妊娠初期 下痢。 妊娠初期の下痢・腹痛で流産が心配…吐き気や冷や汗が出るときは?

妊娠初期は下痢しやすい?妊娠中の下痢の原因と対処法

妊娠初期 下痢

妊娠初期の身体の変化 妊娠中の妊婦の身体には、たくさんの変化が訪れます。 特に妊娠初期の頃は、赤ちゃんを育てるための身体になろうとする働きた強く、変化も急スピードなので、戸惑う症状も多いでしょう。 妊娠初期だけに限らず、妊娠中の妊婦さんを悩ますものに下痢の症状があります。 妊婦といえば便秘になりやすいというイメージがあるかと思いますが、実は下痢に悩んでいる妊婦さんも多いのです。 消化器官の弱い方は下痢になりやすい 一般的に、便秘になりやすかった方は妊娠すれば便秘に悩まされるようになり、お腹を下しやすかった方は妊娠すると下痢になりやすいと言われています。 そういう方は元々消化器官が弱く、腸で吸収されるはずの水分が吸収されずに残ってしまい、下痢となって一緒に排出されます。 また、その他に果物や飲み物を好んで多く食べるようなタイプの人は、水溶性植物繊維を過剰に摂取している事になり、排泄物が水分を含みすぎて水様物となって排出してしまいます。 それから以前よりストレスによる胃腸の慢性不調に悩まされている方は、妊娠時には顕著に現れる事が多いです。 妊娠初期の下痢の原因 妊娠中の下痢には、さまざまな要因が隠されています。 まず、妊娠中の妊婦の身体は、ホルモンバランスが変化し、不安定になりやすいのが特徴です。 ホルモンの影響として、プロゲステロンという物質が分泌されますが、これは妊娠を継続するために必要な作用を促します。 しかし同時に腸の運動を抑制する働きも生じてしまうため、下痢症状が引き起こされてしまうのです。 プロゲステロンの影響 プロゲステロンは、妊娠を継続するために必要なホルモンですが、腸の運動を抑制する働きも生じます。 このため、腸に溜まった便の水分コントロールが難しくなります。 便の水分がどんどん抜けていってしまうと便秘になり、水分が多すぎると下痢になります。 このため、妊娠中の妊婦さんは便秘や下痢など腸の症状に悩まされるのです。 便秘が原因の下痢 ひとくちに下痢症状といっても、その原因はさまざまです。 慢性的に便秘を繰り返すことが原因で下痢になることもあります。 一定期間腸内に便が溜まると、強制的に排出しようとする働きた強まるため、下痢になってしまいます。 つわりによる食生活の変化 妊娠中の妊婦にとって、つわりは妊娠初期症状として頻繁に発生します。 このことから、食生活のリズムが狂い、定時に食事を取りにくくなってしまいます。 固形物を一切受け付けず、流動食ばかり食べているという方は、水分がどうしても多めになってしまうため下痢症状を引き起こしてしまうのです。 また、便通に良いとされているヨーグルトや果物も、強く反応して下痢になることもあります。 食べ過ぎによる下痢 妊娠初期症状として、つわりがありますが、食べ続けていなければならないつわりも存在します。 いわゆる「食べづわり」と呼ばれる症状で、口に食べ物を常に入れておかないと、気持ち悪くなってしまうのです。 また、妊娠中の妊婦の体は、強く栄養を欲します。 このことから、いつもの食事量の2~3倍も多い量を食べてしまうようになるのです。 身体が栄養を欲しているとはいえ、食べ過ぎるとうまく消化することはできません。 結果、食べ過ぎにより下痢が引き起こされてしまうのです。 これ以上食べてはいけないとわかっていても、やめられないのが食べづわりの辛いところでもあります。 食べ物による影響(特に生もの) 今まで同じ食べ物を食べても平気だったのに、妊婦になってから食べると下痢をするようになった。 このようなケースもあります。 ヨーグルトのような乳酸菌が多い食品や、果物に多く見受けられます。 また、お寿司(生魚)や生野菜といった生ものも下痢しやすくなる食材です。 、加熱処理した物を食べるようにしましょう。 鉄剤を服用している場合 受精卵が着床した頃から、妊娠維持と赤ちゃんの成長のためにお母さんの血液が子宮へ優先的に回されるようになります。 日本の成人女性は貧血が多いですので、妊娠前から貧血治療として鉄剤を服用されている方も多いです。 