電動 自転車 安い。 【10万円以下】安い電動アシスト自転車の選び方とおすすめ製品ランキング

格安電動自転車は大丈夫か!?なぜ新品で安いのかの理由にせまる

電動 自転車 安い

現在通販で買える一番安い電動自転車は5万円台 現在楽天市場などの通販で購入できる一番安い電動自転車は5万円台が最安値です。 5万円の電動自転車も十分安いですが10万円未満の電動自転車であればどれも格安だと思います。 安い理由としては、以下に記載しています。 なお、3万円台の電動自転車、4万円台の電動自転車など5万円を切る価格の電動自転車は現在のいところ発売されていません。 安い電動自転車の最大の理由はバッテリー 安い電動自転車はノンブランドの電動自転車がほとんどですよね。 安い電動自転車には安い理由があります。 一番大きな理由は電動自転車のバッテリーが小型で用量が小さいためです。 例えば、大手メーカーパナソニック、ヤマハ、ブリヂストンの場合、楽天市場などでもバッテリーのみを購入することができます。 価格は2万円後半から4万円前半程度の価格になっています。 一方、格安電動自転車のバッテリーは1~2万円前後です。 今回紹介する格安電動自転車は車体バッテリー込みで5~7万円程度なので、電動自転車におけるバッテリーの価格比率は非常に高いといえます。 そのためバッテリーを小さくすることで価格を抑えているのです。 電動自転車のバッテリーを小さく安くするとどうなるのか 電動自転車のバッテリーを小さく安くすると単純に一度の充電での走行距離の目安が短くなります。 大手メーカーパナソニック、ヤマハ、ブリヂストンの場合、電動自転車の一度の充電でエコモードのような長距離走れるモードだとママチャリタイプで100km程度走れる電動自転車も数多くあります。 一方格安電動自転車の場合、一度の充電で走れる走行距離の目安は30km前後です。 その差が価格の違いになってきます。 安い電動自転車は機能の絞込みを他にも行っている 安い電動自転車の場合、バッテリー以外にも価格差をつくる努力がされています。 決して安いから悪いというわけではなく、機能を制限することで価格を抑えている電動自転車が多いです。 外装変速ギアを格安電動自転車は利用していることが多い 変速ギアを外装変速ギアという一般的な変速ギアにしているため、価格が安くなっています。 電動自転車の場合、品質を確保するため、大手メーカーは内装変速ギアという種類のギアを利用することが多いです。 一方格安電動自転車の場合、外装変速ギアという種類のギアを使うことで価格を抑えています。 しかし、外装変速ギアの品質が悪いというわけではなく、一般的なママチャリなどに利用されているギアです。 内装変速ギアの場合、メンテナンスフリーで乗ることができます。 一方、外装変速ギアはメンテナンスが必要になりメンテナンスを行うことを怠るとチェーンはずれなども発生することがあります。 キャリア最大積載重量25kg未満の格安電動自転車が多い 電動自転車を購入するときにチャイルドシートを設置し、お子さんを後ろに乗せたいという方も多いでしょう。 しかし、チャイルドシートはキャリアの最大積載重量が25kg以上でないと設置ができません。 当然しっかり丈夫にできているキャリアほど最大積載重量が高くなってきます。 ここで気をつけないといけない点としては、この最大積載重量が25kg未満のキャリアが設置されている電動自転車があることです。 25kg以下だと当然そのままではチャイルドシートが設置できません。 多いのは最大積載重量が18kgのキャリアです。 決して18kgが悪いわけではなく、格安ママチャリなどの一般的な自転車でも最大積載重量が18kgというのはよくみかけます。 小さいほうがコストは安くなるため、チャイルドシートを設置したい方は注意が必要です。 また、シティサイクル型の電動自転車などキャリア自体がついていないことも多々あります。 格安電動自転車を購入してからチャイルドシートがつけられないということにならないようにしましょう。 なお、チャイルドシート付電動自転車については「 」に詳しい情報をまとめています。 電動自転車の充電時間がかかる格安電動自転車もある 充電時間も注意が必要です。 おおよそバッテリーのアンペアの大きさに比例しますが、中には安い電動自転車で充電に8時間程度かかる電動自転車もあります。 一晩充電すれば満タンになりますが、充電し損ねたということになるとただの重い自転車になってしまうので、充電忘れに注意しないといけません。 また、充電回数が多くなるとリチウムイオン電池の場合、劣化が激しくなり充電しても直ぐに電池切れをおこすということがあります。 この バッテリーの劣化の早さというもの格安電動自転車のリスクのひとつだといえます。 格安電動自転車を通販で購入前はここをチェックしろ 安い電動自転車の理由は明確になりましたが、それ以外にも安くなる理由や通販で購入前に必ずチェックしてほしい項目がいくつかあります。 格安電動自転車のバッテリーは買い換えられるのか 格安電動自転車はバッテリーが小さく一度の充電で走行距離が短いのが一般的です。 そのため、結果として 毎日充電をしなくてはならないということが考えられます。 毎日充電すると新品でもバッテリーの劣化が早くなり最大まで充電しても当初の走行距離の目安まで走れないということが多々あります。 その場合、バッテリーを買い換えれば新品の電動自転車を購入した時と同じように走行距離目安まで走ることも可能です。 しかし、このバッテリーが販売されているかは事前にしっかり確認をとる必要があります。 