辛いも何もあるものか。 辛いものが無性に食べたいのはなぜ?身体に潜む意外な原因 | 女性の美学

【カプサイシンの効果】辛いものを食べると本当に痩せることができるのか?

辛いも何もあるものか

相手にそこまで期待しない 辛い過去を持つ・辛い経験をしたことのある人の場合、相手に期待しすぎることがありません。 それはなぜなのでしょうか。 それは、 「価値観」という言葉で説明できます。 価値観とは、ある種の集団における共通の認識のことを言います。 「こう考えるべき」ものとも言えるでしょう。 価値観は、ある程度共通しているものとは言え、根本的にその人の経験に由来します。 極端な例ですが、以前あなたが好きな女性に何かをプレゼントし、交際に至ることができたとしましょう。 するとあなたの中では、女性へプレゼントするという行為により、交際できるという結果へ至るという認識ができあがります。 しかしあるとき、プレゼントでは振り向いてくれない女性が現れたとします。 このとき、あなたの中の「価値観」は崩れてしまうのです。 「プレゼントしたのに、何故突付き合ってくれないのか」と思うのです。 お金や時間を無駄にした、とも考えてしまうでしょう。 「価値観」とはこういうものです。 ではこれが、辛い経験や過去を持つ人であればどうなるのでしょう。 先程の例と同じ状況で考えた場合、それほど裏切られた気分にはならないでしょう。 それは、 自分の好意に対しての見返りがあるとは思っていないからです。 そして、すぐに別のプランを考えたり、次の恋に向かって動いたりすることできます。 相手に期待し過ぎないため、よほどのことでない限りは受け流すことができるのです。 過去の経験談を話すことができる 今までの人生の中で、辛い目に合ったり、悲しい目に合ったりしたことが無い人などいないでしょう。 しかし、人にそういった過去のことを話すとなると、当時を思い出して辛くなり、つい口を閉ざすことはありませんか? 辛い過去や経験を持つ人は、こういった部分を いとも簡単に人に話してしまいます。 それは、一般的に見て重すぎる「多額の借金を背負った」や「両親からの虐待」という種類の話であっても変わりません。 何故、こういった人たちは過去を簡単に話せるのでしょうか。 一つには 過去の経験全てを、自分の糧と考えているからでしょう。 「過去の経験を経て、今の自分がある」ということを、良く分かっているのです。 辛い過去や経験を持つ人は、ある意味で自分をとても大切にしています。 そしてそれは、決して無駄になることはありません。 もし、あなたの周りにこういった特徴を持つ人がいれば、その人をじっくり観察することをおススメします。 何らかの良い影響を、きっとあなたに与えてくれるはずです。 人生を楽しんでいる いつでも楽しそうに過ごしている人がいます。 そんな人の中には、辛い過去や経験を持つ人がいるかもしれません。 ではなぜ、楽しそうに人生を過ごしているのでしょうか それは今までの辛い経験から、 「今」を楽しく感じているからです。 そしてそれは、周囲の人達にも自然と伝わります。 実際に私は、そういった人達を知っています。 ほんの少しのことで大きく喜び、いつでも笑っていました。 しかし時折、暗い影が表情によぎることもあり、辛い経験があることが読み取れました。 人生を楽しんでいる人たちからは、様々なことを学べます。 もし身近におらず、かつ、対人関係に磨きをかけたいならば、是非ともコミュニケーション教室を覗いてみて下さい。 そして、講師の人となりや雰囲気を観察してみましょう。 講師と合わないことや、考え方の違いに辟易することもあるかもしれません。 そうであっても、ほんの少し、2. 3回だけでも、講師の話を聞いてみて下さい。 おそらく、あなたの為になる何かかが見つかるはずですよ。 自分のことが好きで人生を楽しむ。 はほとんどいないのではないでしょうか。 プランが明確である 辛い過去や経験を持つ人は、 明確な目標を持ち、それに向けての計画をしっかりと立てているという特徴があります。 