スト 5 ポイズン。 【スト5】新キャラのルシア、E.本田、ポイズン、配信直後の感想!

初心者のための【スト5攻略】 キャラ選びや強くなるためには。今日から始めるストリートファイター5AE初心者向け入門講座

スト 5 ポイズン

小回りの効く中Kやダッシュでの奇襲などを織り交ぜつつ使っていこう。 間合いを詰める場合は立ち中K先端が届く距離を意識してみましょう。 立ち中K【C】弱アバントラインはヒットすればコンボなるため、積極的に使っていくといいでしょう。 この間合いからもう少し踏み込めば、より見返りの大きい立ち強Pも狙えます。 立ち強Pからは連続ヒットする弱アバントラインや中ラブミーテンダーをキャンセルで入れ込んで置くほか、ハートレイドの構えキャンセルも混ぜていくと動きに幅が出るはず。 ここからクリティカルアーツにつなげる基本コンボを狙うだけでも、それっぽく戦えます。 このキャラクターの対空事情は少々特殊です。 反応が間に合うなら上方向に強い弱ショッキングヒールでの迎撃を狙い、潜り込めそうなジャンプには上方向にそこそこ強いしゃがみ中Pを使います。 しゃがみ中Pは打点の関係上、やや落としにくい飛び込みがあることに要注意。 EXゲージに余裕がある場合は中+強同時押しのEXハートレイド対空もオススメ。 対空が間に合わない状況では、ガードでひとまずやり過ごしてから、発生3フレームの弱Pや、Vリバーサルで割り込むのもひとつの手です。 こちらから攻め込む場合は、斜め下に強いジャンプ強Kやダッシュに加えて、ガードされても反撃を受けない強ラブミーテンダーも活用していきましょう。 飛び道具を多用する相手には、Vスキルのパフュームスイングも有効です。 近距離でこちらから攻め込んだ場合は、投げを意識させつつ、ガードさせてポイズンが先に動き出せるしゃがみ中Pを狙うのが理想。 ここからは立ち中Pが連続ヒットするので見返りも十分です。 打撃の連係をガードで凌がれて距離が離れそうなときは、弱+強同時押し版のEXハートレイドをキャンセルで繰り出すのもオススメ。 この技はガード、ヒット問わず相手を引き寄せるうえ、+2フレームポイズン側が有利になるので、そのまま攻めを継続していきましょう。 今夜勝つならこっちのような気がします。 今夜勝ちたい連続技(コンボ) 1. 立ち中K【C】弱アバントライン【CA】クリティカルアーツ 2.

次の

ストリートファイターV

スト 5 ポイズン

・使っている人の多くが、配信されて日が浅い時にコンボを決めてくるから ・単純に今回の配信で1番人気なので、対戦する回数が多いから これらの理由から強いと感じてしまうのですが、もう少し掘り下げて見ましょう。 まず、ルシアを使っている人が配信のほぼ初日からコンボをガンガン決めていくのをツイッター上で見かけました。 また大阪サイクロプスでも、稼働が浅いのにルシアを使っているプレイヤーが数多くいたので、それなりに対戦や見る機会が多かったです。 単純にコンボを決めて大きなダメージが取れるプレイヤーは、強いと感じる要素の一つだと思います。 それを皆が皆、決めていっているので、ルシアは強いキャラなんだなと錯覚しているのかも知れません。 では、なぜこんなにルシアを使うプレイヤーが多いのか考えてみると、単純にキャラが、かわいいからだと思いますw それに加えて関西弁の女の子だったら、かわいさも増してくるのではないでしょうかw まとめると、 強い部分を見る機会が多かったために強いと感じたと言いたかったのです! E. 特にスーパー百貫落としは、これをやるだけで勝ててしまう、ある意味で終わっている技ですw 大阪サイクロプスでも、本田同士の対戦を見たのですが、ラウンド中、百貫落とししかしていない試合もありましたw しかも、それで試合が成り立っているのが奇跡すぎますw また、僕も新キャラのポイズンを使ってラウンジした時、その日に初めて本田を使ったプレイヤーに負けたことがありますw その本田を使ったプレイヤーが一言「これはひどい!」と言っていました。 もちろん、僕のポイズンに対する知識やコンボ、立ち回りが出来ていないという部分もあります。 それでも、総合的に見て、せこい技を持っているなという感じはぬぐい切れません。 その上で本田の立大Kはガードさせても、本田が2フレ有利など、本田から触りに行くと有利になる技も多いのです。 この有利フレームの多さは、やはり制作側のミスなのだろうかと思ってしまうほど。 まとめると、 何か技を振っても勝ててしまうし、攻撃をガードさせても本田が有利になる技が多いため、ひどいと感じてしまいましたw ポイズン ファイナルファイトが初登場で、スト4にも使用キャラとして登場した女性キャラ。 一言で言うなら、 遠距離攻撃で近づく術を持たないなら、中距離のコマ投げ、つまり、ガード不能の技も含めて倒されてしまうのです。 これってせこいと感じませんか(良い意味で)。 元々、ファルケやメナト、ダルシムのような通常技のリーチが長いキャラは、中距離で技が当たる様に立ち回ると、基本的には勝ててしまいます。 その性能を持ったキャラに、ポイズンが新たに加わったっていう感じですね。 ポイズンは鞭を使うキャラなので、基本的にはリーチが長いキャラという認識で良いと思います。 しかも、Vトリガー2はガード不能のコマ投げ、しかも中距離にいてダメージを与えられるという技です。 この技を持っているだけで、遠くにいながら、更にガード不能のコマ投げも使えると言うのは、わりとせこいと思いませんかw 以上、3キャラの配信直後の感想を書きましたが、いかがでしたでしょうか。 ここで述べたことは、あくまでも僕個人の感想なので、異論があっても当然だと思っています。 あくまでも1人のプレイヤーの感想として、読んで頂けたなら幸いです。 今回のまとめ EVO2019終了直後の新キャラに対する感想は、次のようになります。 訪問ありがとうございます。 このゲームブログを運営しているのは、ええ年こいた元ブレイクダンサーオヤジの「おは」と言います。 現在メインでやっているゲームは、以下の通りです。 発信もシアトリズムファイナルファンタジーとストリートファイター5、YUBIWAZA(ユビワザ)関連がメインになります。 このブログをやり始めた理由は、2つあります。 1つはシアトリズムファイナルファンタジー、ストリートファイター5をやり始めの頃からの成長記録を残したかったらです。 2つ目は良い情報を読んでいる方とシェアして楽しみたいと思ったからです。 よろしくお願い致します。