劣化して買い換えようとしたときにバッテリーが販売されていない、新しいバッテリーに互換性がないということにならないように注意しましょう。 大手メーカーの電動自転車の場合、バッテリーの品質が上がっても互換性があることがほとんどです。 また、ホームページ上で互換性があるかのチェックもできます。 そのようなサポートがどのようになっているのかをチェックされることをおすすめします。 それは 安い価格で購入したにも関わらず、電動自転車の組み立てを購入者自身で行わなければならない場合があるということです。 この組み立てを行うサービスを有料化し価格をあげる店舗があります。 有料でも電動自転車の組み立てをしてくれるのであればまた総合的に価格判断ができ良心的だといえます。 なかには自転車の組み立てを購入者自身で行わなければならない店舗もあります。 そのような店舗は格安でもできるだけ避けたほうが無難です。 組み立て購入者にさせる理由としては、二点あります。 一点目は電動自転車のような大型荷物はばらばらな状態で郵送したほうが小さくまとまりコストが安く配送ができるからです。 二点目は電動自転車の組立作業をしないとその分人件費がかからなくなり同じく安くなります。 しかし、電動自転車のような専門品の組み立てを購入者がすることはおすすめできません。 自転車技士のような資格があるなかで素人が組み立てを行うと調整不足が発生し、電動自転車のギアはずれやブレーキのかかりに問題が発生するなど命に関わることも起こりえます。 そのため 電動自転車を購入するときは組み立て済みか有料で組み立てを行うような店舗から購入するようにしましょう。 組み立てに関しては、「 」に詳しく記載しているのでこちらも確認お願いします。 公道で走れる格安電動自転車か モペットではないか 日本の公道で走ることができない電動自転車というのが存在しています。 法律的に原付バイクにカテゴライズされている電動自転車です。 「 モペット」ともよばれ一部の国ではヘルメットなしに運転ができますが、日本では公道で運転ができません。 原付バイクに含まれるのでウインカーやナンバープレートが追加で必要になります。 私有地内であれば運転は問題ないですが、公道では違反運転になってしまうため、道で走りたい方は避けたほうが無難です。 格安電動自転車の修理が必要な場合はどうするのか 大手電動自転車メーカーの場合、パーツごとに保障期間が定まっており最大3年の保障があります。 また、パーツの修理に関しての実店舗の自転車店に持込を行えば行ってもらえ、また各メーカーごとにサポート窓口も存在します。 しかし、格安電動自転車の場合、サポート体制が曖昧だったり実店舗では修理ができなかったりと不便な点も多いです。 電動自転車自体によると思うので購入前にサポート体制がどのようになっているのか安かろう悪かろうでない体制かどうかを確認する必要があります。 おすすめの安い電動自転車 安い電動自転車でも品質がしっかりしている電動自転車はたくさんあります。 ネット通販に限らず例えばドン・キホーテやイオンバイクも格安電動自転車に参入しています。 詳しくは「 」や「 」を確認してみてください。 今回は代表的な通販で購入できる格安電動自転車をまとめました。 Air bike 26インチ ママチャリ型電動自転車 6段変速ギア 走行距離目安25km 安い電動自転車の代表的な一台です。 格安電動自転車としては非常におすすめです。 4万円台で購入ができるので、高い一般的なママチャリを購入するのとあまりかわらないです。 走行距離目安は25kmなので、短いですが、毎日充電しバッテリーを消耗品と考えれば割安だと思います。 修理に関してはも保障対象外時でも特別価格で修理を実施してくれます。 内容によるとおもいますが、2,000円~8,000円程度とのことです。 見積もりをとれ納得してから修理ができるので安心です。 また、バッテリーも別途見積もりで購入ができます。 欠点としては、前輪、ハンドル、かご、ペダル等がはずした状態で納品されるので組み立てが必要です。 しかし、プラス12,000円を支払えば組み立て後発送も可能です。 安さをうりにした電動自転車にプラス12,000円は大きいですが、依頼したほうが無難だと思います。 自転車技士のようなプロフェッショナルが作業し工賃だけで12,000円分もかかる作業を購入者が行うのは結構な大変な作業だと思いますので。 リンク パッセL 26インチ ママチャリ型電動自転車 7段変速ギア 走行距離目安40km パッセLは5万円台で購入できる格安電動自転車です。 安いにも関わらず機能はしっかりしておりシマノ製7段変速ギア、キャリアはクラス27でチャイルドシート設置可能になっています。 デメリットとしては、ライトが電動自転車でありながらオートライトではなく、タイヤとこすれて発電するタイプのライトになっています。 また、この電動自転車の最大の特徴はリチウムイオン電池が主流の今日、電動自転車で珍しい鉛バッテリーを利用しています。 鉛蓄電池ともよばれ、車のバッテリーと同じ種類のバッテリーです。 メリットとしては、 格安にも関わらず走行距離目安が40kmと格安の中では長いほうです。 一方デメリットもあり バッテリーが重く、充電時間が長いという点です。 また、最大の欠点は鉛バッテリーは一度充電を空にしないと再度充電ができないという点です。 途中で充電を継ぎ足すことができないのです。 このリスクは大きく、走行中に充電が切れる可能性が高く重い自転車として走らなければならないということです。 