水面 も コンクリ の よう に かとう なる。 【※自殺】「水面がコンクリートになる」って意味がよくわかる自殺の光景。(動画・画像)

水草(浮き草)

水面 も コンクリ の よう に かとう なる

スポンサード リンク• 【請求項3】 投入された骨材の見掛け容積VSの測定が、容器に投入された骨材の上面が水平面になるように均し、または静置し、その骨材の上面のレベルを測定することによるものであることを特徴とする請求項1または2に記載のコンクリートの製造方法。 【請求項4】 投入される骨材が細骨材であって、その細骨材の上面のレベルと水面とを同一レベルにすることを特徴とする請求項1〜3いずれかの項に記載のコンクリートの製造方法。 【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、コンクリートを製造する方法に関する。 【0002】 【従来の技術】コンクリートの製造においては、使用材料の正確な計量が要求される。 特に単位水量(配合設計により計算される水量)は、コンクリート強度に関連の深い水セメント比に重大な影響を及ぼす。 【0003】一方、骨材、特に細骨材(砂)には水が付着しており、この付着水が単位水量に影響を及ぼす。 次いで、計算された水、セメント、混和剤を計量し、混練することで、配合設計に応じたコンクリートを製造していた。 【0005】 【発明が解決しようとする課題】以上の方法において、骨材は保存状態によって表面水の付着状況が異なり、山の下の方は表面水が多く、山の上の方は少ないため、表面水量ないしは表面水率を連続的に測定しない限り、安定したコンクリートの品質を得ることができない。 すなわち、従来では、表面水の測定を一日に数回程度行い、単位水量を補正したり、赤外線水分計、RIによる方法などにより表面水を連続的に測定し、その測定値に基づき投入水量を補正しているが、このような方法では、コンクリートの連続的な製造が妨げられ、また骨材の表面水の状態が変化するたびに行わなければならず、作業が繁雑となっていた。 また、骨材が濡れていると、表面水はかなり多くなり、誤差が大きくなる。 【0006】また表面水量を推定する方法では、関連要因がかけ離れ、精度の点においては疑問がもたれる。 【0007】本発明方法は、以上の欠点に鑑みなされたものであり、その目的は骨材の表面水量を測定することなく、水セメント比を精度良く管理できるようにしたコンクリートの製造方法を提供するものである。 骨材にあっては、骨材の単位容積重量を比重で割って求められる値であり、その測定にあたっては、JIS(日本工業規格)によることが好ましいが、それに限るものではない。 同一ロット内では実積率がほぼ同一であると推定されるので、ロットの一部について測定すれば足りる。 【0010】この発明の原理は、一定(目標の量の半分)の容器に細骨材を充填すると、ほぼ一定の量となり、空隙を水で満たすと、およそその水量がコンクリートの単位水量になることを利用するものである。 つまり、水で飽和させながら、細骨材を容器に詰め、この量を基本にして、残りの材料を計量し、目標の性能のコンクリートをつくる。 粗骨材は表面水が無視できる状態にしやすく、仮に表面水を含んでいてもその率は小さく、補正による誤差を生じる原因とはなりにくいこと、他の材料は乾燥していて正確に計れることが、この原理を可能にするものである。 【0011】ここで、単位水量を少なくしたいときは、細骨材の一部に石灰石微粉末のような微細な骨材を適当量加えると、実積率が上昇し、空隙を満たす水量が減じられる。 一方、単位水量を増加させたいときは、別途、水を計量して加えるか、細骨材と水をつめた容器に上乗せして(すなわち細骨材の上面のレベルより水面を高くして)計量すればよい。 【0013】すなわち、容器に骨材と水を投入して骨材の全部を水に浸漬することで水量と骨材の体積を得るようにしているが、この際、骨材自体の表面に付着して、あるいは骨材相互間の細かな空隙に空気が残存していることが考えられる。 この空気量に関し、上記請求項1の発明では「投入された骨材の見掛け容積をVSとして、」とあるように、当該見掛け容積VSに空気量を見込んでいて、これによってももちろん相当の精度で水セメント比を設定してコンクリートを製造できる。 しかしながら、算定のベースとなる容積V中の空気量を具体的に考慮に入れて算式に反映させることにより、より精密な水セメント比の管理を行うことができる。 