては国内銘柄となりますので当然となりますが、 BTIとPMについては現地課税がありません(例えば、通常の米国株ですと、米国課税分として10%が課税されます)。 また、タバコ製造会社は、多くの人々から忌み嫌われている一方で、 多額の研究開発費を必要としないため、極めて高い営業利益率を誇ります。 また、 これらの会社は、利益の大半を配当金や自社株買いにより株主に還元してくれるのです。 高配当銘柄であるタバコ銘柄は、ジェレミー・シーゲル教授の名著である「 株式投資の未来」でも紹介されているように、配当再投資によって 長期的には大きな利益を得ることができることが実証されています。 タバコ離れが顕著な状況を考えると今後はどうなるか不透明ですが・・・(そもそもこの不透明な状況が現在の株価下落の要因となっているのです)。 また、各タバコ会社は、商品の主軸を伝統的な紙巻たばこから加熱式たばこや電子たばこに徐々に移行しようとしています。 最近は、フィリップモリスとアルトリアとの合併話の協議が話題となりました。 過去を振り返ると、アルトリアとフィリップモリスは元々は一つの会社だったのですが、米国でのタバコ関連訴訟が当時頻発していたため、米国市場を管轄するアルトリアと、米国以外の世界市場を管轄するフィリップモリスに2008年にそれぞれ事業分割されました。 今回の両社の合併話には、タバコ離れ等の最近のタバコ業界の不透明な状況が背景にあります。 JTの株価推移 yahoo financeより引用 JTの配当金と増配率の推移 JTの配当利回りの推移 JTの配当金の増配率は2011年から驚異的に増加していた一方で、今年の増配率は僅か2.7%となります。 また、2016年までは同社の配当利回りは3%付近で推移していたものの、2017年以降の同社の株価の下落に伴い配当利回りが急激に上昇しております。 現在の同社の配当利回りは6.5%となり、PMやBTIと比較しても遜色のない配当利回りとなっております。 まとめ 今回はタバコ銘柄の配当金と配当利回りの推移について簡単にご紹介させて頂きました。 ここ数年のタバコ銘柄の株価の下落に伴い 配当利回りが急激に上昇していることが理解できます。 確かにタバコ離れによる業界の将来的な衰退が懸念事項となり、これらの銘柄を買いにくい状況もあります。 しかしながら、タバコ銘柄の最大の魅力は営業利益率の高さと積極的な株主還元にあります。 現在の株価は十分に割安であるように思われるため、今後の動向に注目したいところです。

次の

ブリティッシュアメリカンタバコBTIは配当・株価に注目したい銘柄

ブリティッシュ アメリカン タバコ 株価

他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 保存したアイテムを参照してください。 保存したアイテムを参照してください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。 金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。 22,512. 55 -730. 05 -2. 39 -88. 48 -0. 65 -0. 15 -0. 20 -0. 52 -1. 900 -0. 050 -0. 45 -0. 25 -0. 72 -0. 53 -2. 38 -1. 62 -0. 17 -0. 04 -0. 75 0. 00 0. 27 -0. 03 -0. 46 -0. 05 -0. 5 -61. 5 -0. 0 0. 0 0.

次の