赤ちゃん へそ ヘルニア。 赤ちゃんの臍ヘルニアとは?手術が必要なの?ほかに治療法はないの?

臍ヘルニア(でべそ)の原因と治療 [子供の病気] All About

赤ちゃん へそ ヘルニア

母親と胎児をつないでいるのが臍帯です 赤ちゃんがお腹に居る時に母親とつながっているのが臍帯(さいたい)です。 臍帯には赤ちゃんと母親をつなぐ血管があります。 臍帯はへその緒と言われ、産まれた時に切ります。 そして、臍帯から出血しないように止めておきます。 すると、徐々に臍帯が小さくなり、乾燥して、へその緒として「桐の箱」に入れて渡されることが多いです。 臍(へそ)には、皮膚・筋肉などがくっついていますので、一度へこんでいきますが、くっつかない時に腸がそこから出て、臍ヘルニア、つまり「でべそ」になるわけです。 従って、生後1カ月頃から3カ月程度の間に膨らんできます。 この臍ヘルニアは5~10人に1人の割合でみられますので、比較的よく見られます。 臍ヘルニア(でべそ)の症状 おへその部分が膨らんでいますが、見た目だけです 臍(へそ)の部分がふくらんで出ている状態です。 ヒトによってその出ている大きさが異なり、直径が大きい場合、出ている膨らんでいる高さが高い場合など、様々です。 臍が出ている部分に腸が入っているので、触れると柔らかく、少し押さえるとグジュグジュとした感じがして、お腹の中に戻っていきます。 しかし、泣くとお腹の圧が高くなり、また、腸が出た臍ヘルニアになってしまいます。 このように、自然に出たり引っ込んだりすることがありますが、破れそうに見えても破れることはありません。 臍ヘルニア(でべそ)の経過 生後3カ月頃までは大きくなりますが、ハイハイやお座りなどができると、お腹の筋肉がついてきます。 すると、筋肉で臍ヘルニアは治ってきます。 私自身もよく外来で診察していますが、基本は何もせず様子見るように言っています。 祖父母に言われて受診される人もいますが、昔からの言い伝えが正しいとは限りません。 臍ヘルニア(でべそ)の治療 自然に治るので、基本的には、治療を必要としません。 よく5円玉(なぜ5円玉)をガーゼに包んで押さえたり、ガーゼを貼ってテープで押さえたりことがありましたが、基本的にはおすすめできません。 赤ちゃんの皮膚はデリケートなので、すぐにテープでかぶれますし、臍がジクジクしたりして、感染を起こす危険があるからです。 祖父母が言っても、決してお金で臍を押さえないようにしてください。 近年、臍ヘルニアに対する圧迫療法が行われることがあります。 これは、臍ヘルニアを圧迫固定する方法で、上記の通り、感染やテープかぶれを防ぐ意味で、医療機関で行うことが望ましいです。 この臍の圧迫療法は、臍ヘルニアで皮膚が伸びるのを防ぐ方法で、乳児期の早い時期に臍を適切に圧迫し、腸管の脱出を防止します。 圧迫期間は1~2カ月ですが、小児外科のある一部の医療機関で行っていますので、圧迫療法をされる場合は、事前に相談してください。 なかには、外科的治療を要する臍ヘルニアもあります。 1歳過ぎても全く良くならない場合と、治っても皮膚が余った感じになった場合は、小児外科にて手術して、臍の形成術を行います。 ただ、形のいい状態にするのは難しく、子供には成長もあるので、手術するかどうかは小児外科で相談した方がいいでしょう。 もし臍ヘルニアが気になったら、1歳までなら小児科か小児外科、1歳過ぎたら小児外科に受診すると決めておいてもいいと思います。

