テリーのワンダーランドレトロ スマホ。 『テリワンSP』はスマホ移植でどう変わった? 最適化されたUIから残念なポイントまで徹底解説|Real Sound|リアルサウンド テック

【スマホ版】テリーのワンダーランドレトロ攻略ブログ|OP~守りの扉まで

テリーのワンダーランドレトロ スマホ

各企業様、メーカー様とは一切関係がございません。 Copyright 2013-2020 kanzengenkai. com All Rights Reserved ゲーム攻略タイトル 戦国無双• 三國無双• The Last of Us• バイオハザード• 無双OROCHI• 鬼武者• サイレントヒル• サイコブレイク• 戦国BASARA• ディノクライシス• デビルメイクライ• ドラゴンクエスト• ファイナルファンタジー• その他•

次の

名作の復刻版がスマホで続々登場。『ドラゴンクエストモンスターズテリーのワンダーランドRETRO』と『R

テリーのワンダーランドレトロ スマホ

[RETRO] 「」は 1998年9月25日に発売した用ソフトになります。 以降、PS1にてリメイクされたり、にてリメイクされたり、でパワーアップしたり は、何度かリメイクされて発売されているのですが 2019年9月17日、Switchにて 「RETRO」として 税抜1500円で発売開始しました。 何と、PS1版でも、版ではなく、 版の移植である。 モンスターズは、外伝シリーズの中でも人気作なので、皆さんよくご存じと思うが のパクリゲーである() いや、まじで当時発売した時は、子供ながら思ったもんですよ。 通信対戦機能と、通信でお見合い機能は搭載されていないそうです。 で、強いモンスターを作る意味がなくなった感が凄いw そこ、省いちゃ魅力の7割くらい削ってるだろ・・。 画面の大きさは、2段階で調整できるようになっております。 設定にて変えられる項目はこんな感じ。 カラーの状態がデフォになってて、で遊ぶのと大体同じかな? モノクロだと、風な感じで遊べたりもします。 背景設定は、標準だと場所や状況に応じて背景がコロコロ変わる状態。 それ以外は、固定の壁紙っぽい感じになりますね。 版パッケージ絵の背景もあります。 情報表示は、使っていない枠にマップ表示させたり 味方の能力が画面の右側に載ったりするやつかなあと思う。 地味に便利な機能と思えばおk。 基本的にはONがいい感じ。 オートである。 左上の情報 「FIELD」は、このの世界の総階層と、現在の階層を表しています。 「ITEM」は、現在の階層に落ちているアイテムの数と、拾った数を表しています。 飽きるほどに聴いた、あのBGM。 もはや懐かしいの一言である。 これねw 物語は書かないが、メインストーリーの流れを簡単に書くと (ダンジョン)に向かって、最下層まで行く。 新しいが開かれるので、そこに突入・・の繰り返しですね。 最終的には、最上級の闘技場ランクの大ボスを倒せれば、ゲームクリア・・かも。 「かも」とだけ言っておきますw 10にて実装が決まっている新コインボスの「ドラゴン」ですが そいつも出てきます。 このドラゴンにもがかなり有効です。 殴ると起きますけどね・・w 久し振りにやると、やっぱり面白いなあと感じます。 通信関連がないのが痛い・・。 初代なので、今のモンスターズでは当たり前になっているスカウトシステムがないのも 個人的には嬉しいところです。 通信ができない仕様なので、強いモンスターを作る意味もあまりないし 配合をしないで、捕まえたモンスターだけでラストまで遊ぶとかやると 結構楽しいかもしれませんね。 メインストーリーと言えども、配合前提の難易度になっているので 後半になればなるほど、かなりきつくなりそうだけども・・^-^ ちなみに、セーブ画面も当時のままです。 懐かしい補正で楽しめているけど、 ぶっちゃけ、手抜きだよね。 買う人は分かってて買ってそうだけども。 買う前から情報として、出ているしね。 通信機能ないのも情報として出ているし。 でも、 手抜きだよね。 w 値段がもう少し安かったり、通信機能がちゃんとあれば手抜きとは感じないのだが。

