ファミマ ゆうちょ 銀行。 ファミリーマートのATMは振込を現金でできる?やり方まとめ

ファミマのATMで使える銀行まとめ!手数料が無料になるカギは…

ファミマ ゆうちょ 銀行

セブンイレブン• ローソン• イーネットのATMのあるコンビニ• ファミリーマートの専用ATM このような感じ。 最後のファミリーマートの専用ATMと聞いて、頭にはてなマークが浮かんだ方もいるかもしれませんね。 これについて少しご説明しましょう。 ファミリーマートでは、以前イーネットのATMのみの取り扱いでしたが最近ではゆうちょ銀行のATMを設置する店舗も出てきました。 どちらにせよお金をおろしたりすることは可能なのですが、 ゆうちょ銀行のATMでゆうちょ銀行のキャッシュカードを使う場合はいつでも手数料が無料になります。 コンビニでお金をおろす(取引をする)=手数料がかかって勿体ないというイメージが強いので、この提携にはちょっと良い意味で驚かされますね。 では、コンビニでも取引ができない時間があるのでしょうか?また、手数料はどんな感じ?更に詳しく解説していきますね。 コンビニでの利用時間と手数料 コンビニのATMでは、ゆうちょ銀行の取引時間はどのような感じなのでしょうか?手数料と合わせてお伝えします。 店舗によって(ATMを管理する銀行によって)、例外はありますが、• ミニストップではお店によって二種類のATMがありますので、多少利用時間に差がありますが、日曜日の夜中から月曜日の早朝にかけての時間帯でしか差があまりありません。 基本的にほぼ24時間対応しているATMが多いということがお分かりいただけたのではないでしょうか?23時過ぎから日付が変わるころに使えない時間帯がある、と覚えておくとよいかもしれません。 月曜日の早朝も利用できないところが多いので、そこも注意したいポイントです。 さて、気になる手数料についてです。 ゆうちょ銀行と提携しているATMでの手数料は次のように決められています。 おすすめ関連記事• ゆうちょ銀行の郵便局でしかできないこと コンビニATMだけでなく、ファミリーマートには専用のゆうちょ銀行ATM出張所ができました。 (現在のところ地域限定です。 )しかし、そこでもできないのが通帳記入。 入出金は大丈夫ですが、コンビニATMでは通帳が使えないということは覚えておいた方がよいでしょう。 記帳については、の記事で更に詳しく解説していますので、参考にしてください。 また、定額貯金・定期貯金などは郵便局などのゆうちょ銀行のATMでしか取引ができません。 ちなみに郵便局では窓口に行かなくても、通帳を使ってATMから貯金することもできます。 基本的にコンビニATMでできることは、残高照会と入出金と思っておけば間違いありません。 ゆうちょ銀行を更に便利に使う方法を以下の記事で詳しく紹介しています。 まだまだ全国にあるわけじゃないんだね。。 でも、ファミリーマートにゆうちょ銀行のATMが設置されていくのはメリットが大きいよね! 利用時間と手数料 利用時間ですが、23:55~0:05・第三月曜日の朝7:00まで以外ならほぼ24時間使えます。 日曜祝日なども関係ないので、ファミリーマートさえ空いていれば入出金がいつでもできる優れものなのです。 ほぼいつでも使えるといっても、やはり手数料が気になるもの。 コンビニATMの「お約束」で深夜は手数料が倍くらいかかるのでは?なんて心配になりますね。 しかし、ファミリーマートのゆうちょ銀行ATMならいつでも入出金の手数料は無料です。 深夜や早朝でも安心してお取引ができます。 今後さらに対象の地域が拡大していくことに期待したいですね。 さらなるATMの利用方法を以下の記事で詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてください。 おすすめ関連記事• まとめ 多くのコンビニでほぼ24時間に近い利用時間が確保されているゆうちょ銀行。 出先などでお金が必要になったりしても焦らなくて済みますね。 しかし、1日のうちや曜日によって使えない時間も存在しています。 23時台後半から日付が変わる頃は使えないATMが多いので、そこには十分注意しましょう。 ちなみに月曜日の早朝にも稼働していないところが多いですね。 朝7時になれば、ほぼ確実に利用できますのでこの時間にも気を付けてみてください。 また、手数料は平日の昼間・土曜日の14時までであれば108円で済みますが、それ以外の時間帯では倍額の216円になってしまいます。 手数料のことを考えるとなるべく少ない回数で取引を済ませた方がよいでしょう。 全国のコンビニで取引が可能なゆうちょ銀行。 困った時に頼りになること間違いなしといえそうです。

次の

ゆうちょ銀行はコンビニATMで使える?手数料無料や振込はできる?