次の

赤ちゃんのおへそ臍ヘルニアになったその後は?治し方と経過画像公開

赤ちゃん へそ ヘルニア

おへそがふくらんできた頃から、消毒はやめてしまいました。 だって、綿棒を入れる穴、ないんだもん!w ただ 出始めていたことは気になったので、助産師さんに相談しました。 「あはーっ!大丈夫!!放っておけば治るからっ! あ、予防接種どこ?あー、あの小児科ね! あそこの先生は、たぶん治す派! お高いシールをねえ、ぺったん!と貼るの!」 やたら元気な助産師さんでした。 この助産師さんとは一度しか会っていませんが、ちょうど産後の孤独な頃だったし、母乳育児で悩んでいたので、この明るさにとても助けられました。 また、この後治療をすることになるんですが、お腹に貼るシールのことをうちでは「お高いシール」とよんでいました。 とってもナイスキャラな助産師さんでした。 以上をまとめると、 生後5週間から大きくなりはじめ、9週間くらいで先ほどの写真のような、ピンポン玉大になりました。 待ちわびた小児科受診 その後、予防接種の日を待ちましたが、助産師訪問の日から、どんどん大きくなるおへそ。 皮膚がひきつれるくらいパンパンに腫れ上がり、上から触れるとブクブクいって、腸を直接触っているような感触です。 おむつをはかせるときは、ヘルニアを潰すような感じになるんですが、これでいいのかとても不安でした。 予防接種前でも病院へ行こうかどうしようか、かなり迷いました。 でも、触っても痛くなさそうだし、インターネットで調べても、基本的に放っておけば治ると書いてあったので、受診には至りませんでした。 臍ヘルニアの治療 ついに小児科の先生に臍ヘルニアを相談 やっと訪れた予防接種の日。 ちょうど生後2ヶ月の日です。 おへそが出始めてから、4週間くらいが過ぎていました。 目的はもちろん予防接種ですが、おへそのことも相談する気満々です。 小児科の先生におへそをみせたら、 「わあー大きいねえ!お母さん、心配だったでしょう」 と言ってくれました。 治療しなくてもへこむけど、これはシールを貼ろうか、という展開に。 まさしくあの底抜けに明るい助産師さんが言っていた通りに。 臍ヘルニアの原因と予後 臍ヘルニアは 10~20%くらいの赤ちゃんがなるそうです。 腹腔内の圧力 > お腹の筋肉 となると、おへそが出てしまうそうです。 めちゃくちゃ大きな声で泣きまくる子だったので、結構腹筋はあるはずなのになあと思いました。 これを知ってからは、ぎゃんぎゃん泣いていても「腹筋を鍛えて、頑張っておへそをへこませるんだ!」と無理やりポジティブに捉えることができたよーな、できなかったよーな…w 赤ちゃんが成長して、お腹の筋肉が発達すれば、 腹腔内の圧力 < お腹の筋肉 となり、自然とへこむそうです。 もしへこまなくても健康上は問題はないそうですが、美容上気になる場合は手術もあるとのことでした。 治療ってどんなことをするんだろう 先生にいわれるまま、赤ちゃんを診察台に寝かせ、裸にしておむつを下へずらしました。 看護師さんと私で押さえて、先生がブクブクいうおへそをぐいぐいお腹へ押し込んで、そのおへそを押さえ込むように、えいやっとシールを貼ってくれました。 あの恐ろしく突き出たおへそを、先生は半ば強引にお腹に押し込んでいました。 医療従事者ならではの思い切りの良さでした。 私は怖くて触ることもできなかったのに。 思ったより大きなシールで驚きました。 おへそより一回り大きいくらいかなと思っていたんですが、 おなか全体を覆う勢いの大きさです。 今後の展開 小児科の先生から説明を受けたのは、 ・このおへそシールは、6日間貼ったまま。 ・お風呂はそのまま入ってよい ・6日目、お風呂に入る前にシールを剥がして、入浴して、翌日受診する ・その前にはがれてしまった場合は、2・3日ではがれたならもう一度受診。 5日目とかだったらそのままでよい ・毎週通って、シールを貼り続ける。 ・シールをはがしたところが赤くなっていたら、処方するアルメタを塗るように ・早い子だったら1ヶ月でへこむ ということでした。 インターネットでシールを貼る治療もさらーっと読みましたが、親が自分で貼るのだと思っていたので驚きました。 でも確かに、貼る様子を見ていたら、素人が一人でできる作業ではありませんでした。 毎週、受診する必要があるのは大変だけれど、頑張ろうと思いました。 初めてシールをはがす 6日後の入浴前、ドキドキしながら、ゆっくりとシールを剥がしました。 痛そうだから泣くかなと思いましたが、意外にも泣きませんでした。 剥がしたとたんに、びよーーんと飛び出るおへそ。 良かった良かった 臍ヘルニアは大変だったけれどいいこともあった 臍ヘルニアになって、治療のために通うのは大変でした。 でも、良かったなと思うこともあります。 一番育児が不安な頃に、毎週小児科へ行く口実ができるのは、とても安心でした。 結局おへそ以外で相談することはありませんでしたが、気になることがあれば来週聞こうと思えるのは、心強かったです。 また、病院へ行くたびに簡単な問診があるのですが(熱はあるかとか、吐いたかとか)、そのたびに母乳を毎回吐くということを言い、看護師さんが「それは普通だから大丈夫!」と言ってくれるのも心強かったです。 こんなに毎回吐いていいんだろうかというくらい、当時の息子はおっぱいを吐いていました。 私のげっぷのさせかたが下手だったこともあるかと思います。 なので、おへそはもう大丈夫と太鼓判をもらったときは、少し寂しくも感じました。 看護師さんたちにも顔を覚えてもらって、少し経ってから病院へ行ったとき、おへそはもう大丈夫?と声をかけてもらえたのは嬉しかったです。 臍ヘルニアの治療は、シールでかぶれることもあり賛否両論のようですが、私は治療をして良かったと思っています。 なにより、あの大きくてブクブクいうおへそは、怖くて仕方がありませんでした。 もし、 予約していた小児科が、積極的な治療はしない派だったら、他の小児科へかかっていたと思います。

