認定 薬剤師 更新。 認定薬剤師と専門薬剤師の違いってなに?

認定薬剤師と専門薬剤師の種類一覧と取得方法とは?34団体53種を紹介

認定 薬剤師 更新

こんにちは。 薬剤師のヒロミです。 かかりつけ薬剤師。 それは患者さんが信頼する薬剤師を指名する制度。 患者さんの薬のことをいっさいがっさい把握する制度。 患者さんが薬でピンチのときにお助けマンになる制度。 そんな素晴らしい制度だ。 そんなかかりつけ薬剤師だが、このたび申請方法が変わったようだ。 薬剤師のA子さん。 A子さんは小さい子どもがいて時短勤務をしていたのだが、今回晴れて勤務時間の延長をすることになりかかりつけ薬剤師の要件を満たすことができた。 そこで私が申請に係る手続きを行うことになった。 様式4や様式90、研修認定薬剤師の修了証、地域活動に参加していることがわかる書類を準備し厚生局に送った。 かかりつけ薬剤師に関しては自分のときに書類を準備し申請したことがあるので「これでバッチリよね」とルンルンで楽勝だった。 しかし、数十日後厚生局から電話がかかってきた。 「A子さんのかかりつけ薬剤師の件なんですが・・・」と厚生局の職員は言った。 「えっ!?何か不備がありましたかね」と私は恐る恐る答えた。 悪いことなんてしていないはずなんだけど厚生局からの電話はいつもビクビクしてしまう(笑)。 「いえいえ。 正直「辞退なんてした覚えもないし何を言っているんだろ」って思ったけど怒らせる訳にはいかないので優しく答えた。 「なるほど、そうですか・・・。 実は申請内容が変わりまして新たな申請は必要ないのです。 既に薬局で申請をされてかかりつけ薬剤師になられている方がいるのであれば他の薬剤師の方は申請の必要がありません。 かかりつけ薬剤師の要件を満たしていれば申請せずに算定してもらっても大丈夫です。 ややこしくてスイマセン。 」と職員の方は丁寧に答えてくれた。 「え~っ!そうなんですか!!知らなかったです。 わかりました」と私は驚きながら答え電話を切った。 確かに今年から申請の簡素化が進んで重複しているものなどは新たな申請は不要となっている。 かかりつけ薬剤師に関してもそうだったのか・・・知らなかった。 あとあと厚生局のHPを覗いてみると、 「かかりつけ薬剤師指導料及びかかりつけ薬剤師包括管理料」の施設基準については、平成30年10月1日以降引き続き算定するにあたっての届出は原則として不要です。 という掲載があった。 「せっかく必要書類を準備したのに~」と一瞬テンションが落ちたが簡素化は薬局にとっては有難いことだよなと思った。 「でも申請しなくても良いなら、研修認定薬剤師になっているかとか地域活動に参加しているかとかわからないよな。 フッフッフっ・・・(笑)」と悪薬剤師の考えも浮かんできてしまった。 いつでも楽な方へ楽な方へと流されていくタイプの私。 しかし残念なことに、それ以上にビビりなのでしっかり研修認定薬剤師になり地域活動にも参加してしまう(笑)。 って当たり前だよ! とりあえず、かかりつけ薬剤師に関してはその薬局で申請し受理されているものがいて、かつ要件を満たしていれば新たな届け出は必要ないようだ。

