還暦祝い手紙。 還暦のお祝いの言葉。メッセージ・手紙の書き方と例文 / 【還暦祝いプレゼント専門店】お祝いギフト工房

還暦祝い招待状マナー》返信・メール・文例・食事・プレゼント贈り物・旅行

還暦祝い手紙

子、丑、寅、卯…と続く十二支と、甲、乙、丙、丁…と続く十干との組み合わせから来る干支は60通りあり、ちょうど60年で生まれた年の干支に還る(かえる)ことから「還暦」と名付けられたと言われています。 こうしたことから、長寿のお祝いの中でも還暦祝いは特別な意味を持っています。 一般的に長寿祝いというと最も身近なお年寄りである、祖父母(おじいちゃん、おばあちゃん)、または両親(おとうさん、おかあさん)の健康や長寿を祝うものですが、65歳定年制が身近になっている現在では60歳はまだまだ現役。 職場での還暦祝いも多くなっているようです。 職場での還暦祝いの例 1 職場のみんなでお金を出しあって還暦のお祝いを贈る 2 職場で食事会や宴会をする 3 組合・団体からお祝いの品を贈る 4 職場のクラブやサークルなどで還暦のお祝いをする 5 会社が主催で社員または役員の還暦のお祝いをする 学校での還暦祝いの例 1 学生や生徒がお金を出しあって先生・教授・監督・コーチなどに還暦のお祝いを贈る 2 教授・准教授、監督・コーチの還暦祝いに、ゼミや研究室で食事会や宴会をする 3 卒業生から先生、教授・准教授、監督・コーチなどにお祝いの品を贈る 塾、稽古ごとでの還暦祝いの例 1 学生や生徒、弟子がお金を出しあって先生・講師、師範・師匠に還暦のお祝いを贈る 2 先生・講師、師範・師匠の還暦祝いに、塾生、生徒、弟子が主催で食事会や宴会をする 家族で祝う還暦祝いの例 1 子どもたち、孫たちがお金を出しあってお父さん、お母さんまたはおじいちゃん、おばあちゃんに還暦のお祝いを贈る 2 父さん、お母さんまたはおじいちゃん、おばあちゃんの還暦祝いに、子どもたちや孫たちと一緒に食事会や宴会、あるいは旅行をする 赤 還暦祝いというと、定番として「赤いちゃんちゃんこ」と「赤い頭巾」が知られています。 生まれた年の干支に還ることから「赤ちゃんの扮装をすることで、新たに生まれ変わったつもりで気持ちを新たに人生を歩んでほしい」といった願いがこめられているようです。 下記は、いわゆる還暦カラーである「赤」にちなんだ贈り物です。 おすすめのカラーは、ボルドー(赤ワイン色)。 この色なら女性のみならず、男性用のセーターやマフラーをプレゼントできるのではないでしょうか。 ただし「飲んでみたい」と思わず声が出るラトゥールなどの高級品は値段もピカイチ!庶民にとっては試飲ができないのも冒険と言えます。 予算に限りがある方は、60年前というヴィンテージにこだわらず、12年前のワインはいかがでしょうか。 適度に身体を動かすことが健康に一番良いようです。 なかでもウォーキングは世代を問わずだれでもできる健康法であり、機能的にも優れたウォーキングシューズがスポーツ用品メーカーから多数出ています。 万歩計は、値段も手ごろで高機能のものが沢山出ています。 座椅子、マッサージチェア…マッサージチェアは、万一使わないときに邪魔になるので要注意です。 本人の意向をよく確認してください。 記念に 時計、バッグ 腕時計やバッグなど、ちょっとした記念になるものを贈ります。 ステイショナリー 万年筆などの高級な筆記具も記念になります。 ゴルフクラブ 60歳がまだまだ現役であることを意識したプレゼントです。 旅行 60歳はまだ現役世代なので、長期の休暇は難しいかもしれません。 近郊でも構いませんので1泊〜2泊の小旅行をプレゼントしてはいかがでしょうか。 記念写真の撮影 還暦を迎えた本人の写真だけでも良いのですが、できればご夫婦一緒に、あるいは家族全員といった写真もいかがでしょうか。 お食事会 手軽に楽しめるイベントの代表格です。 還暦を迎えた本人が好きな料理・献立をメインに、みんなで食卓を囲みます。 家族の笑顔が何よりのプレゼントです。 植樹、木を植える 例えば60歳の記念に樹を植えるというのはどうでしょう。 還暦らしく、赤い実のなる木を庭に植えるというのはいかがでしょうか? プレゼントする時期が冬なら、ちょうど実をつけている時期となるのが「万両」です。 その名前から縁起が良い植物として知られています。 もしも「植樹」にこだわらずに、プレゼントとして万両を贈る際には鉢植えが良いでしょう。 60歳は現役で働いている人が多い年齢です。 旅行やお食事会などを計画する場合には、週末や土日などが無難です。 贈り物を手配した場合には前日には届くようにします。 目録には「収蔵しているもののリスト」という意味と「贈り物・進物などの実物の代わりに贈る品物名のリスト」という意味があります。

