ミシェル ボース 結婚。 HAWAII FIVE

ミシェル ボース インスタ

ミシェル ボース 結婚

海外ドラマファンのみなさん、こんにちはー!! 今日も海外ドラマ、見てますか!? 私はいまさらながら、Netflixでゴシップガールを見始めました。 女子ドラマのドロドロ感、たまらないですね!(笑) さて、今回のお題は「シーズン途中で妊娠した女優たち」です。 アメリカドラマって、スタートからある程度の視聴者を獲得できれば毎年新シーズンが作られるってのが基本パターンですよね。 10年以上続く人気シリーズもいくつもありますが、当然その間には出演者の私生活にも大きな変化が発生します。 なかでも、ドラマに直接大きく影響するのがレギュラー女優の妊娠出産。 日本のドラマの場合は、降板したり妊娠を希望した時点で仕事をセーブしたりする事が多いようですが、アメリカの女優の妊娠事情は異なります。 アメリカ女優の妊娠出産事情 人気女優にだって当然プライベートもあれば家族もいます。 もちろん妊娠出産することだってあります。 とてもおめでたいことですよね! 出演女優の妊娠が発表されると、共演者からもTwitter等でおめでとうのメッセージが送られるのもお約束。 ですが、妊娠は見た目にもはっきりわかるのがドラマ撮影においてはちょ~っと問題ですよね。 それをストーリー上で不自然にならないようにするのは製作陣の腕の見せどころなのです。 【BONES】テンペランス・ブレナン こと エミリー・デシャネルの場合 テンペランス・ブレナンことエミリー・デシャネルが第一子を出産したのは2011年。 BONESは当時シーズン7。 もちろん、すでにシリーズをご覧の方はどうなったかはご存知ですよね! エミリー・デシャネルの妊娠に合わせてテンペランス・ブレナンもブースとの子供を妊娠! なんと厩で娘クリスティンを出産しました。 あの出産シーンはドラマとはいえ超展開でしたよね~(笑) さらにエミリーは2015年にも第二子を妊娠出産しました。 そして、この妊娠もストーリーに組み込まれる事が発表されています。 BONESシーズン10にて描かれる予定だそうですよ。 ちなみに、同じくBONESのストーリー上でブレナンと同時期に妊娠出産したアンジェラですが 、演じるミケーラ・コンリンは実際には妊娠していません。 こちらはあくまでもストーリー上だけのお話です。 【グレイズ・アナトミー】メレディス・グレイ こと エレン・ポンピオの場合 2009年9月に第一子を出産しました。 この時、グレイズ・アナトミーはシーズン6。 ストーリー上でメレディスが妊娠することはなく、メレディスが自分の父親へ腎臓を提供し、しばらくベッドで過ごすという形になりました。 この時はずいぶん長い間ベッドにいるなあと思ったんですが、そういう裏事情があったんですね~。 また、エレン・ポンピオは2014年に第二子を迎えましたが、この時は代理出産だったそうで、しばらく家族との時間を過ごすため休暇をとった後、撮影に復帰しています。 【グレイズ・アナトミー】ミランダ・ベイリー こと チャンドラ・ウィルソンの場合 チャンドラ・ウィルソンが第三子を妊娠した当時、グレイズ・アナトミーはシーズン2。 この時はベイリーもストーリー上で妊婦になり、妊娠出産とキャリアの間で悩む外科医の姿が描かれましたね。 