木場 弘子。 木場弘子|講師

木場弘子|講師

木場 弘子

木場弘子の息子の大学はどこ? 1987年にTBSにアナウンサー23期生として入社した木場弘子さん。 『筑紫哲也 NEWS23』など多数のスポーツ番組でキャスターとして活躍していました。 私生活では、1992年に中日ドラゴンズの 与田剛選手(現・野球解説者)と結婚し、TBSを退社します。 2人の間には 1994年に第一子となる男の子が生まれています。 現在は妻、母、キャスターの三役をこなすだけでなく、テレビ出演、コーディネーター、講演や執筆活動までおこなっているパワフルな方です。 息子の出産は 大変な難産でした。 陣痛促進剤を点滴して3日目になっても産まれず、帝王切開で無事誕生したものの、一時仮死状態になり、生後1ヵ月もICUに入院したのです。 スポンサーリンク その後も後遺症が心配されたのですが、幸い順調に回復しました。 苦労して出産した息子さんについてですが、 現在すでに大学も卒業し、就職している年齢ですね。 私にとって、1番大きな転機になったのは、やっぱり結婚と出産でした。 TBSを退社して、当時中日ドラゴンズの投手だった夫 与田剛さん・現在野球解説者 と結婚し、名古屋に引っ越してから生活が180度変わりましたから。 それまでの仕事しかない生活から、名古屋の見知らぬ土地で、知り合いもいない。 夜、高層マンションの部屋で、1人夜景を見ながら、「なぜ私はここにいるの? その上、結婚してから、夫は成績不振になり、外に出るとファンの方や周りからいろいろ言われて、だんだん壁を作るようになってしまったんです。 気になる息子さんの学歴ですが、一切公表されていないようで、 どこの大学に通っているかは不明でした。 木場弘子の昔の画像 キャスターとして活躍していた木場弘子さん。 若い頃から知的で美人ですよね。 もう15年も前になりますが、小泉総理と対談をさせて頂いたことがあります。 それにしても木場弘子アナは現在 50歳には見えないほどの若々しさですよね。 さすがに20代とか30代前半には見えないにしても、やはり若くて美人さんですね。 木場弘子の夫・与田剛のスキャンダルって? スポンサーリンク 木場弘子さんの夫である与田剛さんは以前、 不倫スキャンダルが報道されたことがありました。 与田剛さんは 客室乗務員の女性と不倫関係になり、 女性が妊娠・中絶していたというショッキングなものです。 不倫については家庭内で解決済みと言うが、 相談に乗ったと称する占い師が与田さんと女性に高額の請求をして、トラブルになっているというのだ。 関係者によると、30代という客室乗務員女性とは、数年前に食事会で知り合った。 与田さんは、1992年に当時TBSアナウンサーだった木場弘子さん 45 と結婚しており、 不倫関係になる。 最初はちょっとした出来心らしいが、その後密会を続け、05年末に女性が妊娠していることが分かった。 与田さんは、離婚の約束をすぐに果たせないと女性に伝え、06年3月になって女性が中絶した。 不倫相手はどうにかして与田剛さんと結婚したかったようで、ある占い師に相談していたそうです。 与田さんは2年半前、占い師に会ってほしいと女性に懇願され、占い師と話し合った。 そこで、占い師は、与田さんに対し、和解のための手切れ金を払えば女性と別れられると持ちかけてきた。 一方、女性に対しては、与田さんが離婚の手続き中で近々結婚できると説明したという。 与田さんは、 弘子さんには不倫関係を伝えていなかった。 しかし、占い師から09年9月、別れさせるアドバイス提供やマスコミへの口止めを理由に、数百万円の請求書が届き、弘子さんに初めて事実を打ち明けた。 完全にだまされ、泥沼の不倫劇になってしまったわけですが、 木場弘子さんは結婚生活を続けることを選びました。 当時、 1人息子が高校受験を控えていたこともあり、木場は息子が後ろ指を差されないよう「過去のことは許すから、外に漏れないように頑張ろう」と夫に伝えたという。 息子さんのことを第一に考えている奥さんに、感謝しかないですね! 木場弘子が創価学会との噂について 木場弘子さんは以前から 「創価学会」会員だという噂があります。 その理由としては木場弘子さんが 原発推進派の人間だからだそうです。 東北地方太平洋沖地震が起こる前は、原発容認、というより推進の立場をとっていた創価学会は、学会系雑誌「第三文明」「パンプキン」「聖教新聞」「公明新聞」「潮」を通して電気事業連合会から多額の原発広告費を貰っていた。 という情報もあることから、木場弘子さんと創価学会には、「原発推進」という共通点があります。 実際、木場弘子さんは原発否定派の人間から目の敵にされれているようで、2011年に出版された「原発文化人50人斬り」という本では、 原発を神格化させた戦犯の一人として木場弘子さんが挙げられています。 実際に木場弘子さんが創価学会員であるというのは ガセネタの可能性が高そうですね。

