この す ば 映画 上映 館。 東京都「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の映画館(上映館)

映画『主戦場』公式サイト

この す ば 映画 上映 館

映画館が先か、が先か…。 6月25日、行定勲監督が手がけた映画『』が、本日7月17日(金)から全国20館のミニシアターとAmazonプライムビデオでされました。 映画館での封切りとインターネット配信が同時に行なわれるということは、 日本映画界では初となります。 当初は2020年4月17日公開予定でしたが、新型コロナの影響により公開延期に。 そして満を持して、 本日公開となりました( 行定監督インタビュー記事は ) 偶然にも今の空気感に合致している作品 『劇場』は演劇に関わる人たちの苦悩や葛藤、そして人間関係などを描いた内容となっています。 この内容が、コロナ禍においてエンターテイメント業界が逼迫している状況と重なっているように感じました。 もちろん、これは偶然なんですけどね。 行定監督は なんとか演劇で這い上がってやろうという登場人物たちが出てきます。 しかし、コロナ禍にあるリアルの世界では彼らのような演劇人は活動すらできていない。 小劇場だけではなく、ライブハウスや映画館も同じような状況に陥っています。 今、このタイミングでこの作品を観ると、タイムリーかなと思います。 なぜ、コロナ禍において映画や演劇、音楽関係の人たちが劇場にかける想いを感じることができる一助になるのではと思います。 (行定監督インタビュー記事の全編は ) とインタビューの際に話してくれました。 『劇場』は、小劇場の多い下北沢を舞台としたストーリー。 なかなか自分たちの演劇が認められない状況が、なんとなく今の情勢におけるエンターテインメント業界が抱える苦しみのようなものと被るんです。 狙っていたわけではないのに、このタイミングでの公開となったということに、『劇場』の持つ 運命的なものを感じてしまいました。 ぜひ映画館で観たい映画 ミニシアター20館とAmazonプライムビデオの同時公開ということで、みなさんはどちらで観たらいいか迷うかもしれません。 僕は一足早く、自宅のテレビで『劇場』を観させていただいたのですが、「 ぜひ映画館で観たい!」と思いました。 もちろんどちらで観るのかは自由ですが、仮にAmazonプライムビデオで観たとしても、絶対に「映画館で観たい」と思わせてくれる作品です。 これは断言できますね。 理由は、『劇場』を観ればわかると思います。 日本映画界の未来を変えるかもしれない 『劇場』が公開される映画館のリストはからご確認ください。 大きな映画館ではありませんが、ミニシアターというのがまた『劇場』の雰囲気にピッタリだと思います。 シネコンのような、明るく楽しい映画館で映画を観るのも楽しいのですが、古くから地元にあるミニシアターで観る映画というのも格別です。 ミニシアターに行ったことがないという方は、この機会に行ってみてはいかがでしょうか? 『劇場』公開まであと少し。 映画館で観るもよし、家でゆっくる楽しむのもよし。 どちらの楽しみ方もできる『劇場』。 映画界にとってエポックメイキングな作品として歴史に名を残すことでしょう。 そして、これからの映画が変わるきっかけとなる作品になるかもしれません。 行定監督のインタビューは今夜掲載! この『劇場』の公開発表に伴い、ギズモード編集部では行定勲監督にインタビューを行ないました。 これまで2回、Zoomを使ったインタビューをさせていただきましたが、今回は直接お会いすることができました。 そのインタビューの模様は、でご覧ください!• Tags :•

