皇室ブログぺんぺん草。 眞子さま11月結婚発表へ! 佳代さんとの関係良好と女性誌

●ぺんぺん草とシャボン玉 : ゆうゆうゆうぜん歩録(美術や音楽、夢現雑記などの六味感想戀態思惑ブログ)

皇室ブログぺんぺん草

出典: 女王はジンが好き エリザベス女王はジンを嗜むことで知られ、数年前に女王の元シェフ、ダレン・マクグラディさんが『CNN』に「女王のお気に入りは、ジンにデュボネを混ぜたカクテルです」と話していた。 デュボネ(Dubonnet)は混成酒の一種で、イギリスではクイーンマザー(エリザベス女王の母親)のお気に入りとして有名だ。 ロイヤル・コレクション・トラストの商品ページでは、ジンの詳細とともに夏におすすめのジントニックの作り方をこのように紹介している。 「夏にぴったり、のどごしの良さを実現するためにおすすめのサービング方法です。 まずは氷で満たしたショートタンブラーにジンを注ぎます。 その後トニックを加え、レモンスライスを飾ります。 」 theroyalfamily がシェアした投稿 - 2020年 6月月23日午前10時32分PDT この方は女王の第3王子の奥様のソフィー ウェセックス伯爵夫人 今まで目立たなかったけど、アンドリュー王子が不祥事を起こし、ヘンリーとメーガンが王室を抜けて、一躍存在感を出してきた方よ。 イギリスは階級社会で、冬の暖房すら出来なくて、凍死する人がいる国だから、貴族や上流階級のお金持ちにとってはい国だけど中流以下の人にとっては、日本の方がずっとい国だと思う。 しかし王室のインスタは夢のようで、イギリスはなんて素敵なんだろうって思わせるわ。 それにしても女王はお酒がお強いのね。 これは白人全般にいえることだけど。 日本の皇室がお酒を販売したら、アル中を作る気か?と批判されるでしょうね。 ジンのアルコール度数は40~50%よ。 普通のビールで5%くらいでしょ?9%のストロング系缶チューハイでアルコール依存症が増えていると日本では問題になっているのに、アルコール度数が40~50%のジンを、しかも、毎昼食にジュースのように召し上がるって、すごいわ。 やっぱり女王は超人だわ。

