私 の 幸せ な 結婚 最新。 ガンガンONLINE『わたしの幸せな結婚』6話感想 ネタバレあり

わたしの幸せな結婚|5話ネタバレ!資格はないけど嫌われたくない…

私 の 幸せ な 結婚 最新

コミカライズ版「わたしの幸せな結婚」最新9話ネタバレ 美世に会った香耶は会えて意外だと爽やかな笑顔で言いますが、直後、冷ややかな笑みを浮かべて野垂れ死んでいると思ったのに、と言います。 香耶は美世がみっともない格好でうろついているから久堂に捨てられたのだと思い、そもそも久堂と釣り合わない、生きているだけでも儲けもの、可哀想だと辛辣な言葉を続けます。 青ざめた表情でうつむく美世。 幸次が止めようとしますが、香耶がそれを制止して美世に言います。 必死に土下座するなら金の工面をしてやってもいいと。 旦那様とゆり江の顔が浮かぶ美世は言い返したいと思い、手に力が入ります。 斎森家に居た頃と違い、今は言い返しても問題のない身分だと思うのでした。 言い返す言葉が口もとまで出かかって、引いてしまいます。 唇を噛むようにつぐむ美世。 それを見た香耶はいつもどおり黙るのかと言い捨てます。 美世は申し訳ありませんと謝ります。 変われていない自分に一番がっかりしているのは自分だと思い、もう謝るなという旦那様の言葉が思い出されます。 変われてきていると思っていたのに、香耶の前では恐ろしい感情に染まってしまう自分がいたのでした。 旦那様やゆり江の優しさに触れて、涙もろくなっている自分に気づき、しかしここで泣いたら香耶を喜ばせてしまうと思って耐える美世。 そこに美世を呼ぶ別の声がし、振り向くとゆり江が戻ってきたのでした。 ゆり江は香耶と幸次を見てどなたですか?と聞きます。 香耶はゆり江を美世の同僚だと思い、笑顔を浮かべて美世の妹だと丁寧に挨拶します。 その笑顔を見たら誰でも香耶のことを優しい妹だと思い、ゆり江も香耶の味方になってしまうかもしれないと不安になる美世。 そして旦那様もいつかはそうなってしまうのではないかと絶望と悲しさが合わさったような顔になります。 ゆり江も丁寧に挨拶を返し、美世が自分の同僚だと言われたことにとんでもないことだと答えます。 美世は自分の主の奥方になる女性だと。 耳を疑う香耶。 ゆり江は改めて久堂清霞の将来の妻だと話します。 香耶は言葉を失い、その横で幸次は柔らかい顔を浮かべます。 香耶は久堂が美世で満足するなどずいぶんと優しい人だと、それとも興味がないだけなのかと言い、巷の評判があてにならないと笑顔で言います。 幸次を連れ、その場を後にする香耶。 ゆり江は帰りましょうと美世に告げ、美世もうつむきながら答えます。 なにも言い返せなかったと失意の美世。 美世は香耶の前で沈んで情けなく見える自分を見て、久堂の婚約者としてふさわしくないと不信感を持ったのではないかと心配します。 ふさわしくないのは自分でも分かっていたものの、旦那様とゆり江に失望されてしまうのが怖いと思ってしまいます。 そして、自分のことが大嫌いだと涙を浮かべます。 斎森家の当主に会い、美世を自分の妻として迎えるつもりであることを伝えます。 そして久堂家と斎森家の関係をはっきりさせたいと久堂は話します。 お互いの身分と立場であれば、通常は利害関係がないと成り立たないものの、久堂家としては斎森家になにかを還元することに抵抗を多少感じると。 美世の父は斎森家への見返りは求めないということかと聞き、しかし、と続けようとすると、久堂は条件があると言います。 美世へ心から謝罪をするなら、結納金を多めに用意してもいいと。 美世の母は悔しげな表情をし、父も膝の上に置いていた手を握りしめます。 斎森家は異能を受け継ぐ家としては落ち目にありました。 香耶の能力はそれほど強いものではなかったため、帝への務めを果たすには足りないからでした。 辰石家にしてもそれは同じ状況だったため、これからのためにももらえるお金は少しでも多くもらっておきたいと考えるだろうと久堂は読んでいました。 謝罪など、と言おうとする美世の父を遮り、無理にとは言わないという久堂はそれ以降の縁を切るだけだと告げます。 そして斎森家が美世にしてきたことをほぼ知っていることを覚えておくよう、美世の父と母に言います。 少し考えさせてほしいという美世の父に、長くは待たないと告げてその場を立ち去る久堂。 幸次が美世をかばい、美世は久堂家を追い出されていなかったからです。 幸次は香耶に落ち着くよう言いますが、香耶はどうせ姉の味方をするのだろうとふてくされながら言います。 黙り込む幸次。 香耶は幸次からそんなことはないと言ってくれるだろうと期待していたため、気が利かないと不満を募らせます。 向こうからやってくるお客に気付く、幸次。 香耶も気づき、その人が近くにやってきたとき、目配せをして姿を見ます。 視線に気づいて香耶のほうに冷ややかなままの目をやる久堂。 香耶は頬をすこし赤らめます。 通り過ぎた久堂の後ろ姿を見たまま、香耶はきれいな人だと思って呆然と立ち尽くすのでした。 漫画や漫画雑誌は有料コンテンツですが、このポイントで読むことができます。 読んだ後は無料期間内に解約すればお金はかかりません。 「もう利用したことがある」 「初回登録ではない」 という方は他に半額クーポンがもらえるサービスもあります。 特典 初回ログイン時に50%OFFクーポン 登録時に半額クーポン U-NEXTは登録時に600ポイントもらえるだけでも魅力的ですが、さらに次のようなメリットがあります。 感想 ゆり江は美世の様子に気づいていただけでなく、香耶の内面も見抜いていたのではないでしょうか? 久堂が斎森家に、美世へしてきたことを知っていると話したということは、ゆり江も知っていてもおかしくありません。 それがなくてもゆり江は人を見る目があるはずなので、美世と香耶の雰囲気を見れば、どういう関係なのかは察するはず。 美世にとって好ましくない相手であることはもちろん、美世がどんな人間かも分かっているので、その美世が暗く落ち込んでつらそうな表情になっている。 それであれば、どんなに優しい笑顔で挨拶をされても、香耶に裏を感じる部分があるはずです。 そもそも美世の様子と香耶の笑顔にはギャップがありすぎです。 美世は謙虚に自分を責めたり、妻としてのふさわしさに気が行ってしまいますが、ゆり江も久堂もそんなにめくらではないでしょう。 ただリアルではめくらな人も多く、香耶に騙される人がほとんどだと感じているので、美世が心配した気持ちがよく分かります。

