トイレ 詰まり お湯。 トイレつまりの直し方|バケツ→お湯→ラバーカップの順番で|きになるきにする

トイレのつまりは自分で解消できる?お湯を使った直し方とは?

トイレ 詰まり お湯

詰まりの原因 トイレの水が詰まってしまう原因とは? トイレの水が詰まってしまう原因としてよくあるのは、間違った使い方をしたために起こってしまうことが多いです。 間違った使い方とは、「流してはいけないもの」を流してしまうことです。 その「流してはいけないもの」とはどんなものがあるか、間違った使い方を例にして紹介します。 絶対やってはいけない!間違ったトイレの使い方 ティッシュペーパーを流すのは危険です! 実はあまり知られていないことですが、トイレットペーパーと見た目が似ているティッシュペーパーは素材が全く違うので、水に溶けにくく、塊として残り、大量に流すほど詰まる原因となるのです。 トイレットペーパーは水に非常に溶けやすいよう作られています、そのため多めに流しても流れていきますが、同じ量でティッシュペーパーを流してしまうと詰まりの原因になりますので注意しましょう。 物を便器に落としてしまったら、そのまま流していませんか? 子供のおもちゃや小さいアクセサリーなど、ふとした不注意で便器の中に落としてしまうことも少なくはないようです。 「汚いから取り出したくないなぁ・・・、流してしまおう!」ちょっと待ってください!見た目は流れていても配管の奥で詰まることがありますので、すぐに取り出すようにしましょう。 ちなみに水道修理業者に依頼することで、取り除いてもらえますので、依頼するのも一つの方法です。 紙おむつやペットのトイレ砂は絶対に流さない! 紙おむつや生理用品は水を含むことで膨張し、排水管の穴を余計に塞ぐことになってしまいます。 そしてペットのトイレ砂は吸水性が高いため、排水管にこびりついて残ってしまいます。 そのためこれらを流してしまうと深刻な詰まりのトラブルになってしまいます。 絶対にトイレには流さず、適した処理をするようにしましょう。 上記のことをやってしまうと、トイレつまりの原因となってしまいますので絶対におやめください。 状況別トイレつまりの対処法 時間を置いてみる 一度に大量のトイレットペーパーを流して詰まらせた場合、水が溢れ続けていない限りは時間を置いて待ってみましょう。 トイレットペーパーは水に溶けやすいので、自然と溶けていきます。 1~2時間程放置してみて、水位が下がっている様でしたら成功です。 水を少し流してみて、水が引いていくようでしたら、レバーで流して解決です。 溶けるのを助長させるアイテムを使う ペーパークリーナーはトイレットペーパーと比べると、水に溶けにくい紙になりますので、上で説明した時間を置く方法ですと、長期戦になってしまいます。 そこで、あるアイテムを使って対処します。 そのアイテムとは、重曹とお酢とお湯です。 使うアイテムは全て料理でも使える材料ですので安心ですね。 また、お湯を使用する場合は沸騰したばかりのお湯など熱湯を注いでしまうと便器がヒビ割れを起こす場合がありますので、絶対に入れないでください。 泡立ってきたら、1~2時間放置してみてください。 その後水位が引いていくようでしたら、試しにバケツなどを使ってゆっくりと水を流してみます。 水が引いていくようでしたら、レバーで流して解決です。 重曹でも溶けない紙の場合 重曹で溶かすことができない場合はラバーカップ(別名すっぽん)を使ってみましょう。 ラバーカップを使用する際の注意点として、和式タイプと洋式タイプがありますので、購入する際は注意してください。 見分け方として、先が出っ張っている方が洋式タイプになります。 和式トイレがある学校などで見かける、昔ながらの形が和式タイプです。 