しかし、鉄剤には副作用があって、服用すると胃腸を刺激するため下痢を引き起こすのです。 また女性ホルモンの影響で体質が敏感になっているので、今までは問題なかった薬もお腹を下す原因となる確率が高くなります。 鉄剤を日ごろから服用している方は、お腹の調子が悪くなった時には合わなくなった可能性もありますので、医師に相談してください。 免疫力低下による下痢 下痢は、妊娠初期症状として現れることもありますが、感染したことにより引き起こされることもあります。 妊娠中は、免疫力が低下することから食あたりも置きやすいのです。 妊娠中の妊婦が生ものを避けるようアドバイスされているのはこのためです。 また母体にとっては危険ではないものの、赤ちゃんにとって良くない影響を及ぼす可能性のある食べ物は、身体が自然と下痢で排除しようと働きかけます。 妊娠中は、とにかく赤ちゃんを守ろうとする作用が強まりますので、下痢は防衛反応の一つでもあると言えるでしょう。 自律神経の乱れによる下痢 身体の冷えやストレスが溜まって生理不順になってしまった経験を持つ方も多いですが、これは自律神経の乱れが原因です。 自律神経は身体の機能をコントロールする為の非常に大事な神経系統で、脳の視床下部でコントロールをしているのですが、実は女性ホルモンも同じ視床下部で分泌のコントロールを行っています。 この2つは非常に密接しているので、妊娠時のように急激に女性ホルモン分泌量が増加した場合は、腸のぜん動運動をコントロールしている自律神経も乱れてしまい、下痢や便秘が起きやすくなるのです。 妊娠初期の下痢対策 まず上記の原因の対策を行うことが大切です。 また妊娠中なので手軽な対策をご紹介いたします。 身体を温める事が一番 妊娠初期の下痢は女性ホルモンや自律神経の乱れから来るので、根本から治すことは出来ませんが症状を軽くする事なら可能です。 つわりが始まると湯気や温めた料理の匂いがダメ、と冷たい物ばかりを飲んだり食べたりしてしまいがちです。 冷たいものはムカつきも抑えられるので、アイスやゼリー・冷たいお茶などが食事代わりになっている方もいるかもしれません。 お腹が冷えれば下痢になってしまうのは明白です。 しかし温かいものが無理ならばお腹をタオルで巻いたりカイロを乗せたりして、これ以上お腹を冷やすのを避けましょう。 水分補給はスポーツドリンク? あまりにも下痢が酷いようだと、体内の塩分までも排出されてしまい、ただの水では吸収しづらくなります。 そんな時に便利なのがスポーツドリンクですが、甘すぎて余計に気持ち悪くなるパターンも考えられるので、そんな時はスポーツドリンクを倍の水で薄めて飲むようにすれば、甘さも適度に感じ吸収効率も上がります。 ただ種類によっては、下痢を更に悪化させる甘味料が含まれているものもあるのでよく確認して下さい。 気になる場合は手作りしても美味しく飲めます。 下痢用の薬は勝手に飲まない 妊娠中に下痢が続くと、このままでは流産すると思い込み、急いで下痢をストップさせようと薬を飲もうとする妊婦の方がいらっしゃいます。 下痢が続いているとは言え、自己判断で薬を服用するのは絶対に避けてください。 効き目が優しいタイプの薬であっても、妊娠中の妊婦の身体に悪影響を及ぼす危険性があるからです。 下痢を薬で緩和させたい場合は、婦人科の先生に相談し、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。 妊娠初期の長引く下痢に注意を! 下痢症状は、妊娠中の妊婦にとってよくあることです。 しかし、何日も続いてしまうような、ひどい下痢の場合は注意が必要です。 妊娠初期症状としての正常な下痢であっても、長く続くことで身体が脱水症状を引き起こす可能性があります。 下痢では身体の水分が多く体外へと排出されてしまうため、水分不足に陥ってしまうのです。 また、妊娠中の妊婦の身体は、赤ちゃんのために子宮に水分を優先して集中させます。 このことからも、水分不足は体調にも影響してくるのです。 また、下痢による脱水症状が続くと慢性的な栄養不足に陥る危険性もあります。 赤ちゃんが成長するための栄養が欠如すると、発育が遅れる原因にもなりますので、早めに病院を訪問し点滴などで対処してもらうようにしましょう。 