振込手数料 北都銀行。 京銀ATM ご利用時間・ご利用手数料のご案内|店舗・ATMのご案内|京都銀行

北都銀行 年末年始2019

振込手数料 北都銀行

また預金残高や取引内容に応じたランクにより月最大15回まで他行あて振込手数料が無料になります。 優遇プログラム「スマートプログラム」 2016年1月よりスタート、2017年6月リニューアルした優遇プログラムです。 以前は一律だった手数料無料回数が、預金残高や取引内容に応じて手数料無料の回数が変わっています。 ランク2(他行宛振込手数料無料回数が月3回)までの条件は簡易で、ランク3も預金残高が300万で達成なので手が届かないというほどでもない。 ランク1(他行宛振込無料1回、ATM手数料無料2回) 条件なし ランク2(他行宛振込無料3回、ATM手数料無料5回) 以下のいずれか ・預金残高30万円以上 ・以下のいずれか2つに当てはまる。 外貨預金の残高あり 2. 仕組預金の残高あり 3. SBIハイブリッド預金の残高あり 4. 純金積立の契約あり 5. 給与・賞与・年金受取いずれかの振込あり 6. 目的・不動産担保ローンの借入残高あり 7. カードローンの借入残高あり(残高50万円以上だと2つ分にカウント) 8. デビットカードの利用が月1万円以上(3万円以上だと2つ分にカウント) 9. toto・公営競技月内入金2万円以上 ・30歳未満 ランク3(他行宛振込無料7回、ATM手数料無料7回) 以下のいずれか ・預金残高300万円以上 ・以下のいずれか3つに当てはまる。 外貨預金の残高あり 2. 仕組預金の残高あり 3. SBIハイブリッド預金の残高あり 4. 純金積立の契約あり 5. 給与・賞与・年金受取いずれかの振込あり 6. 目的・不動産担保ローンの借入残高あり 7. カードローンの借入残高あり(残高50万円以上だと2つ分にカウント) 8. デビットカードの利用が月1万円以上(3万円以上だと2つ分にカウント) 9. 新生銀行 【おすすめ その2】 「」は、少なくとも月1回までは、必ず振込手数料が無料になります。 預金残高・利用サービス度合によって無料回数が増える「新生ステップアッププログラム」という制度があります。 ( 月5回無料の条件なら比較的簡単です) 条件なし 「新生スタンダード」 月1回まで振込手数料が無料 (1回を超える場合は314円)。 振込手数料無料の月回数=5回になる条件 「新生ゴールド」 (5回を超える場合は210円): 円普通預金・パワー預金・2週間満期預金の月間平均残高が 100万以上、または預入れ総資産が 200万以上、または投信・仕組預金・外貨預金等の金融商品残高が 30万以上、または新生銀行スマートカードローンの借り入れが月間平均残高 100万以上 振込手数料無料の月回数=10回になる条件 「新生プラチナ」 (10回を超える場合は105円): 預入れ総資産が 2,000万円以上 または投信・仕組預金・外貨預金等の金融商品残高が 300万以上 または新生銀行の住宅ローン(パワースマート住宅ローン)利用 または 「Luxury Card(発行:アプラス)」(年会費が5万円と10万円の2種類)の引落し口座にしており、引落し金額が1円以上 GMOあおぞらネット銀行 【2018年7月開業】 「」では少なくとも月1回は他行宛て手数料が無料になるサービスを行っていましたが、2019年1月より始まる利用者優遇プログラム 「カスタマーステージ」によりサービス内容がグレードアップし、月当たり最大15回まで他行宛振込手数料が無料になります。 じぶん銀行 「」は、KDDIと三菱UFJ銀行(旧・三菱東京UFJ銀行)が共同で出資しているネット銀行。 2016年11月13日より、預かり残高や取引状況に応じた優遇プログラム「じぶんプラス」を開始、ステージが「じぶんプラス3」以上であれば他行宛て振込手数料が無料になり始めます。 残高や取引量に関係なく、 無条件で月2回までは他行宛て振込手数料が無料になります。 3回目からは1回あたり440円となります。 楽天銀行 「」(旧イーバンク)は、2015年11月に利用者優遇プログラム「ハッピープログラム」を改訂し、他行宛て振込手数料無料となる条件が残高に応じて増える制度となった為(今までは給与振込口座にする必要があった)使い勝手が向上しました。 「ハッピープログラム」の各グレードにより、ひと月当りの他行宛振込手数料無料回数が最大3回まで増えます。 とりあえず残高100万円まで預けることで月3回まで無料になります。 預金残高別の月当たり「振込手数料無料回数」の比較 住信SBIネット銀行・GMOあおぞら銀行・新生銀行・じぶん銀行・楽天銀行について、預金残高によって変わるステージに応じた「他行宛振込手数料」の月当たりの無料回数の違いを比較しました。 