俺ガイル ss 八幡 アンチ。 ワールドトリガー×俺ガイル

俺ガイルの比企谷八幡は平成のアンチヒーローだった。

俺ガイル ss 八幡 アンチ

45 相模「あいつほんとうざいよねー!」アハハ 八幡 文化祭で完全に俺を敵と認識したらしい。 今も俺を見て笑っているが目元がピクピクと引きつっている 生徒「そ、そうだねー」 八幡 おいおい、クラスメイト引いてんじゃねぇか。 vip2ch. 00 八幡「お前もほら、あれだ。 友達が待ってるだろ。 俺と違って忙しいんだからさっさと行けよ」 相模「………」 八幡 あ、めんどくさい事を考えてそう 相模「あー、そういう事。 あんたってボッチでキモイからウチの事を嫉妬してんだ」ヒクヒク 八幡「はぁ……?」 八幡 こいつ目もとの筋肉千切れるんじゃねぇか? 相模「いるよねー。 そういうキモイ事考える奴。 ほんとキモすぎ」クスクス 八幡 クスクスとか笑ってる振りして瞳には怒気しかこもってないんですけど 相模「ほんと気持ち悪いからやめてくれます?」 八幡 あー、ほんとこいつが男だったら殴りたい。 33 後日、日曜日。 小町「ふーん、それで謹慎処分になったんだ」 八幡「最悪だ。 52 八幡 そうか、俺は小町の事を考えずにとんでもない事をしたんだな…… 八幡「………」 八幡「………」 八幡「………」つスマホ 八幡「………」プルプル 八幡「……だ、ダメだ。 由比ヶ浜に相模のアドレスを教えてくれなんて言えない……」ハァ… 八幡「……明日、明日メールしよう」 一週間後。。。 36 廊下。 八幡 意外にも、学校内で俺の評判は変わっていなかった。 いや、元から地の底なのはそうなのだが、もっとこうジロジロ顔を見られたり、コソコソと陰口叩かれたりするものかと思ってた 八幡 まぁ、教室まで同じとはいかないだろうけど 結衣「ヒッキー!」 八幡「由比ヶ浜?」 結衣「……おはよ。 39 屋上 結衣「あのさ、さがみんの事だけど……」 八幡「あー、あれか? 怒り狂って阿修羅像にでもなったか?」 結衣「茶化すなしっ」ベシッ 八幡「お、おう……」 結衣「さがみんね、ちょーっとマズイ事になってるんだぁ」 八幡「……どういう事だ?」 結衣「ヒッキーに叩かれたでしょ? あれ以来、授業中とかでも急に泣き出す事があってさ。 情緒不満ってやつ?」 八幡「情緒に不満を持ってどうする。 不安定だろ」 結衣「そうそれ。 情緒不安定になってて、それで……」 八幡「俺の事を見て泣きだすかもしれないって?」 結衣「それだけならいいんだけど……」 八幡「……?」 結衣「優美子ってハッキリしてるタイプじゃん?」 八幡 何故ここで三浦の話が? 結衣「前々からさがみんのヒッキーに対する態度に苛立ってたんだけどさ。 あ、ヒッキーが好きって意味じゃないよ。 06 結衣「具体的に何かするって訳じゃないんだけどね。 だからイジメって言えるかどうかも分かんないし」 八幡「……?」 結衣「ただ、優美子が定期的に言うの。 