ファミマ ゆうちょ 銀行

ファミリーマートのゆうちょATMは24時間手数料無料! 私ヨッシーはゆうちょ銀行の口座をプライベートではメインバンクに使っているので、最寄りの郵便局にゆうちょ銀行口座の入出金に行く機会がよくりました。 そんななか、地元(美濃加茂市)にここ1・2年でファミリーマートが急激に増えまして。 (サークルKが全てファミリーマートに鞍替えした関係です) で、割と最近知ったんですが、 そのファミリーマートの店舗内に設置されている「」のATMなら、ゆうちょ銀行口座の入出金をゆうちょキャッシュカードで24時間・曜日・休日にかかわらず手数料無料で行えるのです。 おまけに自宅からだとファミリーマートと郵便局への距離はあまり変わらないんですが、ファミリーマートのほうが駐車場も広くて車を止めやすい事情もあり、最近はゆうちょ銀行の入出金はファミリーマートのゆうちょATMばかりを利用するようになりました。 ファミリーマートのATMは「ゆうちょATM」と「イーネットATM」の2種類あります(多分)。 なので店舗のATMがイーネットATMの場合は、時間帯によって手数料が無料と有料の場合があり、具体的な料金は下記の通りです。 イーネット(E-net)ATMの手数料 時間帯 手数料 平日(8:45~18:00) 無料 土曜(9:00~14:00) 無料 上記時間帯以外 (休日含む) 216円 税込 ちなみにATMの種類はの店舗検索ページの店舗一覧のお取り扱いの項目のATMのアイコンに記載がありますので、参考までに。 上記表のように自宅近くにある上記2つのファミリーマートは、片方はイーネットで片方はゆうちょATMでした。 この2種類のATMは見た目も違うので見れば分かると思いますが、不安な人はファミリーマートの店員さんに聞いてみるのが早いかもです。 ゆうちょATMが設置してあるお店です。 店舗に入って奥のほうに「ゆうちょATM」があります。 ATMの前に立って、画面の指示にあるようにまずはカード挿入口に「ゆうちょキャッシュカード」を挿入します。 よいしょと。 すると、取引選択画面になるので、自分がしたい操作を画面タッチで選びます。 「お預入れ(入金)」「お引き出し(出金)」「残高照会」を使うことが多いと思いますが。 入金する(お預け入れ) 上記の取引選択画面で「お預入れ」を選ぶと、ATMの紙幣口が開くので、ここに入金する紙幣をそろえて投入します。 こんな感じで。 すると自動計算で投入した金額が画面に表示されるので、間違いなければがなければ、画面右の「確認」ボタンをタップします。 その後、キャッシュカードの利用明細が出てくるので、忘れず受け取って入金完了(預け入れ完了)です。 出金する(お引出し) 出金する場合は、取引選択画面で「お引出し」を選びます。 すると暗唱番号の入力を求められるので、ゆうちょキャッシュカードの暗唱番号を入力します。 続いて出金金額を入力する画面が開くので、出金する金額を画面にタップして入力します。 入力した出金金額を確認して正しければ、「確認ボタン」をタップします。 最後に「明細表を発行する・発行しない」をタップして選びます。 その後、ゆうちょキャッシュカードがカード挿入口から出てくるので受け取ります。 続いて紙幣口が開くので、出金金額の紙幣を受け取ります。 これで出金完了です。 以上、「ゆうちょ銀行の入出金をファミリーマートのATMでやる方法・手順」でした~。 イーネットATMの場合も同様の手順です。

次の

ファミマのATM『ゆうちょ銀行』が神!振込も24時間タダ!?