次の

この映画 面白そうなのに・・・上映館が少なすぎ・・・駄作映画だから

この す ば 映画 上映 館

観客が映画館へ足を運べない状況に対して ご承知のように新型コロナウイルスの影響は、映画にとっても甚大です。 劇場が休館を余儀なくされたり、たとえ上映を続けていても観客が安心して鑑賞することができなければ、いずれは劇場だけでなく配給会社も製作者も閉館や廃業ということになりかねません。 いま脅威にさらされているのは、観客、劇場、配給、製作者によってまわっている「映画の経済」です。 では、新作映画を楽しみにしている観客、劇場、配給、製作者、みんなにとって何かよいことができないか。 新作『精神0』の公開を控えた想田和弘監督と配給会社東風のスタッフで相談しました。 そこで予定していた劇場公開と並行して、インターネット上に「仮設の映画館」をつくってみることにしました。 ここには『精神0』を上映する各地の劇場が軒を連ねています。 観客は、どの映画館で作品を鑑賞するのかを選ぶことができます。 そして、その鑑賞料金(1,800円)は「本物の映画館」の興行収入と同じく、それぞれの劇場と配給会社、製作者に分配される仕組みです。 これは、新型コロナウイルスの脅威によって停滞している「映画の経済」を回復させるための試みの一つです。 そして、この認識と方法とを全国の劇場、配給会社、製作者、そして映画ファンのみなさんと広く共有することによってはじめて「仮設の映画館」は有効な施策となり、ともにこの状況を乗り切ることができるのではないか。 そのように考えています。 さてまずは最寄りの劇場へ。 そして、たまには懐かしい街の劇場を訪ねてみてください。 もちろん状況が改善したら、ぜひ「本物の映画館」に足をお運びください。 ここはあくまで「仮設の映画館」です。 temporary-cinema. さらに配給会社と製作者とで分配します。 なお上映を予定していた劇場がそれぞれの事情により休映・休館した場合も「仮設の映画館」では続映し、その収益の分配の対象となります。 鑑賞期限 レンタル購入から24時間以内/ストリーミングのみ、ダウンロード不可。 特に拙作が上映されるような、単館系ミニシアターの窮状には、のっぴきならないものがあります。 「封切ったばかりの新作なのにお客さんが1日で0だった」「このままでは劇場の家賃や人件費も払えないので廃業するしかない」といった悲鳴が聞こえてきます。 だからといって、「皆さん、ぜひ映画館へ足を運んで応援を!」と積極的にお勧めできないのが、今回の危機の辛いところです。 もちろん、厳しい換気基準をクリアした映画館で映画を鑑賞する行為は、消毒の徹底やマスクの着用、人数制限などを徹底すれば比較的感染リスクは低いと言われています。 それでも、映画館とご自宅の移動中のリスクなども考え合わせると、推奨しにくいのが現実です。 5月2日から僕の新作『精神0』も全国順次公開予定なのですが、正直、家族や友達にさえ「映画館に来てね!」とは言いづらい自分がいます。 それが本当に辛い。 特に高齢の親には言い淀んでしまいます。 したがって映画の製作者としての立場だけを考えるなら、公開を1年くらい、思い切って延期してもらいたいというのが本音です。 ウイルスを移し移されることを気にかけることなく、安心して映画を鑑賞いただくには、それが最良ではないか。 『精神0』の配給をしてくれる東風の皆さんにそう提案し、連日頭を突き合わせて議論してきました。 しかし公開を延期する方法には、大きな問題があります。 もしすべての映画製作者が作品の延期を決めてしまったら、映画館は当面、いったいどうなってしまうのか。 急場をしのぐために旧作を慌ててかき集めて上映を細々と続けるか、休館するしかなくなるでしょう。 コロナ禍が長引けば、ほとんどのミニシアターは廃業せざるをえなくなるのではないか。 つまり1年後に『精神0』の公開を延期したとしても、そのときには上映できる映画館が全滅した「焼け野原」になっている可能性すらあるのです。 もちろん、日本政府や自治体が休館中の映画館の家賃や人件費の補償をしてくれるなら別です。 しかし残念ながら、行政が本来取るべきそのような動きは、今のところ見受けられません。 相変わらずの無策には本当に腹立たしい限りですが、正直、行政に対して文句を言っている暇やエネルギーすらない緊急事態です。 私たち映画人や映画愛好者は知恵を振り絞り、なりふり構わず助け合って、なんとかみ・ん・なで生き残るすべを模索するしかありません。 つまりデジタル配信です。 といっても、これは劇場公開の後に行われる通常の配信とは仕組みが異なります。 