語りたいほどマンガ好き。 ジャニーズ№1 アニメオタク キスマイ宮田俊哉 おすすめマンガ2選 ! ~Kis

【かぐや様を語りたい】かぐや様ファンにおすすめ!5つの理由を解説!|あらまきごろうのQOLを追求したい生活

語りたいほどマンガ好き

こんにちは、yojipapa です。 今回は、【王様のブランチ】のコーナー「語りたいほど漫画好き アイドル界のオタク王がイチ押し漫画を語る」で紹介された、「Kis-My-Ft2 宮田俊哉さん・ニッチェ井上敬子さん・ニッチェ近藤くみこさん オススメのマンガ4選」の内容をお伝えします。 番組名 王様のブランチ もう一度見たい! Kis-My-Ft2 宮田俊哉 オススメ青春ラブコメマンガ「とらドラ!」 学園ラブコメディの人気作「とらドラ!」 高校生男女のラブコメで、 主人公 高須とヒロイン逢坂のお互いの親友に恋をしていて、 高須と逢坂がお互いに協力してカップルになろうとする作品。 友情や恋愛、葛藤などが、 ぜんぶ詰まっている作品だそうです。 アニメ化もされていて、 「ここさけ」「あの花」を手掛けた長井龍雪さんが作画監督をつとめています。 宮田さんはかなり思い入れがあるそうで、主題歌の曲を聴くだけで泣けるそうです。 ちなみに、推しメンは、 ヒロイン逢坂大河だそうで、 宮田さんは、 小さい金髪の子が好きだそうです。 ライブでは、 小さい金髪の子を見つけたら、 絶対に手を振っちゃうそうで、 でも、宮田ファンだって分かりやすいので、 「 勘弁してください!」と。 元々の原作は小説で、 マンガ化、アニメ化に加え、昨年には映画化もされた大人気作品です。 「幼女戦記」は、 「とにかく絵が上手い!」作品だそうで是非、見て欲しいそうです。 宮田さんは、 主人公ターニャの、 金髪少女以外にも好きなポイントがあり、 「とにかくターニャは口が悪い」そうで、 「口が悪いながらに優しさを少し見せてくる感じ」が好きだそうです。 宮田さんは、ツンデレの黄金比が、 9:1が最高だそうです。 最初は幸せな日々だったが・・・ やがて姑の不二子が次第に本性を現し始め、 萌に対して、様々な「いびり」を行っていく。 そして、住んでいる町には、 昔から嫁姑番付というものがあり、 姑のいじわるさをランキングにされています。 ランキング1位の姑 ご新造さまは町を支配する絶対的な権力者となります。 萌が最終的に大ボス ご新造さまに立ち向かっていく物語だそうです。 宮田さん、「めっちゃ気になる!」と。 江上さんは、「ちょっとだけ見ようかな」と思って見てみたら、 途中から信じられない展開にどんどんなってきて、 結果、 課金しまくって全部買ってしまったそうです。 ニッチェ 近藤くみこオススメ毒舌女社長マンガ「ハイパーミディ中島ハルコ」 52歳の女社長が世の中を切りまくる「ハイパーミディ中島ハルコ」 原作は直木賞作家、林真理子さんで、 実在する女性実業家、奥谷禮子さんをモデルに書いた小説です。 それを偽装不倫や東京タラレバ娘などを手掛けた、 東村アキコさんがマンガにした最強タッグで生まれた作品です。 中島ハルコは悩みを抱える女性に、時には喝を時には希望を与えてくれるスーパーウーマン。 近藤さん、「ハイパーミディの言うことは気持ちいいです!」と。 毎回、悩める女性をハルコがズバッときって気持ちく終わるそうです。 「ネットで調べたら みんな言ってる!」そうです。