【0014】また、本発明のうち請求項3に記載された発明は、投入された骨材の見掛け容積VS の測定が、容器に投入された骨材の上面が水平面になるように均し、または静置し、その骨材の上面のレベルを測定することによるものであることを特徴とする。 したがって、この発明によれば、投入に先立つ骨材の見掛け容積または重量の測定が不要である。 【0015】さらに、本発明のうち請求項4に記載された発明は、投入される骨材が細骨材であって、その細骨材の上面のレベルと水面とを同一レベルにすることを特徴とする。 したがって、この発明によれば、レベルの測定が容易であり、コンクリートの製造の際の計量作業を迅速化できる。 【0016】 【発明の実施の形態】以下、本発明の好ましい実施の形態につき、添付図面を参照して詳細に説明する。 図1および図2は本発明方法による製造手順を示す。 【0017】図において、まず骨材の実積率を測定する。 測定対象骨材としては、細骨材である砂単体、あるいは砂に砂利などの比較的粒径が小さい粗骨材が入り混じった混合物のいずれかにすることができる。 【0018】以上の実積率の測定方法としては、所定の容積の容器に骨材を充填し、その重量を測定し、比重を算出し、容積を比重で割れば、実積率dが算出される。 【0019】次に同一ロットの骨材を容積計量可能な容器内に充填し、次いで、骨材の上面と同一かまたはそれより高いレベルの水面になるまで水を投入する。 【0020】そうして、骨材の上面レベルから骨材の見掛け容積VSを、水面レベルから骨材を含む骨材含有水の容積Vを、それぞれ知ることができる。 骨材の見掛け容積VSは、投入前に、別の測定容器で測定しておいてもよい。 【0021】なお、水面が骨材上面と同一レベルであれば、骨材を含む骨材含有水の容積Vおよび骨材の見掛け容積VSは同一である。 すなわち、V=VSである。 【0024】従って、本発明の製造方法では表面水量を測定することなしにコンクリートの製造が行え、面倒で変動の大きな表面水量の測定を省略でき、また、該当するロットの骨材の実積率はほぼ同一と見なせるため、その配合設計に応じて精度良く水セメント比を設定できる。 【0025】特に、容積V中の空気量を考慮することで、さらに高精度で水セメント比を設定することができる。 【0026】なお、実際の製造に当っては手計算によって配合を決めても良いし、規模が大きい場合には、実積率を数値入力するだけで、自動的に必要な残部各材料を演算計量し、混錬し、生産化する自動システムを導入することもできる。 【0027】 【実施例】以下、具体的数値に基づく実施例について説明する。 但し、数値的なものはそのコンクリートを作る量や、コンクリート配合設計に応じて変更されるので、以下の実施例に限定されるものではない。 また、以下の配合設計では、算式上、空気量を考慮しない場合を扱っているが、空気量を考慮した場合であっても、同様に配合設計できることはもちろんである。 【0031】したがって、以上の配合は次の通りである。 W(水) 170kg/m3C(コンクリート) 340kg/m3S(細骨材) 858kg/m3G(粗骨材) 902kg/m3W/C(水セメント比)50.0%s/a(細骨材率) 48.7%(a=s+g) 【0032】以上のように、一般的な配合のコンクリートが表面水量を測定することなしに、製造することが可能となる。 【0033】なお、試し練りによって最適な配合が定められている場合は、その値で計算されるように各材料の比率を修正すれば所要の配合にすることができる。 細骨材が予定より少なすぎる(水が多すぎる)場合は、細骨材の一部を追加する方法もあり(細骨材は少量になるので誤差は小さい)、また、実積率が高くなるような方法によってもよい。 【0034】 【発明の効果】以上の説明により明らかなように、本発明によるコンクリートの製造方法にあっては、骨材の表面水量を測定することなく、表面水による影響を受けない、安定した品質のコンクリートを製造することができる。 【代理人】 【識別番号】100071283 【弁理士】 【氏名又は名称】一色 健輔 (外3名)• 当サイトではIPDL(特許電子図書館)の公報のデータを著作権法32条1項に基づき公表された著作物として引用しております、 収集に関しては慎重に行っておりますが、もし掲載内容に関し異議がございましたらください、速やかに情報を削除させていただきます。

