筋トレサプリ。 筋トレサプリメントランキング!筋肥大効果があるのは?

最低限のむべき筋トレサプリは3つだけ【ジムトレーナーが紹介】│ケイスケブログ

筋トレサプリ

筋トレにおすすめのサプリランキング こんにちは、丸鈴薬局の薬剤師()です。 「筋肉をしっかりつけたい。 でも いくら筋トレをやっても筋肉がつかない。 」 このような悩みを持つ方は多いです。 筋肉をつけるためには筋トレだけではなく、バランスのいい栄養を摂取しなければなりません。 なぜなら筋トレによる筋繊維のダメージを修復するために、十分な栄養を筋肉に与える必要があるからです。 この記事では、• 筋トレで筋肉を大きくするための仕組み• 筋トレにサプリが必要な理由• サプリの摂取タイミング などをわかりやすく解説していきます。 必須アミノ酸は以下の9種類• バリン• ロイシン• イソロイシン• メチオニン• フェニルアラニン• トレオニン(スレオニン)• トリプトファン• リジン• ヒスチジン このうち 「バリン・ロイシン・イソロイシン」の総称をBCAAといい、筋にとって非常に重要なアミノ酸であることがわかっています。 BCAAの筋肉への作用 BCAAの具体的な筋肉への作用は以下のとおりです。 筋タンパク質合成促進• 筋タンパク質分解抑制• 筋損傷軽減• 持久運動能力• 筋肉中のグリコーゲン節約• 乳酸産生抑制 これらの機能から、BCAAは運動時に大切な機能をもつことがわかります。 筋トレ後に起こる超回復とは? 筋トレをすると筋繊維が一時的に壊れ、修復されることでより強い筋肉になります。 この現象を「超回復」といいます。 筋繊維の修復にはさまざまな栄養素と休養が必要です。 ただし、超回復に必要な栄養は食事だけでは補いきれません。 サプリメントを使うことで、筋肉を効率よく強くすることができます。 筋トレにサプリメントが必要な理由 ここで、効率よく筋肉を成長させるためにサプリメントが必要な理由を具体的に解説していきます。 食事だけではタンパク質が不足する 筋トレを行った場合、筋肉を修復するために 1日に「体重1kgあたり2gのタンパク質」を摂取する必要があります。 つまり、体重60kgなら1日120gが必要です。 この量のタンパク質を鶏肉や豚肉からのみ摂取する場合、600gもの量を食べる必要があります。 筋トレのたびにこのような食事を摂ることは現実的ではありません。 この問題を解決するには、食事以外でプロテインやサプリメントなど使用してタンパク質の摂取量を向上させることが大切です。 サプリメントは手軽に補給できる 筋トレ後の30分間は効率よく栄養素を吸収することができる「ゴールデンタイム」と呼ばれており、タンパク質の摂取が勧められています。 しかし、筋トレ後すぐに食事をするのは難しいです。 また食事は消化に時間がかかるため、栄養素の効率的な摂取もできません。 一方、プロテインやサプリメントを使えば、サクッと手軽に必要な栄養素を摂取できます。 持ち運びも容易なので、ジムでもゴールデンタイムを逃さずタンパク質を補給することができます。 筋トレに必要なサプリメントの種類と効果 次にサプリメント摂取のタイミングについて解説していきます。 トレーニング30分前:BCAA BCAAの吸収には30分ほど時間が必要です。 トレーニング30分前にBCAAを摂取すると、ちょうどトレーニングを始める頃に血中濃度が高くなるため効果的です。 トレーニング中:BCAA トレーニングを長く続けると、こまめにBCAAを補給する必要があります。 BCAAは吸収が早い反面、体内で保持できないためです。 トレーニング直後~30分以内:BCAA・プロテイン トレーニング終了後はBCAAとプロテインサプリメントを摂りましょう。 回復のゴールデンタイムに効果的に筋タンパク質を合成することができます。 筋トレにおすすめのサプリメント:プロテイン ここからは筋トレにおすすめの各種サプリメントをランキング形式で紹介していきます。 まずはプロテインサプリメントです。

次の

筋トレサプリメントランキング!筋肥大効果があるのは?