誰かの所為でクラスの雰囲気が最悪って」 八幡「言いそうだな」 結衣「最初は誰の事を言ってるか分からなくて、でもさがみんが自分から聞いちゃって……それで」 八幡「お前の事だって言ったのか」 結衣「それ以来、前までさがみんと仲良かった子達がさがみんの事を避けたりするようになって」 八幡「より悪い雰囲気になったと言う訳か」 結衣「うん」 八幡「葉山は? そんな時の為にあいつがいるだろ?」 結衣「ヒッキーが謹慎になってる時にいろはちゃんと優美子に告白されて、どっちも振ってからギスギスしてるの」 八幡 その所為で三浦の相模に対する当たりがキツくなった……と 結衣「だからヒッキーは……ヒッキーは…」 八幡「余計な事をするなって?」 結衣「そ、そうじゃない! そうじゃなくって!」 八幡「心配すんな。 俺はいつも通りやるだけだ」 結衣「……そうじゃないよ。 02 葉山「もっと大人になれよ! 他人の事を考えろよ! 高校生活ぐらいで人の人生を壊して言い訳がない!」 八幡 欺瞞だ。 お前も他人に空気を読む事を強要してきた。 直接じゃなくても、立ち場と言い方で従わざるを得なかった人間は多数いる。 36 三浦「ほら相模謝罪しろし」 相模「う、ウチは悪くない」 三浦「大体、冷静に考えれば文化祭のだって逃げ出したのあんたじゃん」 相模「っ!」 三浦「普通にあーしら迷惑かかったんだけど」 相模「ご、ごめっ 三浦「いやヒキオに謝罪しろし」 相模「………」 八幡 これ謝罪受け入れたら相模が一方的に悪いと言う事になってしまう 八幡「………」 八幡 たしかに相模の俺に対する態度は悪かった。 85 八幡「……ち、違う」 三浦「は?」 八幡「どんな理由があるにせよ。 殴ったのは俺だ。 俺が悪い」 三浦「………」イラッ 相模「比企谷……」 八幡「………」スッ 生徒達「「!!」」ザワッ 結衣 ひ、ヒッキーが土下座!? 八幡「本当は謹慎中に謝罪しようと思っていた。 けど、先延ばしにしてしまった。 37 相模「う、ウチも……ごめん。 98 この世界は遊びじゃない。 ラノベみたいなテンプレイベントが起きる事もなければ、些細な事で喧嘩をする。 少し間違えればイジメに発展するし、それは簡単に解決したりはしない。 けれど。 皆がほんの少しの勇気を出しただけで世界は変わる。 小さな変化かもしれない。 他人にとっては下らないモノかもしれない。 それでも俺達にとっては大きな前進で、大切なホンモノだ。 相模「ほんとウチって嫌な奴だったよね」 八幡「顔が引きつりすぎて怖かった」 相模「それは比企谷の顔がむかつ」ドサッ 八幡「あ」ボコーッ おち。 28 数カ月後。 イジメチョコか?」 相模「ほんとムカつく!」 八幡「トリュフか。 26 八幡「……美味いな」モグモグ 相模「ほんと?」 八幡「由比ヶ浜のチョコと比べたら月とスッポンだ」 相模「は?」 八幡「え?」 相模「結衣のチョコ?」 八幡「石と言っても過言じゃなかったけど」 相模「ふ、ふーん、そうなんだ。 落ちついて聞け」 相模「……うん」 八幡「由比ヶ浜のチョコは友チョコだ。 あれが友チョコなんだからお前らのは友チョコというより試食だな」 相模「ほ、ほーる!?」 八幡「いろはすに至ってはほっぺたにチョコ塗って、『はい、私を食べてください先輩! 勘違いしないでくださいね。 vip2ch.

