ガンマ gtp。 肝臓に良いサプリおすすめ8選【ガンマ(γ)-gtpを下げて肝機能を改善】

【γ

ガンマ gtp

特にアルコール性の肝機能障害や胆管に病気がある時には、 敏感に反応して数値が上がるため、 肝機能障害を示す鋭敏なマーカーとして用いられます。 その場合お酒の飲みすぎが原因である アルコール性の脂肪肝が疑われます。 肝臓は自覚症状が出たときには 病気が重症化していることが多いので 数値に不安があれば、できるだけ早めに 飲酒習慣を見直す必要があります。 今後も美味しいお酒を飲み続けるためにも 禁酒や休肝日を作りましょう。 お酒以外で改善するには 運動と食生活の見直しになりますが、 アルコール量はそのままで、 運動で数値を改善するためには かなりの負担がかかります。 また食事についても お酒以外に炭水化物や油などに気をつけ かなり厳格に制限する必要があるので 一番の原因であるアルコールの摂取を 控えめにしていくことが、 結局一番負担は少なくなるでしょう。 脂肪肝になる主な原因は、 動物性脂肪の多い食事とアルコールですので 肉と油は極力控えて 魚の油を意識して摂取してみましょう。 魚の油が良い理由は、オメガ3脂肪酸が、 肝臓で熱に変わりエネルギーを消費するからです。 また脂肪合成量を低下させるなど 肝臓の機能に良い影響があります。 運動は手軽に取り組める ウォーキングがオススメです。 休肝日をつくって、バランスの良い食事を意識し 適度な運動を取り入れて、 今後も美味しいお酒が飲めるよう 生活習慣に気をつけて数値を改善していきましょう。 中性脂肪と肝機能について 中性脂肪は肝臓機能低下に大きく関係しています。 中性脂肪が肝臓に貯まりすぎると 脂肪肝となり肝機能に支障をきたします。 中性脂肪は脂肪分の多い食事や食品から摂取されるだけでなく、 ご飯、飲酒、果物など糖質からも肝臓で合成されます。 特にアルコールはこの脂肪合成を促進し、 合成された脂肪は血液中に出て体内を循環します。 肝臓は脂肪を合成し血液中へ 送り出すことを繰り返しますが、 中性脂肪が多くなりすぎると処理しきれなくなり、 肝臓の細胞に脂肪が貯まり脂肪肝となるのです。 脂肪肝の時点では自覚症状もなく 重大な肝機能障害はありませんが、 そのまま放置したり、改善しないでいると 肝硬変、肝臓ガンなど病気が進行してしまいます。 肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように、 自覚症状が表面化してきた時には、 重症化しているケースが 少なくありませんので注意が必要です。 食生活の見直しが最優先事項 中性脂肪値を改善し肝機能を回復するには 食生活の見直しが必要です。 食事は中性脂肪に大きく影響するため、 お酒、主食、油もの、果物、 甘いものの食べすぎに注意し、 青魚、海藻、野菜を取り入れた バランスの良い食生活を心掛けましょう。 食事の管理が難しい人は、 できるだけ中性脂肪を下げる成分を含んだ 効果的なサプリメントや栄養補助食品で 上手に中性脂肪をコントロールすることが大切です。

次の

飲酒だけじゃない!? “ガンマGTP”の数値が高い原因と対処法

ガンマ gtp

都内在住内科医師(50代男性)によると、お酒を飲まないのにガンマGTP値が高いことで考えられる原因は次のようなことだそうです。 (1)無意識のアルコール摂取 「自分はお酒は飲まない」と思っていても、実はノンアルコールビールやノンアルコールカクテルなどは飲んでいるような場合。 そのような飲料にもアルコールは含まれているのです。 また、 栄養ドリンクにもアルコールが含まれているため、毎日飲む習慣がある人は一度それによる数値上昇を疑ってみてください。 (2)薬物性肝障害 ・抗生物質 ・解熱鎮痛薬 ・中枢神経抑制剤(抗てんかん薬、強力精神安定剤など) ・中枢神経興奮剤(抗うつ剤など) ・ステロイド など、いくつかの薬が薬物性肝障害の原因となる可能性があり、ガンマGTP値を上昇させることがわかっています。 また、 漢方薬やサプリメントが原因となる場合もあります。 アメリカでは成人の3%が該当すると言われていますが、この状態だとやはりお酒を飲まないのにガンマGTPの数値が高くなります。 ただし、脂肪肝の場合はガンマGTPだけが高いわけではなくGOTとGPTも増え、しかもGPTがGOTよりも高いという特徴がありますので、(1)や(2)のケースとは違って一定の注意を要します。 この状態は肥満との関係が深いので、脂肪肝を指摘された場合は食生活を見直して改善するようにしましょう。 (4)胆道系の疾患 胆道系に対する分泌に障害があると、ガンマGTPが血液中に流れ出てしまいます。 胆石や閉塞性黄疸、胆汁鬱滞症などが原因で障害が起こってしまうのです。 (5)体調の変化 ガンマGTPの値は、 その日の体調によっても変化し、人それぞれの体質によっても違いが出ます。 コレステロールや尿酸値などとは違い、数値が高いこと自体には何も問題はなく、高くなっている原因が好ましくないものだった場合にだけ問題となるため、それほど深刻になる必要はありません。