次の

わたしの幸せな結婚【分冊版】 10

私 の 幸せ な 結婚 最新

異能の家系に生まれながら、その能力を受け継がなかった娘、斎森美世。 能力を開花させた異母妹に使用人のように扱われていた。 親にも愛されず、誰にも必要とされない娘。 唯一の味方だった幼馴染も異母妹と結婚し家を継ぐことに。 邪魔者になった美世は冷酷無慈悲と噂される久堂家に嫁ぐことに…。 結婚から始まる恋愛の物語。 主人公の美世は、異能の家系に生まれますが、その能力を受け継がなかったことにより、 使用人のように虐げられる辛い日々を送っていました。 その上、冷酷無慈悲で有名な久堂清霞との政略結婚を実父に命じられてしまいます。 あまりにも理不尽な環境で過ごしてきたことにより、いつも無表情で、まるで相槌のように謝罪の言葉を口にしてしまう美世の姿には心が締め付けられました…。 しかし、冷酷な人物だとされている清霞も、今までの婚約者たちとは明らかに違う美世のことが何だか気になり始めます。 読み進めていくほどに独特な世界観へ引き込まれ、今は続きが気になって仕方ありません。 絵がとっても綺麗で可愛いので、普段あまりファンタジー系の少女マンガを読まない方にも全力でオススメしたい作品です。 ぜひ手に取ってみてください。

次の

わたしの幸せな結婚|5話ネタバレ!資格はないけど嫌われたくない…

私 の 幸せ な 結婚 最新

一方で何の才にも恵まれなかった美世はどんどん虐げられていくことに…。 自分の居場所がどんどんなくなっていく美世は、1人で孤独に涙を流しています。 しかし継母に実母の形見を奪われたあの日の事件依頼、花は斎森家から解雇されてしまい、美世はそれからというもの彼女に一度も会えていませんでした。 ここで美世は目を覚まます。 頬を静かに涙がつたいました。 どうやら過去のことを夢に見ていたようです。 二日も連続で悪夢を見てしまうなんて、 自身の価値のなさを肝に銘じろという戒めだと美世は考えてしまっています。 寝巻きから着替えると、持っている着物の一つがもうボロボロになっていることに気がつきました。 ただでさえ少ない衣類です…捨ててしまってはどんどん着るものがなくなってしまいます。 美世はゆり江に頼んで裁縫道具を借りれないか聞いてみることにしました。 台所にいくと、ゆり江の姿が見えました。 ゆり江は昨日の朝食のことが気になって早めに来てくれたのだそうです。 ゆり江は今日の朝食はどうするかを美世に尋ねてきます。 実は昨晩、夕食の後、 清霞からはまた明日朝食を作ってくれと頼まれていた美世。 美世とゆり江は一緒に朝食を作ることになります。 朝食が出来上がると身支度を整えた清霞がやってきました。 3人はそろって食事をとることに。 清霞は美世に 、お前も食べるんだぞと念を押します。 味噌汁を口にした清霞は、率直に 美味いと料理を褒めてくれました。 それを聞いた美世は思わず涙を流してしまいます。 誰かに料理を褒められたことなんて数年ぶりのことだったのです。 清霞は褒めてやったのになぜ美世が泣くのか理解できず困惑してしまいました。 自分の何気ない一言を喜んで涙を流し、見た目もみすぼらしくまるで使用人のような美世は、これまで会ってきた令嬢たちとはかけ離れすぎています。 美世は普通の名家の娘として育てられてはいないのではないか? そう疑問に思った清霞はゆり江に相談してみることに。 どうやらゆり江にも思い当たる節があるようです。 清霞はゆり江に、美世にそれとなく探りを入れてみるよう命じ、自分は外側から斎森家について調べることにします。 これまでの婚約者たちとは違い、美世にはいつになく興味が沸いてしまう清霞に、ゆり江は美世さまは坊ちゃんの奥様に良いと思いますよと助言をしました。 一方、斎森家では当主と辰石の当主が何やら言い合いをしています。 美世はもともと辰石家の長男に嫁ぐ予定という話だったのです。 美世の父親は辰石と久堂、その二つの家を比べれば当然久堂を選ぶだろうと淡々と述べました。 斎森家は美世の価値を見誤っていると考えています。 そんな辰石家当主に対し、美世の父親は美世が久堂に捨てられた暁には辰石で嫁に迎えればいいなどと言い出しました。

次の