自転車だからまだ許容できるかもしれませんが、 自動車で考えるとガソリンが切れないとガソリンを入れられないというなんとも厳しい仕様になっています。 この電動自転車も組み立ては別途有料で組み立て価格は通常価格7、000円かかります。 7,000円をケチると自分で電動自転車の組み立てが必要となるのでできれば避けたいです。 また、東京都、神奈川県の一部地域は別途送料が2,000円発生します。 これは個人宅への配送のみですが、 以下地域は追加料金2,000円が取られるので注意してください。 東京都 昭島市、立川市、東大和市、あきる野市、多摩市、日野市、稲城市、西多摩郡、奥多摩町、府中市、青梅市、西多摩郡、日の出町、調布市、清瀬市、西多摩郡、檜原村、福生市、小金井市、西多摩郡、瑞穂町、町田市、国分寺市、西東京市、三鷹市、国立市、八王子市、武蔵野市、小平市、東久留米市、武蔵村山市、狛江市、東村山市 神奈川県 藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町 リンク ルルベ 26インチ ママチャリ型電動自転車変速ギアなし 走行距離目安25km 上記のパッセと同じ店舗の京の洛スクの安い電動自転車です。 この電動自転車も安く6万円台です。 こちらはリチウムイオン電池なので、途中の継ぎ足し充電も可能です。 走行距離目安は25kmと短いですが、毎日充電すると考えれば問題ないと思います。 特徴としては、 ブリヂストンの電動自転車にも採用されている両輪駆動の電動自転車です。 基本はセット販売を基本としており、標準ではかごなどがついてきません。 そのため、ルルベではかごやチャイルドシートをオプションで販売しており設置を推奨しています。 また、この電動自転車も組み立ては有料で一部地域は送料がかかるので注意が必要です。 リンク LUPINUS bySUISUI ママチャリ型電動自転車 26インチ 6段変速ギア 走行距離目安35km SUISUIは格安電動自転車の中でも有名車種になります。 安くても安心できる機能がそろっています。 価格は7万円程度と他の安い電動自転車と比較するとやや高めですが、基本機能が充実しています。 例えば、変速ギアは内装3段変速ギアと大手電動自転車でも採用している変速ギアを利用しています。 また、ローラーブレーキなども雨の日でもとまりやすいブレーキです。 一方 バッテリーは5. 8Ah、走行距離目安が35kmと格安電動自転車の中で標準的な距離です。 また、通販運営店舗の チャレンジ21は完全組み立て配送なので非常に安心です。 送料は地域によって発生するので購入前に事前確認することをおすすめします。 いずれにしろ、電動自転車の機能に関しては価格に対して割安だと思います。 リンク なおSUISUIについてのメリットなどは「 」にも詳しい情報を掲載しているので読んでみてください。 ペルテック 折りたたみ電動自転車 20インチ 6段変速ギア 走行距離目安30km 折りたたみ自転車の電動自転車です。 安い電動自転車の中でも折りたたみ自転車は少なく、価格も6万円前後とお買い得です。 折りたたみ自転車ですが、機能としては非常のオーソドックスです。 20インチ、6段変速ギア、 走行目安距離30kmです。 組み立ての自身がない場合は避けたほうがよいと思います。 リンク 折りたたみ電動自転車の選び方の注意点については「 」に詳しい情報を掲載しています。 アレス 電動クロスバイク 26インチ 6段変速ギア 走行距離目安37km 格安の電動クロスバイクです。 6万円台で電動クロスバイクを購入できるのは非常にお買い得感があります。 通常大手だと30万円程度するので価格の安さはすごいと思います。 機能としては、価格相応で26インチ、6段変速ギア、走行距離目安は37kmです。 また、組み立てが必要なので、前輪、ハンドル、サドルの固定、ペダルの取り付けとけっこうな作業が必要です。 ブレーキ、ギアの調整も必要です。 工場出荷時から未調整なのだと思います。 店舗側としては、 自転車整備ができる店舗での組み立てを推奨しています。 保障を受けるためには「 組立て後、1週間以内に自転車安全整備店にて点検・整備した場合のみ有効。 」とのことで電動自転車到着後のかかる初期コストはかなりかかると思います。 組み立て、 点検でプラス1万円以上は別途発生すると思っていたほうがよいと思います。 ただし、総合的にみても電動クロスバイクという部類では価格は安いのでお買い得感はあります。

次の

新品同様で安い!電動自転車用リフレッシュバッテリー

電動 自転車 安い

現在通販で買える一番安い電動自転車は5万円台 現在楽天市場などの通販で購入できる一番安い電動自転車は5万円台が最安値です。 5万円の電動自転車も十分安いですが10万円未満の電動自転車であればどれも格安だと思います。 安い理由としては、以下に記載しています。 なお、3万円台の電動自転車、4万円台の電動自転車など5万円を切る価格の電動自転車は現在のいところ発売されていません。 安い電動自転車の最大の理由はバッテリー 安い電動自転車はノンブランドの電動自転車がほとんどですよね。 安い電動自転車には安い理由があります。 一番大きな理由は電動自転車のバッテリーが小型で用量が小さいためです。 例えば、大手メーカーパナソニック、ヤマハ、ブリヂストンの場合、楽天市場などでもバッテリーのみを購入することができます。 価格は2万円後半から4万円前半程度の価格になっています。 一方、格安電動自転車のバッテリーは1~2万円前後です。 