ファミマ ゆうちょ 銀行

2014年からファミリーマートに設置をはじめた新しいATMなので、まだ近くのファミリーマートに設置されていない場合もあります。 ゆうちょ銀行のATMで緑色が特徴的で、「JPバンク」のロゴが大きくATMに書かれています。 従来型は下にモニターがあり上に利用可能銀行などが書かれていましたが、新型では従来型よりもスリムになり上画面がモニターになります。 平日だけでなく土曜・日曜・祝日も利用可能で、郵便局以外の金融機関でもゆうちょATMは使えます。 通帳と硬貨の使用はできなく、カードと紙幣の使用のみとなっています。 銀行共同ATMで都市銀行から地方銀行まで利用できます。 赤い色のATMでイーネットのロゴが書かれていて目隠しの板が丸なのが特徴です。 設置店が多くイーネットのATMとゆうちょのATMを間違える人も多いのでATMの色で判断してください。 土曜・日曜・祝日も利用可能で、ATMで使えるのはカードと紙幣のみとなっています。 新型のイーネットATMは従来型よりもスリムになり、受話器がつきました。 受話器でガイドをしてくれて目の不自由な人でも利用しやすくなりました。 りそな銀行のATMでりそな銀行、近畿大阪銀行、埼玉りそな銀行の使っている人は指定時間内で手数料無料で利用ができます。 バンクタイムのATMはファミリーマートだけでなくサークルK・サンクスにもあり2,920台設置されていましたが、2019年1月以降順次バンクタイムからゆうちょATMに置き換えられています。 ゼロネットワークスと大垣共立銀行が提携していたコンビニATMです。 ゼロネットワークスは2017年3月にファミリーマートに吸収合併され、2018年11月30日でサービスを終了しています。 ゆうちょATMで利用できる預入・振込・残高照会・送金は、平日も土曜・日曜・祝日もほぼ24時間利用可能で、厳密にいうと0時5分から23時55分の間利用できます。 しかし第3月曜日のみ取扱開始時間はが7時からになっています。 休日も利用可能と明記されていますが、年末年始やゴールデンウィークなど大型連休ではシステムの変更などによりATMの営業時間が変更することもあるので注意してください。 またゆうちょATMが利用できるのはお店が開いている時間内になるので、お店が閉まっていたらゆうちょATMの使用はできません。 預入また入金は紙幣だけ利用可能で、硬貨は入れることができません。 また通帳も使用不可でキャッシュカードでの預け入れになります。 使えるのはゆうちょだけでなく国内約1400社の金融機関と提携していて、提携金融機関のカードなら利用できます。 ゆうちょATMにゆうちょのキャッシュカードを使う場合は、預け入れにかかる手数料は無料です。 ゆうちょ以外の金融機関のカードでは金融機関によって手数料が異なります。 引き出しまた出金にはキャッシュカードが必要です。 ゆうちょのキャッシュカード以外に提携している金融機関のカードでの引き出しもできます。 ゆうちょATMでゆうちょ銀行キャッシュカードを使う場合、引き出し時の手数料は365日いつでも無料です。 引き出しは1000円から可能で、1回の引き出し上限は20万円までまたは各券種20枚までになっています。 引き出し限度額は1日50万円に設定されていますが、ゆうちょ銀行や郵便局の貯金窓口で申し込みをすると引き出し限度額と引き出し上限回数が変更できます。 限度額を引き下げる場合はゆうちょATMでもできます。 ゆうちょATMの引き出し方法• 1ATMにキャッシュカードを入れます。 2タッチパネルの「お引出し」をタッチします。 3手元のボタンで暗証番号を入力します。 4金額を入力します。 (単位を千にすると千円札で出てきます)• 5カードと一緒にご利用明細票が出てきて、お金も出てくるので取り出します。 ゆうちょATMで残高照会はできますが、通帳への記帳はできません。 ゆうちょATMにキャッシュカードを入れて、タッチパネルで残高照会を押すと画面に残高が出てきて今口座にどれだけお金が入っているのかを教えてくれます。 残高照会に手数料はかかりません。 預け入れや引き出しと同じで、365日ほぼ24時間利用できます。 残高照会をしてからそのまま引き出し画面に移動できるので、先に残高を調べておいてから引き出しも可能です。 振込また送金はできることと、できないことが細かく分かれています。 