そのうえ、夫が意識不明で運ばれ手術を受けているなかでの出産というびっくり展開! あの、ナチとまで呼ばれた恐ろしいアテンディングのベイリーが人間らしい弱さを存分に発揮するというシーズンにもなりました。 メンタリストはシーズン5でした。 この時は、ストーリー上でヴァンペルトが妊娠することはなく、お腹を隠す形での撮影となりました。 具体的には、デスクワーク度急上昇! いままでデスクワークより外に出たいと何度も主張していたヴァンペルトが、一転、デスクワークばかりになったのはそういう事情だったのですね~。 しかし、週を増すごとに椅子に座ってるヴァンペルトの体型がどんどんふくよかになっていく…! 妊娠とはいえこんなに太って大丈夫なの!?と一部ファンを心配させたりもしましたが、途中、出産を経て(ストーリー上では研修のため出張という形で出番回避)、翌シーズンではもうすっきり体型を戻してきたあたり、うーん、さすが女優って感じですね! 【クリミナル・マインド】JJ(ジェニファー・ジャロウ)こと A・J・クックの場合 A・J・クックの第一子妊娠は2008年。 当時クリミナル・マインドはシーズン3。 この時はJJも妊娠出産という展開になりましたねー! 大きなお腹で凄惨な殺人事件と向き合うJJ。 陣痛が来てなお、ギリギリまで働こうとするJJ。 胎教なんて知るかコノヤロウ!って感じのワーキングマザーっぷりが実にワイルド! BAUメンバーが陣痛に苦しむJJを慌てて病院まで運んだり後見人になったりと、さすが「BAUは家族」といったエピソードになりました。 さらにA・J・クックは2015年3月にも妊娠を発表。 しかしこちらはストーリーに組み込まれるかどうかは発表されていません。 どんな展開になるのかファンとしては気になるところですよね! 【パーソン・オブ・インタレスト】サマンサ・ショウ こと サラ・シャヒの場合 パーソン・オブ・インタレストで小柄でクールなサマンサ・ショウを演じているサラ・シャヒ。 2015年放送のシーズン4の途中で突然ショウが行方不明になり、ルートがパニックを起こすほど荒れていましたが…そうです、プライベートで出産しておりましたー! なんとこちらは双子ちゃんを自宅出産だったそうです。 はじめての出産ではなかったとはいえ、すごい…。 今後は子育てが落ち着き次第、復帰予定だそうです。 ショウさんのカムバック、待ち遠しいですね! 【HAWAII FIVE-0】コノ・カラカウア こと グレイス・パークの場合 ファイブオーチームの紅一点、コノ・カラカウアを演じるグレイス・パークが妊娠したのは2013年。 シーズン4で、恋人の日系人でヤクザの家系のアダムを追いかけて、コノが突然チームを離れ国内外をあっちこっちとさまよっていたのは、このグレイス・パークの妊娠が理由だったんですね。 しかしあの体型。 細い腰。 全然妊婦に見えない…! そして、この時グレイス・パークはなんと39歳だというから驚きです。 だってコノって、ファイブオー入りした時、アカデミー卒業したばっかりって設定だったじゃないですか…。 40過ぎてなお、作中で三角ビキニ姿を披露するグレイス・パーク。 おみそれしました。 まとめ アメリカドラマの女優妊娠出産事情、いかがだったでしょうか? 妊娠出産後もレギュラーとして活躍する姿を見られるのは、ファンとしてもとっても嬉しいですよね。 海外ドラマファンとして、今後のみなさんのご活躍をたのしみにしていまーす!.