辛い経験をしたということは、過去に何らかの大きな失敗をした可能性が考えられます。 その失敗から学び取った事柄を、目標に向けて生かしているのです。 また、成功を勝ち取る為には 「努力」が重要であるということも、身に染みて理解しています。 目標が大きければ大きい程 例えばマイホームに向けての貯金や、仕事で大成功を収めるなど 、その努力量は膨大なものになります。 目標を叶える為であれば、些細なことでも努力を重ね、成功を手に入れることができます。 目標に向けてのプランが明確な為、そこまで頑張ることができるのです。 むしろ 「苦労は買ってでもしろ」の諺通り、自身で望んで苦労している側面もあります。 苦難を超えることに意味があると考える、比較的M傾向のある人と言えるかもしれません。 人助けに積極的である 辛い過去や経験を持つ人は、 困っている人を見ると助けずにはおけません。 そういった人たちは、自分を律して、高い目標に向かって邁進できる人が多いのですが、他人にも厳しいとは限りません。 例え自分が厳しい状態であっても、困難に陥っている人を見れば、即座に手を差し伸べてくれます。 自分にも相手にも真面目なので、勿論、おざなりな手助けではありません。 ささやかな悩み事であったとしても、全力で耳を傾け、手を貸してくれます。 困り事が解決した後でも、その後処理に手を貸してくれることでしょう。 しかし、こういった特徴はマイナス面に働くときもあります。 基本的に、周囲の状況を把握することが得意なため、友人・知人の間柄を取り持つ役目を担いがちです。 その結果、 本来自分には無縁であったトラブルすらも、招き入れてしまうときがあるのです。 人間的に深みがある 人間のもつ「深み」とは、一体どのようなものでしょうか。 それは、 確固とした「自分」を持ちながら優しく、浅はかでは無い人と言うことができるでしょう。 辛い過去や経験を持つ人は、この「深み」を備えています。 こういった人は自分の信念を守りながら、人を助け、周囲のことをよく見ています。 辛い経験をしてきているので、多少のことでは動じず、本来近付きたくないような人格の人にすらも、助けの手を差し出してくれます。 助言一つにしても、言葉数は少なくとも考え抜いた言葉を発します。 余計な一言や、必要であれば厳しい言葉も使うのです。 その実、心の奥には過去に関する傷があります。 その両方が重なり、人間的な深みを醸し出しています。 見る人からすれば、 ミステリアスな色気を持っていると言っても良いかもしれません。 辛い経験や過去を持つ人は、ある意味で底が知れないため、意図せず人を魅了します。 もっと深く知りたくなる魅力を持っているのです。 お金の管理ができ金銭感覚がおかしくない 辛い過去や経験を持つ人は、 金銭感覚に優れています。 お金にルーズなことは、 人との信頼関係を壊すものだと知っているのです。 その為、余計な出費をしたり、相手に出費させたりはしません。 お金を貸す立場になったとすれば、返して貰えなくても構わない程度の少額か、相手の経済状況を見極めて、返せる程度の金額を貸すことでしょう。 女性であれば、男性との食事でも割り勘を提案するでしょう。 自分にとっても相手にとっても、最も損にならない方法を取るのです。 本来、お金は何らかの労働を行うことによって、手に入れるものです。 無償で何かを手に入れる行為は、辛い過去や経験を持つ人にとっては、受け入れにくいのです。 お金に対ししっかりとした考え方を持つため、金銭面で対人関係に亀裂が生じることは無いでしょう。 苦労を受けて立つ 普通であれば、出来るだけ苦労は避けて通りたいと思いますよね。 しかし、辛い過去や経験を持つ人は、そうではありません。 むしろ正面から、その苦労を受けて立つのです。 何故ならば、 「苦労」が人生において、非常に重要なことだと考えているからです。 目の前に「辛い道」と「楽な道」があれば、必ず「辛い道」を選びます。 