コロナ 保育士。 「令和2年保育士試験(前期)筆記試験」中止のご案内|一般社団法人全国保育士養成協議会

【保育士250人に聞いた】コロナの影響で給料や保育はどうなった?|保育士TIMES

コロナ 保育士

「園で感染者を出さないために毎日頑張っています。 風邪の症状がある職員も休ませているので、職員の人数もギリギリです。 預かるのはいいのですが、このままですと保育士が倒れます」 神奈川県で保育士のくるみさん(30、女性)は、BuzzFeedの公式LINE「バズおぴ」にこんな悲痛な現状を寄せた。 「職員の数が少ない上に、やることが多いので、現場はとにかく1日中バタバタしています。 保育士が園でお預かりする子どもたちをコロナから守るためにどれだけ神経使って頑張っているのか、少しでも多くの人に知ってほしいです。 学校や幼稚園は休校、休園措置を取っているなか、開園している保育園の努力を知ってほしいです」 園ではこれまで、衛生マニュアルに沿って職員の手洗いや消毒の徹底、定期的な換気や次亜塩素酸を使った園内の消毒などを徹底してきた。 そうした消毒は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、より徹底するようになったという。 「普段の業務にプラスして消毒の回数も増やしています。 保育士は子どもたちが帰ったあと、全てを掃除して消毒してから帰っています」 さらに問題が大きくなってからは、保護者の園内立ち入りを禁止にした。 「朝からは保育士が入り口まで迎えに行き、荷物を預かって保育室へ。 帰りはインターホンがなったら、その都度子どもの支度、荷物を持ってまた入り口へ……。 普段は保護者にやっていただいている朝夕の支度を、保育士がすべて行っている。 お迎えのたびに、保育室から保育士が1人抜けなければいけないことから、普段よりも保育士を多く配置するか、残業をする必要があるんです」 「働く保護者がいる限り、絶対に開園しなくてはならないと思います。 それが世の中に保育園が必要とされる意味だからです。 ただ、いつどこで誰が感染するかわからない、自分も感染したらどうしよう、園内で感染者が出たら……という不安にこれだけ神経を使うくらいなら、休園措置をとった方がいいとすら思ってしまいます」 感情的になる保護者も こうした切迫した状況にも関わらず、苦情を寄せてくる保護者も少なくない。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、行事の中止を知らせた際には「世の中の状況はわかっているが納得できない」と泣いたり、「大人気ない態度や言葉」をぶつける感情的な保護者もいたという。 「保護者の気持ちも十分にわかります。 私たちだって出来るならやりたいです。 しかし、いまは感染対策が優先となっており、職員に余裕もなければ、お預かりするだけで精一杯で、行事の練習をする時間は到底とれません。 園ができることは、その判断しかなかったのです」 また感染対策には保護者の協力も不可欠だが、それが至らない場合はしわ寄せが保育士に向かってしまう。 「保育士がいくら頑張っても、登園前の検温を忘れる保護者が多くて嫌になります。 私たちだけが本気でウイルス対策しても、無理です。 保護者のご協力がないと保育士の業務、負担が増えて、倒れます。 保育士が足りなくなったら、休園せざるを得なくなります」 「昔に比べたら保育士の処遇は改善していただいています。 一人暮らしする職員も増えてきました。 しかし、責任の大きさの割に、社会から求められているわりにお給料は低いと思います。 私たちは子どもたちの命を預かっています。 このまま保育士への負担が増えるのなら、きっと辞めて他の職業につきたいと思う人もいてもおかしくないのではないでしょうか」 とはいえ、くるみさんは「保育士はすばらしい仕事です」と誇りを持っている。 だからこそ、明日も園に向かうのだ。 「やりがいのある仕事だからこそ。 いま、世の中の人にコロナ対策の現状を知っていただきき、少しでも協力してくださる保護者が全国の保育園に増えることを祈っています。 そして無事に終息して、『あの時コロナ対策毎日大変だったね』と笑える日が来ることを祈りながら、明日も頑張ろうと思います」.