次の

研修認定薬剤師の3年ごとの更新を上手に行う方法

認定 薬剤師 更新

2016年4月の調剤報酬改定により、【かかりつけ薬剤師】として加算を算定するための要件の一つに、「薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定制度等の研修認定を取得していること。 」が追加になり、各種認定薬剤師の申請が急に増えたと話題になりました。 それ以前は、認定されているメリットは現実的にほぼなかったので持っていない人も多かったですよね。 私はというと、それ以前になんとなく研修認定薬剤師になっていたためその状況を傍観していただけでした。 さて、皆さんは現在どのように受講シールを集めていますか? e-ラーニングをずっと続けておられる方もおられると思いますが、私の場合はやらされている感が強くてあまり知識として定着しなかったです。 毎年1万円近く費用を払ってもあまり身につく気がしないので、個人的にあまりe-ラーニング好きではありません。 そんな私がどのように更新に必要な受講シールを集めているのかをまとめます。 ちなみに、一時期メルカリで受講シールが出品されており話題になりましたが、もう沈静化しているようですね。 そういうこともあるので、ポイントは電子化して不正が防げるように取り組んでいただければと思います。 研修認定薬剤師のおさらい:費用や必要単位について 研修認定薬剤師とは 認定薬剤師とは、研修認定薬剤師制度のもと、倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学及び薬事関連法規・制度など、良質の薬剤師業務を遂行するために、自己研鑽した成果について、一定期間内(新規4年以内、更新3年毎)に所定の単位を取得したと申請した後、認定された薬剤師です。 認定されたことにより、他の医療従事者や患者様からの信頼を高め、常に時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師であることを示すことができます。 また、この認定は、免許の更新と同じ効果を期待するものでもあります。 出典: 【免許の更新と同じ効果を期待するものでもあります。 】と記載がありますが、そんな効果を感じている人は皆無でしょう。 すでに認定されているみなさんならご承知のことですが、e-ラーニングは全く聞かずに終わらせることも可能です。 e-ラーニングを流しっぱなし(たまにクリックはするけど)で、最後にちゃちゃっと確認テストをして終わり。 こんなこと普通にできます。 そんな簡単に単位が取れる研修で、薬剤師免許の更新と同等なんて流石におかしいでしょうよ。 薬剤師の地位向上を目指すなら、研修制度も見直すべきですね。 研修認定薬剤師の新規申請・更新に必要な単位と費用 研修認定薬剤師の新規申請 4年以内に40単位以上(各年5単位以上)を取得 費用は認定証のみなら10286円、IDカード付きだと11726円 研修認定薬剤師の認定更新 3年毎30単位以上(各年5単位以上)を取得 費用は新規申請時と同じ e-ラーニングだけで単位を集めようとした場合は、1日約8時間で5単位ぐらい集めれるでしょう。 その気になれば一週間で40単位集まってしまいますね。 更新の際には各年5単位必要なので、更新したい人はちゃんと研修に行きましょうね。 私なりの有意義な研修認定薬剤師の更新の仕方 まず前提として、 私はやりたくないことはやりたくないです。 みんなそうですよね。 でもやりたくないけどやってることいっぱいありますよね。 だからこそ、【やりたくないけどやってること】は最小限にしたいと思ってます。 私の場合は、会社が学会への参加を推奨していたので恵まれた環境でした。 近くでやってる地方の学会に参加して興味のある勉強会に参加していたら貯まっていた感じですね。 なぜか研修手帳も手元にあったので良かったですけど、手帳持ってなかったら絶対シール捨ててました。 シール捨ててた人もいっぱいいましたが、【とりあえず続けて みる】ことはやはり大切だと思います。 今では家庭もあるので、気の向くまま学会参加とは行きませんけどね。 学会は良い刺激をもらえるので、参加できるならしたいところです。 それに対して、認定薬剤師のe-ラーニングの多くのコンテンツは、少なくとも私にとっては面白くありませんでした。 それだけの理由ですが、私はe-ラーニングのみでの学習はおすすめしません。 確かに色々なコンテンツから見る研修は選べますが、動画が撮影されたのが5年前のものとかもありました。 せめて過去のコンテンツもどんどん新しくしていっていただければと思います。 とはいえ、【かかりつけ薬剤師指導料】の算定や、会社の方針にで研修認定薬剤師であり続けることを求められている状況もあるでしょう。 効率的にシールを集めるには一番楽な方法だとは思います。 私なりの研修認定薬剤師更新の仕方 ・興味のある学会に行ってみる ・興味のある勉強会に参加する。 ・単位が足りなければ、e-ラーニングをする。 これが私なりの【やりたくないけどやってること】を最小限にする更新の仕方です。 当たり前のことばかりですけどね。 興味のある学会に参加するだけでも良いと思います。 別に発表なんてしなくても大丈夫。 私もほとんどしたことないです。 学会は参加するにも当然コストがかかりますが、何かを吸収して帰ろうという気持ちで参加すれば、かなりの刺激をもらえます。 なんとなく参加していても結構やる気をもらえたりしますけどね。 積極的に学会に参加していただけたらと思います。 学会は2日以上開催していることが多いので、一回参加したら5~6単位ぐらいはもらえます。 それだけで年に5単位の最低ラインはクリアできます。 さらに、興味のある(シールのもらえる)勉強会などに年に4回ぐらい参加すれば年10単位クリアです。 それでも3年目に必要単位に届かなそうであれば、その時だけe-ラーニングをすれば良いでしょう。 研修認定薬剤師更新のために、e-ラーニングをするなら あと数単位なら、 の、単品講座履修コースだと、1200円(税別)で3単位の研修認定単位を取得出来ます。 他は大体一年契約で一万円ぐらいなので、数単位ならこれが一番お得です。 10単位以上残っているようなら、一年更新で必要な単位以上取れるものを選びましょう。 は使ったことがありますが、使い方はわかりやすかったです。