次の

皇室ブログ・でれでれ草

皇室ブログぺんぺん草

画像タイトル: - B サムネイルを表示しています. クリックすると元のサイズを表示します. 無題 Name 名無し 火 01:44 No. 3222179 [] 本文なし … 派・是々非々グループ 今年の目標:ガソリンではなく体脂肪を燃やすよう努力します(笑) 宵っ張りから早起きに生活リズムを変えるよう頑張ります。 なるべく体を動かすよう意識します。 に使われてます 笑 なぜかは知りませんが、皇室の正しい霊的系譜は皇太子殿下、を飛ばして、殿下から殿下へと続いているようにお見受けします。チッソの穢れや、雅子妃の神事放擲、それにお付き合いになる皇太子のありようが、原因なのか? も霊的感受性と霊位が 毎度おなじみヨタ話です。 元々の研究所が怪しいといったのも我々が最初だったりします。 このヨタ話、もちろん全部すべて %当たるとは言いません。 まともな日 野火さん ブログ 指定した記事をの中で非表示にしたり、削除したりできます。 非表示の場合は、再度表示に戻せます。 画像が取得されていないときは、ブログ側にogp メタタグ の ギャラリーplaza からのご報告です。 昨日6日(火)、皇室へ四度献上した技法をお持ちの長尾貞美様. ご主催の「夢を焼い展」が終廊いたしました。 タロットとルーンを読んで、謎を読み解くブログです。 天気予報のような感覚でお楽しみください。 テーマへのリンク方法. あなたのブログに「皇室・皇族」テーマのバナーを掲載しませんか? テーマのバナーやリンクをinポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。 皇室や皇族の問題、皇族の偽物検証を扱っています。 復帰支持、、反対です。 政治、ときどき、オカルト、、そういうブログ。 しかし、の霊視結果を他のブロガーの方が転載し、気になるブログとして取り上げていました。 それによると、の未来は以下のような暮らしぶりが見えるとのこと。 未来のは皇室のではない別の施設 療養所? 次のカタリストとしての「相場」日々の最も受ける照会の1つに「急変動のきっかけは何か」という問いがある。 動画も記事に入れていただいて、とてもうれしく思いました。 お身体、ご自愛ください。 さて、goo ブログで見つけました。 侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。 連載中の小説もお見逃しなく。 【ふぶきの部屋】 室町からの士の家に生まれ育った慶応大経済学部卒の。 も使いながら、,の26年間の管理職の経験を通し、感情的に論じられやすい在日問題や政治経済を語ります。 「続・占い師が斬る!「あの方」の命運 」青と緑の稜線のブログ記事です。 皇室に関するブログ新着記事です。 小室圭さん nyからの「肉声音源」が全世界配信されていた 「結婚したい」意思固くとも…ニューヨークの小室圭さんを待ち受ける苦境 武田氏じゃないけど 人として 今日は鵜飼い開きの日 7日間ブックカバーチャレンジ[6日目] 個人ブログは、皇室「是々非々」実録に移転しました。 本サイトは、誰でも投稿できる皇室サイトに変えていきたいと考え 皇室に関する一般一般の人気記事です。 ' '本物かどうか、もうどうでもいいけど。 ' '「の胎内記憶」お空に忘れ物して取りに戻ったけどママのところに帰って来たんだよ' '災害時上級国民はどうするのか?' 'のに現れた虹の意味は? 映画「野火 Fires on the Plain」公式サイト。 監督作品 原作 なぜ大地を血で汚すのか 戦後70年を「野火」で問う。 霊能者による の件 の風景 これには相当な数の人がかかわっているそうです。 海外からも、コレクターの人たちが見に来ていたそうです。 そのものの本当の価値がわからない人たちが、しみがあるから安いだの何だの勝手に値段を話していた 「」社創業者氏が、13年以内に起こる出来事7つを予言していたことが判明。 世界最高峰の経営者が語る驚愕の未来を 前回のブログ 「、に直訴」 の記事への反響が大きく、たくさんのコメントや批判・質問メールをいただきました。 「ってなんですか?」から「神様はこの記事をどう思っているのですか?」などなど、いただいたメールは30通以上になりますが(もちろん批判もたくさん 皇室、終わりではありませんか。 本来の皇室は。 ある形で、殿下に皇統が移譲されることを期待していたのですが今のところ神風は 吹きません。 あるいは德仁の御代はごく短期に終わるのか・・・・・・神ならぬ身、知りようもありません。 『』の別館です。 こちらは、趣味やプライベートが中心のブログです。 久しぶりの…今朝のニュースより すぬうぴい … 男系男子支持の読んでためになる皇室情報ブログです。 読んで楽しくなる皇室・王室・動物などのブログです. 1人で卒業式の挨拶 久しぶりの皇室のおめでとうの話題は卒業式でした。 両親の皇后両陛下も出席されるかと楽しみにしていたのですが、コロナウィルス感染拡大を考慮にし出席を見送ったそうです。 皇后夫妻も卒業式に出席したかったと思いますし 「kawataとのrapt理論」に、新しく動画をアップしました。 今回は、 年「」のエンブレムについて、お話ししています。 このエンブレムについて、調べてみたところ、いろいろと秘密が隠されていることが、判明しました。 ajlauramx48.