次の

コンクリ―トの製造方法

水面 も コンクリ の よう に かとう なる

海へ飛び込んでみよう! すると、どれくらいの高さから人間はお陀仏ですか? まいどくだらない質問ばかりしている大学一年生から、またくだらない質問です ヘリコプターなどで海上へ飛ん で、海パンのみ着用で海へ飛び込む設定です 僕の知識は、30メートルから飛び込むと海面がコンクリと同じ硬さに感じるという程度です(テレビより) 飛び込み経験者が飛ぶ場合と、泳げはするが飛び込み未経験の人が飛ぶのと、両方教えてください。 効率のよい飛び込み姿勢も教えてください。 ここで、空中で気を失って飛び込み体勢がとれないというのは無しとします。 飛び込みといえば、松岡修造のリポートで見た馬渕さん凄いですね。 手をとがらせて飛び込むのではなく、手のひらで水面に穴をあけて潜るというのは素人には考えつくはずもありません。 しかしこれは高さがあると手は粉々でしょうか? 高さがあったら手をとがらせる方がいいのでしょうか? それとも足先から潜る方が安全でしょうか? ということで、飛び込んでも生きていられる高さと、安全な飛び込み体勢 この二つを教えてください! 一応コチラが52mの世界記録になっています。 4256 meters プロでも命がけですね。 高さは5mからは、飛び込み方や角度/水温などの関係で危険になります。 水面がコンクリ状態になるのは水温と大きく関係し 水温20度だと5mでも死ぬほど痛いです。 30度あると5mで打ってもいたくありません。 素人で飛び込みの知識が無いなら、足(足の裏で水面をとらえる様にして) 飛び込んでください。 飛び込みで危険なのは水面で打って内臓破裂するなどではなく。 入水した際に首や腰骨を曲げられ骨折してしまう事です。 そのため、飛び込みの選手は水中に入ったらおなかの方にでんぐり返しをしています。 ところが素人さんは水泳の飛び込みのように反って前に上がろうとして 腰骨を折ってしまう訳です。 足からはいればこの心配は無く失敗してもお尻や腿の裏が痛いだけですみます。 とは言っても、素人が5m以上(例えば10m)で足から入ろうとしても、 空中で傾いて顎や顔や耳から入ってしまう事も有るので なれるまでは5mが限界と思ってください。 可能性のある怪我は、頸椎骨折/腰椎骨折/肩の脱臼/ 網膜剥離/鼓膜破裂/胸部圧迫骨折/手首の骨折 腕を水平にしていると以外と肩の脱臼をします。 また手のひらで水を受けているのは安全の為ではなく、 スプラッシュが上がり難くする目的です。 また手先/足先を尖らせて入ると入水が深く入ってしまい 5mの水底に激突する事があります。 その為にも足裏から入った方がいいでしょう。 >飛び込んでも生きていられる高さと、安全な飛び込み体勢 取りあえず「足から」で、手は「きおつけ」もしくは「万歳」で 高さは5m、それ以上は運まかせになります。 運が良ければ生きていられるでしょうが、 最悪の事態が起これば7.5mでも人は死にます。 そのように認識してください。 何事も段階を踏む事が大切ですよ。 私は10万回以上は飛び込んでいると思いますが。

次の

人体が水面に落下する場合、生死の分かれ目になる高度は?

水面 も コンクリ の よう に かとう なる

体重60kgの人が、50mの高さから、水面に腹ばいに落下し、1秒かかって衝撃を受けるとしましょう。 すると、水面に激突する直前の落下速度は約31. 3N・sが力積になります。 先の設定で、受けた時間を1秒としていますから1で割ります。 しかし、この数字の単位はN(ニュートン)ですから、これをkg(便宜上こう表記した)に直すために9. 8で割り、最終的に、この人の受けた衝撃は約191. 7kgとなります。 実際はこれよりはるかに短い時間で衝撃を受けるため、瞬間の衝撃は大きくなります。 仮に0. 01秒とすれば、その衝撃は100倍、約19. 1tになります。 実際は、空気抵抗・水の流体性により変わりますが、それでも衝撃は大きいでしょう。 お分かりいただけたでしょうか?なお、単位および力学の説明のため参考にサイトを挙げておきます。 参考URL: 投稿日時 - 2002-07-15 18:15:15.

次の