備蓄 品 リスト。 【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト|災害対策ドットコム

【災害前に揃えておけば安心!】災害対策に必要な備蓄品のリスト|災害対策ドットコム

備蓄 品 リスト

突然の災害が起こってしまった時、何をどのくらい用意しておけば安全なのか? いざという時に慌てないためにも、普段から備える「イツモ型防災」の大切さを防災のプロに訊ねました! さらにアマノフーズからは新しくなった「ローリングストックBOX」をご紹介します。 防災の時の備蓄どうしてる? みんなの質問にプロが答えます! 「備蓄品って具体的に何を揃えればいいの?」「量はどのくらい必要?」など、いつ起こるかわからない突然の事態を考えると、不安や疑問は尽きません。 今回はそんな災害時の備蓄に関する質問を、防災のプロにお聞きしました。 教えてくれるのは、アートやデザインといったクリエイティビティを導入した防災教材の開発や防災訓練を実施し、幅広い世代に防災の知恵や技を普及している の石田有香さん。 実際に台風や地震で被災された方々の意見も参考に、必要な備蓄品や使い方を教えてもらいました。 そんな災害に備えて、家に置いておくべき備蓄品を教えてください。 災害発生時は電気やガス、水道などのライフラインがストップするため、非日常の生活がはじまります。 たとえ避難所へ行けたとしても収容人数の上限や、プライバシー、衛生上の問題もありますし、災害直後は流通に被害が出て、被災者数も多いため、食料をはじめとした物資がなかなか届かないということも想定されます。 そこで最近は 「在宅避難」という言葉も出てきていて、自宅の安全が確認できている場合は、できるだけ自宅で生活するということが内閣府からも推奨されています。 自宅に置いておく備蓄品として、私たちプラス・アーツが推奨している次の【12品】です。 ポリ袋(45L程の大きなもの、キッチン用の小さいポリ袋それぞれあると便利!)、新聞紙、体拭きウェットタオル、ラップ、カセットコンロ・ボンベ、クーラーボックス、携帯ラジオ、非常食、水、携帯トイレ、LEDランタン(ヘッドライト)、口腔ケアウェットティッシュ ご覧いただけるとわかるように、12品の 備蓄品の中には日常的に使っている日用品もたくさんあります。 特に停電時には灯りがないと何もできませんし、灯りがあるだけで精神的な安心につながります。 懐中電灯を備えている方が多いかと思いますが、「片手が塞がって不便だった」という声も多く、「LEDランタン」のような、床などに置いて部屋全体を照らせるタイプをおすすめします。 キッチン、リビング、トイレの3箇所に置いておくと安心です。 移動用にはヘッドライトがあると便利ですよ。 折り紙の要領で箱を作って、ポリ袋を被せればお皿代わりに。 強度が気になる場合は、ダンボールなど硬い素材のものを下においてお盆のように使うのがコツです。 また、「新聞紙」は防寒にも役立ちます。 寒いときにはくしゃくしゃにした新聞紙を体に巻くとダウンのような役割を果たしてくれます。 どんなものを持っていく必要がありますか? 災害時の外出は粉塵が舞っていたり、瓦礫(がれき)があったりと、危険がたくさん潜んでいます。 家に備えておく備蓄品に加えて、 自分の身を守るためのものを持っていくのが大切です。 厚手の手袋は、瓦礫の撤去や重いものを運ぶ時に役立ちます。 プラス・アーツ監修の大判ハンカチ。 ハンカチの様々な使い方がイラストで記載されています。 煙を防ぐマスク代わりに、地面に座る際のシート、助けを呼ぶフラッグ、止血帯としてなど「大判のハンカチ」の用途は多岐に渡ります。 【ポイント!】 防災リュック、倉庫で管理は間違い!「分散備蓄」を心がけよう 持ち出し用の備蓄品を詰めた「防災リュック」を倉庫で管理するイメージがありますが実はNGなんです。 倉庫の奥へしまってしまうと「いざ使おう!」という時に賞味期限が切れていたり、地震の影響で倉庫へ入れないということも…。 1箇所にまとめておくのではなく、部屋のあちこちに置く 「分散備蓄」が大事! 例えば、水は1箇所においておくと、その部屋が崩れて入れなかった時に取れなくなってしまいます。 ランタンは枕元へ置いておいて、いざというときに集めて持ち出せるようにしておくのが大切です。 個人的におすすめなのは「乾物」。 ワカメや切り干し大根は、ミネラルなどの栄養素を摂取できるので栄養の偏りが気になる災害時に役立ちます。 熊本地震の時は「塩昆布」を持っていきました。 キャベツと和えてもおいしいですし、適度に塩分が取れますよ。 傷みの早い冷蔵庫内の生鮮品から消費し、食べ物を腐らせないのがポイント! 