海外 ドラマ マニフェスト。 三森すずこ:米ドラマ「マニフェスト」の吹き替えで挑戦 「息問題」に悩みも

MANIFESTマニフェスト2各話ネタバレ,動画,シーズン3更新!

海外 ドラマ マニフェスト

6月24日にDVDが発売される海外ドラマ『マニフェスト 828便の謎 <シーズン1>』で主人公ミカエラ役の吹き替えを務めた三森すずこのメッセージ動画が公開された。 2018年に新作ドラマ全米視聴率No. 1を記録した本作は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『フォレスト・ガンプ/一期一会』のロバート・ゼメキスが製作総指揮を担当。 SF、タイムトラベル、ヒューマンドラマなど、ゼメキス監督の要素満載で贈る超大型ミステリードラマとなっている。 今年4月に<シーズン2>の放送が本国で終了したばかりだが、つい先日<シーズン3>が製作されることも発表された。 モンテゴ航空828便は突然の乱気流に飲まれながらも無事に飛行を終え、乗組員と乗客は安堵する。 しかし、その数時間のフライト後、彼らが降り立った世界は離陸から5年半の月日が経過していた。 友人や家族、同僚たちは、彼らの死を悼み、彼らが生きているという希望を捨て、未来に向かって新しい生活を始めていた。 不可解な現象に直面した828便の乗客たちは、第2の人生を歩むこととなる。 だが、現実に直面するにつれて謎も深まり、乗客の中には、人知の及ばない何か大きな存在から啓示を受けたと考える者もいた。 公開されたメッセージ動画の冒頭で三森は、まずファンに向けて「自粛期間中は『マニフェスト』もそうなのですが、海外ドラマを沢山見て、毎日過ごしておりました」と自身の近況を報告。 「まだまだ油断できない状況が続いていますので、ソーシャルディスタンスを保ちながら、手洗い、うがいをしっかりして、お過ごしください」とメッセージを送った。 また、本作のDVDリリース、デジタル配信にも触れ、「本当に嬉しい! 待っていましたこの日を! 私もずっと家にいて、テレビドラマ、海外ドラマをやっぱり見ちゃいますね!」と話し、本作のあらすじと見どころポイントを解説。 日本語吹き替えを担当した主人公のミカエラ・ストーンについては「警察官だけあって、とてもセリフが多いですね」と収録当時を振り返り、「キリっとして、すごく強い女性なので、かっこいいなと思いながら演じています」と役への思いも明かす。 さらに、海外ドラマの声優を担当するのは本作が初めてであると明かし、そのため収録現場では、いつも緊張しながら取り組んでいたというエピソードも披露している。 最後に、三森から6月29日21時より本作の第1話を視聴するTwitter実況一斉視聴会の開催決定と三森自身の参加が発表された。 Twitter実況一斉視聴会では、本作のDVDまたはダウンロードで購入、DVDまたはデジタルレンタル、第1話を6月29日21時にそれぞれ再生を開始。 本編に沿ってTwitterで実況しながら、盛り上がることができる。 当日は三森も実況に参加する。 さらに、指定のハッシュタグ「 マニフェスト実況」「 みんなで828便搭乗」をつけて参加した人の中から抽選で、10名にオリジナルフラットペンケース(非売品)が当たるチャンスもあるという。 リアルサウンド編集部.

次の

マニフェストMANIFEST最終回迄全話あらすじ,キャスト,動画,シーズン2ネタバレも!