今回紹介する格安電動自転車は車体バッテリー込みで5~7万円程度なので、電動自転車におけるバッテリーの価格比率は非常に高いといえます。 そのためバッテリーを小さくすることで価格を抑えているのです。 電動自転車のバッテリーを小さく安くするとどうなるのか 電動自転車のバッテリーを小さく安くすると単純に一度の充電での走行距離の目安が短くなります。 大手メーカーパナソニック、ヤマハ、ブリヂストンの場合、電動自転車の一度の充電でエコモードのような長距離走れるモードだとママチャリタイプで100km程度走れる電動自転車も数多くあります。 一方格安電動自転車の場合、一度の充電で走れる走行距離の目安は30km前後です。 その差が価格の違いになってきます。 安い電動自転車は機能の絞込みを他にも行っている 安い電動自転車の場合、バッテリー以外にも価格差をつくる努力がされています。 決して安いから悪いというわけではなく、機能を制限することで価格を抑えている電動自転車が多いです。 外装変速ギアを格安電動自転車は利用していることが多い 変速ギアを外装変速ギアという一般的な変速ギアにしているため、価格が安くなっています。 電動自転車の場合、品質を確保するため、大手メーカーは内装変速ギアという種類のギアを利用することが多いです。 一方格安電動自転車の場合、外装変速ギアという種類のギアを使うことで価格を抑えています。 しかし、外装変速ギアの品質が悪いというわけではなく、一般的なママチャリなどに利用されているギアです。 内装変速ギアの場合、メンテナンスフリーで乗ることができます。 一方、外装変速ギアはメンテナンスが必要になりメンテナンスを行うことを怠るとチェーンはずれなども発生することがあります。 キャリア最大積載重量25kg未満の格安電動自転車が多い 電動自転車を購入するときにチャイルドシートを設置し、お子さんを後ろに乗せたいという方も多いでしょう。 しかし、チャイルドシートはキャリアの最大積載重量が25kg以上でないと設置ができません。 当然しっかり丈夫にできているキャリアほど最大積載重量が高くなってきます。 ここで気をつけないといけない点としては、この最大積載重量が25kg未満のキャリアが設置されている電動自転車があることです。 25kg以下だと当然そのままではチャイルドシートが設置できません。 多いのは最大積載重量が18kgのキャリアです。 決して18kgが悪いわけではなく、格安ママチャリなどの一般的な自転車でも最大積載重量が18kgというのはよくみかけます。 小さいほうがコストは安くなるため、チャイルドシートを設置したい方は注意が必要です。 また、シティサイクル型の電動自転車などキャリア自体がついていないことも多々あります。 格安電動自転車を購入してからチャイルドシートがつけられないということにならないようにしましょう。 なお、チャイルドシート付電動自転車については「 」に詳しい情報をまとめています。 電動自転車の充電時間がかかる格安電動自転車もある 充電時間も注意が必要です。 おおよそバッテリーのアンペアの大きさに比例しますが、中には安い電動自転車で充電に8時間程度かかる電動自転車もあります。 一晩充電すれば満タンになりますが、充電し損ねたということになるとただの重い自転車になってしまうので、充電忘れに注意しないといけません。 また、充電回数が多くなるとリチウムイオン電池の場合、劣化が激しくなり充電しても直ぐに電池切れをおこすということがあります。 この バッテリーの劣化の早さというもの格安電動自転車のリスクのひとつだといえます。 格安電動自転車を通販で購入前はここをチェックしろ 安い電動自転車の理由は明確になりましたが、それ以外にも安くなる理由や通販で購入前に必ずチェックしてほしい項目がいくつかあります。 格安電動自転車のバッテリーは買い換えられるのか 格安電動自転車はバッテリーが小さく一度の充電で走行距離が短いのが一般的です。 そのため、結果として 毎日充電をしなくてはならないということが考えられます。 毎日充電すると新品でもバッテリーの劣化が早くなり最大まで充電しても当初の走行距離の目安まで走れないということが多々あります。 その場合、バッテリーを買い換えれば新品の電動自転車を購入した時と同じように走行距離目安まで走ることも可能です。 しかし、このバッテリーが販売されているかは事前にしっかり確認をとる必要があります。 劣化して買い換えようとしたときにバッテリーが販売されていない、新しいバッテリーに互換性がないということにならないように注意しましょう。 大手メーカーの電動自転車の場合、バッテリーの品質が上がっても互換性があることがほとんどです。 また、ホームページ上で互換性があるかのチェックもできます。 そのようなサポートがどのようになっているのかをチェックされることをおすすめします。 それは 安い価格で購入したにも関わらず、電動自転車の組み立てを購入者自身で行わなければならない場合があるということです。 この組み立てを行うサービスを有料化し価格をあげる店舗があります。 有料でも電動自転車の組み立てをしてくれるのであればまた総合的に価格判断ができ良心的だといえます。 なかには自転車の組み立てを購入者自身で行わなければならない店舗もあります。 そのような店舗は格安でもできるだけ避けたほうが無難です。 組み立て購入者にさせる理由としては、二点あります。 一点目は電動自転車のような大型荷物はばらばらな状態で郵送したほうが小さくまとまりコストが安く配送ができるからです。 二点目は電動自転車の組立作業をしないとその分人件費がかからなくなり同じく安くなります。 