家族写真 アイデア。 世界でひとつの家族アルバムの作り方。家宝度200%のアイデア4選

【おしゃれ家族写真】アイデア15選!素敵なポーズで最高の思い出を♬

家族写真 アイデア

カメラやスマートフォンの性能が上がり、個人でも素敵な写真を撮ることは可能です。 ですが、イベントなどの際にはプロに写真撮影を依頼することもおすすめです。 東京には素敵な家族写真を撮影できる場所やフォトスタジオがたくさんあります。 普段子供の写真ばかりという場合には 家族写真を撮っておくと、後々の記念になっておすすめです。 東京には素敵な家族写真が撮れる場所やスタジオがたくさんある 東京には、おしゃれな雰囲気の場所、古風な趣のある場所、木々の温もりを感じることができる緑豊かな公園、長い歴史を持つ神社や寺など、魅力的な場所が街にあふれています。 東京にはフォトスタジオや写真館がたくさんあり、シンプルな写真からモダンやアンティーク調のおしゃれな写真が撮れたりと 家族写真にぴったりの撮影場所を見つけることができます。 フォトスタジオごとに特徴があり、アンティーク調のスタジオでは西洋のお屋敷で撮影したような家族写真を撮ることが可能です。 シンプルな衣裳からフォーマルな衣装までさまざまな衣装が似合うフォトスタジオがあり、アイデア次第で おしゃれな家族写真を撮ることが可能です。 インテリアがおしゃれなフォトスタジオやおもちゃ箱のようなスタジオを選べば、おしゃれな写真や楽しい雰囲気を出すことができる写真を撮ることができますし、シンプルな家族写真にしたい場合にはシンプルなセットを選んでモダンな写真の撮影ができます。 ポーズやアイデアで他人と違う家族写真ができる 写真を撮ることが少ないという人でも、子供が生まれると写真を撮る機会が増えたという人も多いですが、家族写真ではなく子供の写真になってしまうという人も少なくありません。 ところが子供だけの写真よりも 家族みんなで撮影する写真のほうがポジティブな効果があります。 家族写真を撮ってもいつも同じポーズや構成ばかりになってしまうという悩みを持っているかたも多くいますが、かわいく撮れていながら他人と違うおしゃれなアイデアはたくさんあります。 並ぶ順番を背の高さで撮ってみると写真で毎年の子供の成長を確かめることができますし、家族みんなで抱き着いたり、くっついて写真を撮ればより仲良し家族になります。 家族みんなで同じポーズにしても仲良し家族写真ができあがりますし、体の一部分の家族写真を撮っても家族感を出すことができますし、他の家族と違った写真ができあがります。 カラー写真ばかりでなくモノクロやセピアカラーで加工をしてみたり、セルフタイマーを上手に利用すればより自然な表情が生まれます。 最近のカメラやスマートフォンでは さまざまな加工技術を簡単に取り入れることができるので、試してみることがおすすめです。 小さな子供が一緒の写真撮影は事前確認が必要 小さな子供と一緒に家族写真を撮るというときには、フォトスタジオは入念に選ぶことが重要なポイントとなります。 電車でフォトスタジオを訪ねる場合には、 アクセスの良さが重要です。 ベビーカーを使う場合、駅からフォトスタジオの距離がある場合には子供も親も写真を撮る前に疲れてしまい、せっかくの家族写真が残念な写真になってしまうため、子供が小さい場合には駅から徒歩10分くらいの場所を選ぶようにします。 車で直接向かうという場合には、事前に駐車場の確認が必要です。 指定の無料の駐車場を完備していたり、提携のコインパーキングで代金を支給してくれるスタジオもあります。 駅から近くてもスタジオが2階以上の場合にはエレベーターの有無も事前に確認しておきます。 子供が赤ちゃんの場合には、授乳やオムツ替えのスペースの有無の確認がおすすめです。 写真撮影のときには、ライトなのか 自然光なのかチェックしてみることもおすすめです。 自然光のほうが明るさアップしますし写真のできあがりが変わってきます。 カメラマンの評価もレビューでチェックし、子供慣れしているスタジオなのか確認します。 スタジオの雰囲気によっても写真のできあがりが大きく違ってきます。 また写真データがもらえるかなども重要なポイントとなります。 写真を撮っていても、代わり映えのない写真を撮ってしまうという場合には、 アイデア次第で普段と違った写真が完成します。 いつも自分のカメラやスマートフォンでの撮影という場合には、フォトスタジオでプロに撮影を依頼してみると、いつもと違った家族写真ができあがりいい記念にすることができます。