預金残高別の月の他行宛振込み手数料無料回数比較 条件 (預金残高) 無条件 10万円 以上 50万円 以上 100万円 以上 300万円 以上 2000万円 以上 1回 1回 3回 3回 7回 7回 1回 1回 3回 3回 7回 7回 1回 1回 1回 5回 5回 10回 0回 0回 1回 8回 15回 15回 2回 0回 1回 2回 3回 3回 3回 おすすめ 無条件で月1回まで振込手数料が無料になる。 取引内容に応じて最大15回まで無料。 とりあえず30万円預けていれば月3回まで無料。 コンビニATMも時間外手数料無料で使い勝手が良い。 無条件で月1回まで振込み手数料が無料になる。 取引内容に応じて最大10回まで無料。 とりあえず100万円預けていれば月5回まで無料。 コンビニATMも時間外手数料無料で使い勝手が良い。 その他銀行の振込手数料について 6 ソニー銀行: 2017年1月より新しい優遇プログラム「Club S」がスタート。 残高(主に外貨預金と投資信託の預かり残高)に応じた優遇ステージが設定されそれに応じて他行あて振り込み手数料の回数が変わります。 インターネット(三菱UFJダイレクト)なら三菱UFJ内の同一支店だけでなく他支店宛ての振込みまで無料。 なお三菱UFJ信託銀行および、じぶん銀行への振込は当行他店の扱いになる。 他のメガバンク(みずほ銀行、三井住友銀行)でも、同行同一支店宛てについては無料であるが、他支店宛ては有料となる。 「ゴールド」「プラチナ」グレードなら月20回まで他行あて振込手数料が無料。 本人名義宛てであれば、他行であっても振込手数料は回数制限なく無料。 但しキャッシュカードは発行されず出金・入金方は大和証券の証券口座からの振込みか、他の金融機関からの振込みが必要となり、通常の銀行と比べると特殊。 14 野村信託銀行(野村ホームバンキング) 野村ホームバンキング(インターネットバンキングサービス)の場合は、月10回まで無料(楽天銀行・新生銀行宛ては月2回まで)。 野村証券の口座を一緒に開設する必要がある。 キャッシュカードは発行されず、出金・入金は野村証券の証券口座からの振込みか、他の金融機関からの振込みが必要となる。 サービス内容は原則シティバンクを引き継いでいます。 1,000万円以上 プレスティアゴールド)の場合は無料 16 ゆうちょ銀行: インターネット(ゆうちょダイレクト)の用語は少々特殊で、送金パターンによって異なります。 なお1nanacoポイントあたり1円相当。 18 イオン銀行: 2018年4月より開始される優待プログラム「イオン銀行Myステージ(マイステージ)」では取引内容に応じて、以下のランクのステージが設定され、他行宛て振込手数料が月当たり最大5回まで無料になります。 プラチナ(スコア150点以上):他行宛振込手数料 月5回無料 ゴールド(スコア100点以上):他行宛振込手数料 月3回無料 シルバー(スコア50点以上):他行宛振込手数料 月1回無料 ブロンズ(スコア20点以上):他行宛振込手数料 月0回無料 なし(スコア20点未満):他行宛振込手数料 月0回無料 シルバーまでであれば、「インターネットバンキングの登録(30点)」「給与振込(30点)」で比較的容易に達成することができます。 コメント 一般的な都市銀行・メガバンクと比べて、新生 旧長銀)住信SBIネット銀行・じぶん銀行・楽天銀行・ソニー銀行は、インターネットバンキングに特化し戦略的に振込手数料を安く設定しているように伺えます。 特に注目するのはです。 月3回までという限りはありますが、他行宛ての振込手数料が無条件で無料ということです。 また、新生銀行は無条件での振り込み手数料無料は月1回ですが、最大10回まで預かり資産によって増やすことが可能。 新生銀行は定期預金の利率が良く、トータルで使い勝手のよい銀行といえます。 特にオススメの銀行 無条件で月1回は振込手数料が無料になる。 月3回(ランク2)・月5回(ランク3)の条件も比較的容易。 無条件で月1回まで振込み手数料が無料、預かり資産により最大10回まで無料。 とりあえず100万円預けていれば月5回まで無料。 下は、私の家計簿の2003年における家賃の欄(一部)です。 当時は、月末になると毎回銀行のATMに出向いて他行宛ての振込で入金していました。 1年集計して気づいたのですが、銀行の振込手数料として毎月420円、1年で5,040円も払ってたのです・・ 現在は、新生銀行から家賃振込をするように変更したことで、それまでかかっていた年間5,040円の手数料を節約することが出来ました。 まとめ インターネットバンキングはサラリーマンには便利な銀行。 次ののようなメリットがあります。 振込みや現金引き出しの為に、会社の昼休みにわざわざ銀行ATMまで出向く必要が無くなる。 しかも手数料は大手メガバンクよりも圧倒的に安い。 または無料になる。 外部サイト(個人ブログ) Photo:.