次の

【Hawaii Five

ミシェル ボース 結婚

レベッカ・ゴードン医師とボビー・トラン医師がカンダハル飛行場にあるNATOの「ロール3」医療部隊に転属。 負傷兵を治療するかたわら、さっそくロケット砲攻撃の洗礼を受ける。 2006年。 敏腕外傷外科医のレベッカ・ゴードン少佐と新米医師のボビー・トラン大尉が、カンダハル飛行場にあるNATOの「ロール3」多国籍医療部隊に転属してくる。 アフガニスタン南部唯一の高度外科医療施設だ。 飛行場のはずれにベニヤ板と帆布とテープで建てられたロール3病院は、上空を飛行機が通過するたびに揺れるまにあわせの建物だった。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. 重傷のイギリス兵を救おうとしたレベッカは、手術で血液製剤の備蓄を使い果たしてしまう。 その兵士は仲間による発砲で負傷した可能性があった。 被弾した重傷の兵士をボビーとともに手術したレベッカが輸血製剤を使い果たしてしまったため、マークス大佐はやむなく基地スタッフに献血を募る。 ペダーセンが負傷兵のチームメートに銃撃戦の状況を尋ねるが、どうも話が合わない。 マークスはレベッカを士気向上担当責任者に任命し、基地スタッフ向け親睦パーティの手配を命じる。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. 脳神経外科医のサイモン・ヒルは無許可で救命ヘリに便乗し、敵の攻撃を受ける。 レベッカはサイモンに代わって脳の手術をやらなければならなくなる。 救命ヘリが物資輸送任務に出かけると知ったサイモンは、自分の農場を見にいくため便乗。 しかし予想外の砲撃を受けたあげく、弾の破片で重傷を負った米兵を救助するため寄り道を余儀なくされる。 ボビーとレベッカが担当した脳出血のルーマニア人民間人は、直ちに脳神経手術を行わないと命がない。 サイモンは帰着が間に合わず、ヘリから携帯電話でレベッカに指示を出して手術させる。 ボビーとペダーセンは、不眠症に悩んでいるという米空軍士官を診察。 その士官は、空軍の戦略にかかわる重要な作戦任務を控えているという。 マークス大佐は休む間もなく過熱暴走のCTスキャナーと格闘し、無断外出のサイモンを叱責し、空軍士官に苦渋の診断を下す。 市民の結婚パーティが戦火に巻き込まれ、多くの負傷者がロール3病院に搬送された。 レベッカは行方不明になっている花嫁を捜し出そうと手を尽くす。 母国の妻から気になる電話を受けたマークスは、ペダーセンに相談。 レベッカはボビーと共にペダーセンのカウンセリング・セッションに参加するが、つい本音をしゃべりすぎてしまって落ち込む。 民間人の結婚祝いがタリバンとの市街戦に巻き込まれ、アフガニスタン人の新郎と出席者たちがロール3病院に担ぎ込まれる。 ペダーセンは負傷した女性たちの手当てを手伝うためクリニックへ赴き、レベッカは新婦の行方を捜す。 ボビーは大尉としての権限で、部下を率いて作戦任務を終了するまで検査を待ってほしいという曹長に休養を命じる。 さらに、お偉方との電話会議での受け答えでマークス大佐を感心させる。 レベッカは、人気者だった兵士の遺志をなんとか実現しようと、病院の規則に反して奔走。 その努力が報われ、彼女は「手柄」を上げることができるのか。 サイモンの私生活についてさまざまな噂が駆けめぐる。 レベッカはサイモンに「ボビーの成功をうらやんでいる」と打ち明け、その気持ちをペダーセンに相談する。 ボビーの研究を手伝うことになった看護師のスージーは、彼に好意を抱く。 一方、イギリスから頻繁に電話を受けているサイモンの様子を見て、同僚たちの間にさまざまな憶測が駆けめぐる。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. ある兵士の死に関して厳しい調査を受けるレベッカ。 薬を与えなかったことが彼の死につながったのではと思い悩む。 カンダハル空軍基地で、「カバブ大食い競争」が開催される。 会場に向かう途中のレベッカは、ヘリ救命士のフォードとメーラに出くわし、長距離のフライトに出発するところだと聞かされる。 操縦士の米空軍大尉レイ・ラドフォードは出発前に興奮薬が欲しいと言うが、レベッカは職業倫理上それはできないと断る。 