リンデロンvg軟膏市販。 リンデロンvg軟膏は市販されているの?副作用に注意!

リンデロンの種類と違い|虫刺されに使えるものは?

リンデロンvg軟膏市販

リンデロンVGは、幅広い皮膚トラブルに使用される処方薬です。 特に化膿している状態の皮膚に処方されることが多く、使用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。 リンデロンVGには、軟膏・クリーム・ローションの3タイプがあり、患部の位置や症状によって使いわけられます。 12%/リンデロン-VGクリーム0. 12%の添付文書 リンデロンはさまざまな皮膚疾患に処方されますが、以下のような症状によく処方されます。 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質) 【ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)】 ベタメタゾン吉草酸エステルは、ステロイドの消炎鎮痛剤で、炎症を鎮める効果があります。 【ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質)】 ゲンタマイシン硫酸塩は抗生物質です。 免疫機能が下がった患部が感染症になるのを防ぎます。 また、細菌の増殖を防ぎ、感染が広がり症状の悪化をおさえます。 ただし、抗生物質は長期使用すると細菌に耐性ができ効果が出づらくなることがあります。 ステロイド外用剤(塗り薬)は、体内への吸収度の違いにより、以下の5段階にわけられています。 ・Strongest(ストロンゲスト):もっとも強い ・VeryStrong(ベリーストロング):非常に強い ・Strong(ストロング):強い ・Medium(ミディアム):おだやか ・Weak(ウィーク):弱い リンデロンVGの体内吸収度の強さは、5段階の真ん中3番目の「Strong(ストロング)」です。 ステロイドと聞くと副作用を心配する人もいるかもしれませんが、適切に使用すれば高い効果を得ることができる優れた薬です。 ステロイド剤を使用するときは必ず医師の指示通りに使用してください。 指定された患部以外に使用したり、全体に塗り広げたりしないように注意しましょう。 リンデロンVGを購入する場合は医師の処方箋が必要であり、処方箋なしに薬局やドラッグストアなどで購入することはできません。 また、リンデロンVGと全く同じ薬は現在市販されていません。 しかし、リンデロンVGと似たような成分配合であり、同じような効果が期待できる薬は市販されています。 なお、リンデロンVGと同じステロイド成分である「ベタメタゾン吉草酸エステル」を配合している市販薬は現在2つのみ販売されています。 市販薬の中で最もリンデロンVGと似ている薬は「ベトネベートN軟膏AS」です。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンと同じステロイド+抗生物質の薬です。 【ベトネベートN軟膏ASの成分】 ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド)+フラジオマイシン硫酸塩(抗生物質) ベタメタゾン吉草酸エステルはリンデロンVGのステロイドと同じ成分であり濃度も同じです。 リンデロンVGと異なる点は、配合された抗生物質の成分です。 ベトネベートN軟膏ASに含まれている抗生物質のフラジオマイシン硫酸塩は、リンデロンVGに含まれているゲンタマイシン硫酸塩と同じように細菌のタンパク質合成を阻害することによって、細菌の増殖を阻害する作用があります。 そのため、ベトネベートN軟膏ASは、リンデロンVGとほとんど同じ効果を期待できるといえます。 ベトネベートN軟膏ASとベトネベートクリームSは、配合されている成分が異なるため、効能・効果が若干異なります。 自分の症状に合わせて薬を選択しましょう。 判断がつかない場合は、薬局などで薬剤師や登録販売者に相談することをおすすめします。 今回は処方薬リンデロンVGの類似薬として、薬局やインターネットで購入できる市販薬ベトネベートN軟膏ASを紹介しました。 ベトネベートN軟膏ASもリンデロンVG同様ステロイド剤なので、大量に長期間使用すると副作用が起こることがあります。 必ず使用上の注意を読んで用法用量を守って使い、使用中に異変や違和感が起きた時は皮膚科などに相談しましょう。