次の

乳児の臍ヘルニアは治るの?【でべそ圧迫療法体験談】

赤ちゃん へそ ヘルニア

お子さんが出べそで気になっている方や小児科で臍ヘルニアと指摘されたてお調べの方もいると思います。 また、大人でべそでお悩みの方の中には、臍ヘルニア(さいへるにあ)の有無を気にされている方も多いのではないでしょうか。 実は、ただのでべそと臍ヘルニアは、見た目は同じでも、身体の内側のしくみは異なります。 臍ヘルニアの状態であれば、特に赤ちゃんや乳幼児、学童は多くの場合、健康保険を使って治療することが可能です。 しかし、臍ヘルニアとはどんな状態なのか、どんな治療法なのか、いつ手術を行うべきなのか、知りたいことも多いですよね。 臍ヘルニアの場合、赤ちゃんのうちにどのような対処をするべきかが大切です。 また、大人の場合は原因によって対処法が異なるため、正しい知識が必要となります。 今回は、臍ヘルニアのしくみから治療法までを詳しく解説いたします。 お子さんが出べそで気にされている方、ご自身がでべそでお悩みの方や、治療をお考えの方は、適切な治療をするために必ずこのページをお読み下さい。 1.臍ヘルニアとは 臍ヘルニアとは、何らかの理由でお臍(へそ)の部分の筋肉がしっかりと閉じずにいる状態です。 この原因はへその緒の切り方が悪かったわけでも、お母さんのケアの問題でもありません。 臍ヘルニアは病気として扱われ、健康保険で治療可能です。 その理由は臍ヘルニア嵌頓(かんとん)と言って、ヘルニアの穴にお腹の中の腸がはまり込む病気の恐れがあるからです。 しかし安心してください、急いで治療する必要はありません。 臍ヘルニア嵌頓(かんとん)の可能性は非常に低く2歳まではヘルニアの穴が閉じる可能性が90%程あるのでまずは様子をみます。 症状としては穴が空いているので、赤ちゃんが泣いたり、お腹に力を入れるとお臍がプクッと膨らんだり、寝ていると元の状態に戻ったり変化します。 指でお臍を触ってみると、中に穴の開いている状態を確認できると思います。 臍ヘルニアの仕組みについて詳しい説明 生まれてくる前の赤ちゃんのお臍はお母さんとへその緒でつながっている部分ですので皮膚側からお腹の中までへその緒で貫(つらぬ)かれています。 生後すぐにへその緒が切断されて、赤ちゃんは自分で呼吸し、口からミルクを飲むようになります。 へその緒は用済みになってしまうのです。 生後しばらくはへその緒が赤ちゃんについていますが、へその緒は乾燥し、自然に取れていきます。 この時、体の中ではへその緒が貫いていた穴を閉じるように筋膜や瘢痕組織(はんこんそしき)と言うものが出来て穴を塞いでいきます。 しかし、何らかの理由でこの穴が塞(ふさ)がっていない状態を臍ヘルニアと言います(皮膚は塞がります) 2.臍ヘルニアの正しい対処法 臍ヘルニアは年齢によって治療方針が変わってきます。 2-1.2歳以下の場合は様子を見る 施設にもよりますが、1. 5歳~2歳までは様子を見ます。 なぜなら、放置していても赤ちゃんのでべそのうち約90%は自然に穴が塞がり、でべそに見えなくなる事も多いからです。 基本的に緊急を要したり、悪化する病気ではないので無駄な全身麻酔や手術を回避するために様子を見ます。 近年は圧迫療法と言って綿や綿球をお臍に詰めて圧迫する方法が行われる場合があります。 早く治るとかキレイな形になるなど言われています。 逆にあまり結果に影響しない、圧迫のテープによって皮膚がかぶれるなどの否定的な意見もあります。 しかし、圧迫療法を始めるのであれば新生児期など早目にスタートした方が良いとされます。 2-2.2歳以上は手術で治療する 2歳を過ぎると自然に良くなる事は稀です。 ですので、手術して治療する事になります。 放置しても問題になる事は極々稀にしかないので手術する時期はいつでも良いのですが、以下の2つの点から小学校入学までがいいのではないかと思います。 小学校に入ると周りとの違いを気にし始める年齢になるので、でべそにコンプレックスを持つ可能性がある• 未就学児に受けられる医療費助成制度がある。 