ゆうちょATMでできる振込は電信振替(ゆうちょ口座間の送金)・振込(他の金融機関口座への送金)・ペイジー料金払込・払込専用カードによる払込みの4つです。 ゆうちょATMでできない振込は、他の金融機関の口座へ現金での振込・払込用紙による通常払込み・他の金融機関のキャッシュカードでの振込です。 ファミマのゆうちょATMはゆうちょ銀行のキャッシュカードのみの利用になっています。 また振込した時間や内容によっては振込されるのが翌日以降になることもあります。 ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行への振込方法• 1ゆうちょATMの送金を選択します。 2次の画面で「ゆうちょ銀行へのご送金」を選択します。 3ゆうちょ銀行のキャッシュカードを入れて暗証番号を入力します。 4振込先の口座番号や振込金額を入力します。 5入力内容に間違いがないか確認して終了です。 ゆうちょ銀行から他銀行への振込方法• 1ゆうちょATMの送金を選択します。 2次の画面で「他行口座へのご送金」を選択します。 3ゆうちょ銀行のキャッシュカードを入れて暗証番号を入力します。 4振込先の金融機関や口座番号、振込金額を入力します。 5入力内容に間違いがないか確認して終了です。 暗証番号を長期間変えずに使っている方や、暗証番号を他人に見られた恐れがある方はATMで暗証番号を変更しましょう。 ATMで暗証番号を変更する方法は、タッチパネルの「暗証番号変更」をタッチして現在の暗証番号と、変更する暗証番号を入力します。 ATMで暗証番号を変更するときは自分のキャッシュカードが必要ですが、身分証などは必要ありません。 しかし現在の暗証番号を入力しないといけないので、暗証番号を忘れた場合は変更できません。 2017年から設置を開始したゆうちょATMの新型は日本語からタイ語やスペイン語など全部で16言語に対応しています。 日本への海外旅行でコンビニでお金を降ろしたいときに便利になります。 ファミマのゆうちょATMは国内の金融機関だけでなく、海外の金融機関が発行したカードも利用できます。 オリンピックや万博など海外の方が日本に来る機会が多くなるからこそ、このような海外向けのサービスは重要ですね。 新型ゆうちょのATMの対応言語• ・日本語• ・タイ語• ・英語• ・中国語(繁体)• ・中国語(簡体)• ・韓国語• ・マレー語• ・フィリピン語• ・ベトナム語• ・インドネシア語• ・アラビア語• ・フランス語• ・ドイツ語• ・ロシア語• ・ポルトガル語• ゆうちょATMは郵便局の銀行だけでなく、ほかの提携している金融機関でも使えます。 使える金融機関は国内だけでなく、海外や国際的な金融機関のカードも含まれています。 ゆうちょATMが使える金融機関は国内では1400社もあり、住信SBIネット銀行やソニー銀行などネット銀行も対応しています。 海外の金融機関が発行したカードで使えるものはVISA・PLUS・MasterCard・JCBなどです。 利用可能の金融機関(一部)• ・みずほ銀行• ・三井住友銀行• ・りそな銀行• ・三菱UFJ銀行• ・信用金庫• ・JAバンク ファミマATMでゆうちょ銀行の手数料が無料になる時間は? ゆうちょATMの郵便局の手数料が無料になる時間 ゆうちょATMの郵便局の手数料が無料になる時間は、365日0時5分から23時55分までいつでも無料で利用できます。 手数料がかからないのは預け入れと引き出しと残高照会です。 振込は内容によって手数料が発生するので注意してください。 ゆうちょ銀行以外でファミマのゆうちょATMを利用する場合には手数料がかかります。 しかし時間によってはゆうちょATMを無料で利用できる銀行もあります。 イオン銀行や新生銀行などは無料で引き出しや預け入れができます。 E-netATMの郵便局の手数料が無料になる時間 E-netATMの郵便局の手数料が無料になる時間は、平日8時45分から18時までと土曜日9時から14時までです。 無料になるのは預入と引出の手数料です。 郵便局とイーネットが業務提携したことでファミマにあるATMの手数料が無料になりました。 ほかの時間帯や日曜日と祝日の手数料は税込み216円がかかります。 ゆうちょ銀行がE-netATMで利用できるのは、入金・出金・残高照会です。 ゆうちょ銀行以外でファミマのE-netATMで出金と入力をする場合には、108円かえ216円の手数料がかかります。 