次の

眞子さま11月結婚発表へ! 佳代さんとの関係良好と女性誌

皇室ブログぺんぺん草

第9交響曲の9年前の録画を先ほどTVで見た。 震災復興祈念としてズビン・メータが指揮したもので、これを当時筆者は見たが、今回はより感動が大きかった。 特に第4楽章では家内に悟られないように何度も瞳を潤ませた。 今日はその話をしようと思いながら、投稿のために用意している10数枚の写真のどれもが文章内容とあまりにちぐはぐになる気がしていて、支離滅裂を書いてしまいそうだ。 それはさておき、ここ数日で映画を何本か見たのでブログのネタには困らないが、考えをまとめる必要上、投稿はずっと先になるかもしれない。 昨日家内は筆者のことを考え事が多くて大変だと言った。 家内と終日一緒にいてもしばしば筆者は空を見て家内の話を聞いていないことがあり、確かに常に何かを考えている。 それは筆者の場合、いつもぼんやりしていることと同義で、その思いの混沌状態をブログの投稿に毎日それなりに形にせねばならず、それが時にしんどいながらもやはり好きであることを昨日家内に言い返した。 その時に持ち出した例がストラヴィンスキーが毎日数小節、五線紙を手描きして作曲した事実だ。 その日常の中から作品が形となって浮上した。 同じことはベートーヴェンも言えるはずだ。 創作家すべてがそうだと言ってよく、逆に言えば毎日わずかでも創作しない人は優れた作品を生み得ない。 はははは、書き始めれば興に乗ったかのようにどんどん進む。 とはいえ、筆者のブログはのようなものだ。 ほとんど誰も気づかず、ただそこらに生えているだけのようなものだ。 さて、6日の昼下がりに鵜屋の写真を撮りに中ノ島公園に出かけた際、現在休業中の「風風の湯」の前の林に幾組かの家族連れがくつろいでいて、少女が大きなシャボン玉を作って飛ばしていた。 卓球のラケット大の青いプラスティックのシャボン玉製造器を、地面に置いた石鹸水を入れた青くて平たい容器に漬けては振っていたが、大半のシャボン玉は鈴なりにくっついてあまりきれいではなかった。 ただし、少女の仕草が絵になっていた。 その様子を撮影しようかと思いながら、見知らぬ爺では不審者に間違われる。 それでいわば仕方なしに彼女が立つクローバーが繁茂する林を横切って家に戻る際に今日の写真を撮った。 見えにくいが、クローバーの手前にぺんぺん草が生えている。 写真を撮ってすぐ、しゃがんで四つ葉のクローバーを探したが、少女の気が散りそうな気がして数十秒でやめた。 四つ葉のクローバーは踏みつけられた幼葉がそうなりやすいとのことなので、桜の林にはたぶんあるだろう。 何だか急に興が削がれて文字どおりどうでもいいぺんぺん草を書いている。 四つ葉のクローバーを見つけていれば違ったか。 クローバーの写真を撮ったのは、からだ。 トランプの「クラブ」の三つ葉のクローバーは地味ながら形がよい。 それが四つ葉では面白くない。 今朝は中学生の同級生の女子の面影を思い出した。 それについては明日に回すとして、話を第9交響曲の放送に戻す。 指揮者のメータの表情が険しかったのはあたりまえとして、大地震でフィレンツェ・オペラの来日公演のすべてがこなせられなくなり、メータは急遽ベートーヴェンのこの曲を採り上げることにした。 この曲を若いワグナーが愛し、とことん研究したことはよく知られるが、レコードが発明されてから誰でも気軽に楽しめるようになったとはいえ、生演奏に接する人はクラシック音楽ファンでも少数派であろう。 新コロ禍によって人と人との生の接触が禁忌され、ネットを介しての対話や作品鑑賞が増す気配にあるが、生での接触と違って映像には撮影者の意図が混じっている。 指揮者や各演奏者の顔のクローズアップは生演奏の会場にいてはわからず、TVは生演奏よりもいいと考える人があろうが、遠目にわからない演奏者の顔が赤裸々に見えることはよけいな情報の提供であり、時に邪魔なものだ。 そうした映像はベートーヴェンの意図とはほとんど無関係なものだ。 ベートーヴェンは作品として楽譜に書いた。 その楽譜にいろいろ版があるとしても、録音のみがいわばベートーヴェンの脳裏に響いていた音楽の体現で、生演奏の録画はベートーヴェンの想像を超えたものが入り込んでいる。 そうであっても先ほどの演奏が感動的であったことは、楽譜には記されない指揮者や演奏者、演奏場所、録画やその編集といったことが、この曲の意図することから外れないどころか、拡大的に体現しているからだ。 またシラーの詩「歓喜に寄す」を旋律にどのように組み込もうとしたかのベートーヴェンの腐心とその苦しみゆえの歓喜を筆者は感じながら聴いたが、新たな創作への意気込みがベートーヴェンの人生の原動力であったことは、おそらく同じように作品を常に構想し、また製作している人にしかわからない。 一方で思うことは、映像を伴なう音楽が作品となる場合、たとえばYouTubeでは創作家はベートーヴェンよりもはるかに多くの事象に携わる必要があり、それはよほどの才能がなければ無理という現実だ。 つまり、YouTubeにはろくなものがなく、ベートーヴェンの第9交響曲並みに人類の財産と呼ばれるほどのYouTube映像はあり得ない。 先日も書いたが、何かを形として発表することは、そのどの細部においても製作者の美意識が認められるべきで、その観点からは、震災復興祈念のメータによる第9の映像は顔の彫りの深いメータは別として、各演奏者の表情は平凡な庶民を感じさせることがままあり、それがまた却ってクラシック音楽を身近なものに感じさせた。 管弦楽曲の場合、作曲者、指揮者、演奏者の順でアウラが減少してあたりまえで、さらには演奏者の下位にぺんぺん草的凡人の聴き手がいると書きたいところだが、シャボン玉のような意見と思ってほしい。

次の