例えば、あなたが砂漠を歩いていて、喉が渇いて仕方がないとしましょう。 そこにオアシスが現れたとしたら、その喜びは非常に大きいはずです。 人生も、これに近いものがあります。 楽な道を選び続けるより辛い道を選んだ方が、後に訪れるご褒美に対しての喜びは大きいものです。 それを理解しているため、苦労を受け止められるのです。 また、自分とは別の行動をとった人に対しても、否定することはありません。 自意識が確立しているため、自分と他人の境界線をハッキリ引いているのです。 人の痛みが分かる 辛い過去や経験を持つ人は、 人が感じた「痛み」をよく理解してくれます。 それは、自分が過去に痛みを乗り越えてきたからに他なりません。 勿論、全てを理解できるわけではありませんが、出来る限り相手の立場に立って考えることができます。 代表的な例は、いわゆるいじめでしょう。 いじめを受けた人の気持ちは、同じくいじめられた人でなければ分かりません。 辛い過去や経験を持つ人は、過去に自分がしてもらいたかった行為や、かけて欲しかった言葉などの知識が有ります。 今までの知識を導引して、現在「痛み」を感じている人を助けてくれるのです。 私の知り合いには、過去のいじめを乗り越え、学校の先生になった人がいます。 彼は優しさに溢れ、悩む子供達の助けになっています。 小さなことに感謝することができる 辛い経験や過去を持つ人は、私達にとっては当たり前に存在する、日常的なことに感謝することができます。 通常、あって当たり前だと思うものに感謝することは難しいことです。 例えば自分が心身共に健康であることや、お金に困らず生活できていること、また、両親が健在であることなどです。 こういった日常的なもののありがたみは、死別や借金苦など、失って初めて気が付くことが多いでしょう。 しかし、辛い過去や経験を持つ人の場合、それらがあることがどれほど恵まれているものなのか、よく理解しています。 そのため、本当にささやかに思える事柄にも、心からの感謝を送ることができるのです。 普段こういったことを意識していない場合は、すぐに「ありがたさ」に気が付いて感謝するのは難しいことです。 しかし、いずれは失うときがくるかもしれません。 その苦労を乗り越えた先には、些細なことに感謝できる、 素晴らしい人格になっていることでしょう。 些細なことでは動揺しない 辛い過去や経験を持つ人は、 生半可なことでは動揺しません。 今までの、「苦労を乗り越えてきた」経験から、誇りを抱いている為です。 再度逆境に立たされたとき、その「誇り」は強さを発揮します。 自分が必ず、壁を越えられると知っているのです。 パニックに陥らず、冷静に状況を判断できるため、最善策を取ることができます。 例えば、あなたが以前、パワハラで会社を辞めた経験があるとします ところが転職先でも、そりの合わない同僚や、パワハラ上司がいたとしましょう。 しかし、あなたはさほど動じることはありません。 以前にパワハラを受けた経験から耐性が付き、ある程度なら受け流すことができるようになっているのです。 同じように、初めての会社に就職してすぐの頃は、右も左も分からずにオロオロしてしまいます。 しかし経験を積むごとに、徐々に強くなっていきます。 早い内に、苦労を積むことは決して無駄にはなりません。 嫌なことだと目を背けず、ときには正面から受け止めてみましょう。 明るくて笑顔が絶えない 辛い過去や経験を持つ人は、暗い顔をしていると思いがちですが、決してそうではありません。 実は、暗い過去を持つとは思えない程、 良い笑顔と朗らかさを持つ人が多いのです。 私の同級生にも、その特徴を持つ女の子がいました。 彼女はクラスのまとめ役で、人当たりが良いため、みんなに好かれていました。 あるとき、彼女の家庭環境を聞く機会ができました。 彼女は良い家庭で育ったと思いきや、両親が離婚したり、また結婚したりと、なかなか複雑な状況に置かれていました。 話すときに顔をかすめる「悲しさ」が、ありありと私に伝わってきました。 