るぅとくん小説。 総合小説ランキング

総合小説ランキング

るぅとくん小説

るぅりーぬ2• るぅとくん…る 莉犬くん…り ____________________ ~るぅとくん視点~ 『好きぃ…』 かわいかったなぁ…あの莉犬。 試しに全力で襲ってみたいなぁ。 いつも受けの僕は、この感情から責めたい衝動に駆られた。 そして昨日の今日であれなのだが、 莉犬を僕の家に呼んだのだ。 いつくるかな~!わくわく! かなり強い媚薬を、 莉犬の一人えっちの映像とか 提供してくれてる伝手からゲットしたので。 1錠でとろとろになるらしい。 というわけで5錠ぐらいいれようかなと。 ピンポーン お!きたきた!ふっふっふー。 楽しみだなぁ。 あの犬耳噛んでみたいし、尻尾掴んでみたい…。 ふっふっふっふっはっはっはっはっは! ____________________ ~莉犬くん視点~ 犯されるっ!絶対犯されるよぉ…。 昨日責めと受け交代したいみたいなこと言ってたし…。 即効力ありすぎでしょ。 るぅとくんに犯される前になんとか鎮めないと…。 り「いっ…一気飲みしたらトイレいきたくなっちゃった。 トイレ借りるね~」 る「うん。 こんな大っきく…」 早く鎮めないと。 その一心で異常に巨大化したムスコに触れた。 その瞬間、電流が走ったかと思った。 尻尾の毛が逆立ってぱたぱたする。 ヤバそうだが我慢できず、そっと握って擦ってみた。 当然ながら罠にかけました。 相当強いみたい。 コップ1杯に5錠入れたのもあれだけど。 良かったぁ。 にしても昨日、莉犬にオナニーさせられたときの 莉犬の気持ちがわかるなぁ。 僕も今、我慢できずに 僕の大事なるぅとくんをイジりはじめたからだ。 莉犬が家に来たとき、 トイレ行く度に残り香をオカズにシてたから…。 僕にわかんなくても僕の精液の匂いついてるのかも…。 今更急に匂い出すとは考えにくいから、 多分前から僕の精子の匂いがあったのだろう。 いつもそれを嗅がれてたのか…。 恥ずかし…。 その恥じらいが、僕の体を敏感にする。 り「だっ…ダメだぁ…」 莉犬がなんか喋り出したので、耳をトイレのドアにつけた。 実はトイレに隠しカメラがあるので、 このまま放置してオナニーを撮るのも良いが、 もう我慢の限界なのでドアをぐんと開けた。 り「ひゃ!?るるるるるるるぅちゃん!?」 る「………何やってるの?莉犬」 ちょっと責めてみたくなった。 る「…行きますよ」 り「いくってどkきゃうんっ!」 莉犬が言い終わる前に尻尾を掴んで引っ張る。 り「わかったいくっ!いくからっ!離して尻尾!いく!イクッ…尻尾…弱いからぁ!」 良いこと知った。 る「よいしょっと」 そのままベッドに投げ、上に覆い被さる。 り「る…るぅちゃん…」 る「前に僕に潮吹かせましたよね」 り「えと、はい…」 る「お返しです」 り「へ?」 る「ぎゅっ」 り「きゃんっ!」 よく鳴く犬だなぁ…。 そう思いながら掴んだ莉犬の莉犬をイジる。 仕返しにならなかったか。 まあいいや。 る「よ~しよしよし。 偉いね~」 そう言いながらローションを僕の僕に塗り、準備する。 流石に全く解さなかったため、少し血が出ているが気にしない。 かわいいけどちょっといじめたくなったので、 唇にしゃぶりついて中まで舌を這わせた。 り「んっ!?んーっ!んーーーーっ!!」 る「んふ…んっ、んむっ…じゅっ…じゅる…」 いやらしい水音がするので、その音を更に響かせることにした。 莉犬の両耳を塞ぎ、両乳首にローターをつける。 てか耳四つあるじゃん。 どれ塞げばいいの。 取りあえず頑張って四つとも塞いでみた。 一気に締めてくる。 つい出してしまいそうになるが、生なので我慢。 まあいずれ中で出すけど。 り「ぶはぁっ…げほっ…けほっ…はっ…はっ…」 る「イッちゃった?」 り「イッ…イクよぉ…そりゃ…。 前立腺突かれるし、尻尾扱かれるし、両方の乳首イジられるし、あんなっ…あんな濃いディープキスされちゃ…」 る「ふふ。 ガチじゃん。 性癖にもろに刺さって腰がどんどん速くなる。 死ぬかと思った!」 る「でも莉犬もいつも僕にやってるもん!」 り「…まぁそれは…」 ぐうの音も出ずに俺は黙りこくる。 る「まあたまにはこんなのも…ね?ね??」 り「…ホントにたまにだよ!」 …まあ、結構きもちかったから…許そう…。 ____________________ ~???視点~ ???「な、この莉犬のツンデレ感よくね?」 ???「わかるわ~。 ここまでです。 この小説部活の後輩に見せてるんですが、 めっちゃ褒められてて照れてます。 最後の二人は誰なのか! ゆーてバラしてるようなもんですけどね。 口調とか、ここまで書いてないめんばーとか。 まあ次回はこのお二人の予定です。 喘ぎ声の描写って「゙」をつけるのが なんかもう…バチクソめんどいですね。 交配だけじゃなくもっと色んな人に褒められたいです。 皆さん褒めてくださ~い! 次回が終わったら取りあえず健全な短編を。 ここまではなんだかんだストーリー繋がってますしね。 それではこれにて!あでゅー!•

