フェデラー 最強 説。 フェデラー最強説(仮):選手紹介

レンドル最強説&フェデラー最強説

フェデラー 最強 説

フェデラーのフォアハンドは世界でもトップクラスの威力を持ち、テニスをプレーする方の憧れでもあります。 動画を見ていただいてもその華麗なフォームで変幻自在のコースに矢のような威力あるボールを放っています。 フェデラーに憧れ打ち方を真似しようと思った方も多いと思いますが、実はフェデラーのフォアハンドは基本に忠実でお手本のようなフォームをしている一方で、フェデラーにしかできないいくつかの特徴があります。 まずは、フェデラーの凄さを解説した後に、フェデラーのフォアハンドの打ち方を徹底解説していきます。 真似をすべき所のコツと気軽に真似をしてはいけないポイントも合わせて解説していますので、ぜひご参考ください。 イースタングリップは、フラットに適した握り方といえます。 そのため、フェデラーのフォアハンドはフラットやフラットドライブ主体でスピードのあるボールを打っています。 プロのような勢いのあるボールをイースタングリップで受けると、大抵勢いに負けて弾かれてしまいます。 ですがフェデラーは、 体幹の強さやタッチ感覚・手首の柔らかさがずば抜けてることで、プロのボールでも精密機械のようにスピードボールでコントロールすることを可能にしています。 これは、フェデラーにしかできない芸当で、一般プレーヤーが薄い握り方でフェデラーのフォアハンドの真似をしてもうまくいきません。 グリップ1つを見てもフェデラーの凄さをうかがえます。

次の

フェデラーのフォアハンドって手打ちなの?真似する時は要注意!