一方カバブ大食い競争の会場では、細菌まみれの肉を介して胃腸炎患者が続出するという悲惨な状況に。 てんやわんやの中、救命ヘリ墜落というショッキングな知らせが届いた。 負傷したレイ、フォード、メーラがストレッチャーで運ばれてくる。 航空医官とマークス大佐は、レイの命を救おうと懸命に処置。 ボビーが助かる見込みのほとんどない患者を救おうと決意したため、医師団と看護師たちの対立が深まる。 この溝を乗り越えることができるのか、それともロール3病院の医師と看護師が決定的に敵対してしまうのだろうか。 民間バスと軍用車の衝突事故が発生し、数名の負傷者がロール3病院に搬送された。 ボビーが担当したのは、重度のやけどを負った女性。 生存可能性ありという彼の判断は、経験豊富なウィル・ロイヤル看護師長の意見と真っ向から対立する。 望みがないと考えたウィルは、無駄な延命に看護の人手を浪費せず死なせるべきだとマークス大佐に進言するが、大佐とレベッカはともにボビーの決断を支持する。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. 2つの世界の板挟みとなり苦悩するヴァンズ。 軍病院の仲間たちと、タリバン兵との疑いをかけられ負傷して運ばれた幼馴染みの友人、ヴァンズはどちらを選ぶのか。 爆破テロの容疑者が負傷して搬送され、スタッフは神経をとがらせる。 その容疑者カマールは、ヴァンズの幼馴染だった。 マークス大佐はヴァンズにカマールと接触するなと命じるが、ヴァンズは真実を知りたい一心で嗅ぎ回り、カマールに発砲したアフガン国軍の兵士がやはり幼馴染のサルマンであることを知る。 カマールは無実を主張し、サルマンはカマールこそ爆破犯だと言う。 ヴァンズはどちらを信じるべきか分からず、2人の間で揺れ動き思い悩む。 さらにロケット攻撃の混乱に乗じてカマールが脱走したため、軍警察はヴァンズに逃亡幇助の疑いをかける。 ヴァンズを心配するマークス大佐にも、なすすべがない。 重傷の兵士を本当の意味で救えるのは、医学か信仰か。 イモンと従軍牧師の間に緊張が高まる。 重傷で運ばれたダウムズ軍曹の治療にあたるサイモンと、かたわらに付き添う女性従軍牧師プロテル。 サイモンは過去への罪悪感と怒りに苦しんでいるところで、プロテルも信仰心を失いかけていた。 脊椎損傷で四肢麻痺の恐れありと言われたダウムズは、プロテルを呼んで神を信じさせてくれと懇願する。 一方のサイモンは罪悪感の反動で、ダウムズが腕を使えるよう危険な手術に挑戦させてくれとマークス大佐に頼む。 ダウムズのそばを離れないと約束したプロテルは、手術に立ち会ってサイモンの奮闘を見守る。 はじめは軽口を叩いていた2人だが、やがて医学と信仰をめぐる辛辣な議論に。 爆発で負傷したマークス大佐に代わり、レベッカがトリアージの責任者に。 一刻を争うプレッシャーの中で、大佐の意思にそむいてでも方針を貫き通そうとする。 思い悩むレベッカを慰めたのは、意外にもサイモンだった。 旧ソ連軍の掩蔽壕をクリニックに転用できないかと、廃墟を訪れたマークス大佐と工兵のフィッツハロルド大尉(フィッツ)。 一見安全と思えた建物だったが、不発の仕掛け爆弾をうっかり爆発させてしまう。 大佐は軽傷、フィッツは崩れた建物の鉄筋で串刺し状態に。 C 2011 Sienna Films Productions XII Inc. and Artists Studio Productions Ltd. All Rights Reserved. 女性クリニックが襲撃され、サミゼイ少佐、レベッカ、ペダーセン、スージー、パムが危険にさらされる。 そのショックも癒えないまま、ロール3病院のスタッフは負傷した襲撃犯の命を救うため奔走することに。 いつものように女性クリニックを訪れたレベッカとペダーセン。 看護師のパムとスージーも同行し、診察室ではサミゼイ少佐が通訳を務めていた。 そこへサミゼイ少佐の命を狙う殺し屋が現れたため、レベッカはやむなく銃を取って、その男に重傷を負わせる。 プロの医師として、直ちに自分が撃った男の応急処置を開始するレベッカ。 サミゼイに向けられた銃弾は狙いが外れ、病院側スタッフ1名の命を奪っていた。 仲間の死を知ったロール3病院のスタッフ達はショックを受ける。 レベッカとボビーは懸命に私情を抑え、友人を殺害した男の治療に当たらねばならない状況に。

