コロナ 山梨 渡辺 勤務先。 「さらし上げ見せしめに」感染女性中傷に山梨県が対策へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

山梨帰省コロナ感染女性の本名・勤務先デマ拡散が止まらない! 「逮捕すべき」私刑が横行

コロナ 山梨 渡辺 勤務先

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 帰省先の山梨県内で新型コロナウイルス感染が確認された後、東京都内の自宅に帰った女性への非難や中傷がインターネット上で広がり、名前や勤務先を特定しようとする真偽不明の情報も飛び交っている。 県は重大な人権侵害ととらえ、保護対策に着手した。 県によると、5日の会議で長崎幸太郎知事が、感染者の権利保護を強化する必要性を指摘し、対応を指示した。 県はネット上にプライバシーを脅かす情報が流れていないかなどを調べる態勢づくりに着手。 犯罪性があれば警察に情報提供することや、弁護士などと協力して人権救済を支援することを検討している。 県の担当者は「感染者がことさら非難されると、早期発見と治療、感染拡大防止に必要な情報も表に出てこなくなるおそれがある」と危惧する。 県内55人目の感染者となった女性は、4月29日に実家に帰省。 5月1日にPCR検査を受け、2日に陽性と判明した後、高速バスで東京に戻った。 当初は結果判明前に帰宅したと県に説明していたが、実際は判明後だった。 県は2日に女性の感染確認を発表。 翌3日に帰宅日を訂正した。 新聞やテレビで報道されると、SNSには女性を特定したかのような情報や、「すべてをさらし上げて見せしめにした方がいい」といった言葉が書き込まれた。 勤務先と名指しされたある企業は「事実無根の情報が流されている」とホームページに掲載した。 県が4日の記者会見で、「感染したこと自体は本人の責任ではない。 そのことは配慮してほしい」と呼びかけると、県庁には「配慮してほしいとはなにごとか」と批判する電話も数多くかかってきたという。 (田中正一、吉沢龍彦).

次の

山梨コロナ感染者が下のプリクラの方だと判明しましたが20代の女と報道され...

コロナ 山梨 渡辺 勤務先

山梨県コロナ20代女性が富士吉田発の高速バス 京王バス で帰京判明 帰京は陽性判明後 山梨帰省の20代女性 「帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 このときからネットでは大きな話題になっていましたが、当該女性は3日になって 保健所に虚偽の説明をしていたことを告白しました。 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、 2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 産経新聞ではこのように報じられており、ネットではさらに炎上。 この女性に対しての批判が殺到している状況です。 山梨県高速バスコロナ感染の20代女性は誰で実名 名前 は渡辺で爆サイ特定完了? 今回の報道が大きく報じられると、ネット掲示板を中心に特定活動がスタート。 おもに、 2ちゃんねると 爆サイなどの掲示板で特定作業が行われています。 実際、爆サイには 『新型コロナ感染した富士北麓の低能女を特定して追い込もう!』というタイトルのスレッドが立っています。 このスレッドでは、当該20代女性と思われる人物の名前と思われる記載がいくつも散見されます。 一部書き込みでは、家族の情報やバーベキューをやった友人の情報まで記載されています。 ただ、これらの情報はあくまでも掲示板に投稿されたもの。 出所も不明確で、この情報を裏付ける確かな証拠もありません。 そのため、現時点では信頼できる情報とは言えないでしょう。 これは女性の氏名、住所、顔写真などの情報を開示しないと取り返しがつかないんじゃないかな? バスの同乗者、山梨と東京での足取り、会った人間など対策できなくなってしまう。 同情するつもりは無いけど これから山梨で感染者が増えたら 原因がどうであれ暫くはこの女性のせいにされるんだろうな… 山梨に帰るのも異常だか、友人に会い、帰宅まで誤魔化すなんて。 いつもこんな生き方で過ごしていたんだろうな。 どれだけの迷惑かかんがえないだろ。 虚偽報告は無罪なの??.

次の

「ネット私刑」コロナ禍で過熱懸念 執拗に本人特定、デマも拡散 (1/2ページ)

コロナ 山梨 渡辺 勤務先

東京都に住む20代の女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された。 女性は5月1日にPCR検査を受け、結果が出るまで自宅待機を求められていたが、結果を待たずに高速バスで帰京。 コロナをばら撒いたテロリストということで、ネットでは女性を特定する動きが出ている。 2日の時点で名前、年齢、実家、父親の職業などが特定されたが、3日には顔画像、出身高校、勤務先なども特定された。 また、女性とみられるツイッターも発掘。 このツイッターには誹謗中傷が殺到し、これに対するレスポンスなのか「かかってこい」と挑発した。 スポンサードリンク 山梨コロナの帰省の女性のツイッターか 「かかってこい」と挑発 帰省の女性とみられるツイッター 掲示板やSNSで女性のツイッターが特定されると、このアカウントに誹謗中傷が殺到した。 これに対する宣戦布告なのか「かかってこい」と挑発。 続けて 「味覚ないからなに食べても同じだけど」 とコロナの症状を告白した。 女性は当初、自分の顔画像をヘッダーやアイコンに設定し、アカウント名も本名だった。 誹謗中傷が殺到するとヘッダーを削除し、飼い犬のアイコンに変更した。 また、飼い犬に誹謗中傷が殺到すると 「犬に罪はねえだろうが!謝れ!私しか悪くないしそもそも中国が悪いんじゃ」 と唐突な中国批判。 さらに 「ねー!やめてよ!移すよ?」 とコロナを移すなどと発言した。 その後、女性はIDを変更し、ツイ消しをしながら逃亡。 計2回変更したが、ついにアカウントを削除した。 また顔画像も出ているが、こちらも本人とは確認できないので非公開とする。 未成年飲酒の疑い 女性は2015年9月に「居酒屋な~う」というメッセージとともに、友人とみられる女性との飲酒画像を投稿した。 ネットの特定情報が正しければ、この時19歳なので未成年飲酒が成立する。 また、2017年1月に成人式に行ったと報告しており、未成年飲酒は確実だろう。 Iさんの関与はデマ!本人自ら否定 帰省の女性だけでなく、バーベキューに参加していた友人たちも特定されている。 その中にIさんという女性が上がった。 Iさんは5月2日に山の中でバーベキューをしたとツイートしたことから、女性とバーベキューをした友人ではないかという憶測が広がった。 スポンサードリンク 帰省の女性、コロナ感染知ってて帰京していた!虚偽供述で言い逃れ図る 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 女性は当初、結果判明前の同日午後8時25分ごろ、 富士急ハイランドバス停(富士吉田市)から京王バスのバスタ新宿行き高速バスに乗って帰京したと説明していた。 ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 山梨県の特別チームは、感染者がコンビニエンスストアでのアルバイトを伏せていた事例があったことから、県警からの出向者も参加して組織された。 より 知人男性にコロナ移す 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日夜、女性が1日に会った県内の20代男性の感染が確認されたと発表した。 女性はこの日、PCR検査を受けていた。 女性は4月30日に友人宅で4人とバーベキューをしたが、この男性は別の知人という。 県の新型コロナ対策特別チームは他の濃厚接触者や女性の行動履歴についてさらに調べている。 より 自宅待機を無視してコロナをばら撒いただけでも相当なのに、虚偽の供述をして捜査を混乱させた挙句、誰かに移すという悪行を重ねる女性。 ネットで私刑に合うのも当然だろう。

次の