観客の皆さんには、最寄りの映画館の特設ページに行っていただきます(東京圏の方は渋谷シアター・イメージフォーラムのページへ、岡山の方は岡山シネマクレールのページへ)。 そして映画館で映画を観ていただく代わりに、オンラインでご鑑賞いただきます。 料金は劇場で観ていただく一般的な当日料金の1800円です。 お支払いいただいた1800円は、通常の劇場公開の場合と同様の割合で、映画館と配給会社、製作者に分配されます。 3人のご家族でご覧いただく場合には、3回ご購入していただければ本当に助かります。 もしこれがうまく機能すれば、映画館だけでなく、配給会社や製作者にも、通常の劇場公開を行った場合と同程度の収入が見込めます。 そして『精神0』以外の作品でも同様のことが行えれば、たとえリアルな映画館が一時休館せざるをえなくなっても、収入の道が確保できます。 したがってコロナ禍が過ぎた後、劇場・配給・製作の三者が生き残っている可能性が高まります。 もちろん、このような方策に舵を切ることに、映画作家としてためらいもありました。 それは配給会社や映画館も同じ気持ちです。 僕らは常に映画館で観てもらうためにこそ、映画を作ったり届けたりしてきましたから。 本来ならば、満員の映画館でワイワイガヤガヤ、『精神0』を観ていただきたいのです。 しかし現在は非常時です。 人が集まることや、公共交通機関で移動すること自体が感染拡大リスクを高めると言われている今、そして観客の皆さんが実際に劇場に来にくくなっている今、緊急避難としての代替方法も考えなければなりません。 ここはインターネットを最大限に活用し、しのぐしかないのだと覚悟しています。 少なくとも座して死を待つつもりはありません。 『精神0』に関するインタビューや対談も、すべて対面ではなくビデオ通話に切り替えました。 観客の皆さんのなかには、インターネットに接続されていない方もおられることでしょう。 あるいは、オンライン配信の手続きを自力で行えない高齢者の方もおられることでしょう(うちの親などには無理なような気がします)。 そんななか、地域や映画館によっては、感染拡大状況を確認しながら、「仮設の映画館」と並行して劇場を営業する映画館もあるでしょう。 それは各劇場の状況判断におまかせする所存です。 いずれにせよ、これは劇場、配給、製作、そして観客という「映画のエコシステム」を守るための苦肉の策です。 ぜひとも趣旨をご理解いただき、積極的にご参加・拡散いただけると幸いです。 『精神0』は、ベルリン国際映画祭でエキュメニカル審査員賞を受賞しました。 審査員からは「人間が持つ力と愛する者へのケアの価値を描いた感動的な映画」と評していただきました。 この時期だからこそ観ていただきたい作品です。 コロナ禍が収束したあかつきには、本物の劇場で『精神0』を改めて公開することを目指しています。 そしてオンラインで観るのとは全く別の経験をして、改めて「映画館っていいもんだなあ」と、実感していただきたい。 感染リスクを気にすることなく、トークイベントなども思い切りふんだんに実施したいと考えています。 やはり人間には「集う」ことが必要なのだと、集うことが自由にできなくなった今、切実に感じています。 コロナ禍が終わり、皆さんと実際に安心してお会いできる日が来ることを、楽しみにしております。 みんなで一緒に乗り切っていきましょう! 鑑賞方法 Q. 鑑賞方法を教えてください。 「仮設の映画館」内の各劇場ページで「¥1,800でレンタル」ボタンを押すと、動画共有サイトVimeoのアカウント登録の画面が出ます。 すでにアカウントをお持ちの方はそのままログインしてください。 初めての方は、Eメールアドレス・グーグルアカウント・Facebookアカウントで登録することができます。 Eメールアドレスで登録する場合は、お名前・メールアドレス・任意のパスワードを記入して、登録ボタンを押してください。 登録・ログイン後、「お支払い情報を入力」というウィンドウが開きますので、支払方法・国名を選択・入力してください。 必要情報を入力し、「¥1,800でレンタル」ボタンを押すと、すぐに再生が可能になります。 com」と「 email. vimeo. com」をドメイン登録することを推奨します。 Vimeoのアカウントには、「Basicプラン」の他に、Plus・Pro・Business・Premiumの4つの有料プランがありますが、「仮設の映画館」で映画を観るために有料プランに加入する必要はありません。 『精神0』のストリーミング配信期間、鑑賞期限を教えてください。 『精神0』のストリーミング配信期間は、2020年5月2日 土 10:00~7月3日 金 18:00です。 