次の

木場弘子のオフィシャル・ホームページ〜近況〜

木場 弘子

あの美女は今・・・大追跡SPのコーナーに 出演されるようです。 楽しみですね!! スポンサーリンク 木場弘子さんの気になることを 調べてみました。 木場弘子さんの経緯 本名 与田弘子(よだひろこ) 生年月日 1964年11月1日(50歳) 出身地 岡山県 最終学歴 千葉大学教育学部卒業 有限会社オフィスニックス取締役 1987年4月にTBSにアナウンサー として入社し多数のスポーツ番組を 担当し、スポーツキャスターとして 活躍されていました。 2001年 千葉大学教育学部で非常勤講師に就任 2006年 千葉大学教育学部初の特命教授に就任 2007年 内閣府「規制改革会議」委員に就任 2008年 内閣官房「教育再生懇談会」メンバーに就任。 電気事業分科回原子力部会の委員として、 原発礼賛のタイアップ記事に数多く登場されました。 現在は妻、母、キャスターの三役をこなし、 テレビ出演、コーディネーター、講演や 執筆活動など多方面でご活躍されているようです。 すごい経緯ですね! 驚きました。 スポンサーリンク 木場弘子さんの家族は? 木場さんは1992年に 中日ドラゴンズの 与田剛投手と 結婚されました。 与田剛さんは現在は野球解説者として 活躍されています。 結婚を機にTBSを退社されてます。 1994年に第1子の長男を出産してます。 息子さんも、もう成人している歳ですね。 息子さんの情報は、まったくといってなかったので 現在は学生さんだとは思いますが、 どこの大学に行っているのかなどはわかりませんでしたが 木場さんは教育熱心だったようなので、 目標の高い大学に行ってるかもしれませんね! 旦那さんとの仲は? 木場さんの旦那である 与田剛さんは 2010年に客室乗務員と 不倫関係に なったことで有名ですが・・・ 当時はフライデーや女性セブンなどの 週刊誌で相当騒がれる騒動と なっていました。 しかし 与田剛さんは木場さんと 別れる気はなく不倫をしていたようですね。 不倫相手に子供が出来てしまっていたようで、 中絶するよう説得し中絶したようです。 それでも、不倫相手の方は与田さんを 諦めることが出来ず、慰謝料の請求もされたとか。 結局は、木場さんに不倫の事実を話し 木場さんはその事実を認めた上で 現在に至るまで離婚していません。 息子さんのためもあったと思いますが、 木場さんは女性として、妻として、母として たくさん辛い思いをされて、与田さんを 許して夫婦として、離婚という選択を しないで来たのでしょう。 体調不良が続いた時期もあったようですが 今では50歳には見えないほど若く見えます。 そしてさまざまな仕事でご活躍されてます。 爆報!THEフライデーの出演も楽しみですね! 今後のご活躍を心より期待しています。 スポンサーリンク 最近見かけなくなりました タレントのほしのあきさんが 久しぶりに話題になっています。 ほし 芸能事務所フォスターの アヨナ万華(まは) 13歳で9等身の大型新人が 人気ファッションシ マシンガンズの西堀亮さんが、 本日9月19日(土)21時から放送の 土曜プレミアム・有吉 歌手や女優で活躍する琴菜さんが 来年の2月に結婚するそうです! 10年もの付き合いの末の 参院選出馬するのか注目されている 乙武洋匡さんに不倫が発覚しました。 3、4年も前からの 料理研究家・シェフ・パティシエの ニコラ・シャールさんが10月6日の マツコの知らない世 動物のものまねで知られている 江戸家猫八さんが死去されたそうです。 9月18日(金)放送の 「明石家さんまコンプレッくすっ杯3時間スペシャル」に 女優の緑川静香さん 女優の倉田あみさんが 結婚の報告をされました。