笑うことは、生きるために重要なことです。 辛い過去や経験を持つ人は、明るく振舞ったり、笑ったりすることが大切だということをよく知っているのです。 つまり、過去にどれほど泣いて悩んだとしても、また笑うことのできる、 芯のある強い人たちだと言えるでしょう。 不思議なオーラがある 辛い過去がある人、辛い経験をした人にはをまとっている人が多いですよね? 人気漫画のワンピースでいえば覇気。 過去の辛い経験を乗り越え、積み重ねてきたモノがその人のオーラとなっているのでしょうか。 不思議なオーラのある人には失敗経験が多く、その過去を失敗ではなく経験としてきたからこそ、「オーラがある」と言われるのでは。 不思議なオーラが欲しいという人はコチラの記事もお読みください。 辛い過去がある人、辛い経験をした人の特徴まとめ 辛い過去というのは悪いことと受け止めない人達。 乗り越え、プラスに変えることの大切さが分かりましたね。 辛い経験を自分の成長の為に乗り越えた人達と同じようになるには? 個人的にも勉強になりました。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

辛いものについてのアンケート・ランキング : 何でも調査団(@niftyニュース)

辛いも何もあるものか

味覚は、ダイレクトにその人の個性が出ますよね。 例えば、甘いものが好きな人は、明るく気さくな性格の人が多いと言われます。 他にも酸っぱいものが好きな人は、冒険心が強くあまり人目を気にしないタイプだと言われています。 では、が好きな人にはどのような特徴や心理があるのでしょうか? 今回は辛いものが好きな人にスポットを当てて考えていきましょう。 辛いもの好きな人の9個の心理と性格の特徴 皆さんは辛いものが好きな人にどのようなイメージを抱きますか? もちろん人それぞれで必ずしも当てはまると言うわけではありませんが、ある一定数の傾向が見られます。 ですので、辛いものが好きな人はこのような人が多いということを頭に入れておきましょう。 そのような特徴をとらえておくことで、友人や恋人などとうまく付き合っていけるようになるかもしれません。 1.刺激が好き 辛いものが好きな人は基本的に刺激を好む傾向にあります。 唇がヒリヒリするような辛さや、痛いと感じるほどの辛さも刺激的で快感だと感じる人も多いようです。 そうなると、辛いものを食べることにハマってしまい、刺激を求めてやめられなくなってしまいます。 とくに激辛系を好むような人は、強い刺激を求めて激辛料理を食べている人が多いでしょう。 でもなぜ、このような辛さが癖になるのでしょうか? これは脳の分泌物質が大きく関係しているようです。 皆さんもアドレナリンと言う成分については聞いたことがあるのではないのでしょうか? 興奮状態になるとアドレナリンが出ると言われます。 興奮状態になるには楽しいことをしたり、恐怖を感じたりする必要があります。 ただ、このアドレナリンがずっと出続ける状態は脳にとっては良くない状態なのだそうです。 人は興奮し続けると疲れると思いますが、脳はそれ以上にダメージ受けています。 ですので、脳は本能的にエルドルフィンと言う脳内物質を分泌するようになります。 これは脳内麻薬とも言われ、分泌されることで苦痛を和らげる作用があります。 また、精神面では多幸感を味わえる作用もあるようです。 辛いものを食べるとこのエンドルフィンの分泌されるので、これが辛いもの好きな人を虜にしている理由なのかもしれません。 2.ストレス発散 ストレス発散のために辛いものを食べる人もいます。 辛いものが好きな人やそうでない人でも、無性に辛いものを食べたくなる時があるのではないでしょうか。 そんな時は、もしかしたらストレスが溜まっている状態なのかもしれません。 ストレス解消と言うと、友達と騒いだり、趣味を楽しんだり、お酒を飲んだり、運動をしたりして、憂鬱な気分を晴らそうとしますよね。 