次の

るぅとくん顔バレプリクラ画像がイケメン!本名や身長・年齢は?

るぅとくん小説

がクリスマスイブを翌日に控えた12月23日、ワンマンライブ『あとわん! vol. 3~六本木でメリクリ~』を東京EX THEATER ROPPONGIで開催し、1,000人を超える満員のオーディエンスを熱狂させた。 客電が落ちてイントロが鳴り響き、ステージの紗幕にあっとくんのシルエットが大きく浮かび上がる。 ペンライトで赤く染まった客席から大歓声が沸き上がり、赤と青の照明が激しく点滅の中、スタートしたのは「虎視眈々」。 アッパーなボカロ人気曲での幕開けに、会場のボルテージは一気に上昇。 2曲目には「疑心暗鬼」を披露し、オープニングのMCへ。 「どーもー! 今日は『あとわん! vol. 3』来てくれてありがとうございました~!」と挨拶するが、会場を埋めた観客の数に、思わず「凄いね、凄い! 凄すぎてびっくりしちゃって。 口も乾くし、緊張するし大変だ(笑)」と喜びを露わに。 続いて3曲一気にパフォーマンス。 「いっつも配信で歌っている曲を歌っちゃおっかな~」と、軽快なリズムの曲「紗痲」、続いて、この日会場で先行発売された2ndシングル「マッドディペンデンス」のカップリング曲「ザレゴト」へ。 前曲とはうってかわって、けだるい雰囲気の中でゆったりと歌声を響かせながら、イケボの魅力を炸裂させていく。 5曲目には、あっとくんのイケボがさえわたる「いかないで」を披露し今度は静かに語りかける様な歌い方で、情景をせつなく浮かび上がらせる。 5曲を歌い上げ、ファン待望の企画コーナーへ。 事前に会場で集めた観客からの質問をクリスマスの装飾が施されたアンケートボックスから取り出して答えていくというもので、「今後の野望を教えてください」という質問には、「詳しい想いはまた後で語るから、みんな涙ちゃんと溜めといて」とじらす回答も。 そんな企画で盛り上げたあと、さあ、次の曲へと思いきや、まさかの本編終了とアナウンスがなされ、照明が暗転。 驚きどよめくオーディエンス。 すると会場に録音されたあっとくんのボイスが場内に流れる。 その直後に、真っ白い衣装に着替えたあっとくんがステージに再び登場。 「ねぇ、おいで。 」のセリフをきっかけに1stシングル表題曲「CrazyCrash」を力強く熱唱し、まさかと動揺していた観客を熱狂させた。 その後「ヒバナ」であっとくん史上最大となるステージを端から端までめいっぱいに走り回りながら、観客を煽り、客席の温度をさらに上げ、最後にキャッチーなロックチューン「デリヘル呼んだら君が来た」を披露。 「エロ可愛い」魅力を存分に振りまいて、会場を多幸感あふれる雰囲気で満たして本編を締めくくった。 まだまだ足りないファンのアンコールに、今度は赤いバラで埋め尽くされた衣装で登場したあっとくん。 「東京で一番熱いライブ会場に出来ますかー!」と、テンションMaxで1stシングル収録「ラマ」を歌い上げファンへ最後のMCに。 「しんみりしちゃうかもしれないけど、今回も思いのたけを伝えたい」と語り始め、「自信家なところもある自分だけど、こんな大きな会場に挑戦できるなんて思わなかった」と正直に明かした上で、 「みんなのおかげで最高の景色が見れた。 もっともっと頑張るし、もっともっと凄いことを考えている。 みんなを幸せにしようと思っているから、これからも付いてきて欲しい」と、何度もファンへの感謝の想いを伝えた。 そして、「君たちに捧げたいと思います」と前置きして、この日最後に披露したのは2ndシングル表題曲「マッドディペンデンス」。 初挑戦となるアッパーなラップチューンで観客を大いに盛り上げ、あっとくんワールド全開のステージを作り上げ、ファンとの記念撮影の後、「僕はまだまだ突っ走っていくんで! 次のライブに来てくれるのを楽しみに待っているから!!」と、今回のワンマンは幕を閉じた。 そんな熱も冷めやらぬ中、第2弾シングル「マッドディペンデンス」がクリスマスの日にリリースを迎えた。 自身が「作詞とラップに挑戦し経験したことのない世界を切り開いた」と語るこの作品、タイトルの「マッドディペンデンス」は互いを狂おしいほどに求め合う男女を、「狂依存」という言葉で綴ったもの。 プロデュースは前作同様、すとぷりのリーダーななもり。 が担当し、前述のように作詞はあっとくん自らが手掛けた(共作した)意欲作でRAPへの新たな挑戦も含め、アップテンポで刺激的な楽曲に仕上がっている。 また、カップリング曲「ザレゴト」の作詞・作曲は、1stシングル「CrazyCrash」を手掛けた内山栞。 AKBなどのヒット曲を送り出してきた彼女の楽曲は、生バンドをバックにスモーキーな空気感を醸造、超毒性の高いスローテンポなイケボ曲となっている。 もう一つ、そのCD発売・配信開始と同時に、こちらも待望の「マッドディペンデンス」MVフルバージョンも解禁された。 楽曲の世界観をストレートに表したこのクリップは、見るものを正に"マッドディペンデンス=共依存"させるに違いない映像となっている。 あっとくんデビューイヤーを締めくくる年末、是非この作品で楽しんで欲しい。 【セットリスト】 01. 虎視眈々 02. 疑心暗鬼 03. 紗痲 04. ザレゴト 05. いかないで 06. CrazyCrash 07. ヒバナ 08. デリヘル呼んだら君が来た 09. ラマ 10. マッドディペンデンス 「マッドディペンデンス」MV.