次の

リンデロンV・リンデロンVGは市販や通販で買えるか|代用できるものは

リンデロンvg軟膏市販

こんな場所にご注意を! ブヨがよく出るのは 川などの水辺ですが、山林などにもよくいます。 逆に、市街地や住宅地などにはあまり発生しません。 主な活動時間は、夏の朝夕ですが、天気が悪いや気温の低い日は時間に関係なく発生します。 キャンプ場や渓流釣りなど、これからの季節の レジャースポットは危険地帯と言えますね。 ブヨに刺されると痛い! 実際にブヨに刺されると、その痛みで気づく場合が多いようです。 吸血用の針を刺して血を吸う蚊と違い、ブヨは 皮膚を噛み切って血を吸います。 ですから、ブヨに刺されたときはチクッとした痛みが伴うのです。 刺されたところが出血したり、水ぶくれになることもありますが、刺された直後はかゆみがないのが特徴です。 怖いのは、半日から1日後の 猛烈なかゆみ、腫れです。 ブヨは一匹ではなくたくさんの数が一度に襲ってくるため、何箇所も刺される場合が多く、そのときのかゆみは猛烈です。 薬を塗らなければ最悪、1ヶ月以上も腫れが続くこともあるから怖いですね。 また、ブヨにアレルギー持つ人の場合、リンパ管に炎症が起きたり呼吸困難になる可能性もあるんです。 ブヨに刺されたら!応急処置 刺されても、症状が強まるまでは時間があるので冷静に対処しましょう。 まず、一番いいのは、 すぐに毒を吸い出すことです。 通販でも、毒を吸引するポイズンリムーバーと言う器具が手に入ります。 片手でも使えるほどのコンパクトな物なので、ブヨが出そうなところに行くときは、これを準備しておくと安心です。 さらに、流水で患部を洗い流して氷などで冷やします。 ムヒなどの抗ヒスタミン成分の入った かゆみ止めを塗布しておきましょう。 とにかく、ここで掻いてしまうと、治りが遅くなってしまいます。 なんとかしのぎましょう。 ステロイドでイッキに治そう! ブヨのかゆさは1日や2日ではおさまりません。 ブヨの強い毒性に対抗するためには、十分な強さの ステロイドが入った薬が有効です。 ステロイドということで抵抗を持たれる方もいるかもしれませんが、短期間の使用なので副作用の心配はいりません。 緊急時などは市販薬を使うのもやむをえませんが、一番は皮膚科に行くことをおすすめします。 以下、ブヨによく効くとされる 薬をご紹介します。 フルコートf これは薬局でも買える市販薬です。 赤みや腫れ・かゆみを抑え、かき壊しによる症状の悪化を防ぐ物質が配合されています。 特に、化膿を防ぐはたらきが強く、乾いた患部にもジュクジュクした患部にも適しています。 リンデロン かゆみの症状が強い場合に処方される、 強めのステロイド薬です。 ブヨの腫れにもよく効きます。 ロコイド ステロイドのランクでいうと、かなり弱めのものです。 リンデロンよりも効き目はおだやかです。 乳幼児にも処方される薬なので、子どもさんに使用する場合も特に心配はいりません。 これらの薬のほかにも、症状が強い場合には 内服薬の抗アレルギー剤を出されることもあります。 いずれも、自己判断でやめたりせず、医師の指示に従って正しく服用しましょう。 ブヨ、できることなら刺されたくないですね。 まずは、対策を万全にしておきましょう。 万が一刺された場合も、 適切な処置をして、強い薬で一気に治すことが大切です。

次の

リンデロンVG軟膏は顔の使用可能?市販薬を使う時には注意が必要!

リンデロンvg軟膏市販

リンデロンV、リンデロンVGの特徴と成分 リンデロンVはベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドの成分を含む外用剤()、リンデロンVGはベタメタゾン吉草酸エステルと抗生物質のゲンタマイシン硫酸塩を含む外用剤です()。 リンデロンVは湿疹や皮膚炎など、リンデロンVGは細菌感染を伴うか、もしくはその恐れのある皮膚症状の場合に使われます。 リンデロンV、リンデロンVGに含まれるステロイドの強さは、3群の「strong」に分類され、1〜5群のうちの中間に分類されるステロイド成分です。 適度な抗炎症効果の強さを持つ使いやすい成分であり、幅広い世代に処方される薬です。 なお、リンデロンの中でも「リンデロンDP」は強さが異なるので注意してください。 また、リンデロンV、リンデロンVGには軟膏、クリーム、ローションの3種類があり用途によって使い分けます。 このようなリンデロンV、リンデロンVGですが、市販薬で全く同じ薬は販売されていないため、市販や通販で買うことは基本的にできません。 しかし、成分として含まれる「ベタメタゾン吉草酸エステル」は市販でも販売されている成分であり、市販薬として購入することができます。 リンデロンV、リンデロンVGの代用となるもの 前述の通り、リンデロンV、リンデロンVGに含まれるステロイドの成分「ベタメタゾン吉草酸エステル」は市販薬としても販売されています。 この成分を含む塗り薬が「ベトネベートクリームS」と「ベトネベートN軟膏AS」です。 ベトネベートクリームSは100g中にベタメタゾン吉草酸エステルの成分を0. 12g含む塗り薬であり、この割合はリンデロンVと同じです。 したがって、リンデロンVと同程度の効果が期待でき、リンデロンVの代用薬として向いています。 効能効果は以下の通りです。 ベトネベートクリームS 効能・効果 しっしん,皮膚炎,あせも,かぶれ,かゆみ,しもやけ,虫さされ,じんましん ベトネベートN軟膏ASはベタメタゾン吉草酸エステルの他に、抗生物質として、フラジオマイシン硫酸塩を含みます。 リンデロンVGに含まれる抗生物質は、ゲンタマイシン硫酸塩であるため、抗生物質の成分は異なるものの、「ベタメタゾン吉草酸エステル」+「抗生物質」を含む塗り薬として、リンデロンVGの代用になりうるものです。 ベトネベートN軟膏ASの効能効果は以下の通りです。 ベトネベートN軟膏AS 効能・効果 化膿を伴う次の諸症:湿疹,皮膚炎,あせも,かぶれ,しもやけ,虫さされ,じんましん 化膿性皮膚疾患(とびひ,めんちょう,毛のう炎) 薬剤師の立場から使用の注意点 前述の通り、リンデロンVとリンデロンVGにはステロイドの同じ成分を含むものが市販や通販で買うことができます。 しかし、処方薬と市販薬との大きな違いとして、医師の診察を受けているか否かという大きな違いがあることも理解しておきましょう。 市販薬を自己判断で使用する場合、自分が考えていた原因ではないケースも考えられ、その場合は使う薬が間違っている可能性もあるため、結果として症状がよくならないということも有り得ます。 今回紹介したベトネベートクリームSとベトネベートN軟膏ASについても、「5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。 」という注意喚起があるため、自己判断で継続するのは5〜6日程度と考えておくのが安全でしょう。 ステロイドを含む塗り薬は効果が出やすい分、間違った使い方をすると思わぬ副作用がでるケースもあるため、しっかしと説明書を確認し、正しい使い方をすることが重要です。

次の