しかし、多忙な人にとってはそのような時間さえうまく捻出できない人もいます。 そうなると、辛いものを食べることが手軽なストレス発散方法になります。 辛いものを食べるだけで手軽に強い刺激を得ることができ、ストレスという不快感をその強い刺激で紛らわそうとするんだそうです。 また、辛いものを食べると汗がたくさん出て、食べたあとには気分がスッキリとするでしょう。 このようにストレス解消するために、脳が辛いものを求めているという場合もあるようです。 3.皆ができないことに挑戦 中にはみんなができそうにないことにチャレンジしてみたい気持ちから辛いものを食べる人もいます。 達成感を味わいたい こんな激辛のものを食べきれた自分がすごいと言うような達成感を味わいたい心理が、激辛系のものにチャレンジする動機の1つになるのかもしれませんね。 辛いものを扱っている料理店でも、激辛料理食べ切れたら無料にすると言うような企画も時折見ます。 それを達成できたと言う事は、それほどにそのようなチャレンジャーに達成感を味わせるのには十分な動機になるのかもしれません。 称賛を浴びたい 辛いものが苦手な人からすると、激辛料理を食べきれる人はすごいなと思います。 きっと、このように考える人も多いことでしょう。 そのため、激辛料理を食べる動画をYouTubeに投稿したり、テレビなどでも芸能人がチャレンジしているのをよく見ますよね。 みんな顔を真っ赤にして顔から大量の汗を流しながら頑張って食べていて、途中でリタイアしてしまう人もいます。 それほどに辛いもの食べると周りからはすごいと思われ、称賛を浴びることができるのです。 4.ご飯がおいしい もちろん、目立ちたいから辛いものを食べる人ばかりではありません。 中には、純粋に、ご飯がおいしいからと言うことで辛いものを好むような人もいます。 お腹の調子が悪くならない程度の辛さのものを、ほどよく食べるというのは1番ご飯がおいしいです。 特に、キムチと白米の相性というのは抜群ですね。 白米と食べることで食事をより楽しめる なぜ白米とキムチなどの辛いものと一緒に食べるとおいしいのでしょうか。 その理由は、舌と胃を刺激することで、唾液や胃液などが分泌されるところがあるようです。 唾液が増えると、白米を食べたときにより甘みを感じやすくなり、白米がいつもより美味しく感じるようです。 このように辛いものと白米を一緒に食べることで、いつもよりも美味しく感じることができるんですね。 5.代謝を上げたい ダイエット意識している人は、代謝をあげたいという目的で食べる人もいるかもしれません。 このような人は激辛というよりは、ピリ辛なものを無理なく食する人が多いのではないのかと思います。 辛いものを食べると体は温かくなりますし代謝は上がると思います。 寒いときにちょっと辛いもの食べるだけで、足の先までポカポカになります。 ですので、そのような点では大変オススメですが、注意点としては辛いものを食べると食欲が増してしまう場合があります。 ダイエット中の方はにとっては、善し悪しなところがあるかもしれません。 汗をかく 辛味成分のカプサイシンで汗をかくことは肌にも良いと言われています。 カプサイシンによってかく汗は普段の汗と違い、汗の水分だけではなく、油も一緒に汗として放出されています。 肌のうるおいには水分だけではだめで、保湿のために油分も必要です。 このカプサイシンによる汗は、その油分も混ざっているため肌を美肌の状態に保つことができると言われているのです。 辛い食べ物やキムチを好む韓国の人の肌がきれいだと言われているのは、そのような理由があるのかもしれません。 血の巡りをよくする また、辛いものを食べると体が温かくなるのは血の巡りが良くなるからです。 カプサイシンによって代謝が上がり、血液の流れも良くなると言われています。 血の巡りは健康にも美容にも大切です。 辛いものを好んで食べる人は、血の巡りを良くするということも意識しているのかもしれません。 