次の

還暦祝い招待状マナー》返信・メール・文例・食事・プレゼント贈り物・旅行

還暦祝い手紙

還暦祝いのプレゼントの傾向について 還暦は生まれた年の干支に戻ることから、長寿のお祝いとして始まりました。 しかし、現代の60歳はまだまだ現役。 長寿というにはまだまだ早すぎる年齢ではないでしょうか? とはいえ、伝統的に行われてきた催事ですので、身内に還暦を迎える方がいればお祝いしてあげたいと思うのは普通のことです。 しかし、 本人もまだまだ若い気持ちでいることを考慮してあまり盛大になりすぎないようにした方がいい場合もあります。 贈り物などもその一つで、赤いちゃんちゃんこや頭巾にちなんで赤いものを贈るといった習慣がありますが、実用的な本人の好みのものを贈ったほうが喜ばれます。 カードやラッピングなどを赤にするなど工夫して還暦祝いらしさを演出しても良いでしょう。 還暦祝いにお金を贈るのはマナー違反!贈る場合には熨斗袋の用意を 還暦祝いに何を贈ろうか迷った場合には、お金を贈るというアイデアもあります。 しかし、 基本的に目上の人物に金銭を贈ることはマナー違反となります。 「生活の足しに使ってください」「プレゼントを選ぶのが面倒くさい」といったイメージを連想させ、悪い印象を持たれる場合があります。 還暦祝いは長寿のお祝いと敬意を表しての物ですので、失礼に当たることはなるべく避けたいものです。 ただ、どうしても本人の意向や様々な理由で現金が最もふさわしいという結論に至る場合もあるかもしれません。 そうした場合には、 熨斗袋に「祝還暦」「還暦御祝」などと書いて渡すようにします。 水引は赤と白の蝶々結びで、その下に贈り主の氏名を入れます。 連名でも子供一同、孫一同などでも構いません。 これは熨斗の場合でも一緒ですので、参考にしてください。 ちなみに、熨斗袋に中袋がついている場合には、筆もしくはペンを用意して包む金額を漢数字で書き、 金額の最後には「也」をつけましょう。 還暦祝いに現金を贈る場合の相場 関係性別の還暦祝いに現金を贈る場合の一般的な相場としては、 ・ご両親に現金を贈る場合:3万円~5万円(家庭によっては1万円や10万円) ・祖父母に現金を贈る場合:1万円~3万円 ・そのほか親族や恩師、上司などに現金を贈る場合:5千円~2万円 ただ、現金で還暦祝いを贈る場合の相場は特にありません。 現金で贈ること自体珍しいことなので、必ずいくらでなければいけないということではありません。 現金で贈る理由に至った経緯を踏まえて、 適切な金額を無理のない範囲で渡せばよいでしょう。 還暦祝いにお金ではなく贈り物をする場合のおすすめプレゼント 還暦祝いには相手の使い勝手が良いようにとお金を贈ろうか迷われる方もいるかもしれません。 ただ、ご本人が望んでいる場合やそれが最も良いと思われる場合以外は、プレゼントを選んで贈った方が還暦の方には喜ばれます。 ここでは、還暦祝いにお金ではなく贈り物をする場合のおすすめプレゼントをご紹介します。 花束 何を贈ろうか迷っている方におすすめなのが花束のギフト。 花束であれば、性別や年齢問わず誰にでも喜んでもらえます。 還暦祝いのテーマカラーの赤色を中心とした花を選んだり、還暦の方のイメージに合った花を取り入れたりしながらオリジナルの花束を贈りましょう。 似顔絵 還暦の方の好みや趣味、ライフスタイルなどがいまいちわからないという場合には、似顔絵のプレゼントもおすすめ。 似顔絵は贈り主さんやお孫さんなどが描いても良いですし、プロに依頼して描いてもらう方法もあります。 プロに依頼する場合、絵のタッチや還暦の方のイメージに合ったデザインなどから選ぶことができ、本人そっくりの似顔絵を製作してもらうことが可能。 似顔絵にメッセージが添えられたものが多いですが、 名前を使ってお祝いの言葉や感謝の言葉を伝える名前詩が添えられているものも人気があります。 インターネットで「還暦祝い 似顔絵」などと検索すると多くの商品や会社を見つけることができます。 各社の完成例やフレームの種類、値段の相場を比較しながら選びましょう。 カタログギフト 長寿祝いなどのお祝い事のプレゼントで最近人気があるのはカタログギフトです。 カタログギフトであれば相手に好きな時に好きなものを選んでもらうことができ、より良いプレゼントを贈ることができます。 カタログギフトには生活に使える実用品やグルメなどが一緒に掲載されているものや、体験・イベント型のカタログギフトも販売されています。 ラッピングがおしゃれだったりメッセージカードを無料で添えてくれたりする商品も多いので、還暦祝いのプレゼント選びに迷った時にカタログギフトはおすすめです。 メッセージカードを添えられる場合には、ぜひ添えて気持ちを込めて贈りましょう。 まとめ:還暦祝いにお金を贈る場合には祝う気持ちが伝わる工夫を 現金だけというのではあまりにもそっけないので、同時にお祝いのメッセージや手紙、花束やお菓子などを一緒に渡すようにした方が、気が利いています。 ご家族であれば日頃伝えられていない感謝の気持ちをメッセージや手紙で伝えると、より喜んでもらえるでしょう。 お金は消費されますが手紙やメッセージなどは残りますので、記念の贈り物としていつまでも保管しておくことができます。 現金を贈ることはこれから迎える還暦以降のお祝いでは珍しくなくなってきます。 しかし、現金の金額そのものよりも、 祝う気持ちが重視されているということを忘れないようにしましょう。