配信期間中いつでもお好きな時間に購入・鑑賞いただけます。 ダウンロードはできません。 鑑賞期限は、レンタル購入後24時間以内です。 その間は、いつでもご覧いただけます。 『精神0』を字幕・音声ガイド付きで鑑賞することはできますか? A. 『精神0』は現在、各言語の字幕や音声ガイド付きでの鑑賞には対応しておりません。 音声は日本語のみになります。 ご了承ください。 海外からも鑑賞できますか? A. 『精神0』は日本国内でのみ鑑賞可能です。 よくある質問 「仮設の映画館」について Q. 「仮設の映画館」とは何ですか? A. 新型コロナウイルスの影響によって停滞している「映画の経済」を、全国の劇場、配給、製作、そして映画ファンのみなさんとともに回復させるための試みの一つです。 詳しくは、をご覧ください。 本物の映画館での公開日はいつですか? A. 上映時期、期間は各劇場によって異なります。 各劇場、または『精神0』のをご覧ください。 「仮設の映画館」はいつまで開館していますか? A. 新型コロナウイルス禍が収まり、劇場へ安心して映画を観に行くことができるようになれば、すみやかに閉館します。 また、作品ごとに配信期間が異なりますのでご確認ください。 鑑賞料金はいくらですか? A. 『精神0』は、どの「仮設の映画館」でご覧になっても一律1,800円です。 本物の映画館で鑑賞する場合は、各劇場ごとに「サービスデー」や各種割引サービスがありますが、「仮設の映画館」では本物の映画館の一般的な当日料金である1,800円で鑑賞いただきます。 なお、購入済みの『精神0』全国共通特別鑑賞券は、「仮設の映画館」での鑑賞には使用できません。 1人で観ても、複数人で観ても同じ鑑賞料金ですか? A. 本物の映画館と同様に、ご覧になる人数分のレンタル購入をお願いします。 本作品以外の映画も「仮設の映画館」で観ることが出来ますか? A. 「仮設の映画館」で観ることのできる作品はをご覧ください。 また、配信期間や鑑賞方法等は作品ごとに異なりますので各作品ページをご確認ください。 鑑賞方法について Q. 動画の再生が可能なブラウザを教えてください。 動画共有サイトVimeoが対応している以下のブラウザで再生可能です。 Vimeoサイト「」もご確認ください。 コンピュータ以外に鑑賞可能なデバイスはありますか? A. コンピュータ以外に、お使いのTVなどでの鑑賞も可能です。 詳しくはVimeoサイト「」をご確認ください。 映像が途中で止まってしまうのですが、どうしたら良いですか? A. お使いのコンピュータまたはデバイスの環境によって、動画の再生に影響が出る場合があります。 また、再生時の画質の設定によって、改善されることがあります。 詳しくは、以下、Vimeoのヘルプセンターページをご参照ください。 Vimeoサイト「」• Vimeoサイト「」 Q. 動画が再生できません。 Vimeoサイト「」をご確認ください。 それでも原因が不明な場合は、からVimeoへ直接お問い合わせください。 なお、東風にお問い合わせをいただいても、応答対応に時間がかかることがありますので、あらかじめご理解・ご了承くださいますようお願い申し上げます。 さらに詳しい鑑賞ガイドを 上映劇場 関東• 【東京】 シアター・イメージフォーラム• 【神奈川】 シネマ・ジャック&ベティ• 【神奈川】 あつぎのえいがかんkiki• 【埼玉】 川越スカラ座• 【埼玉】 深谷シネマ• 【群馬】 シネマテークたかさき• 【栃木】 フォーラム那須塩原 北海道・東北• 【北海道】 シアターキノ• 【青森】 フォーラム八戸• 【岩手】 フォーラム盛岡• 【山形】 フォーラム山形• 【山形】 フォーラム東根• 【宮城】 フォーラム仙台• 【福島】 フォーラム福島 中部• 【新潟】 シネ・ウインド• 【新潟】 高田世界館• 【富山】 ほとり座• 【石川】 シネモンド• 【静岡】 浜松 シネマイーラ• 【長野】 長野ロキシー• 【長野県】 松本CINEMAセレクト• 【長野】 上田映劇• 【愛知】 名古屋シネマテーク 近畿• 【大阪】 第七藝術劇場• 【京都】 京都シネマ• 【兵庫】 元町映画館• 【兵庫】 豊岡劇場 中国・四国• 【岡山】 シネマ・クレール• 【広島】 横川シネマ• 【広島】 シネマ尾道• 【広島】 福山駅前シネマモード• 【愛媛】 シネマルナティック 九州・沖縄• 【福岡】 KBCシネマ1・2• 【大分】 シネマ5• 【大分】 別府ブルーバード劇場• 【熊本】 Denkikan• 【宮崎】 宮崎キネマ館• 【鹿児島】 ガーデンズシネマ• 【沖縄】 桜坂劇場.