次の

研修認定薬剤師になるには

認定 薬剤師 更新

この記事の目次• 認定薬剤師とは?意外と知らない専門薬剤師との違いも解説! 認定薬剤師とは? 近年、医学や薬学が年々高度になり、薬剤師も特定の医療分野に対して深い知識と高度な技量、豊富な経験などが求められるようになってきました。 そこで 必要なスキルが十分にあるかどうかの判断材料として、薬剤師認定制度認証機構による認定制度が設けられるようになりました。 それが認定薬剤師の資格です。 専門薬剤師とは? 認定薬剤師と同じような「 専門薬剤師」と言う資格をご存知な方も多いのではないでしょうか? 専門薬剤師と呼ばれるか、認定薬剤師と呼ばれるかは認定する団体によって異なります。 認定薬剤師の資格を取得した後、専門の研修の業績が評価されると専門薬剤師と認定されます。 認定薬剤師と専門薬剤師の違い 専門薬剤師と認定薬剤師の 1番の違いは年収に出てきます。 やはり専門性の観点から述べると 専門薬剤師の方がスペシャリストに一段近い段階となります。 そのため周りからの評価は高まり、それが給料にも大きく影響するという薬剤師の方は多いです。 なので薬剤師としてキャリアアップを目指すなら、 認定薬剤師だけではなくて専門薬剤師まで目指すことをオススメします。 認定薬剤師資格を取得する2つのメリット 資格取得にお金と時間がかかる認定薬剤師ですが、そんな中でなぜ認定薬剤師を目指す人が多いのでしょうか。 そこには2つの理由があります。 【メリット1】キャリアアップ まず一つ目の理由が「 薬学の専門家としてステップアップできる」という点です。 やはり薬剤師となった後も薬学を学び続け、薬学の専門家としてキャリアアップしていくことが大事となります。 薬学を学ぶ上で漠然と学び続けるよりも、資格を取得することを目指すことにより学ぶ意欲の向上にもつながります。 また専門的な知識を持っているため 医師からの信頼も高くなります。 【メリット2】収入アップ 二つ目の理由が「 収入がアップする可能性高まる」という点です。 職場の上司としては 専門能力や専門知識を多く持つ部下を評価したくなるもの。 そこで専門能力を身につけていくことが評価が高くなる要因につながり、年収もアップしたと言う方は少なくありません。 特に、専門性が高く求められる 病院への転職では年収アップする可能性が高いです。 調剤薬局やドラッグストアの場合、無条件に年収アップすることは少し難しいですが、資格を取得していた方が 年収・時給交渉が有利に進むことは間違いありません。 そのため、認定薬剤師を目指す薬剤師の方は時間とお金をかけて、学び続けることを選ぶのです。 認定薬剤師になる方法とコツを公開 認定薬剤師になるためには 認定薬剤師になるためには各資格で決められた、試験や論文・学会発表・症例・研修単位などの条件をクリアする必要があります。 ここでは条件として多い研修単位について説明します。 認定薬剤師 資格取得の流れ 研修単位を証明するには、薬剤師認定制度認証機構(CPC)により認証された研修を受け、受講を証明する単位シールを集めていく必要があります。 各資格ごとに決められた期限以内に必要な単位数を取得し、申請することで認定薬剤師になることができるのです。 研修・試験を受けやすくするコツ 認定薬剤師になるためには多くの時間をかけ、たくさんの研修や試験を受ける必要があります。 加えて、資格取得後に更新していくには、普段の薬剤師の仕事をしながら研修を受けなくてはなりません。 そのため、薬剤師の 生涯学習に理解のある職場でないと資格取得・更新はかなりハードなのです。 なので資格を取ることを考えている方は、まず 資格取得を推奨・支援してくれる職場を探して転職をするという賢い選択肢も1つ視野に入れるべきでしょう。 このような職場では会社単位で資格を取得し、薬剤師がスキルアップすることを目指しているので、 モチベーションを高く保ちながら資格を取得することができます。 認定薬剤師の職場別種類一覧 ここからは病院・薬局・企業・学校における 職場別おすすめ資格とその内容や難易度について紹介していきます。 