次の

木場弘子のプロフィール|Castplus

木場 弘子

経歴 千葉大学教育学部を卒業後、1987年TBSにアナウンサーとして入社。 在局中は同局初の女性スポーツキャスターとして、 「筑紫哲也ニュース23」など多数のスポーツ番組を担当。 1992年 プロ野球・与田剛氏 現・楽天投手コーチ との結婚を機にフリーランスに。 妻、母、キャスターの三役をこなす存在として、テレビ出演、コメンテーター、モデレーター、 講演など多方面で活躍。 教育や環境・エネルギーに関わる活動が多く、エネルギー施設等への 取材は50を超え、最もヘルメットを被っている女性キャスターとして現場主義がモットー。 また、各界TOPへのインタビューは300人を超える。 2001年より千葉大学教育学部非常勤講師、千葉県浦安市の教育委員。 2006年、千葉大学教育学部初の特命教授。 2007年、洞爺湖サミット・クールアースアンバサダー、同年、第1次安倍政権で規制改革会議、 2009年、福田、麻生政権で教育再生懇談会メンバーとなる。 生活者の視点を大切に現在、7つの省庁で審議会のメンバー等を務め、今年2月に文部科学省の 「中央教育審議会」のメンバーに。 6月には株式会社国際石油開発帝石の社外監査役に就任。 「予防医学指導士」の資格を持つ。 2013年より千葉大学客員教授。 日本港湾協会理事。 講演テーマ <ビジネス研修><モチベーション> 『魅力的なコミュニケーションで作るWin-Winな関係!~インタビュー取材を例に~』 コミュニケーションの基本は、相手を分かろうとする気持ち、そして、相手に分かってもらおうと する努力。 この二つが双方向に上手くかみ合ってこそ、円滑なコミュニケーションが得られるもの。 企業トップや総理大臣、閣僚、スポーツ選手など300人を超える方々に インタビューをさせて頂いた際のエピソードを交えお話し致します。 「体験に無駄なし」「チャンスを最大限に生かす」「目先の利益にとらわれない」 「自分に付加価値をつける」「環境を変えるのは自分」など様々なキーワードを基に 具体的なご提案をいたします。 現在、7つの省庁で審議会に参加している経験から 短時間でいかに自分の考えを明確に伝えるのか、わかりやすく解説いたします。 まとめの「コミュニケーションの基本7か条」は好評で最近の講演会アンケートでは 各所9割の方に「ためになった」とご回答頂いております。 <女性活躍><人権&ダイバーシティ> 『子連れキャスター走る!』 『未来を拓く 主役は私~女性活躍社会実現のために~』 男女雇用機会均等法元年に就職し、TBSにて女性初のスポーツキャスターとなった木場が、 いかにして、男性社会の中で協調し自分の立ち位置を確立してきたのか。 また、プロ野球選手との結婚 第1号 後も子育てをしながら、どのようなスタンスで ワークライフバランスの実現に努めたか。 夫が3度自由契約になるなど逆境から いかに自分のスタンスで仕事に取り組んできたのか。 現在、千葉大学で教鞭を取る他、多くの省庁の審議会に参加する立場から 「環境を変えられるのは自分だけ!」という強いメッセージをお送り致します。 職場や家庭での円滑なコミュニケーションについて一緒に考えて参りましょう! <安全大会> 『ヘルメットキャスター走る!』 企業の安全大会向けの講演です。 国交省の交通政策審議会の委員をしている 立場から港や空港などの様々なインフラ施設を視察。 また、多くのエネルギー施設への取材を重ねてきた木場が現場におけるコミュニケーションの 重要性についてお話しいたします。 