次の

題名考えられないmobi.daystar.ac.ke2

るぅとくん小説

ドドドドドドド 「ん……」 雪子は繰り返される揺れで目を覚ました。 重い瞼を持ち上げ目をこするとそこはもちろん寝た時と変わらずバスの中だ。 (あれ、まだ着いてない、んだ……) 正月も過ぎあと二日で冬休みも終わろうという日、祖母の家に遊びに行っていた雪子は今高速バスで自宅へと戻っている。 渋滞を避けるためほぼ始発に近いバスに乗ろうと考えていた雪子は昨夜目覚ましもかけたし祖母にも起こしてもらうようお願いした。 (ほんと起こすなら早く起こしてくれればよかったのに……) しかし祖母の余計な、いや優しさからだったのだろうが、まだ起きなさそうだったからという気遣いで本来の時間には起こされず、結局乗る予定のバスには乗れなかったのだ。 しっかりと目覚ましは止められていたので、少なからず雪子にも責任はあるのだが。 (今どこらへんなんだろ) 最後列の席に座る雪子は、その一回り大きい窓から外を覗く。 すると途中から見えるカーブの先は車で埋め尽くされていた。 『えー恐れ入ります、この先多少の渋滞が発生しているため、今後の到着が遅れる見込みでございます』 雪子がもしかしてと思うと同時に発された運転手のアナウンスがそれを決定づける。 渋滞、それは雪子が恐れていた事態。 (えー……渋滞になっちゃったの……) 渋滞になればそれだけ自宅に帰るのが遅くなる。 雪子にとって何もせず待つという退屈な時間が一番の苦痛だった。 一応スマホは持っているがバスの中でのゲームは酔ってしまうこともあってあまりやるほうではない。 本も動画も同じ理由で観ることに抵抗がある。 音楽は聴けるけど、スマホの充電が自宅に帰るまで持つとは思えない。 雪子はバスに乗ってしばらくもしないうちに、寝ている間に終点に着いていれば一番いいと考えた。 偶然だが今日寝坊したとはいえ朝も早かったことから眠気はすぐにやってきたのでその点に問題はなかった。 (もう着いてると思って寝たのになあ……) それともう一つ、渋滞にはまりたくない理由が雪子にはあった。 (……) 車内で寝て暖房で喉が乾燥したのだろうか、雪子は座席のポケットに入っているポカリを見た。 バスに乗る直前に買ったものだ。 (ん〜……) 目が覚めたことで、寝る前に感じていたあることがじわじわと蘇ってくる。 今朝寝坊はしたが祖母が用意してくれた朝食はしっかりと食べてきた。 おにぎり二つに味噌汁、そして暖かいお茶を二杯。 なるべく早いバスに乗りたかった雪子は朝食を食べ終わるとすぐに祖母の家を出た。 そして始発のバスターミナルへ着くとちょうど次のバスが出る三分前だったので、チケットとポカリを購入するとすぐに発車予定のバスへ飛び乗ったのだ。 (行けばよかったかな……でもまた待つとめんどくさかったし……) バスの中で睡眠を取ろうとする中で、雪子は軽い尿意を感じ始めていた。 