しかし、電動自転車のような専門品の組み立てを購入者がすることはおすすめできません。 自転車技士のような資格があるなかで素人が組み立てを行うと調整不足が発生し、電動自転車のギアはずれやブレーキのかかりに問題が発生するなど命に関わることも起こりえます。 そのため 電動自転車を購入するときは組み立て済みか有料で組み立てを行うような店舗から購入するようにしましょう。 組み立てに関しては、「 」に詳しく記載しているのでこちらも確認お願いします。 公道で走れる格安電動自転車か モペットではないか 日本の公道で走ることができない電動自転車というのが存在しています。 法律的に原付バイクにカテゴライズされている電動自転車です。 「 モペット」ともよばれ一部の国ではヘルメットなしに運転ができますが、日本では公道で運転ができません。 原付バイクに含まれるのでウインカーやナンバープレートが追加で必要になります。 私有地内であれば運転は問題ないですが、公道では違反運転になってしまうため、道で走りたい方は避けたほうが無難です。 格安電動自転車の修理が必要な場合はどうするのか 大手電動自転車メーカーの場合、パーツごとに保障期間が定まっており最大3年の保障があります。 また、パーツの修理に関しての実店舗の自転車店に持込を行えば行ってもらえ、また各メーカーごとにサポート窓口も存在します。 しかし、格安電動自転車の場合、サポート体制が曖昧だったり実店舗では修理ができなかったりと不便な点も多いです。 電動自転車自体によると思うので購入前にサポート体制がどのようになっているのか安かろう悪かろうでない体制かどうかを確認する必要があります。 おすすめの安い電動自転車 安い電動自転車でも品質がしっかりしている電動自転車はたくさんあります。 ネット通販に限らず例えばドン・キホーテやイオンバイクも格安電動自転車に参入しています。 詳しくは「 」や「 」を確認してみてください。 今回は代表的な通販で購入できる格安電動自転車をまとめました。 Air bike 26インチ ママチャリ型電動自転車 6段変速ギア 走行距離目安25km 安い電動自転車の代表的な一台です。 格安電動自転車としては非常におすすめです。 4万円台で購入ができるので、高い一般的なママチャリを購入するのとあまりかわらないです。 走行距離目安は25kmなので、短いですが、毎日充電しバッテリーを消耗品と考えれば割安だと思います。 修理に関してはも保障対象外時でも特別価格で修理を実施してくれます。 内容によるとおもいますが、2,000円~8,000円程度とのことです。 見積もりをとれ納得してから修理ができるので安心です。 また、バッテリーも別途見積もりで購入ができます。 欠点としては、前輪、ハンドル、かご、ペダル等がはずした状態で納品されるので組み立てが必要です。 しかし、プラス12,000円を支払えば組み立て後発送も可能です。 安さをうりにした電動自転車にプラス12,000円は大きいですが、依頼したほうが無難だと思います。 自転車技士のようなプロフェッショナルが作業し工賃だけで12,000円分もかかる作業を購入者が行うのは結構な大変な作業だと思いますので。 リンク パッセL 26インチ ママチャリ型電動自転車 7段変速ギア 走行距離目安40km パッセLは5万円台で購入できる格安電動自転車です。 安いにも関わらず機能はしっかりしておりシマノ製7段変速ギア、キャリアはクラス27でチャイルドシート設置可能になっています。 デメリットとしては、ライトが電動自転車でありながらオートライトではなく、タイヤとこすれて発電するタイプのライトになっています。 また、この電動自転車の最大の特徴はリチウムイオン電池が主流の今日、電動自転車で珍しい鉛バッテリーを利用しています。 鉛蓄電池ともよばれ、車のバッテリーと同じ種類のバッテリーです。 メリットとしては、 格安にも関わらず走行距離目安が40kmと格安の中では長いほうです。 一方デメリットもあり バッテリーが重く、充電時間が長いという点です。 また、最大の欠点は鉛バッテリーは一度充電を空にしないと再度充電ができないという点です。 途中で充電を継ぎ足すことができないのです。 このリスクは大きく、走行中に充電が切れる可能性が高く重い自転車として走らなければならないということです。 自転車だからまだ許容できるかもしれませんが、 自動車で考えるとガソリンが切れないとガソリンを入れられないというなんとも厳しい仕様になっています。 この電動自転車も組み立ては別途有料で組み立て価格は通常価格7、000円かかります。 7,000円をケチると自分で電動自転車の組み立てが必要となるのでできれば避けたいです。 また、東京都、神奈川県の一部地域は別途送料が2,000円発生します。 これは個人宅への配送のみですが、 以下地域は追加料金2,000円が取られるので注意してください。 東京都 昭島市、立川市、東大和市、あきる野市、多摩市、日野市、稲城市、西多摩郡、奥多摩町、府中市、青梅市、西多摩郡、日の出町、調布市、清瀬市、西多摩郡、檜原村、福生市、小金井市、西多摩郡、瑞穂町、町田市、国分寺市、西東京市、三鷹市、国立市、八王子市、武蔵野市、小平市、東久留米市、武蔵村山市、狛江市、東村山市 神奈川県 藤沢市、茅ヶ崎市、寒川町 リンク ルルベ 26インチ ママチャリ型電動自転車変速ギアなし 走行距離目安25km 上記のパッセと同じ店舗の京の洛スクの安い電動自転車です。 この電動自転車も安く6万円台です。 こちらはリチウムイオン電池なので、途中の継ぎ足し充電も可能です。 