ホジュン の あらすじ。 ホジュン~宮廷医官への道~

韓国ドラマ ホジュン 宮廷医官への道 キャスト 相関図

ホジュン の あらすじ

あらすじ 身分の低さにコンプレックスを感じながら生きるジュンは、ある事件をきっかけに父親と疎遠になります。 やがて青年になったジュンは、母親と一緒に父のもとを去り逃亡者に。 あるときは自暴自棄になり、あるときは密貿易に手を染めて逮捕されます。 数え切れないほどの試練と屈辱を味わいながら、それでもジュンは医術を学び続けて精進していきます・・。 ジュンが目標にするのは尊敬する師匠・・その師匠が心医だったので・・自分も心医になりたいと。 しかし道のりは果てしなく、多くの挫折とトラブルが襲い掛かる中、主人公は時に自分を見失います。 一つずつ難題を解決しながら経験を富ませ、ついに努力の果てにジュンは心医になります。 しかもジュンに与えられた任務は、選ばれたものにしかできない仕事、王の主治医でした。 妾の子から王の主治医へ・・あまたの陰謀と嫉妬の中を潜り抜け最後に栄光を手にできたのは、己の力を信じたジュンと、献身的に彼を支え続けた母と妻のおかげでした...。 最大のみどころは、これでもかというほどの試練と困難の数々・・。 それを身分の低い少年がいかに切り抜けて人生の勝者となるのか、その点にハラハラしながらロマンを寄せて見とれてしまいます。 かつては身分差別まで受けた少年が、王の主治医にまでなるサクセスストーリー。 おそらくは、主人公に自分を重ね合わせて見る人も多いことでしょう。