次の

【かぐや様を語りたい】かぐや様ファンにおすすめ!5つの理由を解説!|あらまきごろうのQOLを追求したい生活

語りたいほどマンガ好き

皆さんは 同人誌というと、どんなイメージをお持ちでしょうか。 今回は同人誌と、今世界的に流行している新型コロナウィルスについて語りたいと思います。 同人誌ってどんなもの? 私は趣味でイラストを描いたり小説を書いたりしてまして、弱小サークルとしてではありますが、2次創作ののイベントに参加したりもしています。 マンガやアニメ作品から自分の頭の中に湧き起こった 「ifの世界」つまりは妄想を、漫画やイラスト、小説などで表現し、それを自費で本の形にまとめてイベントで頒布しているのです。 一般的に「同人誌」というと、この2次創作を思い浮かべるのではないかなと思います。 あくまでも2次創作は原作に対する「好き」という感情の発露だという原則がありますが、「好き」の形は千差万別。 人それぞれに思い描くものは違います。 それがとても楽しい世界です。 原作から発想を得た自分の妄想を、2次創作の同人誌にして頒布するなんて、恥ずかしくないの?という方もいらっしゃると思います。 2次創作というものは その作品のどこが好きか、どう好きなのか、プレゼンしているようなものかなと思っています。 他の方に自分の同人誌を手に取っていただけたということで、自分の作品に対する思いに共感してくれる人がいるのだと心強くなりますし、同じ作品を好きな方たちと出会えるというのはシンプルにうれしいものです。 そして自分の絵や小説で、誰かが楽しんでくれるという体験ができるなんて、幸せなことだなと感じます。 でもこれは、2次創作に限ったことではありません。 「電車が好き」 「廃墟が好き」 「洋楽が好き」 「旅行が好き」 「メイクが好き」 「着物が好き」 誰しも好きだと思うことは一つくらいあると思います。 その 好きなものを絵に描いたり、写真を撮ったり、文章にしたり、そうして本にまとめてしまえば、それは立派な同人誌です。 そんな自分の好きを形にした同人誌を誰かが手にしてくれる。 それは自分の「好き」が誰かに伝わったということであり、同人誌を通じて同じものを「好き」だと思っている仲間に直に出会い交流することができる機会が、というイベントなのです。 イベントは中止になったけれど しかし2020年4月の今、新型コロナウィルスの世界的な流行によって、外出の自粛が呼びかけられ、学校は休校が続いて子供たちは気軽に遊ぶこともできない状態になっています。 ライブや演劇などの様々なイベントも中止に追い込まれています。 開催予定だったいくつものも、また同様に中止に追い込まれています。 私に参加する予定だったイベントも開催中止となりました。 参加する予定のイベントが無くなった。 だからやる気がなくなってしまった。 絵はとかインスタとかで上げればいいし、小説だって投稿サイトはあるし……。 たしかに今はインターネット上で作品を公開する手段がいくつもあります。 でも、私はそうして 同人誌を作るのをやめてしまわないで欲しいなと思うのです。 私は出版とか印刷とか、そこらへんの片隅で働いています。 執筆者や編集者にはならなかったけれど、本が好きで本を作る仕事がしたいと思って、この職に就きました。 実際に本屋に並ぶ本を作る側の人間になって感じたことは、自分が関わった本が本屋に並んで、誰かが買ってくれるうれしさです。 自分が制作に関わった本が平積みされていたりするのを目の当たりにすると、思わずきれいに並べ直したくなるほどです。 どなたか買ってくださる方が現れるのを売り場で見届けたくもなります。 そして重版が出ると、頑張った甲斐があったなぁなどと思ったりするのです。 でも書籍というものは、分業で出来上がるものです。 私が携わるのはほんの一部分。 最初の企画に加わったり、お客様の手に本をお渡ししたりすることって私の業務ではできないんです。 でも同人誌は違います。 一から十まで自分の手でできます。 プロではなくても、自分で企画して内容を書いて、印刷して、直接本を手渡しすることができ、しかも手に取ってくださる方にお礼まで言えます。 それって本当に凄いことで、私は初めて参加したでその光景を目の当たりにして、心から感激してしまいました。 この新型コロナウィルスの流行で中止に追いやられ、会場で頒布することはできなくなってしまいました。 でも何もしないでいるのは、イベントそのものが無かったことになりそうで悲しいなと思い、新刊の入稿をしてイベントの開催日に合わせる形で通販での委託をお願いすることにしました。 そうすることで、イベントが中止となって今とても苦しい状況になっているであろう主催会社を後押し、イベントそのものを存続させることに繋がればいいなと思っています。 そして、この流行が収束して再びイベントが開催されたときには、必ずやまた新刊を携えて参加したいと思っています。 「エアブー」というのは正しくはイベントではなく「サークル通販情報」となります。 エアブーのサイトを介して「」「」「BOOTH」他、同人誌の通販情報を一覧できるようになっています。 サークルとしては、参加登録を行うことやエアプチオンリーを企画されている方もいますし、マシュマロでメッセージを送ったり、差し入れもできるような工夫をされていて、ちょっとしたイベント気分を味わうことができています。 ただ、その期間中であっても通販が動くだけなので、リアルなイベントのように会場に行って味わう高揚感はありません。 でも、会場に行くことができなくてサークル活動を躊躇していた方も、これなら参加してみようかなと同人誌を作るきっかけになるのではないでしょうか。 イベントには参加しないけれど同人誌を頒布したい方はいらっしゃると思うので、これはこれで登録参加費を取る形のエアイベントとしてリアルのイベントと並行して継続すると、サークルの参加方法の選択肢を増えて面白いかもしれないぞと思っています。 前回は市梨きみ先生の商業BL作品『さよならアルファ』について語っています。 興味を持っていただけた方は、こちらからどうぞ。 isanamaru.