次の

ワールドトリガー×俺ガイル

俺ガイル ss 八幡 アンチ

雪乃ちゃんたちに真実を突き詰めて家を出た私は 次に比企谷くんの妹である小町ちゃんに電話を掛ける 陽乃「もしもし小町ちゃん?今から家にお邪魔してもいいかな?」 小町「いいですよ、どうぞ」 そういった彼女の声はいつものような元気いっぱいのはきはき した感じではなく暗く、沈んだ声をしていた。 彼女の家に着くと小町ちゃんが丁度家から出てきてくれた 陽乃「ごめんね、夜分遅くに」 小町「いえいえ、けどいいんですか?お母さんとお父さんが 家にいますけど」 陽乃「うんうん。 むしろそっちの方が都合がいいよ」 小町「じゃあこんなところではなんですからどうぞどうぞ」 リビングに案内され、リビングに入るとそこはまるで重力が 違うんじゃないかと疑うほど重い空気が漂っていた 比企谷母 以下母 「あら、初めまして。 八幡の母です」 比企谷父 以下父 「俺は八幡の父親だ。 初めまして」 陽乃「初めまして、雪ノ下陽乃と言います。 今日お邪魔させて もらったのは息子さんの比企谷くんについて お話があるからです」 母「!・・・。 、八幡に一体何が!」 父「お話、聞かせてくれ」 陽乃「はい、では・・・」 [newpage] 比企谷くんは高校の入学式の日、事故にあいました。 それによって友達を作ることができませんでした。 しかし、友達がいないながらも一年間 何事もなく平和な日々を過ごしていました。 そんなある日彼は2年担任である女性に 「人格矯正」という名でとある部活に入れさせられました。 「奉仕部」 彼はそこでとある二人の女の子と出会いました。 一人は成績が優秀ながらもこの世界が嫌いな強い芯を持つ子。 一人は優しい心でいろんな人に合わせてしまう子。 三人の奉仕部で彼は様々な問題を解決していきました。 そして自分を知り、それでも自分から逃げていかない二人と 学校を過ごすうちに彼は奉仕部という場所を大切な場所と 感じるようになっていった。 そんな中で彼らのもとにまた新しい問題が現れた。 「告白の成功の手伝いをしてほしい」 その依頼は彼にとって苦手な分野だった。 人の感情が重要となる告白、それは今まであまり 喜びの感情を得てこなかった彼の心にはぴんと来なかった。 そのうえ失敗する確率が高い、というよりほとんど 失敗することが分かっていたため受けたくなかった。 しかし二人が依頼を受けると言ってしまい依頼遂行に 向けて話し合いをしている途中さらに問題が発生した。 告白をしようとしていた相手が奉仕部を訪ねてきた。 彼女は二人に気づかれないように彼に依頼をした 「告白を止めてほしい」 それを聞き彼はより一層この二つの依頼を完遂させる手段が 減っていった。 そして二人が告白をどう成功させようか悩む中、 彼は二つの依頼をどう解決させるか頭を悩ませた。 しかし解決するような手はたった一つしか浮かばなく 無情にも時間が過ぎその時がやってきた 彼の中に残された手はたった一つ、そしてその方法は 決して認められない。 その方法を彼はとった。 「ずっと前から好きでした。 俺と付き合ってください」 告白をしたいといった少年には彼女にそんな意思はないと 分からせ、告白を止めてほしいといった彼女には告白を させないようにした その結果二つの依頼は完遂された 彼が奉仕部の二人のもとへ戻ると帰ってきたのは 否定の言葉だった 「あなたのやり方、嫌いだわ」 「もっと人の気持ち考えてよ!」 その後いじめが始まった。 