食材が購入できない時は、家にあるものを賢く使うことが大切です。 無駄なく食べるにはどうしたらいいです。 日常的に食べておくことが大切ですね。 まず12食分を準備し、1ヶ月に1回食べて、それを1年続ければ、賞味期限を切らすことなく安心して備蓄できます。 これが、 「ローリングストック法」です。 1年で12食分がそっくり入れ替わるため、賞味期限が1年程度の一般的なレトルトやフリーズドライ食品もラインナップに入ってくるので選べる幅も広がりますね。 非常食は、 1ヶ月に1回を目安に食べる機会を作るのがおすすめです。 疲れたなというときに、レトルト食品やフリーズドライを食べるなど、気軽に始めてみましょう! また、ローリングストック法は非常食以外にも使えます。 カセットボンベやゴミ袋など普段から使うものも、日常的に使いながら ローリングストックしていきましょう! ・1ヶ月に1回を目安に食べる ・商品のラインナップを知って、買って食べてみる ・水やカセットボンベ、ゴミ袋も普段から使ってローリング! 私たちが推奨しているのが、 「イツモ型防災」。 地震や台風などの災害はいつ起こるかわかりません。 例えば地震が起きた時、窓を開ける、ガスを止めるなどの対応が必要ですが、実際に地震が起こると何もできなかったという被災者の声をよく聞きます。 今回ご紹介したローリングストック法のように、日常生活の中に取り入れられることから実践し、少しずつ備えていきましょう。 <教えてくれた人> 石田有香さん(NPO法人プラス・アーツ) 東日本大震災をきっかけに大学卒業後はSave the children JAPANに入局し、岩手県にて子ども参加のまちづくり事業に従事。 2016年にプラス・アーツに入社し、現在は、地域の防災訓練を楽しく学べる防災体験プログラムなど、主に防災教育や地域支援を中心に担当している。 新しくなった「ローリングストックBOX」で災害時の備えを万全に! 【セット内容】フリーズドライ18食(朝食セット6食、昼食セット6食、夕食セット6食 ・「サトウのごはん」3パック・災害マニュアル・商品の説明書 非常食として、アマノ食堂が提案するのが。 スープやカレー、丼ものやリゾットなど、種類豊富で飽きずに食べ続けられるのが魅力です。 「ローリングストックBOX」は1箱で1人が3日間生活できる食品がセット。 朝食セット、昼食セット、夕食セットに分かれており、生活のシーンに合わせて、その日の気分に合わせて食べたいものをチョイスできる仕組みです。 さらに、プラス・アーツ監修のミニガイドブックもついています! 自宅避難の際の心得や災害時の連絡ガイドなど、知っているようで知らない豆知識が掲載されています。 フリーズドライ食品のラインナップはこちら! おみそ汁やシチュー、雑炊やにゅうめんなど、食べ応えがありホッと一息つけるフリーズドライ食品が計18食(3日分)入っています。 2020年に新しくなったローリングストックボックスは が入ってリニューアル! 1杯のおみそ汁で緑黄色野菜、根菜、海藻、きのこなど10品目の食材が入っています。 他にも、朝食や夕食などシーンごとに合わせたフリーズドライがたくさん。 こちらは。 付属の「サトウのごはん」を湯煎(または電子レンジ)で加熱し、お湯で戻した親子丼の具をのせれば完成! 具だくさんで満足度もたっぷりのこの商品。 中華丼や牛とじ丼も入って、飽きのこないラインナップが嬉しいポイントです。 日頃の備えをきちんとしておくことで、災害時のストレスも軽減できます。 「モノ」だけでなく近隣とのコミュニケーションも日頃から意識しておくことが大事。 これを機会に、皆さんも災害対策を見直してみてはいかがでしょうか? 【商品紹介】 5000円 税込 食べながら備える「ローリングストック」ができるフリーズドライセット。 朝食、昼食、夕食のシーンごとのフリーズドライ18食と「サトウのごはん」3つが入った商品。 雑炊やにゅうめん、リゾットなどお湯を注ぐだけで簡単・便利なローリングストックセットです。 【取材協力】 楽しく学べる防災グッズや防災プロジェクトを開発、実施するNPO法人。 「イツモ型防災」をモットーに、「もしも」の時ではなく「いつ地震が来ても大丈夫なように備えておく」という考え方を大切にしている。 プラス・アーツ監修のマニュアルブック。 家の安全チェックポイント、連絡手段、すぐにできる家具の転倒防止、本当に役立つ防災グッズなどイラストとともに紹介したマニュアルブック。 お湯を注げばすぐに飲めるフリーズドライのおみそ汁は、日常使いだけでなく、備蓄にもおすすめです。 緊急時・災害時などにぴったりな温かい飲み物。 1杯飲むだけで、ホッと一息つけますよ。 <写真/佐々木謙一>.