準備 使用した際に溢れ出したり、水が飛び散る可能性がありますので、床に新聞紙を引いたり、ラバーカップを通す穴を開けたビニールを便器に被せて使用するのがオススメです。 使い方 使い方のポイントとして、ラバーカップは押すものではなく、引いて詰まりを解消する道具です。 まずはゆっくりと押し込み、押し込むことができなくなったら、勢いよく引っ張ります。 このとき、水が飛び散りますので、準備でご紹介したビニールを被せておくと衛生的にも安心です。 この方法を数回繰り返します。 ゴポゴポと詰まりが解消されるような音と共に水が引いていけば成功です。 大抵は5回程で解決できるかと思いますが、それでもダメな場合は、トイレの取り外しなども視野に入れなければいけないため、業者に依頼するのが安全です。 おむつやおもちゃなど異物の場合は絶対に使用しないようにしましょう。 使用する事でその場では詰まりが解消するかもしれません、しかし、その後の排水升で詰まる可能性があり、そうなってしまってから業者に依頼すると大がかりな作業になり、莫大な費用が掛かってしまいます。 簡単な詰まり(本来流しても大丈夫な物が詰まること)であればラバーカップを使う事で自分でも解決しやすいのですが、やはり異物となると、難易度は一気に上がってしまうので業者に頼るのも一つの方法です。 最後に 今回は原因と対処方法を紹介しましたが、同時にここまでが初心者でも対処ができる方法、それ以降は業者に相談した方がいいかも、という線引きにもしてもらえると幸いです。 全国の幅広いエリアで水のトラブル出張業者が全国の幅広いエリアで水のお困りごとやご相談を承っております。 現地での お見積り・ご相談は一切無料 点検作業を伴う見積もりは有料 です。 緊急のトラブルでも専用の受付窓口で対応しております。 ご予約の際はご都合の良いお時間をお知らせください。 休日・祝日、昼夜問わず受付中です。 出張業者を初めてご利用になられる、という場合でも心配ありません。 コールセンターのオペレーターが優しく丁寧にご要望をお聞きいたします。 いつ、どの場所で、どのようなご依頼をされたいのか、しっかりと確認いたします。 安心して信頼できる業者に任せたい、いますぐ何とかしたい、料金の見積もりを取りたいなどお問い合わせはいつでもお気軽にお電話ください。 トイレつまり・水漏れなどの緊急性の高い水のトラブルに緊急出勤し、あなたの町の水のトラブルを解決します。 その他、キッチン・お風呂・洗面所などの水漏れ修理や水道修理、トイレの取付・交換など、幅広いサービスを行いますので、水のトラブルでお困りの際は、ジャパンベストレスキューシステム株式会社の水の生活救急車にご相談ください。 家庭でのトイレ詰まりの味方。 フラッシュバルブ 一定時間後に自動的に止まる機能をもったバルブ。 サニタイザー トイレの消毒液を供給する装置。 ロータンク 水洗トイレの水を貯めるタンク。 低い位置にある。 高い位置にあるのがハイタンク。 スパッター 便器と直下管を接続する短い継手管。 穴が小さいので子供の落下防止の役割もある。 金隠し 和式便器の先端の丸い突起部分。 クロスコネクション 上水の給水とその他の水道系が接続されること。 汚染につながるため水道法により禁止されている。 ポペット式、スイング式、ウエハー式、リフト式、ボール式、フート式などの方法がある。 節水コマ 樹脂ゴム製の部品で、内部に取り付けて蛇口の水の勢いを殺し省エネ効果をもたらす。 オリフェス板 水道管などを絞る円形の板で流水量を抑える。 節水目的にも用いられる。 油が下水道に流出するのを防ぐ。 また、悪臭や害虫を排水溝から屋内に侵入させないためのもの。 サイホン式 水が管を流れるとき出発地点より高い地点を通る装置、原理。 灯油ポンプにも用いられている。 これを利用したトイレをサイホン式トイレという。