辛いもの好きな人の性格の特徴 辛いものを好む人のには、性格的な傾向もあります。 もちろん傾向ですので皆が皆同じではありません。 ですが、そのようなことを好む一面があると言うことを知るだけで、彼ら彼女らと大分付き合いやすくなるのではないのでしょうか? では辛いものが好きな人の性格の特徴を見ていきましょう。 1.チャレンジ精神旺盛 やはり辛いもの、特に激辛なものを好む人は、チャレンジ精神が旺盛だと言えるでしょう。 辛いもの食べるともしかしたらお腹の調子が悪くなるなど、体調不良に見舞われることもあるかもしれません。 ですが、そのリスクをものともせず、そのような危機を顧みず激辛料理にチャレンジしようと言うのは、チャレンジ精神が旺盛でないとできないことです。 物怖じしない 先ほども触れたように激辛系はともすれば、胃や内臓にあまり良くないところがあります。 少量ピリ辛料理を食べるのであれば、まだ体に良いこともあるかもしれませんが、あえて激辛のものを食べる事は、それだけ、体調不良のリスクがあります。 ですが、そのリスクをものともせずに果敢にチャレンジをしていくという姿勢には、物怖じをしない一面があるのではないかと思われます。 もちろん、それが辛いものを食する事以外にも発揮されるかは謎ですが、多かれ少なかれそのような傾向があるのではないのでしょうか? 2.短気でせっかち 人それぞれなので一概には言えませんが、辛いもの好きな人は短気でせっかちな性格であると言われています。 そのため、辛いもの好きな人がご飯を味わって食べている場面をあまり見たことがありません。 激辛料理選手権に出ているような人は、ご飯をゆっくり味わうというより、食べるスピードがとても早いように感じます。 3.流行に敏感 辛いもの好きな人は流行に敏感だと言われています。 辛いものが好きな人は好奇心旺盛な人が多く、新しいものにチャレンジしたいという気持ちが強いのかもしれません。 4.変化を好む 辛いものを好む人は、刺激を求めるところがあるので変化を好む傾向があります。 マンネリ化したことを嫌い、常に変化を求めています。 また、変化を好む人ですので、単調な生活だと飽きてしまいやすいです。 強い刺激を求めて、チャレンジすることを望んでいる人が多いでしょう。 辛さがどんどんエスカレートすることも(まとめ) 辛さと一口に言っても、ピリ辛程度を楽しむ人もいます。 ですが、中には激辛にどんどんはまっていく人もいます。 辛いものを食べると、快感を感じるようなものが分泌されるので、癖になってしまう人も多いのです。 もちろん、たまに楽しむ程度であれば良いのですが、辛いもの食べ過ぎると消化器系にダメージを与えるなどのデメリットもあります。 また、喘息の方はカプサイシンが気管支を刺激することで、収縮が起こり息切れや咳が生じることがあると言われています。 ですので、できればピリ辛を楽しむ程度にし、あまりクセになりすぎないようにしましょう。 食べ過ぎなければ、辛いものは体に良いことも多いので、無理のない程度に楽しみましょう。

次の

辛いもの好きな人の9個の心理と性格の特徴

辛いも何もあるものか

Contents• ピーマンなのに辛いやつがあるのはどうして? スーパーで買ったものには少ないのですが、家庭菜園で育てるピーマンは辛いことがあります。 また、家庭菜園で育てたというピーマンを近所の方にもらった場合にも辛いことがありますよね。 なぜ育てたピーマンが辛いのか2つの可能性についてそれぞれ解説します。 ピーマンなのに辛いやつがある理由:ピーマンではない これはいただきもののピーマンに多いと思います。 自分で育てた場合にはさすがに分かりますからね。 ピーマンはナス科でトウガラシの一種です。 トウガラシは、辛い「辛味種」と辛くない「甘味種」という2種類に分けられます。 ここでは一般的に「トウガラシ」と言われている辛味種をトウガラシと呼ぶことにします。 ピーマンは辛くない方の甘味種です。 パプリカやシシトウもこの甘味種にあたります。 