フェデラー 最強 説

新しい 【フェデラー最強説】は このページのデータは2007年末のままとなっています。 当サイトは、 レンドルを始めとする 引退選手をメインに扱っている。 しかし、このような データ分析ページの場合、やはり 現役選手も扱っていかないと、 内容もストップしてしまうし、面白さにもかけることになるだろう。 特に最近は、 ロジャー・フェデラーがどんどん記録を塗り替えているため、 リアルタイムでデータ変化を見ていくのも悪くないように思う。 私にとって、 レンドルはたしかに 永遠のヒーローだが、 それ以上の記録を残す選手に現れてほしくないということではない。 むしろ、大選手たちの記録を知っているからこそ 新たな記録が生み出されたときにそれを賞賛することが出来るのではないだろうか。 いつの日か、 【フェデラー最強説(仮)】の (仮)が取れて、 【レンドル最強説】のほうに (旧)とかがつくようになるかもしれない。 その様をじっくりと見届けていくのも、今後の楽しみの一つだといえる。 【ニューボールズ】 西暦2000年になると、男子テニス界には、次々と若い選手が台頭してきた。 マスコミはそれら若い選手たちを 「ニューボールズ」と呼んだ。 ここではそれら将来を嘱望される選手たちのうち、80年代の生まれでランキング1位経験のある5人 フェデラー、ヒューイット、ロディック、サフィン、フェレーロ と、2005年に大ブレークした ナダルを加えた6人を取り上げることにした。 候補: ナルバンディアン、ガスケ、マレー、バグダティス、ジョコビッチ等 該当選手の主なデータを一覧表にした。 歴代記録との比較や、 より詳細なデータなどは、 メインページや、その中の を参照。 ヒューイットと ロディックも互角の争いをしており、抜きつ抜かれつの展開を見せている。 2006年初めまで2人が フェデラーより上だったのというのは意外なデータであろう。 それにしても サフィンの勝率はいまだに低迷を続けている。 歴代の1位経験者では、 ラフターの65. ・ 《グランドスラム成績》 (2007年全米終了時点) 名前 勝 敗 勝率 優勝 フェデラー 138 22 86. 特にここ数年の成績は際立っている。 生涯勝率ではまったく振るわなかった サフィンがここでは健闘している。 むしろ、この選手の力から言えば生涯成績のほうが低すぎるのだが。 ナダルは今後他のグランドスラムでの活躍にも期待したい。 《グランドスラム早期敗退率》 (2007年全米終了時点) 名前 出場数 敗退数 敗退率 フェデラー 34 10 29. さすがにどの選手も先人たちの数値には遠く及ばない。 ナダルもこれからの選手なので今後の数値を楽しみにしたい。 気がかりなのは サフィンと フェレーロで、集計のたびにガンガン数値を悪化させている。 グラスコートでも フェデラーが文句なしの1位。 クレーコートでは ナダルが際立つ勝率をみせている。 現在 カーペットで行われる大会は数少ない。 特に ナダルは2勝6敗という数字なのであまり参考にならない。 この選手も集中力、精神力で戦う選手なので納得できる結果だ。 他に秀抜な数値を残しているのが サフィンだ。 試合に集中せずに敗退してしまうことの多い サフィンだが、さすがに5セット目ともなれば集中しきっているということだろうか。 因みにこれまでの歴代記録は、1位が ボルグ(28-4 85. 今後更に多くを期待したいが、そのためには特に不調が続いている フェレーロ、サフィンの奮起を願いたい。 【折れ線グラフ】 フェデラーの数値の上昇度合いを折れ線グラフで表してみた。 《年度別生涯勝率》 このページで取り上げてる ニューボールズ6人の勝率の移り変わり(2000年以降)。 フェデラーが ヒューイットと ロディックをじわじわと追い上げてきたのがわかる。 そして ナダルの急激な伸び! 《生涯勝率2005年以降》 フェデラーの2005年以降の細かい変化を3ヶ月単位で表したもの。 こうして見ると コナーズと サンプラスの間に随分大きな差がある。 フェデラーの数値はいよいよ コナーズに接近してきている。 《グランドスラム勝率》 トップの ボルグと、 フェデラーのアイドルである サンプラス、ベッカーを比較対象に選んだ。 生涯勝率以上の伸びを見せている。 サンプラスを抜き去った フェデラーの成績は見事と言えるが、 更なる高みにいる ボルグという選手は一体どれほど勝ち続けていたというのか。 《コート別勝率》 2000年以降の フェデラーのコート別勝率 試合数が多く、勝率のメインといえる ハードコートで安定した伸びをみせているのがさすがである。 ただし、ウィンブルドン連覇を開始した2003年からは グラスコートが最も得意なコートになっている。 現在最も勝率の低い カーペットだが、始めの頃は最も高かったというのが面白い。 ただし、別に苦手としているわけではないので今後再逆転もありうるだろう。 【現役選手暫定ポイント】 当サイトの では 現役選手は対象になっていない。 しかし、今の時点で 現役選手を強引に当てはめていくと どのような 順位になるのだろうか。 ここでは、その 暫定順位を算出してみたいと思う。 ポイントは、例えば1位と2位の間だったら 「9. 5」とし、 1位と2位の間に2人いたら 「9. 5」「9. 25」、 3人いたら 「9. 75」「9. 5」「9. 25」のように割り当てていくこととした。 厳密にポイントを割り当てれば多少の変化もあるかもしれないが、 暫定ということでご勘弁願いたい。 そしてその結果が以下の表である。 【暫定総合結果】 (2007年終了時点) 青色表示の選手は1968年以降の成績 名前 ポイント 1 レンドル 138. 00 2 コナーズ 129. 00 3 マッケンロー 123. 00 4 ボルグ 115. 00 5 フェデラー 106. 00 6 サンプラス 99. 00 レーバー 86. 50 7 アガシ 63. 00 ニューカム 59. 00 アッシュ 57. 25 8 ベッカー 56. 00 9 エドバーグ 51. 00 10 ビラス 51. 00 ローズウォール 47. 50 11 ナダル 37. 00 12 ヒューイット 24. 50 13 ロディック 23. 50 14 ビランデル 22. 00 15 ナスターゼ 21. 00 16 ムスター 15. 00 17 ジョコビッチ 15. 00 18 シュティッヒ 12. 00 19 ゴメス 10. 00 20 バグダティス 10. 00 21 ゲルライティス 8. 00 22 クーリエ 7. 00 フェデラーがサンプラスを上回った。 もう驚くことではないのかもしれない。 現役選手のデータの多くに関しては コート別勝率など、 今後大きく変化する値が入っているので参考程度にしかならないのは事実だろう。 それでも ナダル、 ロディック、 ヒューイットの3人は フェデラーほどではないとはいえ 歴代の選手たちと比べても遜色のない場所まで来ているという見方をしても問題はないように思える。 ジョコビッチと バグダティスに関してはそれぞれ タイブレークと カーペット勝率で稼いだもので まだまだ実績どおりのランクインとはいえない。 このページに対するご意見等は まで。

