千と千尋の神隠し カオナシ 正体。 【リンの正体】は白狐、それとも人間!?「千と千尋の神隠し」の裏話

映画『千と千尋の神隠し』評価は?ネタバレ感想考察/ハクやカオナシの正体は?豚になった理由?

千と千尋の神隠し カオナシ 正体

Contents• カオナシは欲の塊の象徴!? カオナシは、黒い影が人に似た形をとった存在で、顔にあたる部分はお面を被っているように無表情です。 まとまった言葉を発することはなく、「あ、あ…」「ウゥ」など、言葉にならない音を発します。 言葉と言えるのは「イヤダ…」「笑ったな?」ぐらいです。 カオナシは、言葉ではなく、砂金で相手の気を引こうとします。 そのため、欲の塊のような存在と言われています。 言葉を発する際には他者を取り込みます。 その前段階として、他者の欲するものを創り出しますが、それには実体がありません。 カオナシの正体は人間そのものだった!?みんなの中にカオナシがいる!? カオナシは当初、その他大勢のキャラクターでした。 宮崎駿監督は、著書『千尋と不思議な町』の中で次のように語っています。 自分の居場所を求めたり、誰かに必要とされる事を望んだりする、多くの人の心の中に潜んでいる気持ちを、カオナシは表現しているとするのが都市伝説で広まっている解釈です。 カオナシの正体は人間そのものとも考えられますね。 カオナシの正体は現代の若者だった!?カオナシの特徴とは? 「千と千尋の神隠し」に登場するカオナシの正体は、現代の若者そのものとする見方もあります。 カオナシは、言葉によるコミュニケーションをほとんど行いません。 自分が望む事態をお金の力で引き寄せようとします。 お金で解決しないと見るや、逆上して暴れ出します。 一見気弱そうな外見とは裏腹に、突然キレると暴走する側面を持ち合わせています。 湯婆婆まで手こずらせる厄介ぶりが話題になり、カオナシの正体について現代の若者説が広まりました。 スポンサーリンク カエルは何故カオナシに飲み込まれたのか!?カオナシの正体はサタン!? カオナシは千尋を追い回し、千尋に金を差し出して自分を受け入れてもらおうとします。 千尋は金を受け取らず、カオナシは逆上して暴走を始めます。 カオナシの差し出す金を受け取ったカエルは、カオナシに飲み込まれてしまいます。 カエルを飲み込んだことで、カオナシは片言でも喋れるようになります。 しかし、千尋にニガダンゴを食べさせられて、飲み込んだカエルを吐き出します。 カエルを吐き出したところ、カオナシは喋れなくなっておとなしくなり、千尋と一緒に銭婆のもとへ向かいます。 千尋と一緒に銭婆のもとへ向かう途中、千尋とカオナシが乗っている電車の車窓に「サタン」の文字が浮かび上がっています。 ほんの一瞬、「サタン」というネオンサインが出てきます。 これはジブリ側がカオナシの正体を密かに教えたものとの都市伝説があります。 カオナシのモデルは「借りぐらしのアリエッティ」の監督だった!? カオナシのモデルは、映画「借りぐらしのアリエッティ」を手がけた米林昌宏監督だとされています。 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそのように述べています。 「千と千尋の神隠し」のヒット祈願イベントで明かされたこのエピソードについて、坊の声を演じた神木隆之介さんも「会った瞬間、『あっ、カオナシだ』って思った」と語っています。 ただし、実際には米林監督自身によって、この逸話は後付けだったことが判明しました。 米林監督は、「自分が描いたカオナシを見て、宮崎監督が『まろにそっくりじゃないか』と言ったところから広まった」と明かしています。 ちなみに「まろ」は米林監督のニックネームです。 スポンサーリンク.