朝家を出る前にもしていないしバスの出発前にも行っていない。 考えればしたくなるのは当たり前だったがその時点では特に気にしていなかった。 それは今寝て次に起きている頃にはもうほとんど終点に近いところにいるだろうと考えていたからに他ならない。 (……) その時は眠気のほうが勝っていたので少し気になる程度だったが問題なく睡眠をとれた。 もう一度眠れればいいが、もうほとんど覚醒してしまっている今、さっきのようにはいかないかもしれない。 それよりもこの喉の渇きを潤したい気持ちの方が雪子は強かった。 (大丈夫、多分そこまで長くならないだろうしまた寝ちゃえば……) 雪子は既に中身が半分ほどに減ったポカリへ手を伸ばし、それを一気に飲み干す。 ゴキュ、ゴキュ、ゴキュ (はぁぁ〜っ……) 口から流し込まれたポカリが砂漠に湧き出たオアシスの水のように雪子の喉を潤していく。 再び座席のポケットに空のペットボトルを押し込むと、気持ちの引き締めを表すように座り直す。 (早く着かないかなぁ……) 少し進んでは止まり、そしてまた少し進みだす。 不規則な走行をするバスの中で窓の外を見ながら雪子は多少の不安を覚えながらも大丈夫だろうとどこか楽観的だった。 「はい、それでは…次の講義までにやってきてほしい課題があります。 」 えっ?と周りの子たちが顔を上げる。 私も一緒に顔を上げる。 そんな話これまで一度もしてきていなかったのに ここにきて課題があるってどういうこと? 皆口々に周りと顔を見合わせ その声が次第に大きくなっていく。 「はい、静かにー。 今からプリントを渡すので 後ろまでまわしてください。 」 先生はそう言いながら淡々とプリントを最前列に座る人に渡していく。 そしてさらに疑問だったのはプリントを受け取った人たちの表情だ。 1人は苦虫をつぶしたような表情でプリントを見せ合い 一方ではまるで恥ずかしいイラストがそこに描かれているかのように 口を押さえて笑いをこらえている。 一体そのプリントに何があるというのだろうか。 とある夏…いやもう初秋に近いだろうか。 9月ももう下旬に入ったとはいえまだまだ蒸し暑さが続くこの時期 ホラーを観るには絶好のシチュエーションのようだ。 暗がりの部屋を青白いテレビからの光が照らし 同時にテレビ正面に陣取る3人のシルエットを形作っている。 『ねぇ〜!!誰か!誰かここから出して!ねぇ〜ってば…!』 『…ひぃっ!』 ・・・・・・ さ「はいっ終わり!どう?意外と怖かったっしょ!」 み「意外とって言うかさぁ…。 」 と「もぉぉ〜だから観るのいやだって言ったのに!絶対夢見るしこれ! 最後のとか何!?怖いし微妙にグロいし!」 み「うん、あれは…うん…。 」 さ「お兄ちゃんが小さいころテレビでやってたのを録ったんだって。 やっぱアサギが一番怖いよね〜。 」 み「観なきゃよかった…。

次の