プロテイン ダイエット 女性 人気。 プロテイン女性用人気おすすめランキング!効果は飲み方とタイミング

ホエイプロテインは女性こそ飲むべき!ダイエットにも効果的なこの理由!|DO IT(ドゥーイット)

プロテイン ダイエット 女性 人気

プロテインなら何を飲んでもいいというわけではありません。 プロテインにも種類があり、成分やカロリーが大きく違います。 体重を増やしたい人向けとダイエットしたい人向けでは2~3倍カロリーの差が出ることもあります。 ダイエット目的なのに300kcalのプロテインを飲んでいたり、がっしりした体にしたいのに70kcalのプロテインを飲んでいたのでは本末転倒です。 たんぱく質だけでなく、体から失われやすいアミノ酸やビタミンが摂取できるプロテインも数多く販売されているのて、食事が偏っていたり、食事をとるタイミングがない人は要チェックです。 口に入れるものなのでしっかりと成分表を確認してから購入しましょう。 76 102 76. 4 51 48 194 たんぱく質(g) 16. 8 5. 77 14 14 7. 2 10 27 炭水化物(g) 0. 9 4. 45 6. 2 3 4. 8 2. 7 23. 7 脂質(g) 0. 9 0. 43 2. 3 0. 9 0. 3 - 2. 5g)の場合 たんぱく質(g) 21. 2 16. 5g)の場合 炭水化物(g) 4. 5 1. 2 3. 5g)の場合 脂質(g) 2 0. 9 0. 5g)の場合 おすすめの摂取タイミング 起床時、運動後、就寝前 運動後 食事にプラス、運動後 商品リンク.