次の

ホジュン~宮廷医官への道~

ホジュン の あらすじ

直長から検正の間はドラマでは描かれていません。 参奉から直長へは特別功労による飛び級で、その後、主簿への昇進内定が出ましたが、 過去の罪が明るみに出ることによってうやむやになってしまいました。 ご存知のように、恩赦は受けましたが、その後直長のまま放浪に出て一気に話が飛びます。 経国大典関連の資料を見ても、現実的には余程のことが無ければ飛び級と言うのはほとんどありえないような制度でしたので、 年数も相当ですから、数年の放浪の後内医院に戻り、主簿、判官、僉正と順当に昇進したものと思われます。 もしかすると途中ならネタバレになるといけないので詳しくは書きませんが、許浚は正三品堂上官が最終位ではありません。 私は、イェジンの心情を絞り出すような弁明がとても心に残っています。 Q よろしくお願いします。 自力で調べてみたのですが、ハングルが出来ないためたどりつけず、こちらで質問させていただきます。 韓国時代劇を見ていると、王の正妻を「中殿媽媽」と呼び、ほか「大妃」、「大王大妃」と呼んでいるように見えます(字幕では異同があって上記のような語彙から「王妃」「皇后」などまでありますが・・)。 そこで、本などで調べると、だいたい王の正妻はみんな「~王后」と表記されていて、ドラマの呼び名と違い頭が混乱しています。 もちろん、正式な名前と人からの呼ばれ方は違うのでしょうが、下記のような理解で合っていますでしょうか?ちなみに見ているのは「王の女」、「王と私」、「宮廷女官 キム尚書」、「チャングムの誓い」、「張禧嬪」です。 大妃と大王大妃については、生母と嫡母の違いはあるかもしれませんが、大体こんな感じかなと把握しているのですが・・。 ご存知の方、ぜひご教示くだされば幸いです。 どうぞよろしくお願いします。 よろしくお願いします。 自力で調べてみたのですが、ハングルが出来ないためたどりつけず、こちらで質問させていただきます。 韓国時代劇を見ていると、王の正妻を「中殿媽媽」と呼び、ほか「大妃」、「大王大妃」と呼んでいるように見えます(字幕では異同があって上記のような語彙から「王妃」「皇后」などまでありますが・・)。 そこで、本などで調べると、だいたい王の正妻はみんな「~王后」と表記されていて、ドラマの呼び名と違い頭が混乱しています。 もちろん、正式な名前と人からの呼ばれ方は違... A ベストアンサー 王后(ワンフ)というのは、王のきさき、王妃(ワンビ)のことです。 まだ死んでなくても、王妃のことを正式に表す時は王后を使います。 正式な会話の中でとか、正式な文書で使います。 王后ママ(ワンフママ)と呼び掛ける場面もありますよ。 ママは位の高い人に使う敬称です。 中殿(チュンジョン)は中宮殿(チュングンジョン)を省略したものです。 中宮殿は王妃が暮らす建物ですから、転じて王妃自身を指すことばにもなったんですね。 韓国の時代劇に東宮(トングン)ということばが時々出ることがありますが、これも東宮、つまり次の王、お世継ぎ、世子(せいし、セジャ)が暮らす建物、そしてその人を指します。 日本の皇太子と雅子様も東宮御所に暮らして、皇太子様のことを東宮様、東宮殿下などと言いますよね。 昨年たまたま中国の時代劇を見たら、唐時代の時代劇でも皇帝の長男のことを東宮と言ってるのが出てきました。 中国から来たんでしょうね。 大妃(テビ)と大王大妃(テワンデビ)はたぶん合ってらっしゃると思います。 細かいところは存じ上げないのですが。 時代劇も人気みたいですね。 御覧のドラマが全部李氏朝鮮時代を時代設定にしたドラマですね。 もしよろしければ、『朝鮮王朝実録』のダイジェスト日本語版なども出版されているようなのでそういう本もちょっとめくって見られるとおもしろいかもしれません。 これは脚本家が勝手に作った話だろう、と思うようなことが本当にあった出来事で、エ~!だったり。 諸説あって不明というのが定説になってるらしい事がドラマの中では確定的に描かれてて、脚本家がその説を採用しましたか、フ~ン、だったり。 ドラマだけでも十分おもしろいのですが、ドラマがより立体的になるかもしれません。 王后(ワンフ)というのは、王のきさき、王妃(ワンビ)のことです。 まだ死んでなくても、王妃のことを正式に表す時は王后を使います。 正式な会話の中でとか、正式な文書で使います。 王后ママ(ワンフママ)と呼び掛ける場面もありますよ。 ママは位の高い人に使う敬称です。 中殿(チュンジョン)は中宮殿(チュングンジョン)を省略したものです。 中宮殿は王妃が暮らす建物ですから、転じて王妃自身を指すことばにもなったんですね。 韓国の時代劇に東宮(トングン)ということばが時々出ることがありますが... A ベストアンサー まだ閉め切られてないので一応。 だれも見ないかな・・・ 女人天下は未見なので怪しいですけど官職表を見た限りでは 領府事(ヨンプサ:正一品)は中枢府(チュンチュブ:もとは王命の出納・兵機・宿衛を担っていた軍事官庁。 15世紀以降は実務のない窓際上級官僚のための官庁となった)の最高官職で、正式には領中枢府事。 もしくは敦寧府(トンニョンブ:王の親族と外戚の官庁)の領敦寧府事 王妃の父に与える) 判府事(パンプサ:従一品)も同じく中枢府の領府事のすぐ下の官職で判中枢府事、もしくは敦寧府の判敦寧府事、もしくは義禁府(ウィグムブ)の判義禁府事 だと思います。 歴史上に主人公となる人物が存在したということ以外は、ほとんど創作です。 仮に史実だとしても、後世に伝える中で歴史は勝者によって歪められるために正確な情報自体が存在しません。 ドラマを作る脚本家がどういう設定で考えるかによって同じ人物であっても180度変わるのが韓国ドラマです。 たとえば「ホジュン」はヒーローのように演出されていますが、「王の女」でのホジュンは、まるで能無しのような設定です。 薯童謡と善徳女王は同じ時代でありながら、一方は新羅を悪者にし、一方は百済を悪者扱いしています。 チャングムなどに至っては、イ・ビョンフン監督がホジュンに関する資料を調べていて大長今という王に仕える医女がいた、という以外は全部創作です。 wikipedia. 84 本当の史実がない国なので、単なる歴史風ドラマとして楽しむことです。 ただ、日本も同じようなもので鎌倉幕府が1192年だと教えられた時代の者としては、今の1185年説を聞くとオイオイと思いますね。 善徳女王などは、それより500年も前の時代で日本で言えば聖徳太子の時代です。 そんな時代の記録が正確に残っているはずもなく、仮に日本で聖徳太子のドラマを作ろうとしても史実に基づくという前提なら不可能です。 そんな韓国の歴史ドラマはありません。 歴史上に主人公となる人物が存在したということ以外は、ほとんど創作です。 仮に史実だとしても、後世に伝える中で歴史は勝者によって歪められるために正確な情報自体が存在しません。 ドラマを作る脚本家がどういう設定で考えるかによって同じ人物であっても180度変わるのが韓国ドラマです。 たとえば「ホジュン」はヒーローのように演出されていますが、「王の女」でのホジュンは、まるで能無しのような設定です。 薯童謡と善徳女王は同じ時代でありながら、一方は新...

次の

韓国ドラマ ホジュン~伝説の心医~ キャスト 相関図

ホジュン の あらすじ

軍官の父に憧れて育ったジュン(キム・ジュヒョク)は聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。 成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰 サヌム へと逃げることに。 同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。 ダヒ(パク・ウンビン)と生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人、山陰にやってくる。 そこで名医と名高いユ・ウィテ(ペク・ユンシク)を知り、彼に弟子入りを志願。 厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジン(パク・ジニ)になにかと助けられる。 イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジ(ナムグン・ミン)は、ウィテに目をかけられ腕をあげていくジュンを疎ましく思う。 ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。 まもなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。 その道は険しく、様々な苦難に満ちていた・・・.

次の