次の

HAWAII FIVE

ミシェル ボース 結婚

ペトルチアーニの墓 ペトルチアーニはフランスので系フランス人の家庭に生まれた。 遺伝的原因から、生まれつきという障害を背負っていた。 この障害のため、彼の身長は成長期になっても1メートルほどにしか伸びず、骨はもろく、またしばしば肺疾患に苦しめられた。 同年代の少年が熱中するようなスポーツに加わることはできず、ペトルチアーニの関心はもっぱら音楽に向けられるようになった。 ペトルチアーニは特にの音楽を好み、ピアニストになりたいと願うようになった。 そこでクラシック・ピアノを習い始め、何年も練習を続けたが、その一方でジャズから心が離れることはなかった。 ペトルチアーニは13歳で最初のコンサートを迎え、18歳の時に初めてトリオを組んだ。 彼の骨は非常にもろかったので、演奏席までは他人に運んでもらわねばならなかった。 またペダルに足が届かないためペダル踏み機を使わねばならなかったが、腕は標準的なサイズであったことで、鍵盤を弾くことができたのである。 その天才的な演奏ぶりは広く注目を集めた。 、ペトルチアーニはへ渡った。 アメリカで彼はのバンドに参加するなど、いっそう積極的に演奏に取り組み、1980年代~1990年代を代表するジャズ・ピアニストの一人となった。 にはとアルバムで共演、また晩年のとも共演している。 ペトルチアーニはフランス人としては最初に、名門ジャズレーベルのと契約したピアニストである。 、を受章、6月にはの広場が「ミシェル・ペトルチアーニ広場」と命名された。 ペトルチアーニは3人の女性と関係を持った。 最初の結婚は・出身のエルリンダ・モンターニョ。 ペトルチアーニは2人の息子の父親となったが、アレクサンドル(Alexandre)は父親と同じ障害を持って生まれた。 ペトルチアーニはをとても流暢に話すことができたため、イタリアでのコンサートではアナウンスを自らイタリア語で行った。 ペトルチアーニは、若い頃から体質上「寿命は20歳程度まで」と言われていた身だった。 実際にはそれよりはるかに寿命を長らえて活躍したが、ツアー先ので急性を起こして死去した時は、36歳の誕生日から10日足らずであった。 彼の遺体はパリの内、の墓からほど近い場所に葬られた。 、監督によるドキュメンタリー映画『』が製作される(日本公開:2012年10月13日)。 幼少時から死の直前までの演奏風景や日常を撮り溜めた貴重な映像を中心に、家族や音楽仲間らの証言によって構成されている。 第37回ドキュメンタリー部門にノミネートされるなど高い評価を受けた。 年譜 [ ]• - トニー・ペトルチアーニの三男としてフランスのに生まれる• 4歳 - テレビでを見てクラシック・ピアノを習い始める• 5 又は6歳 - オランジュ古代劇場にてを聴く• 6歳 - へ引っ越す• 代初め - ダンスホールで初めて演奏する。 ギャラはオレンジ一つ。 - 、クリウスクラ・ジャズ・フェスティバルに出演、プロデビュー。 スペシャル・ゲストとして参加したに認められる• - モンテリマール劇場で行われた、、のツアーに一部で参加する。 このときダニエル・ユメールからアルバムを作ろうと誘われるが、父親がまだ早いと断る。 - グランド・モット・フェスティバルに参加する。 に会う。 - パリで最初のアルバム『フラッシュ』を録音、レコード・デビューする• - に旅立ち、 友人トロックス・ドロハートの紹介でビック・サーにあるにて住み込みで働く。 ここでの妻ドロシー・ダールに出会い、ロイドとの演奏活動が始まる。 - チャールズ・ロイドとのロベロ劇場にてコンサートを行う。 マスコミにロイドをカムバックさせたフランスのピアニストとして取り上げられる。 18歳 - インディアン・ナバホ族出身のエルリンダ・モンターニョと結婚する• - - (アルト・サックス)と欧州公演を行う• - チャールズ・ロイド・カルテットにてに参加する• - チャールズ・ロイドとパリ・ジャズ・フェスティバルに参加する• - ニューヨークの「クー・ジャズ・フェスティバル」にソロ・ピアノで出演する• - フランク・カッセンティ監督の映画「ミシェル・ペトルチアーニへの手紙」がに出品される• - チャールズ・ロイド・カルテットから脱退する• - エルリンダ・モンターニョと離婚する• - ニューヨークに移る• - フランス人として初めてと専属契約し『ピアニズム』を録音• - イタリア人ピアニスト、ジルダ・ブッタと結婚するが、3ヶ月で離婚する• - フランスに戻る• - フランス政府からを贈られる• 11月 - 南青山「ブルーノート東京」において来日公演• - インターネットでオンライン・インタビューを行う• - ニューヨークにて肺感染症に冒され、のに入院、他界する。 36歳• - パリのサン・ロック教会で葬儀が行われる 関連作品 [ ] ディスコグラフィ [ ] リーダー・アルバム [ ] 1980年代• 『フラッシュ』 - Bingow 1980年• 『ミシェル・ペトルチアーニ』 - (1981年4月録音) Owl 1981年• ()と共同名義, 『トゥート・スウィート』 - (1982年5月録音) Owl 1982年• 『オーラクルズ・デスティニー』 - Oracle's Destiny(1982年10月録音) Owl 1983年• のち再発 Blue Note 2004年。 のち再発 Blue Note 2002年。 (ニューヨーク「」におけるライヴ)• 『ノート・アンド・ノーツ』 - Note'n Notes(1984年10月録音) Owl 1984年• と共同名義, 『コールド・ブルース』 - Cold Blues(1985年1月録音) Owl 1985年• 『ピアニズム』 - (1985年12月録音) 1986年• 『パワー・オブ・スリー』 - (1986年7月録音) Blue Note 1987年(におけるライヴ。 およびと共演。 