次の

【最新2020】人気の女性向けプロテイン おすすめランキングTOP5~筋肉増強・ダイエット・減量に~

プロテイン ダイエット 女性 人気

プロテインはアスリートやボディービルダーが飲むもの。 一般人、それも女性には縁のないものだとお考えの方が多いと思います。 また、「プロテイン=筋肉ムキムキになる」というイメージが強く、ムキムキになりたくないからという理由でプロテインに否定的な意見を持つ女性も多いです。 ですが、プロテインはそんな筋肉増強剤のような薬ではありません。 むしろ、プロテインの種類や使い方によっては、 ダイエットや 美容、 健康維持にも効果的な栄養補助食品なのです。 プロテインはダイエットしたい女性にこそぜひ飲んでもらいたいおすすめの食品です。 今回は、プロテインが ダイエットに効果的な理由と 女性におすすめのプロテインのベスト3をご紹介します。 [adsense] 目次• プロテインがダイエットに効果的な理由 プロテインには種類がある! プロテインには筋肉をつけたい人が飲むというイメージがあります。 確かにそのイメージは間違っていないのですが、筋肉をつけたい場合に飲むプロテインは 「ホエイプロテイン」という種類です。 関連記事: プロテインには大きくわけて 「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」の3種類があります(プロテインの種類について詳しく知りたい方はの記事を参考にしてください)。 「プロテイン」と言うと一般的には「ホエイプロテイン」を指すことが多いのですが、ダイエットしたい女性におすすめなのは「ソイプロテイン」という種類です。 ホエイプロテインやカゼインプロテインが動物性タンパク質であるのに対し、ソイプロテインは植物性タンパク質だというところが特徴で、ホエイやカゼインにはない様々な効果があります。 例えば、 ダイエットや美容、健康維持に効果的だと言われています(詳しくは後で解説します)。 ダイエットにはソイプロテインがおすすめ! ソイプロテイン(別名:大豆プロテイン)は「ソイ」の名の通り大豆から作られた植物性タンパク質が豊富で 低カロリーな栄養補助食品です。 ソイプロテインは普通の食事と比べて低カロリーなので、食事の代わりにソイプロテインを飲んで食事と 置き換えることで、摂取カロリーが減って自然と体重が落ちるというわけです。 いわゆる「プロテインダイエット」というやつですね。 また、ソイプロテインはホエイプロテインとは違って体にゆっくり吸収されるため腹持ちがよく満腹感も得られやすいです。 なので、食事と食事の間にとれば間食を減らしたり少なめの食事でも満足できるというメリットもあります。 もちろん、すべての食事をプロテインに置き換えるなんて無茶なことをする必要はなく一日1食を置き換えるだけで十分です。 むしろご飯やおかずを少し減らしてその分プロテインを飲むだけでも効果はしっかり見込めます。 食事制限だけではダメなのか? わざわざプロテインを飲まなくても、 食事制限をすれば痩せるんじゃない?と思う方も多いでしょう。 食事制限をすれば確かに痩せます。 食べないのですから当然です。 ですが、これにはひとつ落とし穴があります。 単純に食事だけを減らした場合、当然ながら摂取する栄養素が不足します。 特に、タンパク質はただでさえ日本人に不足しがちだと言われているのに食事制限ではなおさらタンパク質を摂ることができません。 タンパク質が不足すると人間の体は筋肉を分解してエネルギーを摂ろうとします。 筋肉が分解されると基礎代謝が減少し、エネルギーを消費しにくくなり 太りやすい体質になってしまうのです。 そこで、単純な食事制限ではなくソイプロテインと置き換えることで、栄養をしっかり補給しつつダイエットができます。 ソイプロテインにはタンパク質はもちろん ビタミンやミネラルもバランスよく配合されているものが多いのが魅力です! タンパク質が不足する影響はまだまだある タンパク質は筋肉のほかにも皮膚や内臓、髪の毛など人間のあらゆる部位を作っている とっても重要な成分です。 タンパク質が不足することで、肌の老化やたるみなどの 肌トラブルはもちろん、免疫力の低下や貧血、体調不良など 健康への悪影響がでる可能性まであるのです。 プロテインを飲まずに食事制限だけしてしまうことにはこのような危険が潜んでいたのです。 食事を減らしつつプロテインで効率的にタンパク質などの栄養素を補給してあげることで、健康的にダイエットできるということです。 ソイプロテインには美容効果もあり ソイプロテインの原料である大豆に含まれている 「イソフラボン」には女性に嬉しい効果がたくさんあります。 例えば、肌の新陳代謝を活発にしたり肌のハリを保って 美肌効果が期待できます。 美容のためには欠かせない成分というわけですね。 また、イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするとも言われていて ホルモンバランスを正常に保つ働きもしてくれます。 女性ホルモンが活発に働くことでバストアップの効果も期待できます。 さらに、更年期障害や骨粗鬆症の予防にも効果を発揮するので嬉しい限りです。 このように、ソイプロテインはダイエットはもちろん、美肌・美容、老化の防止など様々な面で有効なのです。 女性におすすめのソイプロテインベスト3 第1位:ザバス ソイプロテイン100 1kgで2,000円ちょっとという圧倒的な安さが魅力のソイプロテイン。 コスパ抜群で価格をできるだけ抑えたい方に最適です。 価格が安いだけでなく、保存料・着色料・香料不使用の無添加で品質にもこだわっています。 大豆臭が少なく飲みやすいのもメリットです。 低価格と高品質を両立しており、Amazonのレビューでも好評なのでおすすめです! まとめ ソイプロテインを継続して飲むことでダイエットや美容、健康促進など様々な効果が期待できます。 プロテインは続けることが肝心です。 毎日飲むのが大変であれば時々休んでもいいです。 また次の日から飲み始めればいいのです。 とにかく途中でやめることなく長く続けるように意識しましょう。 また、食事制限だけでダイエットを目指すのは体にもお肌にもデメリットが多いです。 ソイプロテインを飲んで健康的にダイエットを目指しましょう。