次の

銀行振込手数料比較(無料の銀行)

振込手数料 北都銀行

ATMをご利用の場合 同一店宛 当行 本支店宛 他行宛 当行 カード 他行 カード ・現金 当行 カード 他行 カード ・現金 3万円未満一件につき 110円 220円 110円 220円 440円 3万円以上一件につき 110円 440円 330円 440円 660円• カード振込の場合は、時間帯に応じて、振込手数料の他に別途ATMご利用手数料が加算になります。 現金での10万円を超える振込はお取扱いできません。 荘銀ダイレクトをご利用の場合 同一店宛 当行 本支店 荘銀ダイレクト お申込 ご本人口座 当行 本支店宛 他行宛 3万円未満一件につき 無料 110円 330円 3万円以上一件につき 220円 550円 窓口ご利用の場合 同一店宛 当行 本支店宛 他行宛 文書 電信 3万円未満一件につき 330円 330円 770円 660円 3万円以上一件につき 550円 550円 990円 880円 組戻・訂正の場合 送金・振込の組戻料 880円 振込訂正手数料 660円• 振 込・・・• 入金指定口座が、お申込代表口座と異なる当行本支店または「金融機関の共同通信システム」に加盟している他金融機関の国内本支店の場合。 同一店内でお申込代表口座と入金指定口座が異なる名義の場合。 青果物市場を除く出張所および支店の間のお振込は、当行本支店あてとしてお取り扱いいたします。 振 替・・・ 入金指定口座が、お申込代表口座と同一店内または当行本支店で本人名義の場合。 代金取立手数料.