興味ある分野の資格をチェックしてみてください。 病院でスキルアップするためのオススメ認定資格5つ 1. 感染制御薬剤師 この資格を取得すると 感染制御全般に関する知識はもちろん、 衛生的な環境づくりに関する知識を習得することができます。 医師や看護師などと一緒に、感染対策チームの一員として活躍することになり、職場で重宝されます。 取得条件の研修単位数だけではなく「日本病院薬剤師回主催の感染制御に関する講習会を1回以上」と細かく指定があるので注意しましょう。 がん薬物療法認定薬剤師とは 患者に合った 抗がん薬の組み合わせを考えたり、患者を悩ませる 抗がん薬の副作用対策を学ぶことができます。 がんセンターなど大きな病院で3ヶ月間じっくりと研修を受講、試験を受けた後に「症例50以上」提出が必要など難易度が高いことが特徴です。 緩和薬物療法認定薬剤師とは この資格では、薬を効果的に用いて がん治療の痛みや苦痛を予防・改善できるようにする知識が身につきます。 取得条件のひとつに「症例を病院で30保険薬局で15」とあるため、少なくとも病院と薬局2つの業種に関わっている必要があります。 日本医療薬学会認定薬剤師とは この資格は、医療薬学分野をリードする研究活動を実践するとともに、 薬物療法の基礎となる幅広い知識や技能を持つ人が習得することができます。 論文2編以上・学会発表2回以上など 資格の取得条件が非常に厳しいので、資格取得難易度が高くなっています。 救急認定薬剤師とは この資格を取得すると、 重症度や緊急度の高い患者に対して豊富な知識と的確な判断を持って処置するための知識が身につきます。 そのため救急病棟やICUなどの、救急医療の現場でキャリアアップを目指している方にオススメします。 「試験・研修単位・論文・学会発表・症例・勤務歴」など多くの資格取得条件があるのでよく確認しましょう。 薬局でスキルアップするためのオススメ認定資格6つ 1. 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 この資格を取得すると、 妊娠・授乳期の母体の健康と胎児・乳児への作用、2つの観点に配慮しながら薬物療法を行えるようになります。 この資格は、 小児科の門前薬局で重宝される資格となります。 小児薬物療法認定薬剤師 この資格を取得すると小児薬物療法の知識や適性を備え、かつ 患児とその保護者に対して助言や行動を行えるようになります。 この資格も、 小児科の門前薬局で重宝される資格となります。 漢方・生薬認定薬剤師とは この資格を取得すると、漢方薬の飲み合わせなど服薬指導がより的確にすることができるようになります。 試験の合格率が高いことと 漢方薬や生薬を正しく扱うことができるニーズが高まっていることで資格の人気が高まっています。 プライマリーケア認定薬剤師とは この資格を習得すると、 患者さんの状態を総合的に理解して、健康促進や維持をするためになにができるのかを薬学の観点から考えられるようになります。 取得条件は「試験」と「研修単位4年間で50単位」となっております。 在宅療養支援認定薬剤師とは この資格を習得すると薬剤師が 在宅医療チームの一員として貢献するための知識が身につきます。 そのため、在宅医療を実施する薬局勤務の方が取ることをオススメしています。 資格取得条件として試験や研修単位などの他に「実務3年」があります。 DLM認定薬剤師 この資格を習得すると 医薬品や健康食品を安全に使用するための知識が身につきます。 それが、医薬品などの相談を受けた時に自信を持って返答することにつながります。 【 研修認定薬剤師について】 研修認定薬剤師資格は 持っていることが最低条件のレベルと言われることがあります。 なぜなら、取得が比較的簡単で、かかりつけ薬剤師の必要条件となっているからです。 そのためエージェントによると、この資格に限っては持っていると有利なのではなく、 持っていないと転職が不利になる可能性があるそうです。 