廊下を歩けば噂を聞いた少年少女たちが彼を見て嘲笑する 教室では校舎裏に来いと言われ彼はリンチされた 家に帰れば喧嘩をした妹に無視をされた 唯一の場所である奉仕部は自分を否定する 彼の心は折れていった、だれにも頼ることもできず。 そして彼は完全に折れた。 [newpage] 陽乃「これがすべてです」 母「八幡が・・・」 父「あのバカは・・・」 小町「私のせいで!おにいちゃんが!」ぽろぽろ 三人はうつむく。 しかし私は言いたいことがあってここに来た 陽乃「小町ちゃん、あなたは比企谷くんに甘えてたんだよ」 小町「わたしが・・・?」 陽乃「そ。 あなたは心のどこかでお兄ちゃんだから!とか お兄ちゃんなら!とか思っていた。 今回も 喧嘩をしたとき私は悪くない、お兄ちゃんが悪いって 比企谷くんに勝手な幻想を抱いていた。 けど比企谷くんだって一人の人間。 隠し事も秘密もある。 あなたは彼のそういうところを 都合のいいように見ていた」 父「お、おいおい何もそこまで・・」 陽乃「お父様、あなたは彼の卒業式に行きましたか?」 父「いやいっていない。 仕事が忙しくてな」 陽乃「お母様は?」 母「・・・私も行っていないわ」 陽乃「なら小町ちゃんの式には?」 父「いった。 有給をとってな。 小町のために」 陽乃「面倒なのでははっきり聞きます。 あなたは比企谷くんに愛情を注いでいましたか?」 父「誰があいつに。 小町がいるから必要ない」 陽乃「どうして!?彼の何がいけないの!?」 父「あいつは不愛想で全然かわいくなかったからだ!」 陽乃「あなたの息子でしょう!なぜ差別するんですか!?」 父「俺は!「もうやめて!!」」 母「もうやめて!・・・、私たちがいけなかったの。 」 父「何を言っている!俺たちはしっかり世話を見たぞ!」 母「わたしなら愛のない世話を受けるならいっそ保健所にでも 行ったわ!」 父「!」 母「愛情がないなんて嬉しくないわ。 私たちは八幡になんにも してあげられなかった。 ただお金を出して生活に 最低限必要なことしかしてなかった」 父「十分だろう!それだけやってやれば」 母「小町には何でもしてあげて八幡にはたったのそれだけよ! 私たちは親として以前に人として最低なことをしたの!」 父「・・・」 母「八幡がいくら不愛想だからって私たちは二人目の子供 生んだ。 そして小町ができてからはあの子は蚊帳の外だった。 旅行にだって碌に連れてっていない、小町とは何度も 行っているのに。 」 陽乃「ここからはそちらだけの話になりそうなので 私はこのへんで失礼しますがひとつ、覚えておいてください」 「あなたたちも比企谷くんを殺した一人だということを」 [newpage] [chapter:あとがき] どうもSmileです。 今回続きを希望する人が多かった比企谷八幡の自殺の続きを書きました。 前回ランキング6位?だったかな?人気の作品と言えるものには なったんではないでしょうか。 もし今回もランキング上位に入り続きの希望が多くなった場合 また過去に戻った陽乃と八幡の話、書こうとは思っています。 しかし学校も新しく始まったばっかりで中々投稿は難しいとは思います。 といっても今回みたいな駄文は誰でも作れる気がしますが・・・。 ここで話が変わりますが現在とあるオリジナルストーリーを構成中なんですが 皆さん読みたいと思いますかね?コメントしていただけると幸いです。 あとあと誰か僕のトップの絵?書いてもらえたりしませんかね~ ではではこの辺で。