筋トレサプリ

筋トレのサプリメントのおすすめを15選紹介していきます。 トレーニングに役立つ栄養や効果を理解して、上手にサプリメントを活用していきましょう。 筋トレの成果を出すために、必要な栄養素は何かご存じですか?「タンパク質」とだけ答えた方、もしかすると、栄養面が筋トレの足を引っ張っているかもしれません! 「筋トレ+たんぱく質」は最強コンビと思われがちですが、筋トレの成果を確実に出すには不十分とも言えます。 筋トレの成果を出すには、タンパク質以外にも必要な栄養素がたくさんあります。 とはいえ、毎日の食事だけで完璧に補うのは難しいもの。 そこでおすすめしたいのが、サプリメントです! サプリメントは、アスリートだけが摂取するものではなく、今では、筋トレをする方であれば、上級者、初心者問わず多くの方が取り入れているのです。 「筋トレしているのに、イマイチ体が変わらない・・」とお悩みの方。 トレーニング方法よりもまず、栄養面を一度見直してみましょう。 みるみるうちに肉体改造が確認できるようになるかもしれませんよ! 今回は、 筋トレにおすすめのサプリメントを15個ご紹介します。 目次|CONTENTS• ホエイプロテイン(筋トレのサプリメント定番!) 筋トレ後は、筋肉の材料となるタンパク質を不足なく摂取する事が必須です。 しかし毎日、通常の食事から摂取するのは難しいものですね。 そこで、効率よくタンパク質を摂取できるホエイプロテインがおすすめです。 ホエイプロテインは、適切なタイミングで、必要量をビタミンと併せて摂取すれば、筋肉を成長させる効果が期待できます。 特に数あるプロテインの中でも、ホエイプロテインはタンパク質含有率が高く、素早く吸収されるという特徴があり、トレーニング直前やトレーニング直後、他にもすぐにタンパク質が必要といった際には特におすすめ。 カゼインプロテインは、ホエイプロテインに比べてゆるやかに吸収されて、その分血中へのアミノ酸供給がゆっくりと行われるため、長時間に渡ってタンパク質を補充したい時におすすめ。 ホエイプロテインが1~2時間で吸収されるのに比べ、カゼインが完全に分解されるまでにはおよそ6~7時間もかかるのが特徴的。 そのため、運動直後ではなく、長時間の間タンパク質の補給ができない就寝の前に摂取したり、食事を摂れない場合などに筋肉を分解しないために摂取するのがおすすめ。 ただ、多くのホエイプロテインパウダーに比べて、多少なりとも水に溶けにくいことが多いので、慣れるまでは少し飲みにくいと感じることも多いかも。 ソイプロテイン ソイプロテインは大豆のタンパク質を原料としたプロテインパウダー。 そのため、特に完全に動物性の食べ物を口にできないヴィーガンといった人には利用してみる価値があるかも。 また、植物性タンパク質の中でも、数少ない完全タンパク質(人間が筋肉を作るために外部から摂取する必要がある必須アミノ酸を、全て必要量含んだタンパク質)でもあるため、その他の植物性タンパク質を比較しても、筋肉を作るためには効果が高いと言えるプロテイン。 ただし、ソイプロテインに関しては、大豆タンパク質に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのような働きを持っているともされ、長期的にソイプロテインを大量に飲み続けた場合の影響については、まだ確実なことが分かっておらず不安視されることもあるのが多少ネック。 基本的にはホエイやカゼインといったプロテインが利用できない状況下において、たまに代替として利用するといった使い方が良いかと思います。 ピープロテイン ピープロテインは、これまた植物性のタンパク質を原料としたプロテインパウンダーで、その原料はエンドウ豆。 