次の

【新型コロナウイルス対策】引きこもり&備蓄リスト10完全版 | 美人のレシピ

備蓄 品 リスト

自治会や町内会などの地域任意団体における災害備蓄についての考え方と実践について。 災害時の援助活動についてよく使われる言葉に「 自助・共助・公助」というものがあります。 自助とは文字通り(自らを自らでもって助けるということですから)自分で災害時を想定し必要なものを備蓄するなり避難方法等を考えておき、万一の場合でも自力で被災生活をおくれるようにすることです。 公助は、市町村や県、国などによる救援活動のことで、これについては地方公共団体が国と協力しながら対応を検討し準備しているはずのものです。 そして、 共助というのが、ここで言う 自治会や町内会など、お互いに目が届く範囲の人々が助け合って災害を乗り切るため の相互援助活動をいいます。 ここではこの共助について、その中でも特に備蓄について考えてみることにしましょう。 自治会や町内会の防災担当が行うべき災害用備蓄活動は大きく分けると次の三つになります。 【その1】 自助活動の啓蒙 各家庭において十分な災害用備蓄がなされるように団体の構成員に対して啓蒙活動を行う必要があります。 構成員の中には危機管理に敏感でなにも言わなくとも十分な備蓄をされている方もいるでしょうが、全く無関心で「いざといなったら国が助けてくれるだろう」と高をくくっている人も多いものです。 或いはその気があっても、なかなか実行できない人もいることでしょう。 そういう自宅における備蓄が不十分な人達に、備蓄の必要性を訴えたり、備蓄品リストを配布したり、あるいは備蓄品の購入サポートをするなどの啓蒙活動が必要になります。 消防署や実際に被災経験のある人に講演を依頼したり、各家庭ごとに自分の家の備蓄状態を報告し合う勉強会を開くのも効果があります。 家庭での備蓄について詳しく述べられているウェブサイト「」を紹介したり、その中にあるを印刷して配ったりするのも良いかもしれません。 【その2】 一時避難場所としての備蓄品準備 集会場等に一時的に避難する人を対象にした備蓄の充実 自宅が損壊或いはその危険があるために避難が必要な場合は、各自治体が定める「指定避難所」に避難するのが基本です。 ただ、高齢者や病人、或いは深夜などの理由から指定避難所までたどり着くのが困難な状況も想定されますので、地域の集会場などを「一時避難場所」として利用せざるを得ない場合もあるでしょう。 そんな場合に備えて、自治会や町内回としてもそのための備蓄品を用意しておく必要があります。 ただし、本格的な救援活動(食料や飲料水などの救援物資の配布や臨時トレイの設置など)は市町村などの公助を頼まなければ、とても自治会や町内会レベルで全うできるものではありません。 となれば、最終的には「指定避難所」に行ってもらうしかありませんので、飲食物や非常用トイレなどの備蓄はそれまでのつなぎと考えて「一昼夜程度を賄えれば良しとする」等の割り切りも必要かと思います。 そこでの収容人数の想定にしても、その施設の大きさや団体の構成員数、或いは災害規模や指定避難所までの距離によって大きく異なりますので、実際には(皆が納得するような)適切な人数は決めにくいものです。 これにも割り切りが必要で、具体的な災害を想定して「エイッ」と決めるしか無いように思います。 安全サイドに見積もれば見積もるほど予算がどんどん膨らんでいきます。 具体的なアイテムは以下のリストを参考にすると良いでしょう。 品名 説明 必要数 保管期限 省電力で明るいものを 1台/5人 無 単1電池、単3なら数量3倍 6本/台 10年 冬期の暖房補助 1枚/人 無 寝具、保温 2枚/人 無 冬季の暖房補助 2枚/人 10年 1日分。 具体的には以下のようなものがあります。 大型浄水器、蓄電池、救護担架、大型のワイヤーカッターやバール、防災救急箱等 周知させなければ意味がない いちばん大事なのは、自治会や町内会で備蓄している品物にどんなものが、どこにあるか、そしてその使い方はどうなのか、等について構成員全体に周知しておくことです。 「備えあれば憂い無し」と、よく言いますが、備えが有っても使えないのでは、なんのために備蓄したのか分からなくなります。 地域の防災訓練当日、或いは各種集会時に説明したり、回覧板や配布物で周知するのはもちろん、特別に講演会や説明会(団体で備蓄しているものの説明と各家庭での備蓄推奨品の斡旋)を実施すればもっと効果的です。 予め役所に問い合わせるなどして補助制度の有無や手続きについて調べておくようにしましょう。 補助金制度のあるところでは、不当な購入をチェックするために、購入商品リストや見積書の事前提出を求め、その承認後の購入に対して領収書や現物写真の提出を補助金交付の条件にしている場合が多いと思います。 ネット通販で購入するような場合は、そういう(見積書や領収書の発行などの)対応ができる業者かどうか予め把握してから購入するようにしましょう。 自治会等の大量購入のご相談は、上記サイト中の「法人ページ」よりお問い合わせください。