これまでのインタビュー事例などをご紹介しながら、 円滑なコミュニケーションによって生活や職場環境の改善していくヒントをご提案いたします。 50を超える施設でヘルメットを被った「ヘルメットキャスター」木場ならではの講演です。 <環境・エネルギー> 『子どもたちの未来のために考えたいエネルギーや環境のこと』 『身近に感じるエネルギー・環境問題』 環境問題が喫緊の課題となった今、私たち一人一人がどのような取り組みをしていけば良いのか。 女性キャスターとしては、1番?多くヘルメットを被り50を超える様々なエネルギー施設に 取材に行った経験を交えながら一般の方に分かりやすく具体的なお話をさせて頂きます。 また、経産省の省エネ委員会や環境省の温暖化防止国民運動の委員会などエネルギー問題への 対策を議論する立場から世界の、そして日本のエネルギー事情をご理解して頂いた上で、 環境問題を身近に感じて頂けるよう工夫しています。 次世代教育のための複数の女性向けセミナー でのアンケート結果で「ためになった」との回答が99%を超え、大変反響の大きい講演です! 明日からの行動につながるような動機づけに力を入れています。 <教育・子育て> 『のびのび子育てのススメ』 出産時、長男がICUに入るなど、波乱の幕開けとなった木場の子育て。 そんな自身の体験から 今の孤独なお母さん方に、のびのびとお子さんを育てるための幾つかの提案をさせて頂きます。 「子どもは元気ならそれでいい」「孤独な子育てからの脱却」「格好つけずに親の姿を見せる」 「子どもが頑張ったプロセスを大切に」「環境を変えるのは自分」など実体験を踏まえ お話いたします。 母親としての立場に加え、今年2月からは文部科学省の中教審にも籍を置き 教育行政に関わっている立場、地元・浦安市で教育委員会に8年間在籍していた立場、 そして、未来の教員である千葉大学教育学部の学生さんに講義をしてきた立場から多角的に 教育・子育てについてお話します!自身の苦労話、近所のママ友や商店街のおばちゃんなど 様々な方とのエピソードに泣き笑い。 元気が出る講演です! <地域連携&防災> 『魅力的なコミュニケーションで築く地域社会との繋がり』 最近、お問い合わせの多いテーマです。 隣近所との繋がりが希薄な昨今。 まず、木場が自身の子育てで苦労した末にマンションの縦長屋のママたちに助けられた事例を紹介。 人は一人では何もできない。 小さな壁を越えて助け合える存在になれば様々な課題を 克服していける・・・。 そんな経験をご紹介しつつ、コミュニケーションにおけるいくつかの ヒントをご提案いたします。 東日本大震災では浦安市で被災した木場が感じた、 ハード面だけでなく、ソフト面での備えについて生活者としての視点を大切にお話しいたします。 他方、国の審議会で防災についての議論に参加してきた経験も交え、 多角的に防災や地域の繋がりの重要性について考えます。 ・普段うかがうことの出来ないお話を、あちらこちらに笑いを入れながら テンポ良くお話して下さり、あっという間に時間が経ってしまいました。 すっかり木場さんのファンになってしまいました。 ・女性が自分らしく、生き生きと人生を送るヒントが、たくさんあったと思います。 いかに働くか、いかに育児をするか考えさせる内容だったと思います。 ・軽妙なトーク、知らず知らずのうちに男女共同参画の基本に触れた内容となっており、 引き込まれていきました。 最後の7カ条のまとめはとても参考になりました。 ・スポーツキャスターと言えば華やかなイメージの世界でしたが、 表に出ない苦労があんなにあるとは。 認識を新たにしました。 女性の部下に是非聞かせたかったです。

次の