次の

北都銀行

振込手数料 北都銀行

他行あて振込手数料が安いネット銀行の法人口座 現在は多くの方がネットバンキングを利用して振込を行っています。 ネット経由の振込は最も手数料が抑えられますが、それでも大手銀行の振込手数料は高いです。 例えば、三菱UFJ銀行法人口座の場合、他行あて振込手数料は 3万円未満で550円(税込)、3万円以上で770円(税込)です。 さらに、ネットバンキング(BizSTATION)の利用に 月額1,760円(税込)がかかります。 これは、振込回数が多い中小企業や小規模企業にとって大きな負担となります。 一方で、ネット銀行法人口座では、 大手銀行の半額以下のコストで振込取引が行えます。 1位: 3万円未満: 160円(税込) 3万円以上: 250円(税込) GMOあおぞらネット銀行や楽天銀行とともに、他行あて振込手数料の安さで力を入れているのは、 住信SBIネット銀行です。 住信SBIネット銀行は個人口座においても競争力がありますが、法人口座にも力を入れています。 1件あたりの振込手数料は極めて安く「 一定条件を満たすと毎月最大20回まで振込手数料が無料」になる特典も実施しています。 法人口座の振込手数料を無料にする条件は以下の通りです。 他行からの振込が月間10件以上• VISAデビットカードの利用金額(月末確定金額)が10万円以上 条件を1つ満たすごとに毎月10回、2つの条件を両方満たすと毎月20回分の振込手数料が0円になります。 もし上記の条件を満たすことができるのであれば、住信SBIネット銀行は振込手数料において最安のネット銀行法人口座になります。 業界最安の振込手数料だけでなく、年会費無料+キャッシュバックの付いた Visaデビット付きキャッシュカードが選べるのがメリットです。 (キャッシバック率は0. 6%) また、セキュリティにも最先端の技術が使われており、住信SBIネット銀行が導入している「スマート認証」は現時点で最もセキュリティが高いと私は考えています。 あわせて読みたい: 2位: 3万円未満: 166円(税込) 3万円以上: 261円(税込) IT業界大手のGMOインターネットが、あおぞら銀行と提携し、2018年に誕生したのが GMOあおぞらネット銀行です。 GMOあおぞらネット銀行の前身は「あおぞら信託銀行」という信頼と実績のある銀行となっています。 後発だけあって、GMOあおぞらネット銀行の法人口座は 他行あて振込手数料を格安にしています。 セキュリティにも力を入れており、 電子証明書の利用や認証アプリによる不正送金の対策なども万全です。 GMOあおぞらネット銀行の提供するセキュリティであれば、法人口座として億単位の資金を預けていても、安心して利用できると思います。 また、IT業界大手の運営するネット銀行だけあり、入金専用のバーチャル口座の利用や、複数人で口座を管理する「ビジネスID」といった 先進的なサービスも無料で使えます。 最近は、ネット銀行が「ビジネスデビットカード」を発行することも増えました。 創業間もない企業で、クレジットカードを持っていなくても、VISAデビットカードを使えば、ネット通販や海外取引などでカード決済が行えます。 GMOあおぞらネット銀行のビジネスデビットカードは、 利用金額の1%をキャッシュバックしています。 還元率も、他のネット銀行と比較してリードしています。 あわせて読みたい: 3位: 3万円未満: 168円(税込) 3万円以上: 262円(税込) 楽天銀行も振込手数料の安さに力を入れています。 楽天銀行の法人口座は創業したばかりでも口座開設できます。 WEBと郵送のみで手続きが完了するので、最初のネット銀行法人口座としても使いやすいと思います。 楽天銀行が住信SBIネット銀行に勝るのは 総合振込サービスが無料で使えることです。 住信SBIネット銀行の場合は総合振込サービスに月額費用が必要ですが、楽天銀行法人口座なら無料です。 また、も業界では最安となっています。 楽天銀行はJCBビジネスデビットカードを無料で発行しています。 (再発行手数料は無料) 1,100円(税込)の年会費無料が必要ですが、カード利用金額の1%がキャッシュバックされるので、年間10万円以上のカード決済で年会費の元が取れます。 ビジネスデビットカードのキャッシュバック率は、GMOあおぞらネット銀行が1%、住信SBIネット銀行が0. 6%となっています。 上記の2社は「VISA」ブランドですが、楽天銀行のビジネスデビットカードは「JCB」ブランドです。 楽天銀行のJCBビジネスデビットカードには1つだけ、大きなデメリットがあります。 それは「紛失・盗難補償」が付いていないことです。 GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行のビジネスデビットカードには、最大1,000万円までの紛失・盗難補償が付いています。 しかし、楽天銀行の場合、デビットカードを紛失・盗難してしまった場合の不正利用は補償されません。 あわせて読みたい: 4位: 3万円未満: 176円(税込) 3万円以上: 275円(税込) 「ビジネスアカウト」として、法人だけでなく個人事業主の口座開設にも対応するジャパンネット銀行。 他のネット専業銀行よりも他行あて振込手数料は高めです。 しかし、ジャパンネット銀行では前月の預金平均残高(円普通預金、円定期預金)が3,000万円以上の場合、 振込手数料が毎月5回まで無料となる優遇特典を提供しています。 中小企業にとってはハードルが高い条件かと思いますが、他行あて振込手数料が無料になるという特典はメリットが大きいです。 また、ATM手数料も入金・出金ともに 毎月1回無料となっているので、使い方次第では楽天銀行や住信SBIネット銀行よりもお得になる場合もあります。 あわせて読みたい: 5位:イオン銀行 5万円未満: 220円(税込) 5万円以上: 440円(税込) 上記3社と比べて、イオン銀行は法人口座に力を入れている感じではないので、振込手数料も一気に上がります。 (それでも大手と比較してかなり安いですが) また、イオン銀行法人口座はネットバンキングの 月額利用料が2,200円(税込)かかります。 提携ATMの数も少ないので、メインバンクとして積極的に活用するのは少し難しいかもしれません。 振込手数料に関して、あえて強みをあげるとすれば イオン銀行間の振込手数料が何度でも0円だということです。 法人口座の場合、同じ銀行あてでも少なからず手数料がかかりますが、イオン銀行法人口座であれば無料で送金できます。 60%以上のコストダウンを実現 今回は、セブン銀行とオリックス銀行の法人口座は除外しました。 理由としては、この2行はやや特殊な扱いとなっているからです。 セブン銀行は口座開設を一般に受け付けておらず、オリックス銀行はATMが利用できません。 中小企業の法人口座に力を入れている• はいずれも競争力のある振込手数料を提供しています。 ネット銀行と三菱UFJ銀行の振込手数料を比較すると、 その差は3分の1以下となっています。 つまり、ネット銀行法人口座に切り替えるだけで、 振込手数料による経費を60%以上削減できます。 また、なので、トータルで考えると中小企業にとっては無視できないほど、大きなコストダウンに繋がります。 NEXT:.

次の