次の

まずは備蓄品リストを作ろう

備蓄 品 リスト

備蓄品はこれが必要 備蓄品はこれが必要 自宅で3日間過ごす時に必要な備蓄品 大災害発生時、公的な支援物資はすぐに届くとは限りません。 コンビニなどのお店にも人が殺到し、商品がすぐ無くなる可能性もあります。 電気、水道、ガスといったライフラインは、大災害発生直後は停止し、利用が困難になります。 1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災での、各ライフラインの復旧までの日数は図のようになっています。 さらに、内閣府による首都直下地震等による東京の被害想定によれば、各ライフラインの復旧目標日数は、電気で6日、上水道で30日、ガスで55日となっています。 これらを見ると、電気が一番早く数日で復旧し、次いで水道が、最後にガスが復旧するという順番になっています。 各ライフラインに合わせた備蓄品は以下のようになります。 電気 電気はライフラインの中で、比較的早く復旧することから、ガスコンロの代替品となるIHクッキングヒーターやIH対応調理器具、電気ポットがあると便利です。 水 水に関しては、水道が復旧しない間も給水車から水をもらうために、給水タンクや給水袋が必須となります。 ガス ガスの復旧は遅くなることから、カセットコンロ利用のためのガスボンベを多く備蓄しておく必要があります。 ガスによって入浴をしているご家庭では、長期間入浴が不可能になることも考えられます。 タオルや衣服等を十分に用意することを心がけましょう。 また、冬季の場合は寒さ対策が必要になることから、ガスストーブ以外の暖房器具もあると安心です。 では、具体的にどのような品物が必要か見てみましょう。 夫婦2人、乳児1人、子ども1人、高齢者1人の5人家族の場合 下記は、夫婦2人と、乳児が1人、子どもが1人、高齢者が1人いる場合に3日間過ごすために最低限必要な備蓄用品です。 災害発生から3日を過ぎると生存率が著しく下がってしまうため、災害発生から3日間は人命救助が最優先になります。 道路の復旧や避難所への物資輸送はその後になるので、まずこの3日間を自力で乗り越えられるよう準備しましょう。 具体的な品物と数量を挙げていますが、これはあくまでも例であり、それぞれのご家庭に合った備蓄品を用意するようにしてください。 これらの品物は、普段から少し多めに買っておき、使ったら買い足すことで常にストックを切らさないようにするローリングストックで備えましょう。 その他、ライフラインが止まった時のことを意識して、カセットコンロやガスボンベ、簡易トイレや給水タンクや給水袋など、普段使わない災害対策用の備蓄品も必要です。 実際にライフラインが止まったら、どのような困りごとが起こるのか、普段の生活の中でも意識して、災害に備えましょう。 45L• 給水タンク• 給水袋• 食料品• アルファ化米、レトルトご飯• 45食分• 15缶• 15個• 15本• 15本• 5パック• 健康飲料粉末• 15袋• 一式 調理補助品• カセットコンロ• カセットボンベ• 1箱 約100枚• 卓上IH調理器• ポット• 1個 清潔品• 簡易トイレ• 75回分• 12ロール• 1パック 5個入• 適宜 薬・救急用品• 各1箱• 栄養補助サプリ• 適宜 情報確認手段• 携帯電話の予備バッテリー• 携帯電話の台数分• 手回し充電式などのラジオ• 日用品• 懐中電灯• 50本• ライター/点火棒/マッチ• ロープ・ガムテープ• ロープ1本 ガムテープ2巻• 75個• 適宜 衣類等• ポータブルストーブ• ガソリン携行缶• 20食分• フォローアップミルク• 9食分 清潔品• 70個• おかゆなどのやわらかい食品、 高齢者用食品• 9食分 清潔品• 30錠 薬・救急用品• 1ヶ月分 日用品• 老眼鏡• 6個 貴重品・書類• お薬手帳•

次の