次の

千と千尋の神隠しのカオナシの正体サタン説!擬人化するとかわいい件

千と千尋の神隠し カオナシ 正体

Contents• 千と千尋のお母さんが冷たいと話題!理由は? 千と千尋の神隠しの千尋のお母さんって すごい千尋に冷たいから理由を 考えた結果。 笑 ただの冷たいお母さん?義理のお母さん? 気になる。 千尋の母、 荻野悠子(おぎの ゆうこ)が千尋に対して冷たい!お父さんには態度が良いのに!という感想をよく聞きますが、その理由は何なのか、分析していきます。 千尋の成長を描くためあえて愛情が希薄な家庭を描いていた 千と千尋の神隠し、また見ちゃってるんだけど所々謎な部分調べて行くと、なんかレポート書けそうだわw 千尋が弱気な子から勇気のある子に変わるのとか、カオナシの行動とか正体とか千尋のお母さんが冷たい理由とか全部現代の日本人を表してるんだって。 ますます奥の深い映画だなぁと思った。 千尋は一見普通の女の子ですが、泣き虫だったり、ちょっと不器用なところがあったり、どこか弱い部分を持っています。 そしてそんな千尋を強くさせたのは、湯屋や銭婆の家へ向かう道中などでの厳しい経験や恐ろしい経験だけでなく、そんな千尋を助けようとする周囲の「 愛」の力も大きいのです。 もし千尋がまともな両親から愛情をたっぷり受けた少女だったら、もう少し精神的に強かったり賢く生きたりして、 彼女の成長ドラマは見ることができないはずですし、ハクたちの愛情が際立ちません。 そもそも森の奥へ迷い込んだり、両親が無銭飲食してブタにされることもなさそうですよね!笑 自分勝手な父親と、それに従うだけの母親、共に子供にはそこまで感心がない、という家族像が、この作品のテーマのために必要だったのではないでしょうか。 坊を溺愛する湯婆婆との対比を描くため トンネルの中で怖がる千尋に「 歩きにくいからあんまりくっつかないで」というようなことを平気で言う千尋のお母さん。 「そんなこと言わなくても!」と思う人も多かったのではないでしょうか。 そんな 千尋のお母さんと対照的なのが、湯屋のオーナーで魔法使いの湯婆婆です。 湯婆婆は恐ろしいという印象の強いキャラクターなのですが、息子である坊に対する溺愛っぷりだけは別で、デレデレの甘々な姿が描かれています。 千尋のお母さんがクールで無関心なのは、 重すぎる愛情を注ぐ過保護な湯婆婆との対比を描くため、とも考えられます。 しかしこれはどちらが良いという訳でもなく、お母さんに冷たい態度を取られる千尋はまともにお礼も言えませんし、坊は王様のようにわがまま放題。 そして2人ともこの物語の中で大きく成長しますが、元々は自立心というものが全くありませんでした。 千尋のお母さんは仕事などに追われ子供にまで目が届かない母親、湯婆婆は我が子しか目に入らないモンスターと呼ばれる部類に入る母親。 対照的な2人ですが、共に現代にありがちな母親像を描いているような気がします。 現代の母親らしい自立した母親像を描いていた 千と千尋の神隠しについて調べてた時に、中々 鋭い設定?か 考察があって 最近の母親像として、共働きで自立心が強く、子供だからという言葉が嫌いで子どもにも自立心を求める傾向がある。 または、周囲の事は全く意に介さず、自分の子どもだけは特別としてこれでもかと甘やかして束縛する。 — あおとら&マナティー BlueTiger061 少し触れましたが、現代は共働き世代も多いですよね。 お母さんたちは日々、仕事に家事に忙しく、自分でお金を稼いでいる分自立心も強いです。 そして、忙しさのあまり子供のことにしっかりと向きあえていなかったり、子どもにもその自立を求めてしまうこともあるのだそうです。 千尋のお母さんは、そんな現代の自立した母親そのものなのではないでしょうか。 10歳というとまだまだ子供ではあるものの、ある程度は自分の意志をもって行動してほしい年頃。 そんな時期に 甘ったれな態度を取る千尋に、少し冷たい態度を取ってしまうのも、お母さんのしつけや愛情の1つなのかもしれません。 とはいえ自立と放任は紙一重ですから、お母さんの数少ない登場シーンでの言動を見て「 お母さんは冷たい」と受け取った人も多かったのでしょう。 ちなみにそんな自立した母親と対照的なのが湯婆婆的な母親で、自分の子どもが良ければそれで良い、子どもの行動にも制限をかけ自分の手元にしばりつけておく、というもの。 どちらが良いということもありませんし、バランスが大切ですが、湯婆婆のような母親の方が関わったら恐ろしい気がしてしまいます>< 母親になりきれない親だったから なんか千と千尋やってるから見てるんだけど、千尋の父親と母親ってこんなに嫌なキャラだったっけ?w子供が嫌がってんのにひどいよねww — チプデルミック! ChipDaleMic 千尋のお母さんは服装や髪形、メイクなど身なりに気を遣っている人物です。 そして、お父さんに対していつも同意を求めたり助けてもらおうとしたりしています。 こういったお母さんの態度について「 お父さんに色目を使っている」「 女であり母親ではない」という批判的な意見も多々あり、お母さんは「 まだまだ女としてありたい人=母親になりきれていない」というのも、千尋に対して冷たい原因として考えられます。 とはいえ、千尋の母親が現実世界にいたとして、とんでもなく冷たくて酷い母親なのかと言えば、必ずしもそうではありません。 旦那さんに女性として認められたい、と美容に力を入れているお母さんなんて世の中にたくさんいますもんね! そしてそれは決して悪いことではありません。 また、「歩きにくいからくっつかないで」というのも、よく考えたらありがちなシチュエーションな気がします。 歩きにくいから「歩きにくい」というのが、必ずしも「冷たいこと」なのでしょうか? 母親でも嫌なものは嫌ですよね。 しかし、そんな日常の何気ない言動をアニメとして描写してしまうと一気に冷たい母親に変身してしまうから不思議です。 笑 とはいえ千尋のお父さんとお母さんは、計画性がなかったり勝手に料理を食べたりと他の部分でも問題が多々あるので、「普通の親」とは言えないのでしょう。 そしてそんな 「親らしからぬ言動」が、千尋の成長を描くために必要だったということですね。 まとめ 今回は、「 千と千尋の神隠し」のお母さんが冷たい件について考察をしました! 千尋のお母さんは冷たい、お父さんには女を出している!と散々な言われようをされていますが、 現実世界にはよくいるタイプのお母さんだということがわかりました。 自立心があること、女性らしさを忘れていないことは決して悪いことではありませんが、この作品ではそれだけでは千尋の成長を突出させることができなかったので、母親らしからぬ雰囲気をあえて出したのではないでしょうか。 実際、両親がブタに変えられてしまって千尋はとてもショックを受けていましたし、お母さんが冷たすぎてどうしようもないようなひどい家庭環境、という訳ではなさそうです。 8月16日の金曜ロードショーでは久しぶりに「千と千尋」が帰ってきます! お母さんと千尋の関係にも注目しながら、物語を楽しんでくださいね。