つわりと重なり深刻な場合は入院する事も 通常はあまり心配する事のない下痢ですが、あまりにも長期に渡りそれが原因で体重が減ってしまうような場合は、入院を勧められる事があります。 妊娠初期はちょうどつわりの時期なので、つわりの重い方が下痢になってしまうと何も食べられずに水分は体から出て行くばかりで、脱水状態になりかねません。 また体内の水分不足は、血液の流れを鈍らせて子宮の環境を悪くしてしまい、赤ちゃんの発育にトラブルが起きてしまう可能性も考えられます。 下痢が続いて肌がカサカサになったり、だるくて腕を動かすのも億劫なほどになってしまう前に医師に相談しましょう。 入院するほどではないとしても、医師の状況にあった処置が必要になります。 併せて発熱した場合は注意 女性ホルモンの増加や受精卵が着床した後に絨毛繊維から分泌されるhCGホルモンなど、身体が今までにない状態へと進むので、それに伴う下痢などの諸症状は妊娠初期にはよくあります。 お腹の不快感や下痢のみならば良くある事と何も心配ないのですが、発熱や嘔吐などの症状がある場合は受診した方がよいでしょう。 これらを伴う下痢は、ノロ・ロタといったウイルス、または大腸菌・サルモネラ菌などの細菌に感染した可能性が高いです。 周りに感染させて自身も再発する可能性が高くなってしまうので、もしかしたらと思ったらなるべく早く治療を行いましょう。 下痢と流産の関係性は? よく、妊娠中の妊婦が下痢を長引かせると流産すると言われていますが、 流産の原因は下痢ではありません。 下痢は、体内のものを排出しようとする作用を強く感じるものですので、どうしても流産のイメージを抱きやすいのでしょう。 外出できないほどの下痢なら、一度受診する必要がありますが、通常のトイレの回数で済むようなら、そこまで強く心配する必要はありません。 下痢で子宮収縮はよくある事 下痢になるとお腹がぎゅーっと縮むような感じがしますね。 これが何回も続くともしかしたら流産してしまうのではないか、と不安になる方も多いでしょう。 下痢になると腹圧がかかり、それにつられて子宮も収縮するのですが、だからといって子宮内にまで影響を与える事はありません。 妊娠後期のお腹が大きな状態で下痢になっても、子宮収縮を強く感じる以外お腹の赤ちゃんへの影響はほとんどありませんので安心してください。 それよりもお母さんが不安に思って精神的にダウンしてしまう方が、お腹の赤ちゃんへの影響は大きいので、あまり思い悩まずに自分が出来る対策を始めてみてはいかがでしょうか。 痛みを伴う場合は注意が必要な場合も 妊娠中の妊婦の下痢症状は、妊娠初期に多く見受けられるものです。 しかし、強い痛みを伴う下痢には注意が必要な場合があります。 何かに感染している場合もありますし、流産の兆候として現れる時もあるからです。 ポイントは痛みの程度で、我慢が必要なほど痛む場合はすぐに婦人科の医師に診断してもらいましょう。 切迫流産の場合、早めに処置を受けて安静にすることで流産を免れることができます。 不安は早めに払拭、病院で診察を 妊娠中の下痢は、続いてしまうと不安がどうしても募るものです。 妊娠初期症状だと診断されても、不安が残る場合はもう一度病院で診察してもらうのも良いでしょう。 下痢により妊娠中の不安が増えてしまうことのほうが、悪影響だからです。 妊娠中の妊婦は、たくさんの変化が訪れる中でどうしても不安が募りやすくなります。 特に妊娠初期の頃は、慣れない身体に戸惑うことも多いでしょう。 だからこそ、少しでも不安を減らすためにも、下痢の悩みは相談して解消するべきなのです。 下痢は、多くの妊婦が体験しているものですので、話すのをためらい恥ずかしがる必要は全くありません。 ここまでのまとめ 妊娠中の妊婦の身体に起きる下痢についてご紹介しました。 妊娠初期症状のひとつとはいえ、下痢が長引くとさまざまな不安がついてくるものです。 そんな時には医師に相談し、適切な処置を受けてください。 妊娠中はたくさんの変化が起こりますが、ひとつひとつの不安を払拭し、生まれてくる赤ちゃんとの出会いを楽しみに毎日を過ごしていけるようにしましょう。