次の

プロテイン女性用人気おすすめランキング!効果は飲み方とタイミング

プロテイン ダイエット 女性 人気

<目次>• プロテインとは プロテイン(protein)は、タンパク質のこと。 食品では、肉、魚、卵、豆・豆製品、乳製品などに特に多く含まれ、ご飯やパンなどの主食にも含まれます。 人が生きて行く上で必ず必要とされている三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)のひとつでもあり、成人女性には一日に50g、男性には60gを摂ることが推奨されている栄養素です。 1gあたり4kcalのエネルギーがあります。 プロテインダイエット&健康食品の種類 市販のプロテイン系健康食品には、大きく分けて次の二つの種類の商品があります。 ダイエットを目的とした置き換え食 タンパク質を中心にビタミンミネラルなどが添加された食品で、水などで溶いて飲むタイプのダイエット用食品。 ほとんどの場合が食事代わりに(置き換え食)利用することを推奨しています。 商品は1食分ずつ分封されているものと、大袋に入ったものがあります。 アスリートの筋力増強を目的としたもの 精製されたタンパク質粉末を、水や牛乳に溶いて飲むタイプの商品。 運動とあわせて利用します。 アスリートに対しては、体重1kgあたり2gのタンパク質(例:50kgの人には一日100g、通常成人より多め)の摂取を推奨しているケースもあります。 今回は、1のダイエットを目的とした食品について取り上げていきます。 プロテイン系置き換えダイエット食品の利用方法 プロテインダイエット 水か牛乳で粉末の商品を溶かし、飲料として飲む食品がほとんど。 飲むタイミングとしては、食事代わりの「置き換え」が多く、朝・昼・夜の食事のどこか1食を、プロテイン食品に代えてカロリーセーブするというものです。 例えば、800kcal近い外食ランチをとっていた人が、ランチを200kcal未満のプロテイン系ダイエット食品に置き換えた場合、一日約600kcalのマイナスとなり、1ヶ月続ければ2. 5kg減! という理屈になるわけですね(A社広告説明を参照)。 要するに、食品そのものにヤセ効果があるわけではなく、カロリーセーブのサポートをしてくれる存在。 その点を理解しながら上手に利用したいですね。 プロテイン系置き換えダイエットのメリット 確実なダイエットのコツは、カラダに大きな負担をかけないで緩やかに体重を落とすことにつきます。 体脂肪を1kg落とすのには7000kcalほどのマイナスを作る必要があるので、短期間に何キロも落とすことはテクニック的に不可能です。 よって、継続できる方法を選ぶのが成功のポイント。 したがって、ご自分のライフサイクルや好みにあわせて続けられるダイエット方法を選ぶのが一番良いと言えます。 置き換え用のこのような食品を利用したダイエットがあまり負担なく続けられるという方には、メリットがあると言えるでしょう。 例えば、朝や昼はなかなか思うような食事がとれない方は、こうした置き換え方式を取り入れてみるのも良いと思います。 別の使い道として、おやつが止められない、夜食を食べたい、というときのカロリーセーブにこれらの食品を使うのも手です。 プロテイン系置き換えダイエットのデメリット プロテインダイエットのデメリット どんなダイエット方法にもメリット・デメリットの両面があります。 プロテイン系ダイエットのデメリットは、次の2点が考えられます。 ・利用方法を誤るとリバウンドにつながる ・長期的(数ヶ月)継続するのが難しい可能性がある 前述の通り、ダイエットは中長期継続が必須で、短期的な減食による減量を行った場合はその後の維持が難しいと言われています。 続けるためには、精神的にもテクニック的にも、飽きない方法を考える必要があります。 普段の食生活がかなりカロリーオーバーであれば、1ヶ月徹底して続ければ2~3kgの減量も可能な場合もあるでしょう。 ですが、ダイエットの専門家の間でも、一般的には1ヶ月で体重の5%以上(60kgの場合は3kg以上)を減量すると、「急激な減量」として、身体に大きな負担がかかり、リバウンドの原因になると言われています。 したがって、プロテイン系食品での置き換えは一日1食にし、継続は1ヶ月というのが目安ではないかと考えられます。 一日3食のうち、2~3食を置き換えるなどの方法は、結果的にデメリットが大きいと考えられるので、避けたほうが良いでしょう。 また食事として考えたときには、味わいの面での飽きが来ない工夫も必要です。 タンパク質は痩せる効果がある成分? タンパク質は身体に必要な栄養素ですが、ヤセる成分なのかというと、その答えはNOです。 また、現代ではタンパク質不足の人は多くはないと見られています。 特に主食を食べずにおかずだけ食べる欧米型の食事でダイエットを試みている人は、必要量を超えて多く摂っている可能性も。 多すぎる栄養素は体脂肪として蓄えられる構造になっているので、タンパク質なら太らないというのは残念ながら誤解です。 炭水化物抜きをしておかずだけ食べる方式がNGである理由のひとつがここにあります。 成人女性に必要なタンパク質量は一日あたり50gが目安と書きましたが、一日に肉か魚を100g程度、豆・豆製品を80g程度、乳製品を250g程度と卵1個を食べ、適量のごはんやパンを食べていれば、十分に補給できます。 【食品の中のタンパク質】 たまご 1個……6. 2g 鶏むね肉 100g……22. 3g アジ(魚) 100g……20. 7g ヨーグルト 100g……3. 6g ごはん 茶碗1杯150g……3. 8g 【プロテイン系置き換え用ダイエットドリンクの、1食あたりのタンパク質の量】 A社……0~0. 5g、144~165kcal(プロテインという表記はなし) B社……20. 5g、175~178kcal C社……10. 0g、81~83kcal このようにプロテイン系置き換えダイエット食品は、上手に利用すればダイエット成功に結びつくと言えますが、そのものに痩せる成分があるわけではないことを憶えておきましょう。 しくみや利用方法を十分理解して活用しましょう! 【関連記事】•

次の