顔タイプ診断 8タイプ 自己診断。 本当に似合うのは何かがわかる顔タイプ診断で素敵になろう!|feely(フィーリー)

【プロ監修】セルフ顔タイプ診断!各顔タイプの特徴・似合うテイストを徹底解説

顔タイプ診断 8タイプ 自己診断

そもそも顔タイプ診断とは もし 「この人に似合う服を一緒に探して!」 と誰かに写真を見せられたときに一番は何を見ますか? 肌の色?髪の色?それとも体型? …ではなく、多くの人は 「顔を中心とした雰囲気」を見るかと思います。 そのぐらい顔や雰囲気はその人に似合うものを決めるにあたって重要なポイントです。 基本的に 子供顔の人は目と目が離れていて、下重心、眉~口までの距離が狭く 大人顔の人は目と目の距離が近く、上重心、眉~口までの距離が広め 画像を見ても輪郭は一緒なのにパーツの位置が違うだけで 左の人は子供っぽく、右の人は大人っぽく見えるのがわかるかと思います。 子供顔の人は柔らかい素材、小ぶりなものなどが似合いやすく 大人顔の人は固めの素材、大ぶりなものなどが似合いやすいです。 基本的に 曲線顔の人は小鼻が出ていて丸みがある、頬位置が高く丸みがある、唇が厚いなど 直線顔の人は小鼻の主張がそこまでなく、頬位置が低くコケやすく、唇が薄いなど 画像を見ても輪郭は同じでパーツを変更しただけですが 左の人は柔らかい雰囲気、右の人はしっかりした雰囲気が出ているのがわかります。 曲線顔の人は丸いものやフリルなどの曲線を感じるアイテムが似合いやすく 直線が尾の人は四角いものや金属などの直線を感じるアイテムが似合いやすいです。 そんな私の診断 今回お世話になったのはの望月まい先生! ソフトエレガントと大人顔の先生なのですが、終始ニコニコしている先生でとっても可愛らしい印象も受ける先生でした。 顔タイプは個人が感じた印象を伝えるものではなく しっかりと定規で測って診断していただけるので、最初は撮影からスタートでした。 そんな中、望月まい先生の診断は単純な数値だけではなく 表情の作り方や話し方、声のトーンなども加味して診断をしてくださる先生です。 結果は キュート寄せできるフレッシュ! 特に私は常に口角が上がっている人間なので、真顔のときと他の人と喋っているときでかなり印象が違うようで、先生には真顔の写真と実物の私を見比べられながら 「印象が大分…違いますね…」と言われました。 実際に自分の写真と服の写真と合わせるクソコラのようなことを行うのですが フェイスマッチといいます 確かにガチガチのフレッシュの服と合わせると部屋着感が出てしまったり、なんだか顔が寂しく感じたりしたのですがキュートの服の中でも少しフレッシュ寄りのカジュアル感があるものを合わせるとスッキリと可愛く見える気がしました。 私や店員さんが感じていた似合わない違和感がこの2つのズレによるものだということが判明しました。 先生には事前にパーソナルカラーと骨格を伝えていたのですが、 わかりやすいストレートタイプな私… ポイントは ・骨格ストレート特有の首の短さをカバーするために襟元は鎖骨より下まで空いているものを ・アイテムのテイストはフレッシュ~キュートで、シルエットは骨格ストレートが得意なIラインを意識 とのことでした。 確かに自分が似合う、と思っている持っている服の特徴は胸元がしっかり空いていて曲線要素のあるアイテムでした。 骨格ストレートのアイテムだけでファッションを構成すると違和感になり 曲線要素のアイテムだけで構成すると太く見えてしまう原因がわかり、着こなしのポイントがやっとこさ言語化されました。 タイトスカートを着るならトップスに曲線のものを• 髪はストレートよりも軽くパーマを。 しかしパーマやりすぎは違和感になるのであくまで軽く• 顔タイプキュートは暖色のイメージなので寒色よりも暖色で• 他にもたくさん言いたいことはあるのですが、 パーソナルカラーと骨格とあっているはずの服なのに違和感ある人は顔タイプはちぐはぐなのかもしれないよ!というお話でした。 同じように悩んでいる方のヒントになれば嬉しいです。