走行距離目安は25kmと短いですが、毎日充電すると考えれば問題ないと思います。 特徴としては、 ブリヂストンの電動自転車にも採用されている両輪駆動の電動自転車です。 基本はセット販売を基本としており、標準ではかごなどがついてきません。 そのため、ルルベではかごやチャイルドシートをオプションで販売しており設置を推奨しています。 また、この電動自転車も組み立ては有料で一部地域は送料がかかるので注意が必要です。 リンク LUPINUS bySUISUI ママチャリ型電動自転車 26インチ 6段変速ギア 走行距離目安35km SUISUIは格安電動自転車の中でも有名車種になります。 安くても安心できる機能がそろっています。 価格は7万円程度と他の安い電動自転車と比較するとやや高めですが、基本機能が充実しています。 例えば、変速ギアは内装3段変速ギアと大手電動自転車でも採用している変速ギアを利用しています。 また、ローラーブレーキなども雨の日でもとまりやすいブレーキです。 一方 バッテリーは5. 8Ah、走行距離目安が35kmと格安電動自転車の中で標準的な距離です。 また、通販運営店舗の チャレンジ21は完全組み立て配送なので非常に安心です。 送料は地域によって発生するので購入前に事前確認することをおすすめします。 いずれにしろ、電動自転車の機能に関しては価格に対して割安だと思います。 リンク なおSUISUIについてのメリットなどは「 」にも詳しい情報を掲載しているので読んでみてください。 ペルテック 折りたたみ電動自転車 20インチ 6段変速ギア 走行距離目安30km 折りたたみ自転車の電動自転車です。 安い電動自転車の中でも折りたたみ自転車は少なく、価格も6万円前後とお買い得です。 折りたたみ自転車ですが、機能としては非常のオーソドックスです。 20インチ、6段変速ギア、 走行目安距離30kmです。 組み立ての自身がない場合は避けたほうがよいと思います。 リンク 折りたたみ電動自転車の選び方の注意点については「 」に詳しい情報を掲載しています。 アレス 電動クロスバイク 26インチ 6段変速ギア 走行距離目安37km 格安の電動クロスバイクです。 6万円台で電動クロスバイクを購入できるのは非常にお買い得感があります。 通常大手だと30万円程度するので価格の安さはすごいと思います。 機能としては、価格相応で26インチ、6段変速ギア、走行距離目安は37kmです。 また、組み立てが必要なので、前輪、ハンドル、サドルの固定、ペダルの取り付けとけっこうな作業が必要です。 ブレーキ、ギアの調整も必要です。 工場出荷時から未調整なのだと思います。 店舗側としては、 自転車整備ができる店舗での組み立てを推奨しています。 保障を受けるためには「 組立て後、1週間以内に自転車安全整備店にて点検・整備した場合のみ有効。 」とのことで電動自転車到着後のかかる初期コストはかなりかかると思います。 組み立て、 点検でプラス1万円以上は別途発生すると思っていたほうがよいと思います。 ただし、総合的にみても電動クロスバイクという部類では価格は安いのでお買い得感はあります。

次の

新品同様で安い!電動自転車用リフレッシュバッテリー

電動 自転車 安い

eバイクの選び方 「V」は電圧、「Ah」はバッテリー容量を表し、 数値が大きいほど走行距離が長くなる反面、重量は重くなります。 「W」はモーターの出力を表し、 数値が大きいほどパワーがあります。 eバイクはママチャリのようなシティサイクルの電動アシスト自転車に比べて、コンパクトで軽量な電動アシストユニットにより自然な走行感を味わえます。 eバイクの電動アシストユニットは主に、 「クランク一体型」とホイールに内蔵される「ハブ型」にわけられます。 電池が切れるとアシストは受けられませんが、 ペダルで自走することは可能です。 車体重量が軽いほど燃費もよく体の疲れも減ります。 それでは、種類ごとに電動おすすめの電動アシスト自転車をみていきましょう。 電動ミニベロ (小径電動アシスト自転車) ミニベロの電動アシスト自転車は、20インチ程度の小径車でコンパクトな車体は取り回しが楽なので街乗りにおすすめです。 BESV、VOTANI、TRANS MOBILLY、パナソニックなどのeバイクメーカーを見ていきます。 BESV PSA1 ベスビー 電動アシスト自転車 また、PSA1は日本でも2017年に グッドデザイン賞を受賞したベストセラーモデルで、 デザインもイケてます。 カラーはレッド・イエロー・ホワイト・マットブラック(限定カラー)の4種類。 20kg以下20インチのコンパクトな軽量ミニベロサイズで、 連続航行距離90kmとロングバッテリー、前後ディスクブレーキの高い制動力、衝撃吸収性のあるフロントサスペンションで快適な乗り心地、などスペックが高いeバイクとしておすすめです。 BESV PSA1のスペック タイプ 電動クロスバイク、電動ミニべロ 定価 19万円前後 メインコンポ シマノ アルタス7速 ホイールサイズ 20インチ 重量 19. 5Ah 航続距離 90km VOTANI(ボターニ)は、2014年にオランダで創業したe-Bikeメーカーでしたが、2020年5月にBESV JAPANの一部となり、 日本の道に最適化されたコストパフォーマンスの高い電動アシスト自転車ブランドへと生まれ変わりました。 VOTANI「H3」は、 3. 