海外 ドラマ マニフェスト

「マニフェスト」第1話あらすじ感想|飛行機に乗ってる間に5年半の歳月が 2019年10月12日 2019年12月11日 2分 どうも、夏蜜柑です。 海外ドラマ 「マニフェスト」第1話。 初回放送は10月15日ですが、で配信されていたので視聴しました。 予想以上にサクサク進むドラマで、展開が早かったですね~。 飛行機に乗っている間に5年半の月日が経っていた……という設定ですが、乱気流はそれほどひどいものではなく、あっというまに平常に戻ります。 つまり乗客や乗組員たちにとっては、何も「異常なこと」は起こっていないという認識。 普通に空港に着陸したら、唐突に「あれから5年半経ってるんですよ」と言われる。 「はぁ?」という感じなんですが、意外とみなさんパニックにならず、サクッと受け入れます。 828便にまつわる謎も興味深いのですが、5年半の失われた歳月に苦悩する登場人物たちの人間模様にも引きつけられます。 2013年4月7日。 ジャマイカで休暇を過ごしたストーン一家は、帰国の途につくため空港でニューヨーク行きの飛行機を待っていた。 そこへ、定員超過のため次の便を待つ乗客には400ドルの謝礼を支払う、というアナウンスが入る。 女性警察官のミカエラは同僚のジャレッドにプロポーズされていたが、交通事故を起こした罪悪感にとらわれ、結婚に踏み切れずにいた。 結婚を促す家族から離れるため、ミカエラは次の便に乗ることを決める。 ミカエラの兄・ベンも白血病の息子・カルと共に次の便に乗ることに。 ミカエラたちを乗せたモンテゴ航空828便は途中で凄まじい乱気流に見舞われるが、すぐに平常に戻る。 無事にニューヨークの空港に着陸するものの、彼らを待ち構えていたのは国家安全保障局と地元警察だった。 ミカエラたち乗客と乗組員は、現在の日付が2018年11月4日で、ジャマイカを発った日から5年半以上の歳月が経過していることを知らされる。 ミカエラとベンは家族との再会を果たすが、彼らは5年半分年を取っていた。 ミカエラの母は病気で亡くなっており、婚約者のジャレッドは主任刑事となって親友ローデスと結婚していた。 ベンの娘オリーブは高校生に成長していたが、心に傷を負って何年も精神科に通っていた。 828便の乗客のひとりだったサンビは、自分が取り組んでいた細胞再生に関する研究が5年半の間に実用化され、何百人もの小児がん患者を救うのに役だったことを知って喜ぶ。 だが同じ乗客だったカルは「規定外」として治療対象から外されてしまう。 環境の変化に戸惑う中、ミカエラは頭の中に響く自分の声を聞く。 ミカエラはその声に従ってバスに轢かれそうになった子供を助けたり、誘拐された2人の少女を救助する。 ベンもまた同じ声を聞いていた。 ミカエラとベンは声に導かれるように、飛行機が駐機している滑走路へ向かう。 そこには828便の乗客と乗組員たちが集まっていた。 彼らが見守る中、飛行機は爆発し炎上する。 登場人物はこちら 第1話の感想 ミカエラが抱える問題 主人公は、ニューヨーク市警の新米警察官ミカエラ。 同僚で恋人のジャレッドとは家族公認の仲で、母親や兄のベンから「早く結婚したら」「これ以上彼を待たせるな」とせっつかれています。 しかし、ミカエラは自分が運転する車で交通事故を起こし、同乗者を亡くしたことを引きずっていて、結婚に踏み込めません。 同乗者がミカエラにとってどういう存在の人だったのかは明かされていません。 親しい友人だったのでしょうか? そんな彼女が828便に乗って帰ってくると、愛する母親は病気で亡くなり、アパートは解約されて帰る家もなく、仕事は内勤に変更され、恋人のベンは親友ローデスと結婚していました。 これキツくないですか。 ミカエラにしてみれば、事故や災害で突然なにもかも失うのと同じなわけで。 828便に乗っていた人以外、誰も彼女の気持ちを理解できないという点も残酷です。 ベンが抱える問題 ミカエラの兄・ベンは、白血病の息子カルと828便に搭乗。 カルは余命宣告を受けていたのですが、5年半の間に新しい治療法が開発され、希望が見えてきます。 その治療法は、同じ828便の乗客だったサンビの研究が実用化されたものでした。 しかし、カルの双子のきょうだいオリーブは高校生になっていて、しかも彼女はベンとカルを亡くしたショックで精神的に不安定になり、何年もセラピーに通っていました。 カルの治療のことで頭がいっぱいで、オリーブの気持ちを考えてこなかったことを後悔するベン。 さらにラブラブだった妻グレースは、5年半の間に新しい恋人を作っていた様子(ベンはまだ気づいていない)。 必死に家族との絆を取り戻そうとするけれど、仕事は見つけなきゃいけないし、妹ミカエルのことも気になるし、イロイロ山積みです。 その声に従って行動した結果、ミカエラはバスに轢かれそうになった男の子を救い、誘拐されて物置に監禁されていた少女たちを救い出します。 さらに、ほかの828便の乗客や、乗組員たちにも。 NSA(国家安全保障局)はなぜ828便の乗客たちが5年半前と変わらぬ姿で戻ってきたのか、その真相を突き止めるべく機体を調べようとしていたのですが、その前に飛行機は謎の爆発を起こし炎上してしまいます。 「828」の謎 ミカエラたちが乗った飛行機は、モンテゴ航空828便。 この「828」という数字は、ほかのシーンでも登場しました。 まず、ミカエラの母の好きな言葉 「All Things Work Together For Good」(万事がいいほうに働く)。 これはローマの信徒への手紙8章28節にある一節だそうです。 この数字に、謎をとく鍵があるのでしょうか。