次の

「なぜ、この時間に上映が…」映画館の上映スケジュールはこうやって決まる!

この す ば 映画 上映 館

劇場公開前から見に行きたいと思っていたあの映画。 いよいよ封切りとなり、劇場公開が始まったのに、なかなか見に行けなかったりするんですよね。 「あの映画の上映期間はいつまでなのかな」 と、気になる方も多いのではないでしょうか? 調べてみるとわかるんですが、どの劇場や映画館のサイトを見ても、上映期間がいつまでなのかなんてどこにも書いていないんです。 「上映期間の調べ方が悪いのかな」 なんて心配になったりもしますよね? そこで今回は、劇場公開映画の上映期間はいつまでなのか、調べ方を解説します。 また、平均や最短や最長の上映期間はどのくらいなのか、それは何の映画なのかについても、一緒にご紹介していきますよ。 本記事を参考に、気になる映画の上映期間をチェックして、劇場や映画館に見に行くご予定を立ててみてくださいね。 ロングラン上映の意味や期間や歴代の記録ってご存知ですか? こちらの記事も、ぜひ、チェックしてみてくださいね。 映画の上映期間はいつまで?調べ方は? 見に行きたいと思っている映画、 「いつ見に行こうかな」 なんて考えているうちに、上映期間が終わってしまった。 そんなことにならないように、映画の上映期間を調べることってありますよね? 調べてみるとわかるんですが、上映期間がいつまでなのかなんてどこにも書いていないんです。 どの劇場や映画館のサイトを見ても、 上映スケジュールでわかるのは、せいぜい 1週間程度。 それより先の分については書いていないのでわかりません。 これはなぜかというと、劇場や映画館は、 毎週、それぞれの 動員状況をみて、 翌週の上映スケジュールを検討するからなんです。 つまり、当週までの客足を見て、 メモ 見に行こうとしている劇場や映画館での、正確な上映終了日が知りたい場合は、実際に問い合わせてみるのが一番です。 上映終了日がすでに決まっている場合は、教えてもらうことができますよ。 映画の上映期間の平均はどのくらい? 映画の上映期間の 平均を知ることで、気になる映画の上映期間がいつまでになるのか、ある程度の想定をしておくということもできますね。 映画の上映期間って、平均でどのくらいなのか、ご存知ですか? これは、一般的には、 1ヶ月程度が平均と言われています。 劇場公開される映画には、予め予定している公開予定期間というものがあります。 この公開予定期間は、「 ファーストラン」と呼ばれていますが、これが映画によって様々なんですね。 ファーストランが3週間の映画もあるし、5週間の映画もあるし、12週間の映画だってあります。 そして、このファーストランを超えて上映する場合に、「 ロングラン」と呼ばれるようになります。 つまり、予想以上に反響があって、公開期間を予定よりも延長するということです。 例えば、ファーストランが3週間の映画であれば、4週間目からロングランとなりますね。 逆に、予想よりも観客の入りが少なくて、ファーストランに満たない期間で劇場公開を終了する場合もあります。 これは、「 打ち切り」と呼ばれています。 映画によって、ファーストランで上映終了となるもの、ロングランに突入するもの、残念ながら打ち切りとなってしまうものなど、上映期間はさまざまです。 見に行きたいと思う映画がいつまで上映されるのかは実際にはわかりません。 ですが、一般的に平均の上映期間と言われている1ヶ月程度は上映されると思っておけば、ひとまずは予定を立てられますよね。 映画の上映期間の最短はどのくらい?何の映画? 映画の上映期間の平均がわかったところで、次に気になるのは、最短や最長ですよね。 まずは、映画の上映期間の最短についてご紹介します。 