このピープロテインは、完全タンパク質とも不完全タンパク質とも言われることがあるプロテインで、必須アミノ酸は全て含んでいるけど、一部の必須アミノ酸は量が少ないといった点が多少ネック。 ただし、ソイプロテインのような不安はなく、さらに筋肉の成長において大切なBCAA(分岐鎖アミノ酸)の含有量が植物性タンパク質としては比較的多いのもメリットなところ。 多少独特な風味があるので、当初は違和感があるかもしれませんが、ソイプロテインの代わりの植物性のタンパク質源としておすすめ。 BCAA(重要な筋トレのサプリメント) プロテインに次いで、欠かせないサプリメントはこのBCAAかも。 BCAAとは必須アミノ酸の、バリン・ロイシン・イソロイシンの総称。 アミノ酸は筋肉を生成する際に必須な栄養素ですが、この必須アミノ酸であるBCAAは体内で合成されないため、外から補う必要があります。 BCAAは筋肉合成の他、筋肉痛の防止や筋トレ時の集中力アップの効果が期待できるといった効果もあったり。 さらに、BCAAは筋トレ前に飲むと筋肉分解抑制の効果、筋トレ中に飲むとエネルギー補給と筋肉分解抑制、そして筋トレ後に飲むと筋肉合成というように、活用方法が多いという特徴があります。 含まれる栄養素はBCAAで、基本的に苦めのものが多いですが、飲みやすく味付けされたものも販売されています。 グルタミン BCAAと同じく、筋トレをする方に多く飲まれているのがグルタミン。 グルタミンの主な役割は、筋肉合成の促進ですが、その他に消化器官などのエネルギー源になるなど、体内で重要な役割を担っているため、筋トレのコンディショニングや疲労回復におすすめのサプリメントです。 グルタミンの特徴は、飲むタイミングで筋トレ前ではなく、筋トレ後や就寝前など、体のリカバリーを行うタイミングで摂取する事により、効果が発揮されます。 含まれる栄養素はグルタミン酸で、単体のものがほとんどです。 マルチビタミン&ミネラル(人気な筋トレのサプリメント!) ビタミン・ミネラルも筋トレには欠かせません。 特に、タンパク質の代謝を促進するビタミンB6は積極的にとりたい栄養素。 その他、コラーゲンの生成に関わるビタミンCもおすすめ。 さらに、カルシウムなどは、筋肉の収縮に影響を与える栄養であるため、筋トレを行う際にも影響を与える栄養素です。 各ビタミンやミネラルは、微量の摂取でそれぞれの役割を果たすため、まんべんなく摂取する事が理想的。 そのため、必要なビタミン・ミネラルが揃ったマルチビタミンがおすすめです。 含まれる栄養素はメーカーによって異なりますが、基本的にビタミンBやCなど数種のビタミンとカルシウムや鉄、亜鉛などのミネラルが含まれています。 クレアチン クレアチンは筋トレ時のエネルギー補充におすすめのサプリメントです。 クレアチンに含まれるクレアチリン酸は、無酸素運動を行う時のエネルギー代謝に使われます。 その結果、筋トレ中に、最大限に力を発揮した状態を持続するといった効果が高くなるとされ、例えば通常、ベンチプレスで100kgを7回した挙上できなかったものが、8回挙上できるようになったりといった効果があるとされます。 ただし、クレアチンの効果を引き出すためには、ローディングといった飲み方が必要になるため、筋トレ初心者というよりは、本格的に筋トレに取り組んで成果を出していきたい人向けの筋トレサプリメントであると言えるかもしれません。 フィッシュオイル フィッシュオイルは、激しいトレーニングによって起こる炎症や酸化を抑える効果があるとされるサプリメント。 筋肉の炎症や酸化が大きくすぎると、その分、筋肉の修復を遅らせてしまい、効率的な筋肉の成長が難しくなってしまう。 