次の

パーソナルカラー×骨格診断だけの違和感を解決する顔タイプ診断を受けてきた

顔タイプ診断 8タイプ 自己診断

今ではいろいろなファッション雑誌で顔タイプ診断の特集が組まれていますよね。 その中に自己診断できる項目もついています。 オンラインサロンへお申込み希望だったのですが、まずはMさまの顔タイプがどれなのかハッキリさせましょうということでオンライン診断を先に、の流れになりました^^ お写真2枚お借りし、(撮影のポイントなど結構細かく指示になりますが)お写真を元にこちらで計測、診断してみると顔タイプフェミニンという結果になりました。 自己診断とアドバイザーが診断する差はどこから生まれる?? 実は、どこの雑誌でもお顔の形状だったり、パーツ特徴の多い少ないを答える選択肢はありますが、「計測」までは入っていません。 計測により、きちんとしたエビデンスが取れて大人顔か子供顔かがハッキリわかります。 そこから目や鼻、口、眉毛、おでこ、フェイスラインの特徴を見る作業に入ります。 私のところへいらっしゃるお客様は既に3割くらいが何らかの媒体で自己診断、もしくは他で顔タイプ診断をされている小柄お客様がいらっしゃいます。 例えばご自身ではおでこは横からみたら曲線になっている、直線になっている、 顔全体が中高である、平たい、 目ヂカラがある、ないなどなど自己で思っているところとアドバイザーが客観的に見てどう感じるか。 (観ている人数も全然違ってきます)ここに差が生まれてくるのかもしれませんね。 じゃあ、雑誌にある診断項目は無駄!? 完全無駄、とは言えないですが私的にはものすごくお顔の特徴がハッキリしている方は自己診断でもやり易いと思うので参考にはなると思います。 ですが、こことここ、う~ん、どっちなんだ!と感じるのであればまずアドバイザーにしっかり診断してもらい、ご自身でも納得されていて勉強としての目線で雑誌を見ることをおススメします。 その方がスッキリしますし、何より似合う洋服を探す、着こなすことを考える時間が圧倒的に楽になりますし、その先に進むスピードと精度が違ってきます^^ 自己診断で本当に当てはまってるのか!?これ果たして似合ってると言えるのか!?とご心配な方はI様のようにオンラインサロンでいろいろなアイテムの似合わせ相談、コーデ相談もできます^^ ご興味ある方はこちらも.