映画の上映期間の最短は、 2週間程度となります。 映画の上映期間は、 人気がない映画であったり、 立地が悪い劇場や映画館であったりした場合には、どうしても短くなってしまうようです。 観客の入らない映画の上映を継続するよりは、観客動員がもっと見込める他の映画を上映した方がいいですからね。 ちなみに、中国の話にはなりますが、最近だと、中国が制作費 126億円も費やした超大作映画『 阿修羅』の上映打ち切りが話題となりましたよね。 2018年7月13日に中国全土で封切られたこの映画。 上映期間はわずか 3日間で打ち切りとなったそうですよ。 中国が巨額の制作費を投じた『阿修羅』という映画が公開3日目で打ち切りの大爆死らしい。 評価も散々で逆に観たくなる。 — あきしげ 脳内ミニシアター改 akishige1980 想像を絶する爆死ぶりなので、たしかに、逆に見たくなりますね。 映画の上映期間の最長はどのくらい?何の映画? では、最後に、映画の上映期間の最長についてもご紹介しておきますね。 映画の上映期間の最長は、なんと、 1192日(3年3ヶ月)となります。 『 祈り~サムシンググレートとの対話』という映画で、2012年9月19日から2015年12月23日まで、ロングラン上映されていたんです。 ちなみに、日本でロングラン上映された劇場公開映画は、他にもたくさんありますよ。 歴代のロングラン上映記録TOP10(2019年7月現在)をご紹介しておきますね。 1位: 祈り~サムシンググレートとの対話 1192日 (2012年9月19日から2015年12月23日まで渋谷アップリンクほか) 2位: この世界の片隅に 900日以上(2019年7月現在継続中) 2016年11月12日から全国ロードショー 3位: ウエスト・サイド物語 511日 1961年4月1日から丸の内ピカデリー 4位: ベン・ハー 469日 1960年4月1日からテアトル東京 5位: 西部開拓史 463日 1962年11月29日からテアトル東京 6位: シネラマ・ホリデー 453日 1955年12月19日から帝国劇場 7位: 王様ゲーム 441日 1911年12月17日からシネ・ルーブル池袋他 8位: タイタニック 434日 1997年12月20日から全国ロードショー 9位: 世界の七不思議 441日 1957年3月17日から帝国劇場 10位: 南海の冒険 431日 1959年4月25日から帝国劇場 最近では、TBSの日曜劇場でドラマでも放送されて話題となっていた、原作アニメ映画の「 この世界の片隅に」。 日本国内の歴代のロングラン上映記録で2位にランクインしています。 そして、なんと、2019年7月現在でも、ロングラン上映が継続中なんですよ。 1位目指して、ぜひともがんばってほしいですよね。 メモ ちなみに、原作アニメ映画の「この世界の片隅に」ですが、以下の動画配信サービスで見ることができますよ。 まとめ 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回は、劇場公開映画の上映期間はいつまでなのか、調べ方を解説しました。 また、平均や最短や最長の上映期間はどのくらいなのか、それは何の映画なのかについても、一緒にご紹介しましたね。 映画の上映期間については、ご理解いただけましたでしょうか? せいぜい1週間程度先のことしかわからない映画の上映期間。 でも、1日の上映回数や上映スクリーンの大きさを調べることで、上映終了となるのか継続するのか、ある程度予想することはできそうですよね。 また、ひとまずは、平均の上映期間である1ヶ月程度を目安としておいてもよさそうです。 あなたも気になる映画の上映期間をチェックして、劇場や映画館に見に行くご予定を立ててみてくださいね。

次の