そのため、フィッシュオイルの摂取によって、筋肉がおったダメージを抑え、回復を早めることで、全体的な筋トレの成果を高めていくことが期待できるようになります。 また、フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸は、筋肉の成長を促進する成長ホルモンの分泌を促すといった効果もあるため、筋肉増強をしたい人は、是非検討しておきたいサプリです。 NOブースター NOブースターは、体内の一酸化窒素(NO)を高める効果があるとされるサプリメント。 一酸化窒素は、血管を拡張して血流を活性化させるといった効果があり、それによって筋肉の活動に必要な栄養素を届けたり、また筋肉の合成を助けるテストステロンや成長ホルモンなどの巡りも良くするとされ、結果的に運動中のパフォーマンスアップや、その後の筋肉成長にもつながるとされています。 筋トレ初心者レベルであれば、そこまで必要はないと思いますが、本格的に肉体改造をしたいボディビルダーなどは、利用を検討してみると良いかもしれません。 ヴィターゴ ヴィターゴは高分子量の炭水化物でできたサプリであり、直接的に筋肉の成長に関わるというよりは、関節的に筋肉の成長につながるサプリメント。 その特徴として、摂取すると素早く胃を通過して腸まで届き、すぐに体内へ吸収されていくといった特徴があります。 炭水化物は、筋グリコーゲンと言ったエネルギー源として筋肉に貯蔵されて、筋トレ中に使われたり、他にも筋トレ後に筋肉を修復する際にも大切になってきます。 特に筋トレ直後には、可能な限り素早く吸収されるタンパク質と炭水化物を摂るのが良いため、ヴィターゴは一つの選択肢になってくるかと思います。 クエン酸 クエン酸は、体内のクエン酸サイクルを活性化させて筋肉疲労を軽減させるため、おすすめです。 体内でエネルギーとして使われたクエン酸の燃えカスは、廃物として排出されずにその後のサイクルによって再びクエン酸に戻るのが特徴です。 筋トレ時のエネルギー活性化はもちろん、疲労の回復効果も期待できます。 含まれる栄養素はクエン酸で、飲みやすく味付けされたものがほとんどです。 コンドロイチン コンドロイチンは、間接の弾力と円滑性を保つ働きにより、トレーニングによる間接への負担を軽減してくれるのでおすすめです。 関節の損傷を防ぐ事で筋トレによるケガ防止が期待できます。 また、コンドロイチンはカルシウムの代謝に関与し、丈夫な骨づくりのサポートをする特徴もあります。 栄養素はコンドロイチン&グルコサミンという形でセットになったものも多く販売されています。 CLA いくら筋肉を増やしたとしても、脂肪が減らなければ、かっこいいボディラインは手に入りません。 そこでおすすめなのが、ダイエット系のサプリメントです。 そのうちCLAは、脂肪細胞に脂肪を溜めこまない働きがあるため、脂肪燃焼促進が期待できます。 体内で、脂肪を燃焼炉に運ぶ車のような働きをする事が特徴です。 栄養素はCLA単体のものがほとんどです。 カルニチン カルニチンはCLAと併せておすすめのダイエット系サプリメントで、体内で脂肪燃焼を促進する働きがあります。 カルニチンが多ければ多いほど、脂肪燃焼のチャンスも高まるという特徴があります。 栄養素はカルニチン単体のものがほとんどです。 カルニチンとCLAの二つの働きが合わさって脂肪燃焼につながるので、常にセットで摂取する事をおすすめします。 最近話題らしい筋トレのサプリ 筋トレのサプリとしておすすめなものを10選紹介してきましたが、次に最近話題の筋トレサプリを紹介します。 以下のサプリは試した訳ではないので、どのような効果があるなどは具体的にお伝えできませんが、その効能などは公式サイトを見て確認してみてください。 筋トレの栄養や食事に関する記事は次もチェック必須!•