次の

コロナ感染恐れて保育士が続々退職 川崎の2保育園が急きょ閉園 園児21人は系列園で受け入れ

コロナ 保育士

何気に凄いニュース!感染予防の成果ですね。 「男性」とわざわざ書くことに意味ある? 夜の街行ったんじゃない?とか悪意ある推測が生まれそう いつかどこかでなると思ってた 鳥取 感染確認の保育士 濃厚接触者25人特定 検査開始 NHKニュース【NHK】鳥取市は2日に の感染が確認された市内の30代の男性保育士の濃厚接触者として、勤務先の園児や職員など合わ… 濃厚接触者が、25人とは、幼児や親御さんも含まれてたら、家族内感染拡大や親御さんが出社して社内感染拡大もねずみ算式に増える恐怖は、計り知れないね… 週末には、湯梨浜町に行く積もりだったが… 島根にも来てなかった? 1回だけの検査ではなく、複数回の検査を実施してしばらくは観察してほしいものです 山陰で拡大しないよう、祈ります 経済まわすから当たり前スペイン風邪二の舞マスクしてないから当たり前じゃない 埼玉県 感染症対策課を新設 コロナ「第2波」への備え NHKニュース【NHK】埼玉県は の「第2波」に備えるため、集団感染への対策や軽症者向けの療養施設の確保などにあたる「感染症対策… まだ無かったの?遅いなぁ。 のんびりしてはるね。 県民かわいそう。 流石 大野知事!と… ちょ、待ってよ、なんで『新設』なんだよ?え?今までなかったの?嘘、 栃木県 新たに2人感染確認 県内86人に NHKニュース【NHK】栃木県は3日、県内で新たに2人が に感染していることが確認されたと発表しました。 栃木県内で新型コロナウイ… 千葉の間違いだろ!(笑) そういえば、宇都宮とか、日光とか、すっごい人並んでたねぇ。 あれの答えが出るのいつ頃だろう。 マスクしてないから当たり前 福岡市 新たに2人感染確認 県内のべ862人に NHKニュース【NHK】福岡市によりますと市内で新たに2人が に感染していることが確認されました。 これで福岡県内で感染が確認され… 東京由来かな?大阪由来かな? 福岡県 福岡市 によると、市内で新たに2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。 これで県内で感染が確認された人はのべ862人になった。 鞍手町の病院に勤務する 北九州市 在住の20代看護婦さんもいます。 多分、増えるだろうな…。 新型コロナ「クラスター」27人感染の病院 なぜ広がったのか NHKニュース【NHK】 の「クラスター」が発生し、医師や患者など27人が感染した北九州市の北九州総合病院。 なぜ院内感染がここま… 完全にスキをつかれたと言うことですね。 油断大敵、この敵は見えないから始末が悪い。 医療関係者は心して対応してください。

次の

公然と消える「保育士給与」ありえないカラクリ

コロナ 保育士

「他の園ではどんな対策をとっているのかな」 「保育士さんの自宅勤務って何したらいいの」 「コロナウイルスが流行っているのに、休園にならない園はどうしているんだろう・・・」 などなど・・・、気になっている保育士さんも多いのではないでしょうか。 少しでも参考になればと思い、今回は、 私が勤める保育園での現状と、自粛期間中の働き方を詳しくまとめました。 大変なこの時期を乗り越えるために、実際に保育園で行っている様々な対策をお伝え致します。 コロナウイルスによって変わったこと 私の保育園では、 自治体から《登園自粛》の対応要請が出ています。 登園する子どもが3分の1程に減っている状態で、現在も保育園を開園し続けています。 補足 また、 《職員を2グループに分け、1週間ずつ交代で出勤する(一斉感染を防ぐ為)》と書いた件について補足します。 自粛としてお休みをとっている保育士さんの、自宅での過ごし方は以下の通りです。 有給として休暇を過ごす。 自宅勤務として書類や、玩具、壁面作りなどを行う。 少ない有給を使わなくてはいけなかったり、家で出来る仕事に取り組んだりして過ごしています。 『家にいてもどこか心休まらない』という保育士さんも多くいます・・・。 《命を預かる覚悟》と、その裏に抱える保育士のストレス 配慮する事項が増えたのに合せて、同時に、私たち保育士が抱えるストレスも増えてきているように感じます。 私たちの仕事は 《子どもの命を預かる仕事》です。 コロナウイルスが流行している今となっては、 子どもをお預かりすることは、毎日リスクとの隣り合わせです。 保育士として、この時期も働き続けることは、覚悟や強い意思が必要なことだと思います。 毎日懸命に、目には見えないコロナウイルスと、必死に戦わなくてはならないのですから。 それは、 保育士としての使命とも言えるでしょう。 ですが、その使命感は ストレスが大きく伴うものでもあります・・・。 コロナウイルスについて、保育士りこが思うこと 私の正直な感想として、イレギュラーな生活を過ごす保育士の皆さんからは、少しずつ疲れの表情を感じます。 神経質なまでに消毒する、保育室や玩具。 保護者からぶつけられる 不安に向き合い、そして疲れやストレスにも寄り添う。 影響を受けて 不安定になる子どもに対して、愛情深く関わり配慮する・・・。 そんな毎日を過ごす日々・・・。 疲れない訳がないですよね。 自粛期間中でも出勤し、しかも、子ども達と同じ場所で集団で過ごすことによって、 『子どもに感染させてしまったらどうしよう』もしくは 『自分が感染してしまったらどうしよう・・・』とビクビクもします。 コロナという脅威に立ち向かうためには、保育士全員が一丸となり、出来うる限りの対策が必要だと思います。 自分や大切な人の命を守ることですからね。 でも・・・。 神経質になり過ぎて、心まで辛くなってしまうなんて、私にはやりきれません。

次の