企業でスキルアップするためのオススメ認定資格4つ 1. 感染制御薬剤師 この資格を取得すると 感染制御全般に関する知識はもちろん、 衛生的な環境づくりに関する知識を習得することができます。 そのため勤務先で重宝されます。 取得条件の研修単位数だけではなく「日本病院薬剤師回主催の感染制御に関する講習会を1回以上」と細かく指定があるので注意しましょう。 NR・サプリメントアドバイザー この資格を取得すると、 健康機能食品やサプリメントの消費者に対して、栄養状況などを考慮しながら専門的アドバイスをすることができます。 この資格の取得条件は「試験と研修40単位」です。 精神科薬物療法認定薬剤師 この資格を取得すると、 精神科領域の服薬に関する専門的知識を習得することができるので、薬物療法の立場から患者さんの社会復帰に貢献できます。 取得条件に「実務5年・精神科薬物療法5年」とあり、資格取得までに年数がかかるため注意しましょう。 日本禁煙学会認定指導者 この資格を習得すると、 防煙や禁煙に関する専門的知識を習得することができるので、企業において防煙教育に携わることができます。 企業の禁煙対策が進む中で、服薬領域の立場から専門的に助言することができます。 学校でスキルアップするためのオススメ認定資格3つ 1. スポーツファーマシスト この資格を取得すると、 最新のドーピング防止規則に関する正確な情報と知識を得られるので、学校やアスリートなどのいる企業などでドーピングを防止する活動を行うことができます。 こちらの資格は、整形外科の門前薬局で医師からの指示も得られていることから幅広く使える資格となるでしょう。 小児薬物療法認定薬剤師 この資格を習得すると 小児科領域の医薬品に関わる専門的知識を習得できるので、患児や保護者へ適切な助言を行うことができるようになります。 また、研修の条件が「eラーニング40時間・研修認定施設で1日」となっているため、 研修に行く時間がない方も隙間時間を見つけて取り組むことができるでしょう。 日本禁煙学会認定指導者 この資格を習得すると、 防煙や禁煙に関する専門的知識を習得することができるので、教育機関において防煙教育に携わることができます。 専門薬剤師の種類一覧 それでは次に、専門薬剤師についてみていきましょう。 専門薬剤師の種類一覧 オススメの専門薬剤師には次の5種類があり、全て日本医療薬学会が認定します。 がん専門薬剤師 医療チームの一員として ガン薬物療法を提供するために必要となる高い知識と技術があることを認める資格です。 この資格は、チーム医療に貢献できる資格として注目されています。 感染制御専門薬剤師 感染症治療のエキスパートとして活躍することのできる 消毒薬や抗生物質に対する知識を持っていることを認める資格です。 精神科専門薬剤師 精神科領域の治療に必要な薬物に対する知識や技能が高いことを認定する資格です。 妊婦・授乳婦専門薬剤師 妊娠や授乳婦の薬物療法について、高度な知識と技能を持っていることを認める資格です。 HIV感染症専門薬剤師 HIV治療において重要となる薬物療法について、高度な知識や技能を持っていることを認める資格です。 資格取得支援のある職場を探すなら「薬キャリ」 前述した通り、資格取得をするために、支援のある職場に転職することは賢い選択肢の1つです。 もし「資格取得支援有り」の職場を探すなら、数ある転職サイトの中でも 薬キャリをオススメします。 薬キャリは、フリーワード検索で「資格取得支援有り」の職場を絞ることができるので、最小労力であなたの希望にあった職場をピックアップすることができます。 加えて、薬キャリのエージェントは、 職場に関する圧倒的な知識量をもち、かつ 条件交渉を強みとしています。 あなたが目指す資格に当たってどんなサポートが強い職場が適切なのか助言してくれるだけでなく、あなたが望むサポート内容を職場側に依頼してくれるのです。 薬キャリで資格取得支援のある職場を見つけて、あなたの資格取得・更新を有利に進めてみてはいかがですか?.

次の