次の

ストリートファイター5 : チゲ速

スト 5 ポイズン

『ストリートファイター5 アーケードエディション』2019年のプロツアーを締めくくる集大成 「カプコンカップ2019」の優勝者が決まりました。 優勝したのはスポンサー無しのiDom(アイドム)選手!! 優勝:iDom選手(ララ、ポイズン) 2位:Punk選手(かりん、キャミィ、春麗) 3位:Phenom選手(かりん、豪鬼) 4位:マゴ選手(かりん、キャミィ) ハッキリ言って、スト5の歴史に残る戦いと言えます。 超超超超超超超超超超超超超超大番狂わせです。 誰もがCPTポイント1位、世界最強と謳われるPunkの優勝だろうと思っていたはず。 その予想を覆し、アイドム選手が勝ちました。 Punk相手にルーザーズからリセットしての勝利です。 しかも使用キャラは ララとポイズンです。 上位キャラである豪鬼、かりん、ラシードではありません。 流石にパンク相手にリセットして計6ラウンド勝つのは無理だろうと思っていましたが、やってのけました。 キャラピックの読み合いも深かったですね。 Punkが今まで選ばなかったキャミィを選択したんですけど、これはポイズン対策のために出したと思われます。 配信のチャット欄ではキャミィを選んだことについて舐めプとも書かれていましたが、ポイズンはキャミィがドギツいと思います。 舐めプではなく明らかな被せ狙いでしょう。 キャミィはリーチの長い屈大Pに対してCAの確定もあるし、軌道変化のある飛びを落とすのが難しすぎますしね。 が、iDomはポイズンを出さずにララでキャミィを討伐。 Punkはララを倒すためにかりんへキャラチェンジ。 そこへiDomがポイズンを出す形になり、そのキャラ選択が功をなして優勝といった流れでした。 自分的にはララのままでもいけるんじゃないかと思っていたので、このタイミングでポイズンを出したのには驚きでしたね。 自分はももちさん敗退後、アイドム選手を応援していたので今回の優勝は非常に嬉しい。 ララとポイズンでカプコンカップ優勝は偉業でしょう。 ちなみにTOP3(アイドム、パンク、フェノム)はなんと、全員パッド勢です。 かくいう管理人もパッド勢です。 値段の高くて騒音問題もあるアケコンが必要ない時代が来たか?というかゲーセンで格ゲーやってない人はマジでパッドでいいよなって常々思ってます。 あと、ルーザーズファイナルがララ(アイドム)vsネカリ(フェノム)というのも凄い構図だったな。 強キャラであるラシードがウィナーズセミファイナルに残らなかったのも意外。 日本人選手は3位に食い込むことはなく敗北。 これはシーンとしてはとても珍しいですね。 4位のマゴさんは大健闘したと言えるでしょう。 カプコンカップ2019、スト5史上一番面白い大会だったと自分は思いました。 マジで目の離せない試合だらけでした。 運営に関しては文句もありますが、名試合を数々生み出してくれた選手達には拍手を贈りたい。 スト5、まだまだ面白いぜ。 (上位キャラが弱体されれば尚良し) 下記の4試合あたりは見逃した方もチェックしておくべき名試合です。 ・アイドムvsパンク(グランドファイナル) ・フェノムvsときど(ルーザーズクオーターファイナル) ・マゴvsときど(ウィナーズラウンド2) ・インフェクシャスvsナックルドゥー(ウィナーズラウンド1) カプコンカップ2019最終日の配信アーカイブリンク: ちなみに本日12月16日、 Vスキル2とギルが追加されます。 詳細は下記関連記事をご覧ください。

次の