次の

同人誌と新型コロナウィルスについて語りたい

語りたいほどマンガ好き

こんにちは、yojipapa です。 今回は、【王様のブランチ】のコーナー「語りたいほど漫画好き アイドル界のオタク王がイチ押し漫画を語る」で紹介された、「Kis-My-Ft2 宮田俊哉さん・ニッチェ井上敬子さん・ニッチェ近藤くみこさん オススメのマンガ4選」の内容をお伝えします。 番組名 王様のブランチ もう一度見たい! Kis-My-Ft2 宮田俊哉 オススメ青春ラブコメマンガ「とらドラ!」 学園ラブコメディの人気作「とらドラ!」 高校生男女のラブコメで、 主人公 高須とヒロイン逢坂のお互いの親友に恋をしていて、 高須と逢坂がお互いに協力してカップルになろうとする作品。 友情や恋愛、葛藤などが、 ぜんぶ詰まっている作品だそうです。 アニメ化もされていて、 「ここさけ」「あの花」を手掛けた長井龍雪さんが作画監督をつとめています。 宮田さんはかなり思い入れがあるそうで、主題歌の曲を聴くだけで泣けるそうです。 ちなみに、推しメンは、 ヒロイン逢坂大河だそうで、 宮田さんは、 小さい金髪の子が好きだそうです。 ライブでは、 小さい金髪の子を見つけたら、 絶対に手を振っちゃうそうで、 でも、宮田ファンだって分かりやすいので、 「 勘弁してください!」と。 元々の原作は小説で、 マンガ化、アニメ化に加え、昨年には映画化もされた大人気作品です。 「幼女戦記」は、 「とにかく絵が上手い!」作品だそうで是非、見て欲しいそうです。 宮田さんは、 主人公ターニャの、 金髪少女以外にも好きなポイントがあり、 「とにかくターニャは口が悪い」そうで、 「口が悪いながらに優しさを少し見せてくる感じ」が好きだそうです。 宮田さんは、ツンデレの黄金比が、 9:1が最高だそうです。 最初は幸せな日々だったが・・・ やがて姑の不二子が次第に本性を現し始め、 萌に対して、様々な「いびり」を行っていく。 そして、住んでいる町には、 昔から嫁姑番付というものがあり、 姑のいじわるさをランキングにされています。 ランキング1位の姑 ご新造さまは町を支配する絶対的な権力者となります。 萌が最終的に大ボス ご新造さまに立ち向かっていく物語だそうです。 宮田さん、「めっちゃ気になる!」と。 江上さんは、「ちょっとだけ見ようかな」と思って見てみたら、 途中から信じられない展開にどんどんなってきて、 結果、 課金しまくって全部買ってしまったそうです。 ニッチェ 近藤くみこオススメ毒舌女社長マンガ「ハイパーミディ中島ハルコ」 52歳の女社長が世の中を切りまくる「ハイパーミディ中島ハルコ」 原作は直木賞作家、林真理子さんで、 実在する女性実業家、奥谷禮子さんをモデルに書いた小説です。 それを偽装不倫や東京タラレバ娘などを手掛けた、 東村アキコさんがマンガにした最強タッグで生まれた作品です。 中島ハルコは悩みを抱える女性に、時には喝を時には希望を与えてくれるスーパーウーマン。 近藤さん、「ハイパーミディの言うことは気持ちいいです!」と。 毎回、悩める女性をハルコがズバッときって気持ちく終わるそうです。 「ネットで調べたら みんな言ってる!」そうです。

次の