そして、実は辛い方の辛味種には見た目がピーマンそっくりなトウガラシがあります。 ピーマンを食べて辛い時には、そもそもピーマンではなく、知らずにトウガラシを食べている可能性があるのです。 ピーマンそっくりなトウガラシは案外たくさんありますが、特に「ぼたんこしょう」や「かぐらなんばん」などは本当に見た目がピーマンそっくりです。 どちらも食べるとピリッとした辛味が特徴です。 これはこれで美味しいのですが、ピーマンだと思って食べて辛かったらびっくりしますよね。 ピーマンなのに辛いやつがある理由:ピーマンだけど辛い ピーマンは甘味種なのでもともと辛味はありません。 ですが、ピーマンが、同じくナス科のトウガラシと受粉し、その何世代か後に育ったピーマンが辛くなる可能性があります。 どういうことかと言えば、今までピーマンはピーマン同士、トウガラシはトウガラシ同士で受粉していたけれど、今回初めてピーマンとトウガラシが受粉したとします。 そして、ピーマンの株の方に果実が、トウガラシの株の方に果実がそれぞれつくとします。 それらの果実は、元々の性質を持っています。 つまり、ピーマンの株の方の果実は辛くなく、トウガラシの株の方は辛いです。 ですが、ここからが面白いところです。 ピーマンの株の方からとれた種とトウガラシの株の方からとれた種をそれぞれ育て、それらが果実をつけた場合、果実は辛かったり辛くなかったりするのです。 ピーマンの株の方からとれた種から育った果実でも辛くなることがあるんですよ。 そのピーマンは実際に食べてみないと辛いのか辛くないのか分からりません。 この現象をロシアンルーレットならぬ「ピーマンルーレット」と表現する人もいるそうです。 ですので、食べたピーマンが辛い場合は、家庭菜園でピーマンの種を育てていたと思っていたけれど、実はそれがピーマンとトウガラシが交雑した種だった、ということが考えられます。 なぜなら、シシトウも、先ほどお伝えしたとおりナス科でトウガラシの甘味種です。 同じ品種同士、受粉することがあるんです。 シシトウを育てていたと思ったら、実はそれがシシトウとトウガラシが交雑した種だったということもあり得るということですね。 そして、シシトウの場合も、何世代か後に育ったものは、シシトウの性質を持つ果実なのかトウガラシの性質を持つ果実なのかは育ってみないと分からないんです。 トウガラシが辛い原因は、辛味成分である「カプサイシン」が含まれているからですが、実はシシトウにはカプサイシンを作る力が備わっています。 ただ、通常は、種を作ろうとする力の方が強いため、カプサイシンを作る力は弱くなります。 そのためシシトウは辛くないのが普通です。 ですが、栽培中に何らかのストレスがかかって、種が数ないシシトウができることがあります。 その場合、種を作ろうとする方に力が使われず、代わりにカプサイシンを作ろうとする力が強まります。 結果、カプサイシンが作られ、シシトウの果実が辛くなるということが起こるのです。 ちなみに、この現象はピーマンでは起こりません。 ピーマンにはシシトウのように、カプサイシンを作る力が備わっていないからです。 ピーマンとシシトウを比べたら、シシトウの方が少し辛い気がするのはこのためなのかもしれませんね。 ピーマンなのに辛い奴がある理由まとめ 今回は、ピーマンなのに辛いものがあるのは• ピーマンだと思っていたら実はトウガラシだった場合• ピーマンとトウガラシが交雑してできた種から育った果実だった場合 があることを解説しました。 また、交雑はシシトウでも起こり得えます。 身近なピーマンやシシトウに、実はこんな事実があったなんて驚きですよね。 ピーマンは比較的育てやすいので家庭菜園でも人気の野菜のひとつです。 もしご近所さんに頂いたものだったり、それをそのまま種から育てる場合は「もしかしたら辛いかも」と頭の隅に置いておいてくださいね。 愛情たっぷりに育てた野菜を自分収穫して食べれば、辛くてもへっちゃら…かも。

次の