次の

テリー の ワンダーランド 攻略 おすすめ モンスター

テリーのワンダーランドレトロ スマホ

初代の 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』は1998年、ゲームボーイカラーで発売された。 モンスターを仲間にして大会を勝ち抜いていく、ポケモンの影響を感じる作品だ。 リメイク版はグラフィックが3D化され、モンスターもアニメーションし、さらにスマホ版には新モンスターや追加ダンジョン、「らくらく冒険」などの新システムも加えられた。 その完成度は高く、これから初めてプレイするユーザーには、この『SP』の方がお勧めだ。 だが、その公開当初から 「昔ながらのゲームボーイ版がやりたかった」という声が少なからずあがっていた。 今回発売された『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドRETRO』は、 そんな声に応えた復刻版だ。 ゲームボーイ本体が描かれた背景の上部に、液晶を模した小さな画面が付いている。 プレイ画面はかなり小さいが、元のゲームボーイの画面も小さかったので、これでも違和感はない。 細かい操作が必要なゲームではないので、操作性にも大きな問題はない。 内容はオリジナルそのままで、あえて追加や改修は行わなかったようだ。 よってスマホ版でも、オートセーブは付いていない。 ダンジョン以外の場所で手動によるセーブを行わないと、データは消えてしまう。 電話などの突発の用件でゲームを中断しなければならないことがあるスマホでは、オートセーブがないと困ることもあるのだが、すでに改修版である『SP』があるため、『RETRO』はその名の通り、当時のまま再現することを重視したようだ。 もちろんサウンドも当時のものを模している。 一方、『R-Type Dimensions EX』は単純な復刻ではなく、 グラフィックを3D化し、演出が強化されたモードが付いている。 ゲーム自体は当時のままの復刻だ。 昔ながらの2D表示でも、美しく立体的な3D表示でも、ゲームに違いはない。 そしてこのふたつの表示モードを、 ボタンひとつでシームレスに切り替えることができる。 見た目の大きく異なるモードが、ゲームの進行を止めることなく自然に切り替わっていくのは驚きだ。 また、 サウンドも表示モードによってオリジナル版とアレンジ版に切り替わる。 3Dには 「アングル」と呼ばれるカメラモードがあり、真横ではなくナナメ後方から見た視点になる。 今まで見ることができなかった地形や敵機の側面をのぞくことができ、新鮮に感じるだろう。 視点が変わると最初はプレイに違和感があると思うが、少し慣れればこの視点でも問題なく遊ぶことができる。 操作はタッチパネルに適した、指の動きに合わせて自機が動く形。 オリジナルよりも素早い移動が可能で、そのぶん難易度は下がっている。 この点は原作重視の人だと批判するかもしれない。 しかしタッチパネルでは指と同じ速度で自機が動いてくれないと操作が困難になり、激しい違和感を覚えるため、ここは仕方のないところだ。 同じシーンを上の画像は2D、下の画像は3D+アングルで表示している。 3Dモードは光の表現が強化されており、背景も変化した。 初代「R-TYPE」だけでなく、続編の「R-TYPE II」も収録している。 加えて 「FAST」と 「SLOW」のボタンがあり、任意にゲームの速度を調整できる。 難しい場面でもゆっくりにすれば、回避はかなり簡単になる。 R-TYPEは超高難度のシューティングゲームとして知られているが、これらにより シューティング経験のない人でもクリアすることができるだろう。 私的には、R-TYPEは難しいからこその楽しさもあったと思うので、ここまで簡単にしてしまうとオリジナルの良さが損なわれているようにも感じる。 特にスピード調節はやりすぎなのではないかと思う。 だが、現代においてシューティングゲームはニッチなジャンルであり、プレイ人口は多くない。 スマホにおいてもダウンロード数や記事のアクセス数は伸び悩む。 ましてや「R-TYPE」であることを考えると、ここまで簡単にすることも必要なのかもしれない。 『R-Type Dimensions EX』を公開したTozai Gamesは、や、Switchの『ロードランナー・レガシー』など、旧アイレムが版権を持っていた作品を復刻している企業だ。 こうしてR-TYPEを送り出したことで、他のアイレム作品の登場も期待できるかもしれない。 今作の開発はエスカドラが行っている。 なお、2019年のエイプリルフールに告知され、ホントかウソかわからないと評判になっていた『R-TYPE FINAL2』とは別物なので注意して欲しい。 価格は iOS版600円、SteamとSwitch版は1500円、PS4版は1528円だ。

次の