次の

【ワーナー公式】海外ドラマ|トップ

海外 ドラマ マニフェスト

米NBCで2018年秋に放送をスタートし、2018年新作ドラマの中で視聴率No. この度、待望の独占日本初放送を迎えるにあたり、海外ドラマ・映画コメンテーター赤ペン瀧川による解説動画が特別公開された。  公開された映像は、海外ドラマ・映画コメンテーターの赤ペン瀧川による、本作の海外ドラマ添削。 瀧川本人も見始めたら止められず、寝不足になってしまったそう。 本作は、飛行機に乗ると突然乱気流に巻き込まれ、無事空港に着陸するも5年半の歳月が経過していたという衝撃の展開が冒頭5分に詰め込まれている。 瀧川も、この開始早々起こる大事件に驚きが隠せない様子。 また、本作の主人公は警察官のミカエラ・ストーンだが、この映像では、瀧川の一押しのキャラクターである兄のベン・ストーンを中心に展開されている。 5年半経過していたことによって家族の関係が大幅に変化してしまったベンだが、自身で原因を突き止めることを決意。 そんなベンの武器は「無職なので時間があること」と言って笑いを誘いながらも、「視聴者にとっては非常に心強いパパ」と紹介している。 ベン含め、搭乗者たちの今後の展開が気になる動画となっており、本作の視聴前には必見だ。 ストーリー 2013年4月7日、家族たちとジャマイカで休暇を過ごした帰りの空港で、ニューヨーク市警察に勤務するミカエラはニューヨークを発つ直前にプロポーズされた恋人で同僚のジャレッドへの返事に迷っていた。 その時、ミカエラたちが乗る予定だった飛行機が定員超過になっているため、次の便まで待つ乗客に400ドルの航空券引換券を提供するという案内が入る。 ジャレッドへの返事を数時間でも延ばしたいミカエラは次の便を待つことにし、ミカエラの兄ベンも息子のカルと次の便に乗ることにする。 双子の1人であるカルは治療困難な白血病を患っており、治療費を捻出せねばならないベンと妻のグレースにとって400ドルの引換券は魅力だった。 しかし、ミカエラたちが搭乗したモンテゴ航空828便は途中で凄まじい乱気流に見舞われる。 乗客たちが墜落を覚悟したその時、乱気流は突然消え失せ、828便は無事空港に着陸する。 ところが、空港には国家安全保障局と地元警察が待ち構えており、乗客たちは現在の日付が自分たちがジャマイカを発った日から5年半以上も経た2018年11月4日だということを知らされる。 間もなく、死んだと思われていた乗客たちの家族や友人が迎えにやって来るが、その中にミカエラの母とジャレッドの姿は無かった。 母は病死し、ジャレッドはミカエラの親友と結婚していたのだった。 カルは、双子のオリーブが自分より5歳年上の高校生になっていることにショックを受けるが、5年半の歳月の間に、小児白血病の新治療法が開発され、治癒の望みが生まれた事にベンとグレースは歓喜する。 作品タイトル:「MANIFEST/マニフェスト」 キャスト:メリッサ・ロクスバーグ(TV「ARROW/アロー」 / TV「スーパーナチュラル」) ジョシュ・ダラス(TV「ワンス・アポン・ア・タイム」) アシーナ・カーカニス(『ソウ』シリーズ / TV「ハウス・オブ・カード 野望の階段」) J・R・ラミレス(TV「POWER/パワー」 / TV「新ビバリーヒルズ青春白書」) ルナ・ブレイズ(TV「フアン家のアメリカ開拓記」) ジャック・メッシーナ(TV「マーベラス・ミセス・メイゼル」) パルヴィーン・カウル(TV「ストレイン」 / TV「9-1-1:LA救命最前線」) 製作総指揮:ロバート・ゼメキス、ジャック・ラプケ、ジャクリーン・レヴィン、ジェフ・レーク、レン・ゴールドスタイン 原題:MANIFEST 2018年~現在放送中(シーズン1・2018~2019年)/アメリカ/60分/全16話(シーズン1)/HD作品 コピーライト: c Warner Bros. Entertainment Inc. 「MANIFEST/マニフェスト」 2019年10月15日(火)22:00よりスーパードラマTVにて独占日本初放送スタート [二カ国語版]毎週火曜日22:00 ほか [字幕版・5. 1ch サラウンド…スカパー!、スカパー!プレミアム、JDS HD、JC-HITS、ケイ・オプティコム、ひかりTV HDのみ(一部CATVではステレオ放送)• 」「ブラックリスト」「クリミナル・マインド」など、日本初放送のヒット作や傑作ドラマが満載の海外ドラマ専門チャンネル。 スカパー!、スカパー!プレミアムサービス、全国のケーブルテレビ、ブロードバンドTV で放送中。 投稿ナビゲーション.

次の