次の

なぜトイレの詰まりにお湯が良いと言われているのか|水漏れ・つまりの修理なら水の生活救急車(年中無休)

トイレ 詰まり お湯

Contents• トイレがつまった時に試す『6つの対処法』 普段はきちんと流れるトイレが急に逆流すると慌ててしまうものですよね。 焦らずに今起きている症状に合わせて対応してみてください。 共通して使う道具は下記です。 バケツ• ビニールシートや新聞紙• ゴム手袋• マイナスドライバー• 灯油ポンプ• ぞうきん (参照:) ラバーカップ(すっぽん)を使う ホームセンターなどで購入できる「ラバーカップ」は、トイレのつまりを手軽に改善できる道具です。 よく「すっぽん」と呼ばれたりします。 まず便器の中の水を少し汲み取り、排水路の入り口にカップを押し付けるようにして、次に引き上げます。 この動きを何度か繰り返しましょう。 実は、この 「ラバーカップ(すっぽん)」は押して使うのは危険なんです。 意外とやりがちな行為ですが、「ラバーカップ(すっぽん)」の正しい使い方を紹介している記事もあるので確認してみてください。 ぬるま湯を流す トイレットペーパーやティッシュペーパーが詰まってしまった場合には、トイレに40~60度のぬるま湯を流すことで、つまりを改善できることがあります。 しかし!! 温度が高すぎると便器が割れてしまうおそれがありますから、注意して行いましょう。 しばらく時間を置けばお湯を遣わなくても自然と溶ける場合もありますが、お湯を使うと溶けが早くなるのでオススメですよ。 尿石除去剤を使う 古いタイプのトイレや、家族が多く頻繁にトイレを使用する家庭などは尿石が排水口に蓄積し、そこにトイレットペーパーが引っかかることで詰まる場合もあります。 使用方法は便器の中に入れて規定の時間放置し、水で流すだけですが、何度か繰り返すことで効果が期待できる場合があります。 ただし、尿石除去剤などの薬剤は便器に投入してから時間を置くものが多く、即効性が期待できないことが注意点です。 ワイヤーブラシを使う 「ワイヤーブラシ」とは、専門業者も扱うことのある道具です。 細長いワイヤーを便器に差し込むようにして、先端で排水路に詰まった異物を崩します。 難易度の高い方法であるため、慣れていない方はまずラバーカップを使うのが無難です。 バケツやペットボトルで水を流す バケツやペットボトルで水を汲み、勢いのある水流を作るようなイメージで、便器に水を流しましょう。 トイレの水位が高くなってしまっている場合は、事前に便器の水を汲み取って減らしておくとともに、周囲に汚れ防止のビニールや新聞紙を敷いておいてください。 パイプクリーナーを使う ラバーカップと似た、トイレのつまりを改善する道具に、「パイプクリーナー」があります。 付属のポンプで吸引力を高めるため、落とし物などの硬いものが詰まってしまった場合も、取り除くことができます。 トイレが詰まってしまう原因は? トイレが詰まってしまったのには、一体どのような原因があったのでしょうか。 よくあるトイレつまりの原因をご紹介します。 トイレットペーパーや排泄物の詰まり 最も多いのはトイレットペーパーや排泄物を大量に流して詰まるケース。 必要以上に流すものの量が多いことで起きる場合もありますが、流す水量に問題があることも。 近年のトイレは少ない水量で流せる節水タイプのものが多い上に、貯水タンクにペットボトルを沈めて少量で済むよう調整しているケースもあります。 トイレットペーパーは水溶性ですが、十分な水量がないと溶けるのに時間がかかるために詰まってしまいます。 また、 安めのトイレットペーパーは水に溶けずに詰まりやすくなる傾向があります。 詰まりやすい構造になっている箇所がある トイレの種類によっては、排水管につまりが起こりやすい構造となっている箇所がある場合があります。 よくトイレつまりが起こるのは、便器から流れた水が通る排水路の途中、急なカーブによる「せき」がある箇所です。 また、排水口の出口でもよくつまりが起こります。 水に溶けない異物が紛れた 基本的に、トイレに流すことができるのは、水に溶けるトイレットペーパーのみとなっています。 それでは、異物の例としてはどんなものが考えられるのでしょうか? 以下のアンケート調査では、ご家庭でよくある異物の事例をご紹介します。 みんなに聞いた!トイレに流してしまったことがあるものは? トイレットペーパーを大量に流した• お腹の調子が良くなくて複数回続けてトイレに入っていたら、結果的にトイレットペーパーを大量に流してしまったことになり、トイレが詰まってしまった。 (女性・43歳・埼玉県)• 厚手のトイレットペーパーを購入し、その時はお腹を壊していたこともあり、いつもより多く使用し流したところトイレが詰まってしまいました。 (男性・31歳・東京都) ティッシュペーパーを流した• トイレットペーパーが切れてしまったので応急処置でティッシュペーパーを使ったら、つまりました。 (男性・30歳・神奈川県)• 水に溶けるポケットティッシュを愛用していました。 出先のトイレを使った際、ポケットに入ったティッシュを使って流したらつまりました。 うっかり普通のティッシュの方を流してしまっていたようです。 (男性・25歳・沖縄県) トイレ用のお掃除シートを流した• 流せるタイプのお掃除シートだったので気にせずに流していたら詰まってしまいました。 家のトイレの水流が弱めだったのが原因でした。 (男性・37歳・神奈川県)• 掃除をしながらこまめにお掃除シートを流さずに、まとめて流してしまったため詰まってしまいました。 (女性・39歳・福島県) 落とし物をそのまま流した• 誤って携帯を落としてしまい、トイレが詰まって水があふれました。 (女性・39歳・愛知県)• 会社のトイレに手鏡を誤って流してしまい詰まらせました。 (女性・45歳・兵庫県) 生理用ナプキン・おむつ・ペット用シートを流した• 介護の仕事をしていて、利用者が誤って落としていたおむつを知らずに流して、ポリマーが膨れて詰まってしまった。 (女性・42歳・山梨県)• 生理が始まったばかりの頃、ナプキンの使い勝手がよく分からず流してしまったことがあります。 しかも夜用…。 (女性・22歳・宮城県) 吐瀉物や食べ残しを流した• 嘔吐物を大量に吐き出してしまい、詰まらせました。 (男性・38歳・長野県)• 腐りそうになったプロテインを流した結果詰まってしまいました。 (男性・47歳・京都府) 猫砂を流した• 動物を飼っており猫砂がつまりの原因になると分からず流してしまい大変なことになりました。 (男性・37歳・大阪府)• 流せる猫砂でしたが一気に流しすぎてつまりました。 (男性・37歳・大阪府) 解説 通常であればトイレに流しても問題がないはずの「トイレットペーパー」ですが、流す量によっては異物となり、つまりの原因となってしまう場合があります。 どうしても量が多くなってしまう場合には、何度かに分けて流すなどの工夫をして、トイレを詰まらせないために注意しておきましょう。 また、意外と水に溶けないものに「ティッシュペーパー」「トイレ用のお掃除シート」「おしりふき」「汗拭きシート」などがあります。 いずれもトイレットペーパーと同じ紙製品ではありますが、水に流すことができません。 同様に、生理用品やおむつも流さないようにお気をつけください。 ペットの排泄物や吐瀉物など、一見するとトイレに流しても問題なさそうに見えるものが、つまりを引き起こすケースもあります。 水を吸収しやすい猫砂は排水路にこびりつきやすく、油分の多い吐瀉物は水流を悪化させます。 つまりの原因として思い当たることのある方は、次の対処法をお試しください。 スポンサードサーチ 該当してたら要注意!トイレつまりが起こる前兆 トイレが流れなくなってしまったり、便器から水があふれそうになってしまったり…… 突然トイレが詰まってしまったらどのように対処していいか分からなくなってしまいますよね。 トイレのつまりが起こる前には、水の流れが悪くなったり、異常な音が聞こえたりといった前兆がみられます。 これらの異常に気づいたら、悪化させる前にすみやかに対処しましょう。 こちらでは、トイレの調子が悪いときに考えられる原因や、その対処法についてお伝えします。 トイレのつまりが起こる前兆には、以下の4つの症状があります。 もしもご家庭のトイレに該当する症状がみられた場合には、注意しておきましょう。 水位が高くなる トイレで水を流したときに、便器の中の水位が上昇することがないでしょうか? 正常な状態であれば、水を流しても便器の水位は変わることがありません。 このような症状が見られるときは、トイレの排水路がつまりを起こしたことによる不具合が考えられます。 放置してさらに水位が高くなると、便器から水があふれ出てしまうおそれもありますから、早めに対処することをおすすめします。 水の流れが悪い トイレで水が流れるまでに時間がかかったり、水の流れが弱いと感じられたりするときには、注意が必要です。 このようにトイレの水の流れが悪いときには、排水路になにかが詰まり、水の流れをせき止めてしまっていると考えられます。 この状態でも水は流れるため、トイレを使い続けることができてしまいますが、放っておくとさらに症状が悪化します。 異変に気づいたら対策を採りましょう。