5時間のフル充電で最長80kmの長距離走行が可能なうえ、フロントサスペンションによる衝撃吸収・シマノ内装3段変速・オートライト・泥除け・荷物入れ(センターバスケット)がついて15万円以下とコスパがよく、通勤におすすな小径の電動アシスト自転車となっています。 軽量アルミフレームで重量も20kg以下の取り回しやすい20インチの電動ミニベロに仕上がり、スピードメーターにもなるIPX5の防水ディスプレイも搭載しています。 BESV PSF1 2019年には、小型フォールディングeバイクでも最大級のバッテリー容量(378wh)で 最長約95kmの連続走行可能な 電動折りたたみ自転車「BESV PSF1」が登場しています。 BESV「PSA1」の折りたたみ版という感じですが、重量が18. 3kgで価格も20万円超えなので、ライトに使いたい方は 「TRANS MOBILLY 」など別のコスパのよいモデルがおすすめです。 「PSA1」は車などで持ち運び 「旅先で長距離乗りたい」という方におすすめです。 benelli(ベネリ)は、1911年にオートバイの整備工場として創業した イタリアのeバイクメーカーです。 創立100周年にあたる2011年に、ベネリは電動アシスト自転車に参入しています。 2020年6月に新発売された「mini Fold 16 popular」は、人気モデル「mini Fold 16」の機能をシンプルにして、 スタイリッシュなデザインはそのままにコストダウンされたコスパの良い16インチ電動自転車です。 最長50kmの電動アシスト、3秒でワンタッチ折りたたみ&押し歩きもしやすいフォールディング機構、シンプルなコントロールパネル搭載などで11万円の低価格と、初めて電動アシスト自転車を買う人におすすめしたいモデルです。 電動アシスト自転車にしては超軽量な重量11. 3kg、14インチミニベロの電動折りたたみ自転車で、女性でも持ち運びが可能なレベルです。 アルミフレームにVブレーキを搭載、超小型の電動アシストユニットはとてもスマートです。 3時間充電で24kmと連続走行距離が前作の2倍に増えています。 車体が驚異的に軽いのでバッテリーが切れても普通のミニベロ感覚で乗れそうです。 電動アシストユニットには2年保証がついてきて、 最小・最軽量クラスの電動アシスト自転車が10万円以下という驚異の安さは魅力です。 75 サイズ 119 x 50 x 91 cm 折りたたみサイズ 65 x 45 x 61 cm 重量 11. 8Ah 航続距離 24km Harry Quinn(ハリークインは)、1890年にイギリス・リヴァプールで創業した自転車工房からフレームビルダーの歴史が始まり、 2016年に日本ブランドとして蘇った折りたたみ自転車ブランドです。 「Harry Quinn PORTABLE E-BIKE」は、ドルフィン型のスタイリッシュな バッテリー内蔵フレームに、 3. 5時間充電で80kmの連続走行が可能な大容量バッテリーで、重量14kg台11万円台という軽量でコスパの良い折りたたみ電動アシスト自転車です。 コンパクトな折りたたみ方式のほか、 後輪を折りたたんで転がして移動できるので、輪行やロングライド時の交通機関や宿での取り回しが劇的に楽になるのが特徴です。 Tern Vektron S10 ターン 電動折りたたみ自転車 ヴェクトロン スタイリッシュなアーバンミニベロブランドのtern(ターン)が、電動アシストユニットを ドイツのBosch(ボッシュ)と組んだ日本進出モデル Vektron S10はすでにヨーロッパでも注目を集めています。 10速ティアグラのコンポ、ドイツブランドMAGURA(マグラ)のディスクブレーキ、2. 5時間充電で最長100kmの連続走行ができる300wの小型バッテリー、レッド・ドット・デザイン賞も受賞したボッシュのドライブユニットモーターを搭載したベクトロン。 20インチの小径ホイールに ternの薄くコンパクトにたためる折りたたみ機構も魅力的で、街での新しい移動手段としておすすめです。 15 重量 19. A-BIKE ELECTRIC エーバイク エレクトリック 「エーバイク エレクトリック」は、 「携帯する次世代型モビリティ」の通り、 靴2足分に折りたためて、ノーメンテナンスで気軽に乗れるeスクーターともいえる 超コンパクト軽量な8インチ電動アシスト折りたたみ自転車です。 新素材ゲル注入したノーパンクタイヤになったことで旧作より大幅に乗り心地が改善されたこともポイントです。 とはいえ、推奨移動距離は3km程度ということで、電車やバスと組み合わせて通勤で使うのがおすすめです。 8A 航続距離 15km あさひ アウトランクe 電動折りたたみ自転車 自転車のあさひから 3時間充電で24km走行可能な軽量折りたたみ電動自転車が「アウトランクe」です。 Vブレーキなので制動力は弱いですが、アルミフレームの中央に樹脂製の持ち手があり、車への積み込みが簡単です。 着脱がワンタッチでできるバッテリーは、LEDライトやモバイルバッテリーにもなり、 価格も10万円を切るのでキャンプやアウトドアにおすすめの価格や安い電動アシスト自転車といえます。 95 重量 13. 電動ロードバイク(eバイク) ドロップハンドルのスポーツな 電動ロードバイクは、ヤマハYPJをはじめ、有名自転車メーカー各社が参入しようとしている高スペック高価格な本格派の電動アシスト自転車です。 eバイクの電動ユニットは日本ではヤマハとパナソニック、世界では シマノのSTEPSステップスと ドイツのBosch(ボッシュ)が覇権争いをしています。 特にBoschは、Bianchi、Cannondale、Corratec、TERN、SCOTT、TREKなどに電動アシストユニットを提供しています。 