次の

【プロ監修】セルフ顔タイプ診断!各顔タイプの特徴・似合うテイストを徹底解説

顔タイプ診断 8タイプ 自己診断

外見はその人を表すパッケージデザインで、印象も左右します。 顔 外見 のイメージに合わないものを着ていたりすると、それは違和感として見る人の印象に刻まれてしまいます。 反対に、外見のイメージに合っているものを着ていると、「自分のことを知っていて、自信のある人」「おしゃれで魅力的な人」に見えます。 自分自身に似合う服や髪型がわかっている人は、生まれ持っている魅力を生かすことができるので、素敵見え好印象になるのです。 子供タイプなので、エレガントに大人っぽくするよりは、キュートやガーリーなテイストが似合います。 長くするほどおとなしい印象になるので、その場合は前髪を作ったり、ラフなまとめ髪にしたりすることで、軽やかな子供要素が加わり、バランスが良くなります。 お団子ヘアも似合います。 前髪はまっすぐ切り揃えるのも、斜めに流すのも、おでこを出すのも得意です。 [ シルエット] 丸みのあるふんわりとしたシルエットが似合います。 シャギーやレイヤーがたくさん入った直線的なデザインや、ワンレングスの前下がりボブなど、クールなヘアスタイルは苦手です。 ただこのタイプはパーツが大きいので、大人っぽさもあるのが特徴。 シンプルながらどこかに曲線のある服、そしてカジュアルさがあることが魅力を引き出すポイント。 [ 長さ] キュートタイプと同様、ショート~肩につかないくらいのボブが1番おススメ。 ふんわり柔らかな質感、つくり込み過ぎないスタイルがマッチします。 シャギー・レイヤーがたくさん入ったスタイルや、ワンレングスのロングヘア、ワ前下がりボブなどクールなスタイルは、ゴージャスで大人っぽい巻き髪スタイルは苦手。 どこかにカジュアルな要素を取り入れることでより一層魅力が出ます。 ロングヘアよりも肩前後の長さの方が魅力を発揮できます。 基本的に前髪を作るのが似合いますが、大人っぽくしたい場合は前髪をなくすのも。 斜めに流すのも良いでしょう。 [ シルエット] 直線を感じるシルエットが似合います。 パーマはかけ過ぎると違和感がでるので、かける場合はナチュラルなウェーブか、毛先が外ハネのスタイルがおススメ。 セミロングの場合もストレートか、少し内巻き程度がよく似合います。 直線タイプなので、曲線的な可愛らしいテイストは苦手。 それよりも直線的なクールなテイストやシンプルなデザインが得意。 [ 長さ] ショート~セミロングの短めの長さがおススメ。 ロングヘアよりも肩前後の長さの方が魅力を発揮できます。 [ シルエット] 直線を感じるスタイルが似合います。 パーマはかけ過ぎると違和感がでるので、かける場合はナチュラルなウェーブか、外ハネ、少し内巻き程度がおススメ。 さりげなくアシンメトリーにした前髪も似合います。 一方でゴージャスな大人っぽい巻き髪は苦手です。 [ シルエット] 丸みのあるシルエットがマッチします。 巻き髪やパーマなど、曲線のあるスタイルは華やかさが増し、よく似合います。 反対にシャギーが多く入ったデザインや外ハネボブなど、直線的なスタイルは苦手です。 直線と曲線の両方を合わせ持つタイプなので、どちらの要素が多いかによって似合う服に幅があります! 直線がより多い人はシンプルでクールに近いもの、曲線がより多い人はフェミニンに近いものが似合います。 [ 長さ] ショート~セミロングがおススメ。 ショートの場合サッパリとした印象になりやすいので、少し長くして女性らしさを加えるとバランスが良くなります。 前髪はあってもなくても良いですが、つくる場合は斜めに流すと大人っぽさがでます。 [ シルエット] 直線を感じるシルエットか、適度なウェーブのあるシルエットがマッチします。 ボブ~セミロングくらいの内巻きスタイル、コンサバティブで上品なスタイルが似合います。 前髪は斜めに流すか、前髪がないスタイルがおススメ。 前髪をまっすぐに切り揃えるのは苦手です。 直線がより多い人はシンプルでクールに近いもの、曲線がより多い人はフェミニンに近いものが似合います。 ショートの場合サッパリとした印象になりやすいので、長くして女性らしさを加えるとバランスが良くなり、美人度が増します。 ふわふわし過ぎた感じや、クルクルと曲線の強い可愛らしいスタイルは苦手。 前髪は斜めに流すか、前髪がないスタイルがおススメ。 前髪をまっすぐに切り揃えるのも苦手です。 ショートの場合は男性的なカッコイイ印象になるタイプです。 長くすることで女性らしさを加わり、美人度がUPします。 ストレートの前下がりボブや、大きめのウェーブの巻き髪スタイルで華やかさを演出するのも良いでしょう。 反対にふわふわし過ぎた感じや、クルクルと曲線の強い可愛らしいスタイルは似合いません。

次の