ネット銀行によっては一定回数無料で利用できる場合もあります。 ファミマATMでのゆうちょ銀行の振込手数料は? ファミマゆうちょATMの振込手数料 ファミマゆうちょATMのゆうちょ銀行の振込手数料は、振込先や回数によって変わります。 電信振替はゆうちょの口座からゆうちょの口座に預り金を振り替える送金方法で、ゆうちょATMで振込すると手数料が月1回までは無料で月2回目以降になると123円発生します。 他銀行への振込はゆうちょ口座から他銀行への振込で、手数料は5万円未満216円で5万円以上432円かかります。 払込専用カードによる払込みの手数料は5万円未満で123円、5万円以上で339円かかります。 ペイジーの払込は、公金は30円一般では5万円未満で60円、5万円以上で280円かかります。 ゆうちょATMのペイジーサービス料金 一般 5万円未満・60円 5万円以上・280円 公共料金 5万円未満・30円 5万円以上・250円 公金 5万円未満・30円 5万円以上・30円 ファミマE-netATMの振込手数料 ファミマE-netATMのゆうちょ銀行の振込はできません。 イーネットATMでゆうちょ銀行が利用できるのは、預け入れと引き出しと残高照会の3つです。 イーネットATMで振込できる全国銀行は、三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行の5つです。 この5つの銀行はイーネットATMで、平日8時45分から18時まで108円でそれ以外の時間帯と土・日・祝日は216円振込手数料がかかります。 ファミマ以外のコンビニATMでのゆうちょ銀行の手数料は? セブンイレブンのコンビニATM手数料 セブンイレブンのコンビニATMは「セブン銀行」です。 セブン銀行でゆうちょ銀行が利用できる機能は、預け入れと引き出しと残高照会です。 預け入れと引き出しの手数料は平日8時から18時までと土曜日9時から14時までが108円で、それ以外の平日土曜の時間と日・祝日のすべての時間は手数料が216円になります。 残高照会はいつでも無料で利用できます。 使用できるのはゆうちょ銀行のキャッシュカードで、通帳は使用できません。 引き出しの限度額は20万円で、一度に引き出し預け入れできる紙幣の枚数は50枚までです。 コンビニのセブンイレブンに「nanaco」という電子マネーがあるのは知っていましたか?チャージをしておけば現金を使わずに買い物ができてポイントも溜まるお得なカードです。 nanacoについてはこちらでまとめているので、チェックしてみてください。 ローソンのコンビニATM手数料 ローソンのコンビニATMは「ローソン銀行」です。 ローソン銀行でゆうちょ銀行が利用できる機能は、預け入れと引き出しと残高照会です。 預入と引出の手数料は平日は8時から18時まで、土曜日は9時から14時までが108円です。 平日の0時5分から8時45分と18時から23時55分、土曜日の0時5分から9時と14時から23時55分は手数料が216円かかります。 休日と祝日もATMの利用は可能で終日216円手数料がかかります。 残高照会はいつでも無料で利用可能で、カードと紙幣のみの使用になっています。 ミニストップのコンビニATM手数料 ミニストップのコンビニATMは「イオン銀行」です。 イオン銀行でゆうちょ銀行が利用できる機能は、預け入れと引き出しと残高照会です。 残高照会はATM稼働時ならいつでも手数料無料で使用できます。 預け入れと引き出しの利用は平日休日関わらず手数料がかかります。 ゆうちょ銀行の手数料は平日は8時45分から18時まで108円で、それ以外の時間は216円です。 土曜日は9時から14時まで108円でそれ以外の時間は216円です。 日曜日と祝日はどの時間でも手数料は216円です。 ファミマのゆうちょATMを活用しよう コンビニのファミマに設置されているファミマATMは様々なことができますね。 郵便局のキャッシュカードなら365日ほぼ24時間無料で使えるのはうれしいサービスです。 出金や入金以外にもゆうちょATMでできる機能を活用してみましょう。 ファミマのゆうちょATMでは通帳は使えません。 通帳記入をしたいときに利用可能なATMや、コンビニATMでできることをこちらの記事でまとめているので読んでみてください。

次の