ピナレロの電動ロードバイク「NYTRO」、corratec(コラテック)の電動ロードバイク「E-POWER SHAPE」、Trek(トレック)の「VERVE+」などが注目されています。 YAMAHA YPJ-ER ヤマハ 電動ロードバイク ヤマハ「YPJ-ER」は2018年に新登場した 電動ロードバイクです。 スピード重視の「YPJ-R」ではエコモードの連続走行距離が1時間充電48kmだったのに対し、 「YPJ-ER」は充電3. 5時間で連続152kmと約3倍のロングバッテリーを実現しています。 「YPJ-ER」の最大のメリットは自転車大国ヨーロッパでも高評価を得ている 電動ドライブユニット「PWseries SE」が搭載されている点。 また、 ケイデンスやパワーメーターまで表示可能なサイコンと同レベルのマルチティスプレイは、スポーツや運動としてeバイクをさらに楽しくする秘密兵器です。 他にもコンポはリアがティアグラ10速の20段変速・スルーアクスル対応の油圧式ディスクブレーキ・バッテリー供給式の新型フロントライトなど、価格に見合う最先端技術が詰まっているので、 通勤・ロングライド・トレーニングなどオールラウンドに「バッテリーにも走りにもこだわる人」におすすめな電動ロードバイクです。 往復120km以上ある しまなみ街道を連続走行した実績もあるロングライドにつよいeバイクですね。 YPJ-RとYPJ-ERの違い 価格の高い 「YPJ-ER」は、快適なロングライド向きの電動ロードバイクなのに対して、 価格の安い「YPJ-R」はスピードを重視した軽量な電動ロードバイク、という違いがあります。 価格は20万円程度と「YPJ-ER」に比べてかなり安いのも特徴です。 日本の自転車メーカーブリヂストンが2020年に発表した「TB1e」は、 4時間充電で最大130kmの長距離走行が可能ながら12万円台の低価格というコスパに優れた新型電動クロスバイクです。 特筆すべきは、ブリヂストンが電動アシスト自転車で長年培った、 「走りながら自動充電」という月1回充電で十分なデュアルドライブの自動充電システムでしょう。 錆びないベルトドライブ・モーターブレーキ・オートライト・高耐久タイヤ・盗難補償など、通勤通学におすすめなポイント満載の最新電動アシスト自転車です。 9Ah 36. 5V 航続距離 エコモード:130km、オートモード:90km 、パワーモード:54km 台湾のスタイリッシュなeバイクブランドBESV(ベスビー)の電動クロスバイク「JF1」は、 16. 1kgの軽さ・115kmのロングバッテリー、シマノの新型コンポ10速DEORE(ディオーレ)など、ハイスペックな電動アシスト自転車となっています。 ケイデンスが確認できるフルカラー液晶ディスプレイや、純正オプションで泥除け・キャリア・スタンドを後付けできることから、通勤通学におすすめです。 Panasonic XM2 パナソニック 電動マウンテンバイク 舗装路ではなく 山や荒れた道メインで遊べるのがパナソニックのeバイク「XM2」です。 5インチは一般的なMTB(マウンテンバイク)のホイールサイズで、リアは11-36Tのワイドレシオな10段変速ギア、油圧ディスクブレーキとサスペンションで雨天も安全にライドできます。 コンポには シマノの新型SLXを搭載、 HIGHモード61km・ECOモード107kmのロングライドができるハイスペック電動自転車です。 価格差5万円で下位モデルの「XM1」もありますが、どちらも30万円超の高級eバイクなうえ、HIGIモードで約20km・ECOモードで約30km以上連続走行距離に違いがでるため、 最上位モデルの「XM2」がおすすめとなります。 5 重量 24. ARGON18(アルゴン18)• ANCHOR(アンカー)• BIANCHI(ビアンキ)• BMC• BOARDMAN(ボードマン)• BOMA(ボーマ)• CANYON(キャニオン)• CANNONDALE(キャノンデール)• CENTURION(センチュリオン)• CERVELO(サーヴェロ)• CHINELLI(チネリ)• COLNAGO(コルナゴ)• CORRATEC(コラテック)• CUBE(キューブ)• DIAMONDBACK(ダイアモンドバック)• DE ROSA(デ・ローザ)• EDDYMERCKX(エディメルクス)• FELT(フェルト)• FOCUS(フォーカス)• FUJI(フジ)• GARNEAU(ガノー)• GIOS(ジオス)• GT(ジーティー)• JAMlS(ジェイミス)• KESTREL(ケストレル)• KHODAA BLOOM(コーダブルーム)• KOGA(コガ)• KUOTA(クォータ)• LAPIERRE(ラピエール)• LOOK(ルック)• LOUISGARNEAU(ルイガノ)• MARIN(マリン)• MASI(マジィ)• MERIDA(メリダ)• NEILPRYDE(ニールプライド)• ORBEA(オルベア)• PANASONIC(パナソニック)• ASAHI(あさひ)• PINARELLO(ピナレロ)• RALEIGH(ラレー)• RHIDLEY(リドレー)• GIANT(ジャイアント)• SCOTT(スコット)• SPECIALIZED(スペシャライズド)• TIME(タイム)• TREK(トレック)• YONEX(ヨネックス)• WILIER(ウィリエール)• その他• CARRERA(カレラ)• GUERCHOTTI(グエルチョッティ).

次の