自治体によりますが、就学後では所得制限がある場合もあります 2-3.小学校に入ってからでも指摘された時点で手術可能 小学校に入るまで臍ヘルニアに気が付かれないでいる場合もあります。 気が付いた時は手術を検討してあげて下さい。 3.大人の場合 大人の場合も治療法は手術ですが、特殊な原因の場合は違う対応が必要な時もあります。 3-1.大人の臍ヘルニアの3つの原因 大人の臍ヘルニアには以下のような原因があります。 生まれつきの臍ヘルニアを放置していた• 妊娠・出産で臍ヘルニアになった• 太り過ぎや腹水の溜まる病気のために臍ヘルニアになった 3-2.生まれつきの臍ヘルニアの場合は手術で治す この場合は、子供の頃の臍ヘルニアが残っている訳ですから、同じように手術をして治療します。 ほとんどの方が小さいころからお臍が出ている事を自覚しています。 最終的に臍ヘルニアかどうかの診断は医師が行います。 3-3.妊娠・出産で臍ヘルニアになった場合も手術で治す この場合も産後にお腹が元の大きさに戻ってから手術を行います。 皮膚も伸びきっている場合も多く、キレイなお臍と言うのは難しい場合も多いです。 3-4.太り過ぎや腹水の溜まる病気のために臍ヘルニアになった場合は原因の治療を先にする これらの場合は手術を行ってもすぐに再発してしまう事があります。 メッシュと言ってシート状のものでヘルニアの穴を閉じる場合もありますが、それよりも先に原因となっている病気や肥満を先に治療すべきでしょう。 担当の医師と相談して決めるようにして下さい。 4.臍ヘルニアの治療法 2歳を超えた場合、自然に治る事はありません。 治療法としては手術法のみです。 手術の目的はヘルニアの穴を閉じる事になります。 細かい手術法は医師の判断になりますが、大きく分けて傷が臍の中だけに収まる「臍内法」と傷が臍の外にまで伸びる「臍外法」があります。 多くの施設では「臍内法」を用いていると思います。 小児期に行う手術の際に一部の施設では「臍外法」用いていますが、「臍内法」ではきれいなお臍が作れそうにない場合にのみ採用していると思います。 麻酔の種類 小児の場合は全身麻酔が用いられます。 手術中にじっとしていられる年齢では局所麻酔で可能になってきますが、成人でも大きな臍ヘルニアやヘルニア嵌頓(かんとん)の場合は全身麻酔で行う時があります。 日帰り手術と言っても形式上、1日分の入院として扱われる場合もあります。 大人の場合日帰りと入院の両方あります。 5.手術の適応と費用 手術の適応 病気の診断ですので医師が判断を下すことになります。 小児の場合はだいたい臍ヘルニアとして扱ってくれると思いますが、大人の場合は臍突出症として、病気の範囲にならないこともあります。 以下のような状態は臍ヘルニアと診断される可能性が高いです。 臍の中を指で抑えると、ヘルニアの穴の淵を輪っかの様に触れる事ができます。 泣いた時など腹圧(お腹に力を入れた時)のかかった時に臍が膨らみ、その他は収まります。 費用 大人は3割負担の場合が多いですが、小児では乳児医療や育成医療があります。 適応外の場合もありますが各自治体にお問い合わせください。 臍ヘルニアでなく健康保険の適応にならない場合は、美容クリニックなど自費診療ですと10~30万ほどになります。 6.手術のリスクと手術後の経過 大きなリスクはほとんどありません。 リスク• 傷が残る• まれに傷口の感染を起こすことがある• 形が自由に出来ない• まれに再発することがある 術後の安静 手術当日以外は特に必要ありません。 成人の場合はデスクワークであれば翌日から可能です。 小児でも自由に遊びまわっています。 手術後の痛み 小さい子供はあまり痛くないのか、元気にしています。 小学生や中学生くらいからちょっと痛みを覚える傾向があります。 臍の周りに筋肉痛の様な痛みが出ますが、それ程強いものではありません。 圧迫 手術後に圧迫する場合がほとんどです。 施設により方法も期間もまちまちですが1週間ほどが目安です。

次の