次の

妊娠超初期の吐き気はいつから・どんな感じ?下痢・腹痛・げっぷを伴ったり急におさまったりすることはある?

妊娠初期 下痢

妊娠初期の下痢予防のために注意したい食生活 妊娠初期に極力下痢にならないためにも、どのような食生活を心がければ良いのでしょうか。 生魚 まず第一に、刺身類やおすしなど生魚は極力避けたほうが良いでしょう。 これは下痢予防に限らず、一般的に言われていることで妊婦は生魚を避けるよう推奨されています。 なぜなら、魚に含まれる微量の水銀が胎児に悪影響を与える可能性があること、そして、生魚は細菌感染しやすく、抵抗力が弱まりやすい妊婦にはリスクが高いからです。 消化に悪いもの 第二に、消化に悪いもの、そしてもともと下痢の原因となりやすいものは極力避けたほうが良いでしょう。 人によっては、乳製品や果物、生野菜を食べると下痢になりやすい人もいますし、脂っこいものがダメだという人もいます。 夏野菜は体を冷やしやすい傾向にありますし、乳製品や脂っこいものは消化が悪いものが多いので、下痢になる可能性が高かまります。 同じ乳製品でも、ヨーグルトなどであれば消化に良いので大丈夫でしょう。 妊娠初期の下痢への対処法 規則正しい生活 下痢の症状を軽減する方法として、まず規則正しい生活を送ることが何よりも重要となります。 食事に関しては、1日3食きちんととること、そして食事内容についても栄養バランスのとれたものを食べるようにしましょう。 また、睡眠ですが量だけではなく質についてもしっかりと考えて、睡眠を取るようにしましょう。 食べ物や飲み物の注意点 下痢の軽減のためにも、消化の悪いもの、胃腸に負担のかけやすいものについてはできるだけ避けたほうが良いでしょう。 また、飲み物についてはまず水分の取りすぎに注意することが大事です。 過剰な水分の摂取は下痢の原因になりやすいからです。 夏場は特にですが冷たい飲み物もできるだけ避けたほうが良いでしょう。 ストレスを溜めない ストレスは下痢に限らず様々な病気の原因になります。 特に仕事をしている妊婦の方は仕事でのストレスもあるかもしれませんが、できるだけストレスを受けたとしても溜めないことが大事です。 自分なりのストレス解消法をしっかりと探して実践しましょう。 体を温める工夫を 夏場は室内の強いエアコンが妊婦にとって大敵です。 体の冷えは下痢につながりやすいからです。 そのため、職場など室内で自分で室温をコントロールできない状況にいる場合は、ブランケットなどを用いて、体を冷やさないようにすることが重要です。 秋から冬にかけては、腹巻などのグッズを用いるのも良いでしょう。 以上のことは、基本的なことですが、これらを実践して少しでも下痢の症状を緩和することができるでしょう。 下痢によるお腹の赤ちゃんへの影響は? 「お腹を下すと流産が心配」という声を時々耳にしますが、お腹を下すことが直接流産に結びつくリスクは考えにくいかと思います。 おなかを下す(下痢)症状が妊娠初期特有のホルモンバランスの崩れからくるものであれば、妊娠の経過と共に落ち着いてくることが多いです。 しかし、その原因が貧血であったり、食事を十分に取れないが故であったりする場合には、対処法をしっかり考えなければなりません。 まずは体を冷やさないで、栄養バランスの良い食事をすることから心がけてみてください。 photo by:).