次の

筋トレサプリを【優先順位重視】で効果がすぐ出るものだけを紹介!

筋トレサプリ

筋トレにおすすめのサプリランキング こんにちは、丸鈴薬局の薬剤師()です。 「筋肉をしっかりつけたい。 でも いくら筋トレをやっても筋肉がつかない。 」 このような悩みを持つ方は多いです。 筋肉をつけるためには筋トレだけではなく、バランスのいい栄養を摂取しなければなりません。 なぜなら筋トレによる筋繊維のダメージを修復するために、十分な栄養を筋肉に与える必要があるからです。 この記事では、• 筋トレで筋肉を大きくするための仕組み• 筋トレにサプリが必要な理由• サプリの摂取タイミング などをわかりやすく解説していきます。 必須アミノ酸は以下の9種類• バリン• ロイシン• イソロイシン• メチオニン• フェニルアラニン• トレオニン(スレオニン)• トリプトファン• リジン• ヒスチジン このうち 「バリン・ロイシン・イソロイシン」の総称をBCAAといい、筋にとって非常に重要なアミノ酸であることがわかっています。 BCAAの筋肉への作用 BCAAの具体的な筋肉への作用は以下のとおりです。 筋タンパク質合成促進• 筋タンパク質分解抑制• 筋損傷軽減• 持久運動能力• 筋肉中のグリコーゲン節約• 乳酸産生抑制 これらの機能から、BCAAは運動時に大切な機能をもつことがわかります。 筋トレ後に起こる超回復とは? 筋トレをすると筋繊維が一時的に壊れ、修復されることでより強い筋肉になります。 この現象を「超回復」といいます。 筋繊維の修復にはさまざまな栄養素と休養が必要です。 ただし、超回復に必要な栄養は食事だけでは補いきれません。 サプリメントを使うことで、筋肉を効率よく強くすることができます。 筋トレにサプリメントが必要な理由 ここで、効率よく筋肉を成長させるためにサプリメントが必要な理由を具体的に解説していきます。 食事だけではタンパク質が不足する 筋トレを行った場合、筋肉を修復するために 1日に「体重1kgあたり2gのタンパク質」を摂取する必要があります。 つまり、体重60kgなら1日120gが必要です。 この量のタンパク質を鶏肉や豚肉からのみ摂取する場合、600gもの量を食べる必要があります。 筋トレのたびにこのような食事を摂ることは現実的ではありません。 この問題を解決するには、食事以外でプロテインやサプリメントなど使用してタンパク質の摂取量を向上させることが大切です。 サプリメントは手軽に補給できる 筋トレ後の30分間は効率よく栄養素を吸収することができる「ゴールデンタイム」と呼ばれており、タンパク質の摂取が勧められています。 しかし、筋トレ後すぐに食事をするのは難しいです。 また食事は消化に時間がかかるため、栄養素の効率的な摂取もできません。 一方、プロテインやサプリメントを使えば、サクッと手軽に必要な栄養素を摂取できます。 持ち運びも容易なので、ジムでもゴールデンタイムを逃さずタンパク質を補給することができます。 筋トレに必要なサプリメントの種類と効果 次にサプリメント摂取のタイミングについて解説していきます。 トレーニング30分前:BCAA BCAAの吸収には30分ほど時間が必要です。 トレーニング30分前にBCAAを摂取すると、ちょうどトレーニングを始める頃に血中濃度が高くなるため効果的です。 トレーニング中:BCAA トレーニングを長く続けると、こまめにBCAAを補給する必要があります。 BCAAは吸収が早い反面、体内で保持できないためです。 トレーニング直後~30分以内:BCAA・プロテイン トレーニング終了後はBCAAとプロテインサプリメントを摂りましょう。 回復のゴールデンタイムに効果的に筋タンパク質を合成することができます。 筋トレにおすすめのサプリメント:プロテイン ここからは筋トレにおすすめの各種サプリメントをランキング形式で紹介していきます。 まずはプロテインサプリメントです。

次の