次の

【プロが教える!】百日記念写真撮影ポーズアイデア10選!|写真工房ぱれっとBABY

家族写真 アイデア

「家族だけでアットホームでリラックスした雰囲気で結婚式をしたい」「たくさんの人を呼んでする結婚式はなんだか恥ずかしい」「あまり大々的にやりたくない」などなど、様々な理由で家族だけで執り行う「少人数婚」を選ばれるカップルが増えています。 今回は、そんな方にオススメの少人数婚ならではの演出アイデアをご紹介していきます。 プロフィールムービーやプロフィールブックなどを充実させる 会社関係の上司や同僚、友人などが多く出席する結婚式の場合、幼少期のお写真や思い出話をたくさん取りいれてもちょっと白けてしまうことも。 その点、家族だけが参加する結婚式なら、新郎新婦の幼少期の話などはむしろウェルカム!当時の思い出話に花が咲いたり、お互いの家族とエピソードを紹介し合ったり、家族だからこそ共有したくなる話題に、きっと場も盛り上がるはず! 特におじいちゃんやおばあちゃんが参加する場合は、昔の写真はとても懐かしく、当時の思い出を振り返りながら孫の成長を見ることができると喜ばれることが多いそう。 ずっとお世話になってきた家族に笑顔になって楽しんでもらえたら嬉しいですよね。 少人数婚なら、プロフィールブックやムービーの内容も家族向けにちょっとカジュアルな感じにしても盛り上がるし、少しくらい身内ネタになってしまっても大丈夫!むしろ喜ばれる場合も。 お互いの家族の了承が取れれば、親族紹介のプロフィールを載せてもいいかも。 お互いの家族のことがよく分かるし、仲良くなるきっかけにも。 ただし、身内だから…と悪ノリになりすぎないようにご注意を。 親しき仲にも礼儀ありの気持ちだけは忘れずに。 一般的な結婚式の場合、結婚式の前に親族だけ集まって紹介しあいますが、自己紹介をする機会を設けるならそれを省いてしまってもいいですね。 親族だけなので、新郎新婦の幼少期のエピソードを紹介してもらったり、新郎新婦へ新婚生活のアドバイスなど頂いても盛り上がりそうです!お話するのが苦手な方もいるかもしれないので、その場合は他の家族や新郎新婦から紹介してもいいですね。 普段から仲が良くても、相手のことを大切に思っている気持ちや感謝の気持ちをしっかり伝えることはできないですよね。 だからこそ、一人ひとりのことを想いながら、ゆっくり時間をかけてメッセージを書いてみて。 自分の家族だけではなく、相手の家族にも一言メッセージを添えてみるのもオススメ!これから家族になる相手なので、「よろしくお願いします」の気持ちを込めて。 きっと家族の絆が深まるはず。 余興をするなら、家族の趣味や特技を生かしたものに ゲストが大勢いる場合は、余興を担当するのは会社の同僚だったり、学生時代の友人だったりの場合が多いと思います。 家族婚の場合は余興はせずにゆっくり過ごす派が多いですが、家族に紹介したい趣味や特技をお持ちの方がいたり、本人から「是非やりたい!」という立候補があれば、お願いしてみて。 家族の前だけなので、和気あいあいとした雰囲気で披露できそうですね。 「家族みんなでダンスを踊った!」なんてカップルもいらっしゃるみたいですよ。 例えば、結婚式で使うペーパーアイテムや演出アイテム、プチギフトラッピングなどを全てDIYすることも、手作りする数量が少なければできるかも!数が少なければ、オーダーしたアイテムに少しデコレーションを加えたりすることも可能ですよね。 他にも、人数が少なければ、ゲストひとりひとりとゆっくりとお話が出来たり写真撮影が出来たりします。 ゲストが多い結婚式の場合、家族はゲストにお酌や挨拶に回ったりすることが多いので、新郎新婦とゆっくり話をする機会はないですよね。 披露宴中に家族写真が撮れるチャンスはほとんどないかも。 ゲストに会社の同僚や友人が多い場合、親族も少し遠慮してしまうことが多いかも。 その点、少人数の家族婚なら、ゲスト側の家族も遠慮なく新郎新婦と会話や写真撮影を楽しめますし、新郎新婦もゲストにしっかりおもてなしができるメリットがあります。

次の

LEE1月号『家族を飾る』アイデア

家族写真 アイデア

photo by wataame photo by wataame 三脚を使って、毎年同じ日に同じ場所で家族写真を撮影しているというこちらのご家族。 こうして並べてみると、家族が増えていたり子どもが大きくなっていたりと家族のうれしい変化が伝わってきます。 年賀状にもぴったりなので、家族の恒例行事にしてしまってもいいですね。 家族写真を撮るときの2つのポイント• 自然な表情を撮るための雰囲気づくり カメラを向けられると緊張してしまう人も、家族と話していればリラックスした雰囲気に。 しゃべったり遊んだりしている瞬間を撮影すれば、大人も子どもも自然な表情をおさめられます。 後ろ姿や横顔を撮ってみる 「家族写真」と言えば真正面から撮るものが多いので、視点を変えて後ろ姿や横顔を撮ってみると新鮮な仕上がりに。 写真と目線が合わなくなるので、すっきりして飾りやすくなります。 このようにプラスアルファのアイデアを加えるだけで、おうちに飾りたくなるような家族写真を誰でも簡単に撮れちゃいます。 さらに、組み合わせ次第でアイデアは無限大に。

次の