次の

妊娠初期の下痢について知っておきたいこと

妊娠初期 下痢

妊娠初期の腹痛やチクチク感、腰痛、便秘や下痢、血が混じったおりもの……これって妊娠初期症状?流産は大丈夫? 妊娠初期の腹痛や、チクチクする違和感。 腰痛、腰が重い。 便秘、下痢。 血が混じったおりものなど、さまざまな身体症状に、「流産は大丈夫?」と不安になることはよくあります。 どうして症状が起こるのか、どんな症状の時に医療機関を受診したら良いのか、解説します。 Index ・ ・ ・ ・ 妊娠中の子宮 子宮は、受精卵が着床し発育する場所です。 膀胱と直腸の間にあって、大きさはLサイズの鶏卵大、重さ約70g、内部が逆三角形の腔状の筋肉でできています。 普段は子宮の存在を意識することはないでしょうが、妊娠すると、子宮は大きく重くなり、周囲の血管も怒張して、 妊娠経過が正常でも、月経痛程度の腹痛を感じることがあります。 もともと月経痛のある人は、妊娠初期の腹痛・腰痛を感じやすい傾向があります。 妊娠9週 腹痛の原因 子宮壁の局所収縮 ゴム風船を膨らます時、ゴムの厚さにムラがある間は膨らみにくく、ムラなく伸び始めると、急に風船は膨らみやすくなります。 子宮も 妊娠4ヶ月までは、子宮壁に厚い部位があり、痛みやチクチク感の原因になります。 妊娠5ヶ月には、ほぼ全体の筋肉が伸びて症状は軽減します。 昔から、妊娠5ヶ月からを安定期とするのは、胎盤の完成と子宮壁の伸展が理由です。 子宮筋腫があると子宮壁は伸びにくく、痛みを感じやすくなります。 骨盤全体が重くなり、日常生活には支障がなくても、反射的な動作はしにくくなり、身体的な違和感を感じます。 長時間の座り仕事、立ち仕事、ドライブなどで、同じ姿勢が続くと骨盤内や下肢の血流がうっ滞し、腹痛・腰痛・下肢痛の原因になります。 姿勢を変えて適切に動くことも必要です。 通常、妊娠経過とともに症状は改善します。 便秘による下腹痛では、便秘薬や浣腸が必要なこともあります。 下痢で腹痛になることもあり、この場合、下痢止めではなく整腸剤を服用します。 通常は妊娠5ヶ月になると症状は落ち着きます。 チョコレート嚢腫や腺筋症を伴う場合には、腹痛・腰痛がかなり強くなることもあります。 健診で、どの程度の症状なら受診をするのか確認しておきましょう。 「子宮の中に出血の跡がある」などと指摘されますが、これは正常の妊娠経過の範囲でよくあることです。 不正出血や腹痛を伴う場合には、安静を指示されるかもしれません。 しかし 「月経痛でこんなに痛い思いをしたことがない」「月経痛なら、薬を飲んでいる程の痛み」「夜、痛みで寝られない」などの場合には、医療機関に連絡して受診の相談をします。 「月経痛より軽い」「痛かったが、いつのまにか寝ていた」なら、次の健診で相談してみましょう。 妊娠経過や腹痛を伴うかどうかで、すぐに受診か、外来受診か、指示があります。 とはいえ、わずかな出血が下着に付いただけでも心配になるものです。 仕事を持っている方は、診察を受けて、休業診断書を書いてもらうこともできます。 24時間体制ではない施設では、流産が進行した場合を考慮して、24時間体制の連携施設などに、あらかじめ紹介される場合もあります。 妊娠初期の流産について 妊娠初期の流産は、胎児に原因があることが多く、腹痛や不正出血などの自覚症状があっても、 「もっと早く、病院を受診して薬で治療していれば、流産せずに助かったのに……」 「仕事を休んで、家で安静にしていたら、流産しなかったのに……」 と言うことはほとんどありません。 一方、特に自覚症状がなく、順調と思って定期健診に行ったのに、超音波検査で胎児心拍が停止しており、子宮内に留まった流産、稽留流産と診断されることもあります。 つまり、流産の可能性をあらかじめ正確に診断することはできず、残念ながら有効な対策もありません。 しかし、ちょっとした症状でも心配な場合には、電話相談をためらう必要はありません。 これからお世話になる施設の対応で、自分に合うかどうかの判断に役立ちます。 関連記事 ・ ・ 妊娠初期週数別記事• 妊娠1カ月()• 妊娠2ヶ月(・ ・・)• 妊娠3ヶ月(・・・)• 妊娠4か月(・・・)• 妊娠5ヶ月(・・・).

次の