次の

還暦祝いのメッセージ。英文のメッセージや、御の使い方、例文について。

還暦祝い手紙

寿命が短かったのは、乳幼児の死亡率が非常に高かったこと、飢餓や病気や戦で沢山の命が失われていたこと、栄養状態が今ほど豊かではなかったことなどが理由に挙げられます。 そうした中で、めでたく満60歳を迎えることができたのは、大変におめでたいことでした。 「還暦祝い・還暦祝」の「還暦」という名称は「干支は60年で一巡するので、ちょうど生まれた年の干支に戻ることから還る(かえる)という意味で名付けられた」と言われています。 筆者は子供の頃、「元の干支に戻るのは60年じゃなくて12年ごとじゃないの?」と思っていたものです。 「干支は、十干(じゆっかん)と、十二支(じゅうにし)の組み合わさったもので、全部で60の組合せがある」と知ったのは、高校生の頃でした。 このページの下の方では、この60通りの組み合わせ(六十干支=ろくじゅっかんし、ろくじゅうかんし)を紹介しています。 平均寿命が延びた最近では、還暦はまだまだ現役の年齢。 まさに新しい人生のスタートを期するお祝いとなっています。 他は本来は数え年で祝うものでしたが、 満年齢で祝う人も増えています。 のしの 表書きは「内 祝」「寿」などと書きます。 お食事会の席で贈り物を手渡しする場合には、お祝いの会に間に合うように前日には届くようにします。 本人の希望を確かめてから、そ れに沿った形で、どんなお祝い にするかを決めると良いでしょう。 急に年寄り扱いをしたりせず、大げさなことは避け、誕生日に還暦 のお祝いも兼ねて贈り物をする 位の方が喜ばれるかもしれません。 表書きは、「祝還暦」等と書きます。 女性だけでなく男性にセーター、マフラー等を贈る場合にも、あまり地味なものは避けるようにします。 今のお父さんお母さんの世代は60歳でもとっても若いのです。 また、記念撮影用に、最近は数千円程度の予算でレンタル品の赤いちゃんちゃんこも利用できるようです。 何度もつかうものではありませんので、それほど高額なものでなくても良いと思います。 落ち着いた色調なら男性でも抵抗なく身につけることができます。 また、赤に近い色でサーモンピンクという色も肌の色を綺麗に見せるため、女性(お母様)へのプレゼントとしておすすめです。 さらに赤のエプロンなど、実用品もおすすめです。 目新しいものとしてはエステチケットを母にプレゼントしましたという人も。 お客様の中には、親しみやすい上司に赤いちゃんちゃんこを贈り着用してもらって、普段とは違うかわいい姿の記念写真を撮って盛り上がったというお客様もいらっしゃいました。 控えめなワインカラーのネクタイも人気です。 無地では抵抗がある赤系のネクタイも、ドット(水玉 )や市松模様、ストライプなどにすれば抵抗なく使えるようです。 使ってもらえるように上品な色のものを選ぶようにしてください。 グレー、ブラック、ネイビーのスーツと合わせます。 干支 01. 甲子 02. 乙丑 03. 丙寅 04. 丁卯 05. 戊辰 06. 己巳 07. 庚午 08. 辛未 09. 壬申 10. 癸酉 11. 甲戌 12. 乙亥 13. 丙子 14. 丁丑 15. 戊寅 16. 己卯 17. 庚辰 18. 辛巳 19. 壬午 20. 癸未 21. 甲申 22. 乙酉 23. 丙戌 24. 丁亥 25. 戊子 26. 己丑 27. 庚寅 28. 辛卯 29. 壬辰 30. 癸巳 31. 甲午 32. 乙未 33. 丙申 34. 丁酉 35. 戊戌 36. 己亥 37. 庚子 38. 辛丑 39. 壬寅 40. 癸卯 41. 甲辰 42. 乙巳 43. 丙午 44. 丁未 45. 戊申 46. 己酉 47. 庚戌 48. 辛亥 49. 壬子 50. 癸丑 51. 甲寅 52. 乙卯 53. 丙辰 54. 丁巳 55. 戊午 56. 己未 57. 庚申 58. 辛酉 59. 壬戌 60.

次の