『ミシェル・プレイズ・ペトルチアーニ』 - (1987年9月、12月録音) Blue Note 1988年• 『ミュージック』 - Music Blue Note 1989年• ()と共同名義, 『カンヴァセーション・ウィズ・ミシェル』 - Conversations With Michel(1988年、1989年録音) Go Jazz 2000年(没後作品) 1990年代• 『プレイグラウンド』 - Blue Note 1991年• 『ライヴ』 - Live Blue Note 1991年(「アルセナル ()」におけるライヴ)• トニー・ペトルチアーニと共同名義, 『カンヴァセーション』 - Conversation(1992年11月録音) Dreyfus 2001年(没後作品)• 『プロムナード・ウィズ・デューク』 - Promenade With Duke Blue Note 1993年• 『マーヴェラス』 - Marvellous(1993年12月録音) Dreyfus 1994年(スタジオ「」において録音。 が参加。 没後作品。 CD 2枚組。 エディ・ルイスと共同名義, 『デュオ・イン・パリ』 - Conference De Presse(1994年6月録音) Dreyfus 1994年• と共同名義, 『ドレフュス・ナイト』 - Dreyfus Night In Paris(1994年7月録音) Dreyfus 2003年(ライヴ。 没後作品。 CD 2枚組。 と共同名義, 『フラミンゴ』 - (1995年6月録音) Dreyfus 1996年• 『ボース・ワールズ』 - Dreyfus 1997年• 『ソロ・ライヴ』 - (1997年2月録音) Dreyfus 1998年。 のち2CD完全版 2007年。 (フランクフルト「」におけるライヴ)• 『ライヴ・アット・ブルーノート東京』 - Trio In Tokyo(1997年11月録音) Dreyfus 1999年(南青山「」におけるライヴ。 没後作品。 ) コンピレーション [ ]• Both Worlds Live North Sea Jazz Festival Dreyfus 1997年(マーヴェラスとフラミンゴのカップリング。 CD 2枚組。 『アウル・イヤーズ 1981-1985』 - Days And Wine And Roses 1981-85 Owl 2000年(CD 2枚組)• The Blue Note Years(1985年~1992年在籍) Blue Note 1993年• 『未発表ボックス』 - Concerts Inedits(1993年、1994年録音) Dreyfus 1999年(CD 3枚組)• 『ソー・ホワット』 - So What: Best of Michel Petrucciani Dreyfus 2004年• 『ザ・コンプリート・ドレフュス・ジャズ・レコーディングス』 - The Complete Dreyfus Jazz Recordings Dreyfus 2008年(10CD、2DVD) 客演 [ ]• ミシェル・グレイエ, ドリーム・ドロップス - Dream Drops 1981年• チャールズ・ロイド, ナイト・ブルーミング・ジャスミン - Night Blooming Jasmine 1981年• チャールズ・ロイド, ナイト・イン・コペンハーゲン - (1983年録音) 1985年• Vol. 4 - One Night With Blue Note Volume 4 Blue Note 1985年• ・ウィズ・ブルーノート Vol. 2 - Mt. Fuji Jazz Festival'86 With Blue Note Vol. 2 Blue Note 1986年• ラシェル・フェレル, ファースト・インストルメント - First Instrument 1989年• マンハッタン・プロジェクト - Blue Note 1989年• ジョー・ロヴァーノ, フロム・ザ・ソウル - Blue Note 1991年• フィリップ・ペトルチアーニ, ファースト - The First 1991年• セルジュ・フォルテ, ヴァイナ - Vaina 1992年• リアン・フォリ, リュミエール - Lumieres! 1994年• , ジャズナヴール - Jazznavour EMI 1998年• , カルテット - Quartet(1998年1月録音) Dreyfus 1999年• パトリック・ロンダット, オン・ザ・エッジ - On The Edge 1998年 フィルモグラフィ [ ]• ミシェル・ペトルチアーニへの手紙 - Lettre A Michel Petrucciani 1983年• ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード Vol. 2 - Live At The Village Vanguard Volume 2 1984年• ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート - One Night With Blue Note 1985年• 富士山・ジャズ・フェスティバル・86年・ウィズ・ブルーノート Vol. 2 - Mt. Fuji Jazz Festival'86 With Blue Note Vol. 2 1986年• パワー・オブ・スリー - Power Of Three 1986年• レジェンド・オブ・ジャズ・ギター Vol. 3 - Legends of Jazz Guitar Volume 3 1986年• マンハッタン・プロジェクト - The Manhattan Project 1989年• ノン・ストップ - ミシェル・ペトルチアーニの旅 - NON STOP - Eine Reise mit Michel Petrucciani 1996年• ライブ・イン・コンサート - Live In Concert 1998年• ミシェル・ペトルチアーニ・イン・メモリアム - Michel Petrucciani: In Memorien 1998年• Petrucciani Original Transcription Piano 1992• Michel Petrucciani Note For Note 1993• Michel Petrucciani Songbook 2000 書籍 [ ]•

次の