次の

お酒を飲む方は数値に要注意! γ

ガンマ gtp

ガンマGTPが上昇する原因 アルコール お酒、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテル、栄養ドリンク、みりんといったものに含まれているアルコールを摂取することにより、ガンマGTPが上昇します。 薬剤 抗けいれん薬、ステロイド薬、抗てんかん薬、向精神薬といった薬剤を使用している人の場合、ガンマGTPが高まってしまいます。 油脂 ガンマGTPの検査を受ける前に食事で油脂を摂取し過ぎたことが原因で、ガンマGTPが上昇するケースがあります。 胆道系の病気 胆石、胆道系のがん、原発性胆汁性肝硬変といった胆道系疾患を引き起こしている場合、ガンマGTPが高まります。 すい臓がん すい臓がんを引き起こしている人の場合、ガンマGTPの数値が上昇しています。 肥満 太り過ぎになっている人は、ガンマGTPが高値を示しやすい傾向があるでしょう。 運動不足 体を動かす習慣がない人は、ガンマGTPが上昇しやすいのが特徴です。 ガンマGTPが高いのは問題なのか 数値自体が高くなっていることで悪影響が及ぶことはありません。 しかしながら、健康に悪い生活習慣、病気、薬剤の使用といった具合に、ガンマGTPを高める原因が必ずあることが問題なのです。 治療のための薬の使用はやむを得ませんが、それ以外のものは自分で改善したり、適切な治療を受けて、数値を改善することが大切といえるでしょう。 ガンマGTPが低い場合の問題・病気 ガンマGTPが正常値を上回っている場合は当然、肝臓などの病気の疑いがあるため改善しなければいけません。 しかしながら、正常値を下回っている場合は何か問題はないのか、病気をしていないのかと心配になっている人もいるでしょう。 今回はガンマGTPが低い場合、どんなことを考えられるのか、問題の有無も含めて解説します。 ガンマGTPが基準値を下回った場合の問題・病気の有無 基準値を下回るとなると一桁になりますので、極端に低いと不安に感じる気持ちは理解できます。 ただ、現状の医学では低い分には全く問題がない、病気の可能性もないといわれています。 どういう場合にガンマGTPが低くなるのか ガンマGTPはお酒に敏感に反応するため、アルコールを摂る機会が少ない人は基準値を下回ることがあります。 とくに一滴も飲まないような人の場合、基準値より低い数値を示すことが少なくありません。 また、女性は元々女性ホルモンの関係でガンマGTPは低くなりますし、基準値も正常値、異常値共に男性と比べると低めに設定されています。 さらに妊娠している場合、これも女性ホルモンの影響でガンマGTPが低くなりやすいのです。 該当しない場合には 中にはお酒を飲んでいるにも関わらず数値が低いなど、ここで取り上げた低い数値を示す原因に該当しない人もいるでしょう。 低くてもとくに問題はないといわれていますが、心配だという人は医師に問題はないのか、病気をしていないのか話をしてみてはいかがでしょうか。 ガンマGTPが高い場合の問題・病気 ガンマGTPの正常値をわずかにでも上回ると、なんらかの病気を引き起こしている可能性があり、より詳しく調べなければいけなくなります。 中にはどういう病気を引き起こしている可能性があるのか、知りたいという人もいるでしょう。 ここで解説していますので、興味のある人はチェックしてみてください。 ガンマGTPが基準値を上回った場合に引き起こしている疑いがある病気 ガンマGTPが正常値より高くなっている人の場合、まずはさまざまな肝臓の病気を引き起こしている可能性があります。 具体的な病気の名称としては、脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、薬剤性肝炎、アルコール性肝障害、原発性胆汁性肝硬変といった肝機能障害が挙げられます。 また、肝臓関連の病気以外にも引き起こしている可能性があり、胆道が圧迫されていたり、閉塞が起こっていることによって、ガンマGTPが血液中に流出している疑いもあります。 ガンマGTPのセルフチェックはできるのか ガンマGTPを調べずに、自分で肝機能をチェックするのは困難です。 というのも、肝臓の病気などを引き起こしていたとしても、これといった症状が深刻な状態になるまで起こらないのが肝臓の厄介なところだからです。 ただし、まったくセルフチェックする方法がないかというとそうではなく、肝臓が悪いと食欲がわかなくなったり、お酒がおいしくない、酔いのまわりが悪いと感じたりします。 また、顔面が黄色みを帯びてくる黄疸(おうだん)の症状も自分や周囲が見てわかる変化ですので、注意深く観察してみるとよいでしょう。

次の