次の

『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺ガイル ss 八幡 アンチ

45 相模「あいつほんとうざいよねー!」アハハ 八幡 文化祭で完全に俺を敵と認識したらしい。 今も俺を見て笑っているが目元がピクピクと引きつっている 生徒「そ、そうだねー」 八幡 おいおい、クラスメイト引いてんじゃねぇか。 vip2ch. 00 八幡「お前もほら、あれだ。 友達が待ってるだろ。 俺と違って忙しいんだからさっさと行けよ」 相模「………」 八幡 あ、めんどくさい事を考えてそう 相模「あー、そういう事。 あんたってボッチでキモイからウチの事を嫉妬してんだ」ヒクヒク 八幡「はぁ……?」 八幡 こいつ目もとの筋肉千切れるんじゃねぇか? 相模「いるよねー。 そういうキモイ事考える奴。 ほんとキモすぎ」クスクス 八幡 クスクスとか笑ってる振りして瞳には怒気しかこもってないんですけど 相模「ほんと気持ち悪いからやめてくれます?」 八幡 あー、ほんとこいつが男だったら殴りたい。 33 後日、日曜日。 小町「ふーん、それで謹慎処分になったんだ」 八幡「最悪だ。 52 八幡 そうか、俺は小町の事を考えずにとんでもない事をしたんだな…… 八幡「………」 八幡「………」 八幡「………」つスマホ 八幡「………」プルプル 八幡「……だ、ダメだ。 由比ヶ浜に相模のアドレスを教えてくれなんて言えない……」ハァ… 八幡「……明日、明日メールしよう」 一週間後。。。 36 廊下。 八幡 意外にも、学校内で俺の評判は変わっていなかった。 いや、元から地の底なのはそうなのだが、もっとこうジロジロ顔を見られたり、コソコソと陰口叩かれたりするものかと思ってた 八幡 まぁ、教室まで同じとはいかないだろうけど 結衣「ヒッキー!」 八幡「由比ヶ浜?」 結衣「……おはよ。 39 屋上 結衣「あのさ、さがみんの事だけど……」 八幡「あー、あれか? 怒り狂って阿修羅像にでもなったか?」 結衣「茶化すなしっ」ベシッ 八幡「お、おう……」 結衣「さがみんね、ちょーっとマズイ事になってるんだぁ」 八幡「……どういう事だ?」 結衣「ヒッキーに叩かれたでしょ? あれ以来、授業中とかでも急に泣き出す事があってさ。 情緒不満ってやつ?」 八幡「情緒に不満を持ってどうする。 不安定だろ」 結衣「そうそれ。 情緒不安定になってて、それで……」 八幡「俺の事を見て泣きだすかもしれないって?」 結衣「それだけならいいんだけど……」 八幡「……?」 結衣「優美子ってハッキリしてるタイプじゃん?」 八幡 何故ここで三浦の話が? 結衣「前々からさがみんのヒッキーに対する態度に苛立ってたんだけどさ。 あ、ヒッキーが好きって意味じゃないよ。 06 結衣「具体的に何かするって訳じゃないんだけどね。 だからイジメって言えるかどうかも分かんないし」 八幡「……?」 結衣「ただ、優美子が定期的に言うの。 誰かの所為でクラスの雰囲気が最悪って」 八幡「言いそうだな」 結衣「最初は誰の事を言ってるか分からなくて、でもさがみんが自分から聞いちゃって……それで」 八幡「お前の事だって言ったのか」 結衣「それ以来、前までさがみんと仲良かった子達がさがみんの事を避けたりするようになって」 八幡「より悪い雰囲気になったと言う訳か」 結衣「うん」 八幡「葉山は? そんな時の為にあいつがいるだろ?」 結衣「ヒッキーが謹慎になってる時にいろはちゃんと優美子に告白されて、どっちも振ってからギスギスしてるの」 八幡 その所為で三浦の相模に対する当たりがキツくなった……と 結衣「だからヒッキーは……ヒッキーは…」 八幡「余計な事をするなって?」 結衣「そ、そうじゃない! そうじゃなくって!」 八幡「心配すんな。 俺はいつも通りやるだけだ」 結衣「……そうじゃないよ。 02 葉山「もっと大人になれよ! 他人の事を考えろよ! 高校生活ぐらいで人の人生を壊して言い訳がない!」 八幡 欺瞞だ。 お前も他人に空気を読む事を強要してきた。 直接じゃなくても、立ち場と言い方で従わざるを得なかった人間は多数いる。 36 三浦「ほら相模謝罪しろし」 相模「う、ウチは悪くない」 三浦「大体、冷静に考えれば文化祭のだって逃げ出したのあんたじゃん」 相模「っ!」 三浦「普通にあーしら迷惑かかったんだけど」 相模「ご、ごめっ 三浦「いやヒキオに謝罪しろし」 相模「………」 八幡 これ謝罪受け入れたら相模が一方的に悪いと言う事になってしまう 八幡「………」 八幡 たしかに相模の俺に対する態度は悪かった。 85 八幡「……ち、違う」 三浦「は?」 八幡「どんな理由があるにせよ。 殴ったのは俺だ。 俺が悪い」 三浦「………」イラッ 相模「比企谷……」 八幡「………」スッ 生徒達「「!!」」ザワッ 結衣 ひ、ヒッキーが土下座!? 八幡「本当は謹慎中に謝罪しようと思っていた。 けど、先延ばしにしてしまった。 37 相模「う、ウチも……ごめん。 98 この世界は遊びじゃない。 ラノベみたいなテンプレイベントが起きる事もなければ、些細な事で喧嘩をする。 少し間違えればイジメに発展するし、それは簡単に解決したりはしない。 けれど。 皆がほんの少しの勇気を出しただけで世界は変わる。 小さな変化かもしれない。 他人にとっては下らないモノかもしれない。 それでも俺達にとっては大きな前進で、大切なホンモノだ。 相模「ほんとウチって嫌な奴だったよね」 八幡「顔が引きつりすぎて怖かった」 相模「それは比企谷の顔がむかつ」ドサッ 八幡「あ」ボコーッ おち。 28 数カ月後。 イジメチョコか?」 相模「ほんとムカつく!」 八幡「トリュフか。 26 八幡「……美味いな」モグモグ 相模「ほんと?」 八幡「由比ヶ浜のチョコと比べたら月とスッポンだ」 相模「は?」 八幡「え?」 相模「結衣のチョコ?」 八幡「石と言っても過言じゃなかったけど」 相模「ふ、ふーん、そうなんだ。 落ちついて聞け」 相模「……うん」 八幡「由比ヶ浜のチョコは友チョコだ。 あれが友チョコなんだからお前らのは友チョコというより試食だな」 相模「ほ、ほーる!?」 八幡「いろはすに至ってはほっぺたにチョコ塗って、『はい、私を食べてください先輩! 勘違いしないでくださいね。 vip2ch.

次の