次の

トイレつまりの直し方

トイレ 詰まり お湯

人気コンテンツの目次• トイレつまりの解消方法!お湯や薬剤(薬品)を使って放置で溶かす まず絶対にやってはいけないことは? まずは 絶対にやってはいけないことを紹介します。 それは「わからないからといって業者をすぐに呼ぶ」ということです。 トイレ修理業者はすぐにトイレを直してくれます。 手際もよい場合があり、原因もちゃんと教えてくれるため便利と思われがちなのですが、注意しておきたいところがあります。 それは 「値段」です。 トイレの修理には値段がかかります。 しかも意外に高い業者が多く、最低でも4、5千円する場合もあり、手痛い出費となることは間違いありません。 従って、 節約することも考えると、すぐに業者を呼ぶのは得策ではありません。 なので、まずは下記でおすすめする方法を試して、どうしようもなかったら業者を呼んでください。 なぜなら、トイレの部品がないことによってトイレが機能しないのなら、自分ではどうしようもないからです。 共通の直し方!まずはラバーカップでカポカポしてみる まずは、どんな詰まり方をしていようが、 ラバーカップを使用してみてください。 ラバーカップをトイレに押し付けると、その吸引によって流れの悪い原因を吸引したり取り除いたりする効果があります。 もしかしたら、それをするだけでトイレつまりが解消するかもしれません。 なので、まずは問答無用でこちらを試してください。 また、ラバーカップ自体は安いもので千円もしません。 あらかじめ購入しておくことをおすすめします。 他のバケツ等に移し替えましょう。 それによって、詰まったトイレットペーパーをさっさと溶かすことが目的なのです。 おおよそ30分くらいで溶けてくれるでしょう。 節水によってトイレが流れない場合は? 節水によってトイレが流れなくなった原因は、 水の流れが弱いことで異物が残っているからです。 なので、 まずはラバーカップを使って吸引して、それでも解決できなかったら「尿石除去剤」を利用しましょう。 使い方は以下の通りです。 トイレつまりをスムーズに解決しよう! トイレつまりで絶対にやってはいけないことは焦って業者を呼ぶことです。 何でもかんでも業者を呼んでいると、気づいた時には余計なお金が結構かかっています。 なので、自分でトイレつまりを直せるようにしておくに越したことはありません。 また、水タンクの状態ケアも含め、常にトイレ掃除はしておきましょう。 これだけで、つまりの原因を減らせます。 ただ、今回紹介した方法でトイレつまりが解消しない場合にはすぐに業者を呼びましょう。 とにかく最初は何でも自分でやってみることがおすすめですからね。 おすすめ業者:詳細はこちらをクリック まとめ 困ったトイレの詰まりは、すぐに解消しましょう。 放置しておいても得することはありませんし、勝手に直ることもありませんからね。 ちなみに、今回紹介する方法でトイレが解消しなかったら、すぐに業者を呼びましょう。

次の