免許更新 神奈川県証紙。 運転免許更新に関するQ&A

神奈川県収入証紙販売所のご案内

免許更新 神奈川県証紙

1 はじめに(講習受講前にお読みください) 使用者(事業主等)は、安全運転管理者等が効果的な安全運転管理、交通安全教育等を行うため、公安委員会が行う講習(法定講習)を受けさせなければなりません(道路交通法第74条の3第8項)。 法定講習は、毎年度1回、安全運転管理者は6時間、副安全運転管理者は4時間受講することになっています(道路交通法施行規則第38条第1項第3号)。 会場収容人員及び地域の情勢を踏まえた講習内容に配慮しておりますので、可能な限り指定された会場での受講をお願いします。 やむを得ず、指定され会場で受講できないときは、会場を変更して受講してください。 (会場変更するときは、事前予約・連絡等の必要はありません。 ) 2 受付の要領等• 受講票(郵送された講習通知書の2枚目)を提出してください。 受講票に記載されている管理者名、事業所名等に変更がある場合は、受講票の備考欄に新管理者名等を記載してください。 神奈川県収入証紙をお持ちでない方は、申し出てください。 身分証明資料(運転免許証、保険証等)を提示してください。 受付終了後、講習会場に入場して着席してください(席の指定はございません。 3 注意事項等• 受付時間を厳守してください。 指定された会場以外で受講する場合、事前の予約・連絡等は必要ありません。 直接、受講する会場に赴き、「上記2」の要領で受付をしてください(講習実施日・会場の情報につきましては、順次当ホームページ「講習日程」を更新してまいります。 代理者による受講は、できません。 「上記2 2 」は、受付時に、受講票に記載された内容 公安委員会に登録されている内容 との相違を確認するためのものです。 変更内容につきましては、別途、事業所を管轄する警察署に届け出る必要があります(警察署に変更の届出を行わなければ、通知書の内容は変更されません。 「安全運転管理者講習通知書」及び「受講票」の記載内容は、発送日の概ね2か月前に公安委員会に登録されているデータに基づき印字されています。 すでに、変更届を警察署に提出されている場合でも変更前の登録内容で印字されている場合があります。 駐車設備のある会場にあっても、駐車台数に限りがありますので、公共の交通機関を利用してお越しください。 会場内でのスマートホン、タブレット、パソコン等の使用は禁止させていただきます。 また、ゴミは、各自お持ち帰りいただきますので、あらかじめご了承ください。 4 携行品等• 講習手数料は、神奈川県収入証紙で収めることになっております。 当該証紙をお持ちでない方は、当日会場で販売しますので購入してください。 講習受講票(講習通知書の2枚目)• 筆記用具• 身分確認できるもの(運転免許証など) 5 お問合せ• 変更手続・解任手続等の詳細及び安全運転管理者制度につきましては、事業所を管轄する警察署(交通総務係)にお問合せいただくか、神奈川県警察のホームページ()を参照してください。 講習の手続等に関しては、神奈川県安全運転管理者会連合会(TEL:045-367-4794又は)にお問合せください。

次の

神奈川県警察/運転免許証の更新手続について(警察署で更新する場合)

免許更新 神奈川県証紙

神奈川県公安委員会を経由しての更新手続について 他都道府県を住所地とする方が神奈川県の運転免許センターで更新 住所地発行の更新連絡書に 「優良運転者」で、かつ、経由申請ができる旨記載されている方は、運転免許センター(神奈川県公安委員会)を経由して、更新手続ができます。 (住所変更を同時に行い、更新手続をする場合、、、をご覧ください。 ) 受付 月曜日から金曜日 及び 日曜日(土曜日・祝日・休日・年末年始の休日を除く。 受付時間 午前8時30分〜午前10時30分 午後1時〜午後3時30分 (新しい免許証について郵送での受領を希望の方は、郵送手続を行う時間が別に必要ですので、受付時間には余裕を持って来場してください。 ) 必要書類・手数料等• 運転免許証• 更新連絡書(住所地の都道府県公安委員会発行)• 新しい免許証の受領方法• 郵送で受領する場合は、運転免許センターの窓口で申し込んでください。 (有料となります。 また、郵送を希望する方は、郵送手続を行う時間が別に必要ですので、受付時間には余裕を持って来場してください。 住所地の都道府県で受領する場合は、申請をした日から3週間を経過した日から免許証の有効期間の満了する日までに旧免許証と引換えに交付します。 交付の場所、曜日、時間については、住所地の都道府県公安委員会(免許センター等)へお問い合わせの上、手続をしてください。 その他• 手続には、4桁数字2組(8桁)の暗証番号が必要となりますので、事前に暗証番号を決めておいてください。 申請と同時に記載事項変更、再交付申請を併せて行うことはできません。 「高齢者講習」に該当する方で、今回の更新で「優良運転者」になる方も手続をすることができますが、高齢者講習終了証明書又は特定任意高齢者講習終了証明書が必要です。 住所地の都道府県公安委員会で改めて適性検査を実施する場合もあります。 「優良運転者」に該当する方の中で、身体の状態に応じた条件(視力・聴力に関する条件を除く。 )が付されている方、及び失効した免許を受けていた期間と次の免許を受けていた期間が継続していたものとみなされることにより「優良運転者」とされる方は、この手続はできません。

次の

神奈川県警察/運転免許業務のご案内

免許更新 神奈川県証紙

質問に対する答え 運転免許証更新に必要な書類等は下記(1)~(8)の通りですからお忘れないようご持参ください。 更新手続きに必要な書類等 (1)運転免許証(行政処分中の方は、運転免許停止処分通知書) (2)更新連絡書(お知らせ) 更新連絡書(誕生日の1ヶ月前頃に、神奈川県公安委員会から郵送されてくる。 )がない方(忘れた方、郵送されてこなかった方)は、試験場(警察署)窓口でその旨を申し出てください。 (3)免許証用(申請用)写真1枚 写真不要の場合 運転免許センターで更新する方と即日交付警察署(優良運転者、高齢者講習受講者、更新時講習免除者等)での更新手続きには原則として写真は不要です。 ・停止処分中に更新手続きをされる方免許証用写真 ・再交付と同時に更新手続きをされる方(ただし日曜日は、再交付申請はできません。 免許証用写真• 無帽、正面、上三分身(概ね胸から上)、 無背景• 撮影後6カ月以内のもの• 色付きのメガネレンズやスナップ写真では受付できません。 両目、顔がはっきりとわかる鮮明な写真を用意して下さい。 写真をお持ちでない方 更新場所(運転免許センター、警察署地区交通安全協会)で撮影することができます。

次の