次の

カオナシ (かおなし)とは【ピクシブ百科事典】

千と千尋の神隠し カオナシ 正体

「千と千尋の神隠し」の中でもとりわけ印象に残る「カオナシ」… 湯婆婆の下で働くことになった千の元に、ヒッソリと現れた「 カオナシ」。 黒い影のような体に、表情のない白いお面、そして何とも言い表せないような声を漏らすその姿… 彼は「千と千尋の神隠し」のみならず、ジブリ作品の中でもひと際印象に残るキャラクターですよね。 じゃあ彼の「 正体」って何?そもそも正体という設定すら存在するのか? そのヒントが本作品の中に描かれていたのです。 カオナシは千に好かれたい気持ちから、クサレ神を洗い流す薬湯の札を千に渡します。 それによって湯婆婆や他の者たちから認められた千。 そんな彼女を見て誇らしげなカオナシは、彼女に好かれようと沢山の薬湯の札や金を渡そうとしますが、千はそれを拒否。 それでも執拗に彼女に近づこうとするカオナシは 様々な人を飲み込んでいき、凶暴化。 力づくで千を誘惑しようとするのです。 しかしそんな姿を哀れに思った千は、両親に渡すつもりだった苦団子をあげて救おうとします。 団子を飲んだカオナシは吸収したものを外に出して、かつての姿へと戻るのです。 本作品ではその正体について具体的な解説はされていないものの… そんな二人のやりとりから見て、彼の正体は「 好かれたい、自分のことを認めて欲しい」といった気持ちや欲求が具現化した生き物ではないかと推測されます。 最初は穏やかに千に接していたカオナシ。 そこから徐々にエスカレートして、終いに暴力的に迫る姿はまるでストーカーのようにすら感じますね… 「カオナシの正体」は私たち人間、誰しもが抱えているもの!? 先述したように「カオナシの正体」についての具体的な説明は「千と千尋の神隠し」の中で描かれていません。 ですが、監督である宮崎駿氏はその存在について「カオナシとは 現代の我々そのもの。 彼のキャラクター性は、今や 誰の心にも共通して存在する」とコメント。 Sponsored Link そのような点からしても、カオナシの正体はやはり私たちが抱えている嫉妬や羨望などの「 欲」が形になった存在のようです。 それに対して、千は手にしたい物などへの欲求はかなり薄く、真逆的 無気力的 なキャラクターと言えるかもしれません。 多くの人を巻き込んで欲が巨大化し、凶暴化したカオナシ。 苦団子のおかげで飲み込んだものを吐き出すと元の姿に戻り、それでもなお千の元へ近づこうとします。 その姿は 悲惨と言うか、どこか気の毒な雰囲気すら醸し出していますね… カオナシは自分に相応しい居場所を見つけたのか? 「千と千尋の神隠し」の終盤、千はハクを救うために 銭婆の元へと向かいます。 「銭婆」は湯婆婆の姉で、とても恐ろしい魔女だと言われていましたが…実際は心優しき魔女。 訪れた千の一行を暖かく迎え入れていた場面もそれを感じさせるシーンでしょう。 千は銭婆から魔法の力を持った髪留めを受け取るとハクや湯婆婆の元へ帰りますが、カオナシは仕事を与えてくれた銭婆の住みかに留まることに。 この銭婆の家で、彼は本来のやすらぎを取り戻して どこかホッとしている様子が感じ取れます。 それは心優しい銭婆から「 頼られている」という実感が彼に湧いてきたからでしょうね。 「千と千尋の神隠し」においてとても印象に残る場面ですし、個人的にも好きなシーンです。 まとめ 今回は「 千と千尋の神隠し」におけるカオナシとその正体について見てきました。 カオナシの正体。 それは私たち誰しもが持った「欲」の表れであるとすれば、彼に対する見方も変わってくるのではないでしょうか? 「カオナシ」とは宮崎駿監督が私たち視聴者に対して伝えたかった一つのメッセージ 現代社会への警告 なのかもしれません… そんな視点で「千と千尋の神隠し」を鑑賞すれば、また違った面白さが感じられるはずです。

次の