次の

「歴代史上最強プレーヤーは、、、?(男子編)」

フェデラー 最強 説

🎾本記事のサマリー• 選手基本情報 ロジャー・フェデラー ラファエル・ナダル 生年月日 37 1981. 08 32 1986. 2019年7月時点では、ナダルはフェデラーと40度目の対戦で、24勝16敗と勝ち越しています。 「 僕はいつも同じことを言うよ。 『僕らが対戦する機会は減ってはいるけど、僕らはまだここにいる』。 明後日、僕らはもう1度対戦するんだ。 歴史上、このサーフェスで最強の選手と対戦することを楽しみにしている。 決勝にいくにはベストを尽くさなければいけない。 それだけ」-ナダル(2019) 「 僕は彼に何回も負けているし、何回も勝っている。 僕らの関係は変わらない。 いつでも彼をとても尊敬している。 いい友情だ。 僕が勝っても負けても、それは変わらないと思うよ」-ナダル(2019) 比較3. プレースタイル フェデラーのプレースタイル• 超攻撃的且つ高速テニス(ハイリスク・ハイリターン)• 球足が早いグラス及びインドアコートで最強• 全てのショットが高次元• サービスからの組み立てが抜群• 1ポイントの展開が早い(30秒でゲームを取れる)• 身体に負担が少ない• エレガントなイメージ• 【関連記事】 高い守備力とカウンター狙いのナダル 一方のナダルは、コート後方から強烈なエッグボールを相手コートへねじ込む 守備的スタイルが信条のアグレッシブ・ベースライナー。 並外れた精神力でどんな球にも食らいつき、劣勢からもフォアに回り込んでのカウンター一閃で相手の度肝を抜く、守備的ながら非常に野性味溢れるプレースタイルが特徴です。 フェデラーの主要実績(2019年時点)• グランドスラム優勝:20回(歴代最多)• 世界ランク1位:302週(歴代最長)• マスターズ1000:28勝(歴代3位)• ツアーファイナル優勝:6回• デビスカップ:優勝(2014) 五輪金を獲得し、キャリアゴールデンスラムを達成した史上2人目の選手 一方で、ナダルは全盛期のフェデラー相手に勝ち越しただけではなく、ジョコビッチやマレーといったBIG4時代の中で、グランドスラム16勝、マスターズ33勝、世界ランク1位(141週)に加えて、北京五輪金メダルを獲得し、しています。 これらの実績とフェデラーより5歳若いことから、ナダル最強説も根強いです。 しかし、フェデラーが五輪シングルスで金メダルを獲得していないように、ナダルもツアーファイナル(年間最終戦)での優勝が無い点も議論の争点になります。 ナダルの主要実績(2019年時点)• グランドスラム優勝:16回(歴代2位)• 全仏オープン優勝:12回(単独最多)• 世界ランク1位:最長141週(歴代7位)• キャリアゴールデンスラム(男女合わせて史上4人目)• マスターズ1000:33勝(歴代2位)• デビスカップ優勝:4回(2004・08・09・11)• 【関連記事 】 比較6. コート内外の彼の紳士的な態度は全てのプレーヤーの模範となり、世界中のファン、観客、スポンサーに至るまで誰も不快にしたり、傷つけることはありません。 「 あらゆる意味で世界最高のスポーツ選手。 単にスポーツに強いだけでなく、人格的な要素や生き方がぴったりだった」」—ファストリの柳井正会長 フェデラーの人柄を深く知るのに最適なフェデラー自伝です。

次の